IWJ - Independent Web Journal

岩上安身プロフィール

ご寄付・カンパのお願い

 IWJでは、継続的に情報提供を続けていくための活動資金が、まだまだ不足しております。市民の皆さまに直接支えられるメディアとして、皆さまからのより一層のご支援が必要です。活動資金の寄付・ご支援に、皆さまのご協力を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

6月が3分の1を過ぎ、ご寄付・カンパの達成率は月間目標額の17%と低迷しています! 今期6月11日までの年間目標額も77%と非常に厳しい状況です! このまま推移すれば、今期末には約1000万円以上の赤字が発生する見通しです。どうかIWJをご支援ください! /活動資金を集めるためのイベントを開催します! 夏の選挙を目前にして、日本の岐路を見通します! 「IWJファンドレイジングシンポジウム・2019 改憲か否か!? 運命の夏」を6月30日に開催! 募集フォームを開設したので、ぜひご参加ください!

 いつもIWJをご支援いただき、本当にありがとうございます。

 ◇「IWJファンドレイジングシンポジウム・2019 改憲か否か!? 運命の夏」を6月30日に開催! 募集フォームを開設しましたので、ぜひご参加ください!

 IWJでは6月30日、東京都港区六本木で「IWJファンドレイジングシンポジウム・2019 改憲か否か!? 運命の夏」を開催いたします!

 現在、登壇が決まっているゲストは、明石順平弁護士、エコノミスト・田代秀敏氏、ジャーナリスト・吉田敏浩氏、永井幸寿弁護士、京都精華大学専任講師・白井聡氏、東京大学大学院・石田勇治教授の6名です。

 参院選、場合によっては衆参同日選が迫る中、このファンドレイジングシンポジウムでは、日本が置かれている対米従属の現実と、改憲に含まれる緊急事態条項の危険性を真正面から取り上げます。

 このファンドレイジングシンポジウムは、IWJの活動資金集めのために行うものです。参加費にご寄付分を乗せさせていただくため、高めの料金設定となっています。ご寄付分は、IWJの赤字転落回避のために、また目前の参院選をマスメディアが伝えない角度から独自に報じ、論じてゆくための資金として、大切に使わせていただきます。ご理解の上、IWJの活動を支えるために、ぜひともご参加をよろしくお願いいたします!

 「IWJファンドレイジングシンポジウム・2019 改憲か否か!? 運命の夏」へ、多くの方々にご参加いただきたいと存じます。参加ご希望の方は、ぜひ、下記URLよりお申し込みください!

※「IWJファンドレイジングシンポジウム・2019 改憲か否か!? 運命の夏」参加お申し込みフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScPKrP4HkGwgae1Bbeqc1xfzjeokYNeyG-s8P74L1RPegU3yA/viewform

◇ご寄付・カンパの達成率が年間の目標額の8割に届いていません。このまま推移すると期末には1000万円以上の赤字が発生する見込みです。どうかご支援をよろしくお願いいたします!

 株式会社 インディペンデント・ウェブ・ジャーナルの第9期も、残りあと2か月を切りました。

 6月が3分の1を過ぎましたが、現在、6月のご寄付・カンパは、月間目標額である450万円に対して17%と、非常に厳しい状況です。決算月の7月が迫る中、年間の達成率も目標額の77%と、じわじわと下がってきています。今期、ご寄付・カンパが毎月の目標額を達成できたのは、いまだに昨年11月と今年3月のみで、赤字解消がますます困難になりつつあります。

 この2割以上の不足を埋めることができなければ、IWJは今期末、約1000万円もの赤字が発生する見通しです。小さな企業であるIWJにとって、1000万円はとても大きな金額です。

 第8期決算で最終的に赤字となってしまったIWJは、今期、厳しい財政状況でも活動を維持していくために、あらゆる手を尽くしています。

 代表である岩上安身は、自身の報酬を50%削減しました。また、支出を徹底的に見直して、毎月のご寄付・カンパの目標額を前期までの500万円から450万円に抑制し、緊縮財政を実施しています。

 IWJは財政的に苦境に立たされていますが、独立メディアとして果たすべき使命を貫き通す所存です。どうか皆様、IWJへのご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

 ご寄付についてのご報告(月間報告はこちら)

寄付・カンパのクレジットカード決済のご案内

下記は、カンパ専用の決済フォームです。定額会員の会費など、他のお支払いをされないようお願い致します。
※ 決済可能額は、1,000〜100,000円です。

1000〜100000の間を
半角数字でご入力下さい

寄付・カンパの振込<専用>口座のご案内

下記は、カンパ専用の口座です。定額会員の会費など、他のお振込みをされないようお願い致します。

このたび弊社では、ご寄付専用としてご案内をいたしました楽天銀行の口座および、災害支援募金の受付口座としてご案内しましたゆうちょ銀行の口座を閉鎖させていただくこととなりました。今後、ご寄付は、クレジットカード決済をご利用いただくか、このページ掲載の口座にお振り込みくださいますようお願いいたします。

郵便局以外の金融機関からのお振込みの場合

城南信用金庫
支店名新橋支店
店番号022
預金種目普通
口座番号472535
口座名株式会社インディペンデント.ウェブ.ジャーナル
みずほ銀行
支店名広尾支店
店番号057
預金種目普通
口座番号2043789
口座名株式会社インデイペンデント ウエブ ジヤーナル
みずほ銀行(海外からの場合)
入金指定口座 Paying BankMIZUHO BANK, LTD.
支店名 A/C With branchHIROO BRANCH
住所 Address5-15-19 MINAMIAZABU MINATO-KU TOKYO
みずほ銀行 SWIFT CodeMHCBJPJT
口座番号 A/C Number057-2043789
口座名義 Beneficiary A/C NumberINDEPENDENT WEB JOURNAL
ゆうちょ銀行
店名〇〇八(ゼロゼロハチ)
店番008
預金種目普通
口座番号3080612
口座名株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル カンリブ
※現金をゆうちょ銀行口座へお振込みする場合は、上記をご利用ください

郵便局・ATMから記号番号を使ってお振込みの場合

ゆうちょ銀行(電信扱い)
記号10050
番号30806121

寄付・カンパの “足あと” を残してください(クレジットカード払いの方は不要です)

 寄付・カンパをいただきました際には、着金のご報告とお礼のメールをさせていただいております。

 ただ、じつは、金融機関の入金票へ連絡先をご記入いただいても、個人情報保護のため、その連絡先はIWJにほとんどの場合通知されません。IWJに通知される多くは、カタカナ表記のお名前だけです。そのため、どなたか特定できない場合もあります。

 できましたら、お手数をお掛けし申し訳ないのですが、 こちら のページより、寄付・カンパをお寄せいただいたことを、事務局へお知らせいただけたら助かります。

 なお、こちらにご入力いただいた情報につきましては、IWJサイトやメルマガ、ツイッターでご紹介させていただく場合がございます。ご了承くださいませ。

 ご連絡先がわからず、ご報告とお礼のメールを差し上げられない方も多くいらっしゃり、大変心苦しく思っております。

 寄付・カンパをいただいた際には、金額の多寡にかかわらず、そのたびごとに必ず入金確認と御礼のメールを差し上げておりますので、振り込んだのに何もメールが届かない場合は、ご連絡先の確認ができずにいるとお考えいただければと存じます。

 足あとページにご入力の際、すでに定額会員へご登録されていらっしゃる方は、お名前の記入の際に、あわせて会員番号を入れていただくとスムーズに確認ができますので、こちらについてもご協力をお願い申し上げます。

足あとのページはこちらです。

 個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、ご支援者さまの大切な個人情報の保護に万全を尽くします。またご支援者さまの個人情報を許可なく第三者に開示・提供することは致しません。

IWJの個人情報保護方針はこちら

Ustreamチップ終了のお知らせ

PPV配信サービスが2014年9月30日を持って終了することとなりました。詳しくはこちらをご覧下さい。

【重要なお知らせ】PPVサービスとUstreamチップ提供停止に関して | IWJ What's New お知らせ