入江氏「築地市場の建物は合理主義の遺産である」~3.13_築地跡地の保存活用に関する提案の記者会見 ―発表者:今川憲英氏(東京電機大学名誉教授外科医的建築家)、入江経一氏(神戸芸術工芸大学教授・建築家) 2019.3.13

記事公開日:2019.3.30取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年3月13日(水)11時より東京都新宿区の都庁記者クラブにて、築地跡地の保存活用に関する提案の記者会見が開かれ、東京電機大学名誉教授で外科医的建築家の今川憲英氏と神戸芸術工芸大学教授で建築家の入江経一氏が出席した。今川氏は、奇跡的に戦災を免れて現在まで活用され続けてきた築地市場を今後、マーケットとしてどのように残すかを至急検討すべきと述べた。

■ハイライト

  • 発表者:東京電機大学名誉教授/外科医的建築家 今川 憲英氏、神戸芸術工芸大学教授/建築家 入江 経一氏
  • 日時 2019年3月13日(水)11:00~
  • 場所 都庁記者クラブ(東京都新宿区)
  • 幹事社 日刊工業新聞

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です