IWJ - Independent Web Journal

岩上安身プロフィール

ご寄付・カンパのお願い

 日頃より、IWJの取材活動をご支援いただき、岩上安身以下、スタッフ一同、心より感謝を申し上げます。

期首から累積不足分が積み重なっています。このままでは存続の危機です。IWJが潰れてしまわないよう、皆さまからのご支援を、ぜひともよろしくお願いいたします!

寄付・カンパをクレジットカード決済でご支援ください!

下記は、カンパ専用の決済フォームです。定額会員の会費など、他のお支払いをされないようよろしくお願いいたします。
※ 決済可能額は、1,000円からです。

1000円以上の金額を半角数字でご入力し
【ご寄付】をクリックしてください。

 ご寄付についてのご報告(月間報告はこちら)

寄付・カンパの振込<専用>口座のご案内

下記は、カンパ専用の口座です。定額会員の会費など、他のお振込みをされないようお願い致します。

このたび弊社では、ご寄付専用としてご案内をいたしました楽天銀行の口座および、災害支援募金の受付口座としてご案内しましたゆうちょ銀行の口座を閉鎖させていただくこととなりました。今後、ご寄付は、クレジットカード決済をご利用いただくか、このページ掲載の口座にお振り込みくださいますようお願いいたします。

郵便局以外の金融機関からのお振込みの場合

城南信用金庫
支店名新橋支店
店番号022
預金種目普通
口座番号472535
口座名株式会社インディペンデント.ウェブ.ジャーナル
みずほ銀行
支店名広尾支店
店番号057
預金種目普通
口座番号2043789
口座名株式会社インデイペンデント ウエブ ジヤーナル
みずほ銀行(海外からの場合)
入金指定口座 Paying BankMIZUHO BANK, LTD.
支店名 A/C With branchHIROO BRANCH
住所 Address5-15-19 MINAMIAZABU MINATO-KU TOKYO
みずほ銀行 SWIFT CodeMHCBJPJT
口座番号 A/C Number057-2043789
口座名義 Beneficiary A/C NumberINDEPENDENT WEB JOURNAL
ゆうちょ銀行
店名〇〇八(ゼロゼロハチ)
店番008
預金種目普通
口座番号3080612
口座名株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル カンリブ
※現金をゆうちょ銀行口座へお振込みする場合は、上記をご利用ください

郵便局・ATMから記号番号を使ってお振込みの場合

ゆうちょ銀行(電信扱い)
記号10050
番号30806121

どうかIWJ存続のため、ぜひともご支援をお願いいたします

本日、コロナ禍を悪用しての自民党改憲案のための国民投票法「改悪」案の採決! IWJは、国民投票法「改悪」案採決にも、自民党改憲案の中の危険な緊急事態条項にも反対します!4月のご寄付は暫定の集計で387万5000円でした。ご支援くださった皆さま、本当にありがとうございます! しかしながら、目標額まで62万5000円届きませんでした。 皆さまからのご支援をよろしくお願いいたします!

 いよいよ連休が明けました。今年の連休は、いかがでしたでしょうか。

 連休後の2つの懸念を、IWJは、繰り返しお伝えしてきました。

 ひとつは、変異株の感染状況です。連休中の大阪と東京の感染状況は、重症者の数こそ異なりますが、同期し始めた印象があります。それは従来株では感染が少ないとされてきた10代以下の感染者が、大阪も東京も、コンスタントに全感染者の約10%出るようになったことにも現れています。

 東京もN501Y変異を持つ変異株が急速に拡大していることが、この大阪と同じ10代以下の感染割合から推定されます。

 さらに、連休中の大阪の重症者の内訳を見ると、50代以下の若い人の重症者が急激に増えています。5月3日にはその割合は43%に達しました。しかも、30代の2人の重症者には基礎疾患はなく、40代が6人も重症になっています。このうち基礎疾患のある人は2人だけでした。もはや、N501Y変異を持つ変異株は、従来株とはまったく別の性質を持ったウイルスと考える必要があります。

 この1年余りの間にたくわえた旧来株の知見や経験値ではそいのまま役に立ちません。情報の更新が速やかに必要です!

 大阪で防げなかった変異株の感染拡大を、東京では防ぐことができるという現実的な根拠はまったく見当たりません。

 東京でも、至るところで若年層の陽性者が出ていますし、症状が重くなければ自宅待機です。ある保健所の関係者によると、「もう隔離先の施設の空きがない」とのことで、狭い家の中で家族と過ごさざるを得なくなり、その家族らのPCR検査も遅れ遅れになっています。

 病院に入院できた人や入院先が決まった人の割合を示す「入院率」を見ると、連休直前の4月27日時点で、大阪府は、10.5%で全国最下位でした。なんと、10人に1人しか入院できません。兵庫は15.6%、京都は19.9%です。東京は、連休前時点で31.8%です。連休後はさらなる病床の逼迫が懸念されます。

※都道府県の医療提供体制等の状況(医療提供体制・監視体制・感染の状況)(2021年4月30日更新[PDF形式:644KB])(厚労省、2021年5月5日閲覧)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00035.html

 大阪では4月16日に1日の死亡数が10名を超えてから、1日あたりの死亡者数が増加し続けています。

 5月5日の国内の死亡者数は59名ですが、その半分近い25名の方が大阪で亡くなっています。

 大阪ではこの1週間で、4月29日44名、30日8名、5月1日41名、2日16名、3日19名、4日20名と、173名(7日間平均で24.7名)の方が亡くなっています。全国でこの1週間に亡くなられた方が422名ですから、約4割の方が大阪で亡くなられています。

※新型コロナウイルス国内感染の状況(東洋経済、2021年5月5日)
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/

 5月5日、大阪府では、実際に運用されている重傷者用病床361床を患者数372人が上回り、病床運用率が103%と、はじめて100%を超えました。そのほか、滋賀県の医療機関が1名を受け入れ、大阪府の要請に従って73人が軽症・中等症者用病床で治療中です。大阪の重症者数は446人になっていますが、十分な医療を受けられない状況です。

※新型コロナ 大阪の重症病床運用率初めて100%超える(NHK、2021年5月5日)
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20210505/2000045126.html

 大阪府によると、この1週間で陽性率も7.4%から10.3%へと大きく増加しています。新規陽性者数が668人に対して、PCR検査数と抗原検査数の両方をあわせても、6465件と圧倒的な検査不足の状態で、多くの感染者が捕捉されていないと推測されます。捕捉されないまま、無症状者が動き回って感染拡大を引き起こしたり、検査されないまま、亡くなって、別の死因がつけられておしまいとされる方がいてもおかしくはありません。その場合、医療関係者へも、感染が広がってゆくリスクが避けられません。

 テレビに連日出ずっぱりで、検査をさらに抑制し続けろと訴え続けているのが、大阪維新の会の創設者である橋下徹氏です。大阪市長と大阪府知事もつとめ、「政界引退」表明後も維新に対して強い影響力をもつ橋下氏の主張の通りに検査を抑制し続けてきて、今も抑制している大阪のこの惨状は、誰に責任があるのでしょう。

※新型コロナウイルス感染症患者の発生状況について(大阪府、2021年5月5日)
https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/23711/00376026/0505.pdf

 大阪では多くの方々が必要な検査も治療も受けられない状況にあります。繰り返しますが、科学的な根拠のない間違った思い込みでPCR検査を抑制し続け、医療崩壊を招いた失政のツケは大阪だけではなく、日本国民全体の命と健康を脅かすことでしょう。

 ここにきて、政府は4度目の緊急事態宣言の期限を5月11日から2週間から1ヶ月延長する方向で検討に入りました。

 当初より今回の緊急事態宣言の終了日は5月11日とされ、科学的根拠が乏しいと批判されてきましたが、やはりと言うべきか、延長に突入する可能性が濃厚となってきました。

 東京五輪開催を強硬に主張するIOCのバッハ会長が、5月16日に来日の予定ですが、その前にコロナ第4波を収束させたかった日本政府のもくろみは、ものの見事に外れました。

 もともと、無理な設定であり、第4波を抑え込むための、何らの対策も講じてこなかったのですから、当然の結果というべきです。いい加減な希望的観測にもとづいた失政のツケが次々と国民に回されてきます。

 このような政府に「緊急事態条項」で全権委任するなどということは、恐怖を通り越して、ブラックジョークのように思われてなりません。もちろん、菅政権は本気で事を進めようとしているのであり、冗談と思ってはいけないのですが。

※緊急事態宣言、2週間~1カ月延長で調整 週内にも決定(朝日新聞、2021年5月5日)
https://digital.asahi.com/articles/ASP556HG5P55UTFK002.html?iref=comtop_7_01

 もう一つの連休後の大きな懸念が、本日行われる可能性のある国民投票法改悪案の衆議院採決です。

 入院できず、入院できても若い人も重症化し、毎日バタバタと人が死んでいるこのコロナ禍で、こともあろうに、戦争のための戦時独裁体制を準備する、改憲による緊急事態条項の導入に「悪用」しようというとんでもない魂胆なのです。これは自民党によるショック・ドクトリンそのものです。チリのピノチェットのクーデターと独裁を思い出すべきです。

 チリには、米国のシカゴボーイズと呼ばれる、シカゴ大学の新自由主義者の元締め、ミルトン・フリードマンの弟子の経済学者らが入り込み、ショック・ドクトリンを推し進めました。米国は自らを自由・民主主義・人権の普遍的価値も守護者と自認しておきながら、自らの都合次第で他国の民主主義体制を覆し、独裁体制を支援してきたことを忘れてはなりません。

 この、惨事便乗型の改憲による独裁条項の導入画策で、自民党政治というものが、いったい誰のためのものなのか、はっきりと示されたと言えます。こんな悪だくみをしている暇があったら、大阪、兵庫、東京を助けることが先でしょう。

 まともな政治家、まともな政党、まともな民主主義者、まともな愛国者であれば、真っ先にそうしているはずです。比喩ではなく、庶民は菅政権によって落とさなくてもいい命を落とし、その上でこの悲劇を、次の悲劇の準備のための仕掛けに利用しようとしているのです。

 繰り返しお伝えしていますが、国民投票法改悪案の成立を急ぐ理由は、国民に真実を知らせないまま、戦時独裁体制の樹立につながる緊急事態条項の入った自民党改憲案を成立させるための手段です。IWJは、国民投票法「改悪」案採決に強く反対します! 

 さらに、これまで、米軍と自衛隊は国会のコントロールや、メディア、国民の監視の届かないところで、密かに垂直に統合され、対中国との戦争準備を重ねてきました。米中覇権争いの道具として自衛隊が使われ、日本列島が戦場となるというシナリオです。

 自民党改憲案の中に埋め込まれた「緊急事態条項」が、国会発議、国民投票を経て憲法に書き込まれ、発令されてしまえば、国内的には、戦時独裁体制の確立、対外的には、米国の手先として対中戦争に自発的に参戦させられ、日本が戦場となることを、IWJはこれまで多くのコンテンツを通じて指摘し続けてきました。

 しかも、日本は原発54基を抱えたまま、戦争に突入しなければならなくなるのです。日本列島が核汚染されれば、日本国民はこの列島に生きてゆくことができなくなります。

※コロナ禍に便乗した邪悪な改憲への悪質な誘導はもう始まっている! その先には独裁と「原発を抱えたまま破滅的な戦争への突入」が待っている!!(日刊IWJガイド、2021年5月4日)
https://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20210504#idx-5

 

 IWJは、衆院憲法審査会で与党が採決を目論む5月6月を見すえて、このGW中、この国民投票法改悪案の正体と緊急事態条項の危険性、対中国戦争の無謀さをお伝えする企画を連続してお送りしています。

 この5月は、コロナ禍を悪用して、米国に従属した属国のままの独裁へひた走る自民党のショック・ドクトリンとの「決戦」の時です! 民主主義、国民主権、平和と生命、人権を守るため、一歩も退くことはできません!

 民主主義は守り抜かなくてはならない。ナチスも顔負けの自民党の改憲案の最悪の「正体」について、広く、多くの方々に知っていただくため、この期間に会員向けのコンテンツを一部フルオープンにします。一人でも多くの方々に、我が身に迫る危機について、真実を知っていただくために、ぜひ皆さまひとりひとりのお力で、より多くの方々にIWJのコンテンツについて拡散してください!

 IWJは独立メディアとして、特定スポンサーに依存せず、権力におもねることも、媚びることもなく、活動し続けてきました。社名に独立を意味する「Independent」を入れたのは、日本の真の「自立」を願ってのことです。

 国家として「独立」することと、その国家の主権者は国民であること。「国民主権」は絶対に譲ってはならない。これはIWJの背骨を貫くポリシーです。

日刊ガイド4月21日号で岩上安身は「ナチスの聖火リレーをやめない自民党と公明党の菅政権は、その裏で、あろうことかナチスドイツのヒトラーの独裁体制を樹立した授権法(全権委任法)に匹敵する緊急事態条項を含んだ、改憲案を容易に成立させられるようにする国民投票法の改悪を可決しようとしています! しかもコロナ禍で国民が苦しんでいるただ中においてです」と書きました。
https://iwj.co.jp/wj/member.old/nikkan-20210421

 コロナ禍と五輪の陰でこっそりと改憲へのステップを踏み、国家緊急権によって内閣による独裁が可能となる緊急事態条項の導入をしようとする企みは、国会(立法府)を空洞化し、国民から主権を奪うものです。この改憲が実現されれば、国会はフリーズされ、国民は半永久的に選挙の機会を失うでしょう。

 政府与党、衆議院の憲法審査会において、本日5月6日、改憲を容易にする国民投票法の改悪案が採決されようとしていますが、こんな暴挙は絶対に許してはなりません!

 新聞・テレビなどの他の大手マスメディア等はほとんどこの本日の採決のもつ意味やその危険性をクローズアップしません。それどころか、自民党改憲案の緊急事態条項の真の危険性を国民に伝えることを、あからさまにサボタージュしています!

 コロナ対策のためには国家権力の強化が必要だとする菅政権のデタラメな主張に対し、根本的な批判を加えることなく、この政治的なペテンに加担しています! しかし、マスメディアがいくらごまかしても、真の独立メディアであるIWJは、そんな政治的ペテンを見逃しません!

 なぜ、平和で自由と民主主義とが根付いたはずの日本において、独裁体制を築こうとするのか。これは戦時体制を築くためです。何のため、どの国との戦争なのか。米国の思惑によって日本が「鉄砲玉」に仕立て上げられ、中国との戦争に駆り出されるためです。

 IWJは、この危険性を10年も前から見越して警告を発してきました。

 IWJは独裁にも、米国の従属にも、当然ながら中国への従属にも反対しています。日本は、独立した、真の主権国家であるべきです。この国の運命を決めるのは、この国の国民でなくてはなりません!

 「原発を抱えたまま破滅的な戦争」に突入することにも、もちろん反対です。このまま米国の「鉄砲玉」に、無自覚に仕立て上げられてはいけません。安倍政権と同様、菅政権も突き進む破滅的な対米従属の罠にはまってはなりません。我々は、民主的な主権国家の道に引き返すべきです。

 自由と民主主義・法の支配・人権を守り抜くだけでなく、極右・極左の両方の全体主義にも反対し、平和を維持しながら国民主権にもとづく日本国家の自立を求めるべく、IWJは報道・言論活動を行ってきました。

 そうした報道・言論活動をIWJ設立以来10年続けることができたのは、特定のスポンサーに頼らず、IWJの姿勢に共感してくださる一般市民の皆さまのご支援によって支えられてきたからです! 改めてそのことに感謝申し上げます。本当にありがとうございます!

 しかし、今後、そうした、権力の言いなりにならない、独立した報道・言論活動が続けていけるのか、今は、正念場です。

 4月のご寄付は、30日時点の暫定の集計で、196件、387万5000円となりました。これは、月間目標額である450万円の86%にあたります。

 IWJへのご支援をお寄せくださった皆さま、本当にありがとうございます。岩上安身とIWJスタッフ一同、心より感謝を申し上げます。

 しかしながら、暫定の集計では目標額まで、62万5000円、届きませんでした。この分は累積の不足分に加わります。

 昨年8月から今年3月までの、今期第11期・8ヶ月間のご寄付の実績は、目標額と比べてみますとマイナスで、3月末までの累積の不足分は497万円にのぼります。これに62万5000円が加わり、4月を含む累積の不足額は559万5000円となってしまいました。期末まであと3ヶ月、ずしりと重くのしかかります。このままでは、7月末の期末は大幅な赤字転落となってしまう危険性があります。

 IWJが真のジャーナリズムを今後も継続していくためには、皆さまの会費とご寄付・カンパによるご支援が欠かせませんが、IWJは今、どちらも不足しており、経済的に苦しい状況に直面しています。

 赤字が重なれば、これまでのような独立したジャーナリズム活動を維持して、IWJを存続させていくことは困難になってしまいます。

 現在、岩上安身は自身の報酬を100%カットし、今期末まで「ただ働き」のまま、「手弁当」どころか「持ち出し」で、日々の激務に取り組んでいます。しかし、岩上安身個人にしわ寄せをする「異常」な状況が続いては、この先、IWJが存続し、活動し続けることはできません。

 IWJは、岩上安身個人からこれまで993万5000円借り入れており、まったく返済できておりません。

 前期の第10期の期末の2020年7月末までは、岩上安身からの借入金残高は、233万5000円でした。

 その後、2度に分けて40万円を返済し、2020年9月末には岩上安身からの借入金の残高は193万5000円まで減らしていました。

 しかし、コロナ禍の急速な深まりとともに、会費が減り、ご寄付が減り、収入が急激に減ってしまって、資金繰りが非常に厳しくなってしまいました。

 そこで、2020年10月末と、明けて2021年1月20日にそれぞれ400万円ずつ岩上安身から借り入れを行い、残高は993万5000円にまで再び膨れ上がってしまいました。

 その後、IWJは岩上安身に返済できず、借入金残高は現時点まで、そのままの状態となっています。岩上安身が、IWJの危機に直面しても、これ以上私財を投入できないのは、すでに1000万円近い金額をIWJに貸しており、しかもIWJから報酬を得ることなく「ただ働き」で働き続けているので、これ以上は、貯金が底を尽いてしまうからです。

 先月3月末までに、多くの方々からご寄付・カンパをいただきましたが、それらはすべてIWJの運営にあて、岩上安身への返済には1円も回しておりません。

 岩上安身も一人の人間であり、生活者であり、扶養しなければならない家族もいます。老後の貯えを削ることにも限界があります。

 IWJが赤字転落した場合、岩上安身がこれ以上個人でIWJを支えるのは不可能です。

 経理が、現時点で様々な要素(支出を必死に切り詰めたり、岩上安身の報酬を全額カットしたことなども含めて)を考慮に入れ、改めて試算し直したところ、今期の赤字転落を避けるためには、今後、第11期の期末となる、7月末までの約4ヶ月の間に、寄付・カンパが最低でもあと1800万円必要であるという結果が出ました。

 ここに、4月のご寄付の合計金額387万5000円が加わりましたので、今期の残り3ヶ月間(92日間)のご寄付の目標額は、1412万5000円となりました。これを3ヶ月で割ると、5月、6月、7月で毎月470万8000円をご寄付・カンパでお願いしなければならなくなります。

 会費収入については、コロナ禍による会員の減少に伴い、前期比20%減の予想となっています。この現実は大変重くのしかかっています。

 前期の会費収入は8322万円でしたが、今期の予想はマイナス1672万円の6650万円になるだろうと予測しています。これは、あくまで現状で会員数が下げ止まり、維持されると仮定した予測です。会員数がさらに減れば、もっと状況は厳しくなるでしょう。

 会員数の減少に伴う会費の減少により、なおさら、ご寄付・カンパでのご支援が本当に重要になってきています。

 前述の通り、IWJが特定のスポンサーや権力に対して、顔色をうかがうことなく、独立した自由な報道と言論をこれまで展開できてきたのは、市民の皆さまのご支援があってのことです。

 私たちは、ご寄付や会費という形で、市民の皆さまから託された期待に、独立メディアとして使命を果たすことで、こたえたいと思っています。

 IWJは、岩上安身以下、スタッフ一同、IWJを必要としてくださる皆さまのご期待に沿えるように、これからも懸命に頑張ります! そのためにもIWJを支えてくださる市民の皆さまのご支援、ご協力が、どうしても必要です!

 ぜひ、ご支援、応援をよろしくお願いいたします!

寄付・カンパの “足あと” を残してください(クレジットカード払いの方は不要です)

 寄付・カンパをいただきました際には、着金のご報告とお礼のメールをさせていただいております。

 ただ、じつは、金融機関の入金票へ連絡先をご記入いただいても、個人情報保護のため、その連絡先はIWJにほとんどの場合通知されません。IWJに通知される多くは、カタカナ表記のお名前だけです。そのため、どなたか特定できない場合もあります。

 できましたら、お手数をお掛けし申し訳ないのですが、 こちら のページより、寄付・カンパをお寄せいただいたことを、事務局へお知らせいただけたら助かります。

 なお、こちらにご入力いただいた情報につきましては、IWJサイトやメルマガ、ツイッターでご紹介させていただく場合がございます。ご了承くださいませ。

 ご連絡先がわからず、ご報告とお礼のメールを差し上げられない方も多くいらっしゃり、大変心苦しく思っております。

 寄付・カンパをいただいた際には、金額の多寡にかかわらず、そのたびごとに必ず入金確認と御礼のメールを差し上げておりますので、振り込んだのに何もメールが届かない場合は、ご連絡先の確認ができずにいるとお考えいただければと存じます。

 足あとページにご入力の際、すでに定額会員へご登録されていらっしゃる方は、お名前の記入の際に、あわせて会員番号を入れていただくとスムーズに確認ができますので、こちらについてもご協力をお願い申し上げます。

足あとのページはこちらです。

 個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、ご支援者さまの大切な個人情報の保護に万全を尽くします。またご支援者さまの個人情報を許可なく第三者に開示・提供することは致しません。

IWJの個人情報保護方針はこちら