2015/08/11 豊洲市場用地の土壌汚染問題、法で定める調査を都が未実施 濾過海水取水口から有害物質の直接暴露の懸念が発覚

 守ろう築地市場パレード実行委員会は2015年8月11日、都庁で記者会見した。今年6月23日に開催したシンポジウムで一級建築士の水谷和子氏が報告した豊洲市場用地での土壌汚染の未調査問題(帯水層底面調査)などについて、都政担当記者を前に説明した。

記事を読む ▶

2015/07/17 深刻な土壌汚染、致命的な物流効率の悪さ、大型飲食店・レジャー施設事業者の撤退…問題だらけの築地市場移転、迷走する豊洲新市場は2016年11月7日に開場することのみが決定

 東京都は、昨年2014年12月に決定した豊洲新市場の2016年11月開場について、2015年7月17日の第17回新市場建設協議会で、来年2016年(平成28年)11月7日(月)を開場日とすることで業界関係者との間で合意し、決定。その日の午後に行なわれた舛添要一東京都知事定例会見で、正式に発表した。

記事を読む ▶

2015/06/23 築地市場移転先の豊洲新市場用地、都のずさんな土壌汚染対策の実態が発覚――法が定める帯水層底面調査を333区画で未実施

 一級建築士の水谷和子氏は、自身が調査した結果から、都が法律で定められている「帯水層底面調査」を実施していなかった実態を暴露。都は、土壌汚染対策工事は終了したと発表していたが、333もの区画で未実施だったことが発覚し、そのうちの69区画では、調査が未実施であるにも関わらず、汚染対策が完了したことになっていた事実を明かした。

記事を読む ▶

2015/03/09 築地市場の豊洲移転問題、水産卸売業者会長が再度東京都に苦言~基準値に迫るベンゼンの検出で残置汚染が疑われる豊洲新市場用地

 築地市場の移転予定地とされる豊洲新市場の「土壌汚染対策工事と地下水管理に関する協議会」の第6回が、3月9日、築地市場講堂で行なわれた。

 前回の開催が昨年2014年の2月24日で、1年以上ぶりの協議会の開催となった。さらに、今回の第6回の協議会は、昨年12月に開催予定を告知していたものの、開催前日になって急遽、開催延期をした経緯がある。

記事を読む ▶

2015/03/03 築地市場の豊洲移転問題で都の意向とは食い違う実態がアンケート調査で明らかに――仲卸業者の本音は「築地」、「豊洲移転」への不満が噴出

 「守ろう!築地市場パレード実行委員会」は3月3日、都庁記者クラブで記者会見し、先月2月に実施した築地市場水産仲卸事業者を対象にした築地移転問題に関する緊急アンケートの調査結果を発表した。築地の水産仲卸業者は約640社ほどで、アンケートに回答した業者は254社、築地の仲卸業者の約4割にあたる。

記事を読む ▶

2014/12/19 【東京】 築地市場の豊洲移転で「新しい食のメッカ」として「東京の魅力が発信できる」と自信をみせる舛添知事、業界からの指摘を解決できるか

東京都の舛添要一知事は12月19日、都庁で定例の記者会見を行ない、同月17日の都議会で築地市場の移転予定先である豊洲新市場を2016年11月に開場すると表明したことについて、改めて説明した。

記事を読む ▶

2014/12/17 豊洲新市場開場が2016年11月に決定するも、課題山積の現状に業界からは東京都に対して苦言が続く、東京五輪開催による影響も指摘

 東京都は、12月17日午前10時から、築地市場講堂で第16回新市場建設協議会を開催し、豊洲新市場の2016年(平成28年)11月開場を業界と合意した。この合意後、午後1時からの都議会本会議で、舛添知事は16年11月開場を正式に表明した。

記事を読む ▶

2014/11/18 【東京】 築地市場移転問題で業界が土壌汚染対策工事完了後の「安全宣言」を要求、舛添知事「別に安全宣言しなくても終わっていれば終わったと理解」

 築地市場移転問題をめぐり、東京都は今年2014年2月、第5回土壌汚染対策工事と地下水管理に関する協議会を開催。築地市場の移転先である江東区豊洲の用地の土壌汚染対策工事の状況を市場関係者らと協議した。その協議会の場で、市場関係者から土壌汚染対策工事完了後に安全宣言はしないのかと要求されている。

記事を読む ▶