IWJ - Independent Web Journal

岩上安身プロフィール

ご寄付・カンパのお願い

 日頃より、IWJの取材活動をご支援いただき、岩上安身以下、スタッフ一同、心より感謝を申し上げます。

期首から累積不足分が積み重なっています。このままでは存続の危機です。IWJが潰れてしまわないよう、皆さまからのご支援を、ぜひともよろしくお願いいたします!

寄付・カンパをクレジットカード決済でご支援ください!

下記は、カンパ専用の決済フォームです。定額会員の会費など、他のお支払いをされないようよろしくお願いいたします。
※ 決済可能額は、1,000円からです。

1000円以上の金額を半角数字でご入力し
【ご寄付】をクリックしてください。

 ご寄付についてのご報告(月間報告はこちら)

寄付・カンパの振込<専用>口座のご案内

下記は、カンパ専用の口座です。定額会員の会費など、他のお振込みをされないようお願い致します。

このたび弊社では、ご寄付専用としてご案内をいたしました楽天銀行の口座および、災害支援募金の受付口座としてご案内しましたゆうちょ銀行の口座を閉鎖させていただくこととなりました。今後、ご寄付は、クレジットカード決済をご利用いただくか、このページ掲載の口座にお振り込みくださいますようお願いいたします。

郵便局以外の金融機関からのお振込みの場合

城南信用金庫
支店名新橋支店
店番号022
預金種目普通
口座番号472535
口座名株式会社インディペンデント.ウェブ.ジャーナル
みずほ銀行
支店名広尾支店
店番号057
預金種目普通
口座番号2043789
口座名株式会社インデイペンデント ウエブ ジヤーナル
みずほ銀行(海外からの場合)
入金指定口座 Paying BankMIZUHO BANK, LTD.
支店名 A/C With branchHIROO BRANCH
住所 Address5-15-19 MINAMIAZABU MINATO-KU TOKYO
みずほ銀行 SWIFT CodeMHCBJPJT
口座番号 A/C Number057-2043789
口座名義 Beneficiary A/C NumberINDEPENDENT WEB JOURNAL
ゆうちょ銀行
店名〇〇八(ゼロゼロハチ)
店番008
預金種目普通
口座番号3080612
口座名株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル カンリブ
※現金をゆうちょ銀行口座へお振込みする場合は、上記をご利用ください

郵便局・ATMから記号番号を使ってお振込みの場合

ゆうちょ銀行(電信扱い)
記号10050
番号30806121

どうかIWJ存続のため、ぜひともご支援をお願いいたします

5月1日から5月31日までのご寄付・カンパの総額は、116件、232万3400円でした。目標達成率は58%でした。6割にも届かず、かなり厳しい数字です! これで7ヶ月連続して、目標未達です。他方で、「IWJしか報じていない情報」が、日々、増えてきています! そのIWJを支えるのは、皆さまからいただく会費とご寄付・カンパだけです。有料会員登録と、ご寄付・カンパで、どうか財政難のIWJが、独立メディアとして報道・言論活動を継続できるよう、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます!

 5月1日から5月31日までのご寄付・カンパの総額は、116件、232万3400円でした。目標達成率は58%です。6割にも届かず、かなり厳しい数字です。

 6月も月間目標に届かない事態になると、IWJは独立メディアとしての活動が、本当にできなくなる可能性が高くなります!

 6月は、1日から17日までの17日間で、45件、62万2700円のご寄付・カンパをいただきました。ありがとうございます。

 今期第14期、IWJへのご寄付・カンパは、11月から5月まで、7ヶ月連続で目標金額に到達しませんでした。この7ヶ月間の不足額の合計は、976万6289円です。零細な企業であるIWJにとって、非常に厳しい赤字額です!

 IWJは収支を合わせるべく、徹底的に支出を減らす努力を、今も続けています! オフィスを移して、スモール化することも模索中です! そうやって支出を減らしても、収入が減り、赤字が積み上がっていけば、活動が続けられなくなります!

 もし、7月の期末まで、これ以上目標に達しない月があれば、年の半分が未達確定となってしまい、財源不足は深刻な上にも深刻で、IWJは、本当にこの先、活動できなくなってしまう可能性が出てきました。

 第14期の期末である7月末まで、あと2ヶ月です! ぜひとも、期末までの間に、不足分の972万6289円の赤字分をなくし、少なくとも収支をトントンにさせてください!

 第13期は、2000万円を超える赤字でした。この時は、私、岩上安身が、老後の蓄えを崩してピンチを切り抜けました。しかし、2年連続大幅な赤字となると、私、岩上安身個人にも、もうこれ以上、投じる私財はありません!

 以前にも書きましたが、私には、進行性の難病の線維筋痛症で、ほぼ寝たきりに近い次女がいます。

 賃貸のアパートで療養している彼女のために終の住処を、これから用意してあげなければなりませんし、生活費を出せる小さな物件も用意しておかないと、死ぬに死ねません。

 「ジャーナリズムバカ一代」として、すべてをなくすまで赤字経営を続けて、破産とともに「前のめりに死ぬ」などということは、自分の中の「人の親」という「情」が許さず、赤字が手に負えなくなるほど膨らむ、その一歩手前で、倒産の前に、誰にも迷惑をかけないよう、自らの手でIWJをたたみ、娘のために何かしら残せるようにするつもりです。

 もともとは健康に生まれ育ち、国立看護大学校を出て、看護師としてはつらつと働き、自活もしていた娘が、20代で発病し、働くこともできなくなり、年々病状が悪化して、ついには障害手帳をもつに至ってしまいました。そんな難病になってしまったことについて、彼女には、何の罪も落ち度もありません。

 ですので、私は、残念ながらIWJとともに心中することはできません。倒産する一歩手前で、未払いの給与や売掛、債務がないように始末して会社を自分の手で解散しますし、人様に迷惑のかかるような最後にはしない、と覚悟を定めています。

 ただ、余力ある限り、自らのジャーナリストとしての使命・天命から逃げ出すようなことはいたしません!

 世界と日本が未曾有の危機に直面しており、既存ジャーナリズムが機能しない現状だからこそ、最後の一歩手前まで、真実を伝える、ジャーナリズムの本道を貫き通します!

 皆さまのご支援のある限り、全力で前進を続けます!

 今月こそ、なんとか月間目標額の400万円に届きますよう、また、できれば目標額以上のご支援をいただき、積み重なっている今期の1000万円近い目標不足分を、期末の7月末までに削ってしまい、収支がマイナスにならないよう、有料会員登録と、ご寄付・カンパで、財政難のIWJへの強力なご支援をよろしくお願い申し上げます!

寄付・カンパの “足あと” を残してください(クレジットカード払いの方は不要です)

 寄付・カンパをいただきました際には、着金のご報告とお礼のメールをさせていただいております。

 ただ、じつは、金融機関の入金票へ連絡先をご記入いただいても、個人情報保護のため、その連絡先はIWJにほとんどの場合通知されません。IWJに通知される多くは、カタカナ表記のお名前だけです。そのため、どなたか特定できない場合もあります。

 できましたら、お手数をお掛けし申し訳ないのですが、 こちら のページより、寄付・カンパをお寄せいただいたことを、事務局へお知らせいただけたら助かります。

 なお、こちらにご入力いただいた情報につきましては、IWJサイトやメルマガ、ツイッターでご紹介させていただく場合がございます。ご了承くださいませ。

 ご連絡先がわからず、ご報告とお礼のメールを差し上げられない方も多くいらっしゃり、大変心苦しく思っております。

 寄付・カンパをいただいた際には、金額の多寡にかかわらず、そのたびごとに必ず入金確認と御礼のメールを差し上げておりますので、振り込んだのに何もメールが届かない場合は、ご連絡先の確認ができずにいるとお考えいただければと存じます。

 足あとページにご入力の際、すでに定額会員へご登録されていらっしゃる方は、お名前の記入の際に、あわせて会員番号を入れていただくとスムーズに確認ができますので、こちらについてもご協力をお願い申し上げます。

足あとのページはこちらです。

 個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、ご支援者さまの大切な個人情報の保護に万全を尽くします。またご支援者さまの個人情報を許可なく第三者に開示・提供することは致しません。

IWJの個人情報保護方針はこちら