IWJ - Independent Web Journal

岩上安身プロフィール

ご寄付・カンパのお願い

 日頃より、IWJの取材活動をご支援いただき、岩上安身以下、スタッフ一同、心より感謝を申し上げます。

期首から累積不足分が積み重なっています。このままでは存続の危機です。IWJが潰れてしまわないよう、皆さまからのご支援を、ぜひともよろしくお願いいたします!

寄付・カンパをクレジットカード決済でご支援ください!

下記は、カンパ専用の決済フォームです。定額会員の会費など、他のお支払いをされないようよろしくお願いいたします。
※ 決済可能額は、1,000円からです。

1000円以上の金額を半角数字でご入力し
【ご寄付】をクリックしてください。

 ご寄付についてのご報告(月間報告はこちら)

寄付・カンパの振込<専用>口座のご案内

下記は、カンパ専用の口座です。定額会員の会費など、他のお振込みをされないようお願い致します。

このたび弊社では、ご寄付専用としてご案内をいたしました楽天銀行の口座および、災害支援募金の受付口座としてご案内しましたゆうちょ銀行の口座を閉鎖させていただくこととなりました。今後、ご寄付は、クレジットカード決済をご利用いただくか、このページ掲載の口座にお振り込みくださいますようお願いいたします。

郵便局以外の金融機関からのお振込みの場合

城南信用金庫
支店名新橋支店
店番号022
預金種目普通
口座番号472535
口座名株式会社インディペンデント.ウェブ.ジャーナル
みずほ銀行
支店名広尾支店
店番号057
預金種目普通
口座番号2043789
口座名株式会社インデイペンデント ウエブ ジヤーナル
みずほ銀行(海外からの場合)
入金指定口座 Paying BankMIZUHO BANK, LTD.
支店名 A/C With branchHIROO BRANCH
住所 Address5-15-19 MINAMIAZABU MINATO-KU TOKYO
みずほ銀行 SWIFT CodeMHCBJPJT
口座番号 A/C Number057-2043789
口座名義 Beneficiary A/C NumberINDEPENDENT WEB JOURNAL
ゆうちょ銀行
店名〇〇八(ゼロゼロハチ)
店番008
預金種目普通
口座番号3080612
口座名株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル カンリブ
※現金をゆうちょ銀行口座へお振込みする場合は、上記をご利用ください

郵便局・ATMから記号番号を使ってお振込みの場合

ゆうちょ銀行(電信扱い)
記号10050
番号30806121

どうかIWJ存続のため、ぜひともご支援をお願いいたします

スクープを連発し、全力疾走中のIWJですが、経済的に大ピンチに立たされています! 応援・ご支援をよろしくお願いいたします! 10月も残り1週間となりましたが、ご寄付・カンパは22日間で月間目標額420万円の23%にとどまっています! 8月1日スタートの今期第12期は、8月と9月の2ヶ月で月間目標額に対する不足分が、合計272万3500円にも! 天下分け目の衆議院選挙を、忖度なしで全力疾走で真実を伝え続けるIWJを、どうぞご支援ください。

 IWJはスクープを連発し、全力疾走中です! 天下分け目の今回の衆議院選挙を、IWJは全力で報じ、重要政策についても論じています。しかし、経済的ピンチで活動費が足りません!

 大手メディアは、大っぴらに報じたり、論じたりするのを避けていますが、今回の総選挙の真の争点は、内閣独裁を可能とする緊急事態条項(国家緊急権)を憲法に書き入れるため、与党で過半数、維新と国民民主の一部の改憲勢力をあわせて、改憲発議のできる3分の2の議席を獲得することにあります。

 これは、対中国との戦争を見すえて、戦時独裁体制を築き、無謀な戦争に突っ込むためのものであり、同時に、国債増発で国の借金がどうにもならなくなったら、国家緊急権をもって、国民に対して大増税を強行するためでもあります。国家緊急権は、国家が、国民の意志とは無関係に強大な権力をふるえるようになる、「悪魔の魔法の杖」の如きものです。

 IWJは、この問題に警鐘を鳴らし続けてきました! すべてのメディアが、選挙報道をしながら、3分の2で改憲発議が可能となってしまう、という点には触れようとしません。これは現在、マスコミではタブーになってしまっています。その点の危うさを、IWJはずっと「炭鉱のカナリア」のように、近づく危機を1人でも多くの方に知らせるべく、叫び続けています!

 しかし、そんなIWJが、今、活動費が足りずに沈没しかけています! 市民の皆さんからの緊急のご支援がどうしても必要です!

 IWJでは、今期第12期の年間の予算の見通しを立て、今期の会費収入は、前期より10%下回ると予想し、ご寄付・カンパの目標額を月額420万円(年間5040万円)とさせていただきました。前期の目標額は月間450万円でしたから、さらに緊縮して30万円下げております。

 10月は1日から22日までに、68件、95万5800円のご寄付・カンパをいただきました。ご寄付をくださった皆様、ありがとうございます。

 しかしこの金額も、今月の月間目標額420万円の23%にとどまっています。このペースが続くとすると、IWJは壊滅的な打撃を受けてしまいます。

 今期第12期は、3ヶ月目に入ったばかりですが、8月は月間目標額を87万900円下回り、9月は185万2600円下回って、わずか2ヶ月ですでに合計272万3500円の不足となっています。この分は赤字となってしまいます!

 10月も残り1週間となりましたが、10月の目標額420万円に、8月と9月の不足分272万3500円をあわせた692万3500円に対して、今月のご寄付・カンパはまだ14%にとどまっています。

 すでにお伝えしている通り、IWJは、岩上安身に1093万円を借り入れてしまっています。

 個人が1000万円を超えるお金を会社に貸す、というのは大変なことです。第12期のスタートにあたって、岩上安身は前期の第11期も途中から無報酬で働いておりましたが、今期も8月から1年間、無報酬で働くことを決めています。これ以上、会社が岩上安身に頼るのは苦しい状況です。

 どうか皆さまのお力で、IWJをお支えください!

 コロナ禍は、日本のすべてを直撃しています! IWJも例外ではありません!

 同じように皆さまもそれぞれ、コロナ禍で厳しい状況に直面されていることと拝察いたします。こうした状況で皆さまに、会員登録のお願いとご寄付・カンパを繰り返しお願いすることは、心苦しいことではあります。

 しかし、特定のスポンサーをもたないことで、何者にも縛られず、忖度せずに、真実をお伝えしてゆくのが、独立メディアであるIWJの存在意義です! こうした選挙分析のスクープを、非会員の方も含めてお送りしているのは、公共性・公益性に鑑みて、身を削っても1人でも多くの国民の皆様に知っていただくことが必要だという思いからです!

 非会員の方はまず、一般会員になっていただき、さらに一般会員の皆さまには、サポート会員になっていただけるよう、ぜひご検討いただきたいと存じます!

 その会費と、ご寄付・カンパによって支えられてはじめて、IWJは、市民の皆さまのために役立つ、真の独立市民メディアとしてその活動を継続し、その使命を果たすことが可能となります。

 マスメディアが報じない事実と真実を報道し、売国的な権力への批判を続け、主権者である日本国民が声をあげ続けることができるようにすることが、今、絶対に必要なことであり、それが我々IWJの使命であると考えています。

 日本は今、歴史の大きな曲がり角に直面しています! その事実に気づいていない人もたくさんいます! 薄々気づいていても、何とかなるだろうとタカをくくっている人も少なくありません。決してそんなことはありません。

 核兵器をもたず、エネルギーも食料も自給できず、逆に日本列島中に原発を抱えている日本は、中国とミサイル戦を戦える国ではありません! 愛国者であればあるほど、絶対に今、戦争はしてはならない、と政府や自民党をはじめとする改憲勢力の前に立ちふさがるべきなのです! 米国と中国の覇権争いに、日本は巻き込まれてはならない、という姿勢を貫くべきなのです!

 決して負けられないこの戦いに、IWJは全力で立ち向かいます! 皆さまにはぜひ、ご支援いただきたく会員登録とご寄付・カンパをどうぞよろしくお願いしたく存じます。

 12年目となるIWJへ、皆さまからの温かいご支援を、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

寄付・カンパの “足あと” を残してください(クレジットカード払いの方は不要です)

 寄付・カンパをいただきました際には、着金のご報告とお礼のメールをさせていただいております。

 ただ、じつは、金融機関の入金票へ連絡先をご記入いただいても、個人情報保護のため、その連絡先はIWJにほとんどの場合通知されません。IWJに通知される多くは、カタカナ表記のお名前だけです。そのため、どなたか特定できない場合もあります。

 できましたら、お手数をお掛けし申し訳ないのですが、 こちら のページより、寄付・カンパをお寄せいただいたことを、事務局へお知らせいただけたら助かります。

 なお、こちらにご入力いただいた情報につきましては、IWJサイトやメルマガ、ツイッターでご紹介させていただく場合がございます。ご了承くださいませ。

 ご連絡先がわからず、ご報告とお礼のメールを差し上げられない方も多くいらっしゃり、大変心苦しく思っております。

 寄付・カンパをいただいた際には、金額の多寡にかかわらず、そのたびごとに必ず入金確認と御礼のメールを差し上げておりますので、振り込んだのに何もメールが届かない場合は、ご連絡先の確認ができずにいるとお考えいただければと存じます。

 足あとページにご入力の際、すでに定額会員へご登録されていらっしゃる方は、お名前の記入の際に、あわせて会員番号を入れていただくとスムーズに確認ができますので、こちらについてもご協力をお願い申し上げます。

足あとのページはこちらです。

 個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守し、ご支援者さまの大切な個人情報の保護に万全を尽くします。またご支援者さまの個人情報を許可なく第三者に開示・提供することは致しません。

IWJの個人情報保護方針はこちら