日刊IWJガイド・非会員版「プーチン大統領が北朝鮮を公式訪問! 金正恩総書記と『侵略に対する相互支援で合意』! 北朝鮮を『防人』として東アジアに楔を打った!?」2024.6.22号~No.4260

┏━━【目次】━━━━
■はじめに~プーチン大統領が北朝鮮を公式訪問! 金正恩氏と「侵略に対する相互支援で合意」! プーチン大統領は北朝鮮を「防人(さきもり)」として東アジアに楔を打った!? また北朝鮮は、米韓日と対抗する上で、ロシアという強力な「ケツモチ」を手に入れた! 軍事面ばかり強調されるロシアと北朝鮮だが、両国の「包括的戦略パートナーシップ」は、一帯一路に似た、経済・産業・文化など多岐にわたり、長期的な関係を築く内容! ロシアは幅広い分野の政府高官を送り込み、北朝鮮も盛大な式典でプーチン大統領と使節団を歓迎! いずれ北朝鮮がBRICSに加盟する道を開き、「米国に対抗する『新しい軸』の誕生」への扉となるか!?

■6月は1日から17日までの17日間のご寄付・カンパが、45件、62万2700円と、月半ばを過ぎても目標額の16%の達成率で、かなり厳しい数字です! 今期第14期は、7ヶ月連続で目標金額に届かず、累積の赤字額は1000万円近くになっています。他方で、「IWJしか報じていない情報」が、日々、増えてきています! そのIWJを支えるのは、皆さまからいただく会費とご寄付・カンパだけです。有料会員登録と、ご寄付・カンパで、どうか財政難のIWJが、独立メディアとして報道・言論活動を継続できるよう、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます!

■【中継番組表】

■【本日のニュースの連撃! 3連弾!】

■【第1弾! AI半導体トップの台湾系米国メーカー エヌビディア(NVIDIA)の株価が、一時、マイクロソフトを抜いて世界一に! ハイテック企業に大変化到来!? GAFAの時代の終わり!? ネット関連企業の退場とAI半導体関連企業の興隆!】(『ブルームバーグ』2024年6月19日ほか)

■【第2弾!米クリーブランド・クリニック「ワクチンの接種回数が増えるほどコロナに罹患しやすくなる」! 日本のワクチン(追加)接種率と、100万人あたりの感染者数の両方が世界トップ!? 岩上安身のインタビューでもお馴染みの上昌広医師が代表理事を務める、 医療ガバナンス学会(MERIC)が、新型コロナワクチンへの総括を求め、レプリコンワクチンの緊急承認は、「私たちが大規模な人体実験台とされることに他なりません」と訴える!】(『医療ガバナンス学会(MERIC)メールマガジン』2024年6月21日号)ほか

■【第3弾! 経済制裁を受けているにもかかわらず、ロシアは現在、EUにとって米国に次ぐ第2位のLNG供給国であり、昨年の輸入総量の16%を占める! 5月には欧州のロシアからのガス輸入量は、ほぼ2年ぶりに米国からの供給量を上回った! しかし、この逆転は一過性!?】欧州がウクライナに長距離兵器を供与し、ロシアとの直接対決の可能性を高めれば、ロシアは、ウクライナとトルコを経由するパイプラインから欧州への天然ガスを完全に止め、ヤマルLNGプロジェクトから欧州への出荷を停止すれば、現時点で貯蔵量があっても、欧州はガス不足でお手上げ! (『フィナンシャル・タイムズ』2024年4月19日・6月16日ほか)

■<IWJ取材報告>坂本雅子氏(名古屋経済大学名誉教授)「この法律のわかり難さは、米国の戦略に追随し、それを隠したまま日本の法律を制定したことに起因する」~6.20 重要経済安保情報の保護及び活用に関する法律の問題点と今後の取組について考える院内学習会
┗━━━━━
続きを読む

日刊IWJガイド・非会員版「タイに続きマレーシアがBRICSに加盟申請を決定! マレーシアは『マラッカ海峡』沿岸国! BRICSがチョークポイントを押さえた!」2024.6.21号~No.4259

┏━━【目次】━━━━
■はじめに~タイに続き、マレーシアがBRICSに加盟申請を決定!『アジアのルネッサンス』の著者でもあるマレーシアのアンワル・イブラヒム首相は、中国メディアの取材に、西側諸国の「二重基準と偽善」を批判!「(西側諸国は)言説をコントロールしたがるが、我々はもうそれに耐えられない」マレーシアはチョークポイントである「マラッカ海峡」の沿岸国! 米国の軍事戦略家はマラッカ海峡を締め上げれば、中東からの石油に頼る中国は降参すると述べたが、逆にBRICS側が封鎖したら日本や韓国はどうなるのか?

■6月は1日から17日までの17日間のご寄付・カンパが、45件、62万2700円と、月半ばを過ぎても目標額の16%の達成率で、かなり厳しい数字です! 今期第14期は、7ヶ月連続で目標金額に届かず、累積の赤字額は1000万円近くになっています。他方で、「IWJしか報じていない情報」が、日々、増えてきています! そのIWJを支えるのは、皆さまからいただく会費とご寄付・カンパだけです。有料会員登録と、ご寄付・カンパで、どうか財政難のIWJが、独立メディアとして報道・言論活動を継続できるよう、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます!

■【中継番組表】

■【本日のニュースの連撃! 3連弾!】

■【第1弾! 過去最多の56人立候補者数で都知事選がスタート! 争点は少子化対策・子育て支援・明治神宮外苑の再開発! 小池都政の「政治とカネ」「ブラックボックス化した予算」問題に対立候補の見解は?】(『日本経済新聞』、2024年6月20日ほか)

■【第2弾! ガンツ前国防大臣の離脱を受け、イスラエルのネタニヤフ首相が戦時内閣を正式に解散!】イスラエルの戦争政策はますます極右の言いなりになるのか!?(『タイムズ・オブ・イスラエル』、2024年6月17日)

■【第3弾! バイデン政権の「強い圧力」により、イスラエルへのF-15戦闘機50機の売却に反対していた民主党の上下院外交委員会のトップ2人が態度を変更!】ブリンケン米国務長官は、ネタニヤフ首相に「米国は今後数日以内に、イスラエルへの武器移転に関するすべての制限を解除する」と約束!「ラファで攻撃を開始すれば、追加の兵器供与を凍結する」とのバイデン大統領の警告は虚偽だった!?(『ワシントン・ポスト』、2024年6月18日)

■<IWJ取材報告 1>ロシアの凍結資産の運用益を利用したG7によるウクライナへの500億ドル(約7兆8500億)の融資枠組みについて、「日本も参加予定であり、G7間で詳細を議論していく予定」と上川外務大臣~6.18上川陽子外務大臣定例記者会見

■<IWJ取材報告 2>IWJ記者の都の太陽光発電に関する質問に、蓮舫氏は「適切な政策なのか見ていきたい」! コロナワクチン被害調査の質問には「国と連携してできるのか考える」!~6.18 2024東京都知事選挙公約発表―登壇:蓮舫予定候補者
┗━━━━━
続きを読む

日刊IWJガイド・非会員版「BRICSはG7の経済規模を超えた! ワシントンはパニックで不安神経症状態に! 米国とG7の完全な没落が始まった!!」2024.6.20号~No.4258

┏━━【目次】━━━━
■はじめに~ロシアがウクライナに侵攻した2022年、すでにBRICSはG7の経済規模を超えていた! 米国とG7の没落によるパニックで、ワシントンは不安神経症状態に!! G7にぶら下がってきた日本は無策で大丈夫なのか!? 明治維新以来、第二次大戦後も、冷戦後も変わらなかった「脱亜入欧米」政策は、完全に行き詰まり! 日本は多様な言語や文化をもつグローバル・サウスの国々との交流、貿易のためにも、各国の多様な言語、文化について習熟した人材の大量の養成が急務な新しい時代に入った!

■6月は1日から17日までの17日間のご寄付・カンパが、45件、62万2700円と、月半ばを過ぎても目標額の16%の達成率で、かなり厳しい数字です! 今期第14期は、7ヶ月連続で目標金額に届かず、累積の赤字額は1000万円近くになっています。他方で、「IWJしか報じていない情報」が、日々、増えてきています! そのIWJを支えるのは、皆さまからいただく会費とご寄付・カンパだけです。有料会員登録と、ご寄付・カンパで、どうか財政難のIWJが、独立メディアとして報道・言論活動を継続できるよう、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます!

■【中継番組表】

■「有事」を前提とした、食料安全保障に関わる法案が相次いで成立も、食料自給率上昇を諦めるというチグハグさ! このままでは戦争時に増産など不可能!?

■【本日のニュースの一撃!】

■【第1弾! 農林中央金庫が2024年度中に米国債や欧州国債を10兆円売却する方針! 米大統領選などの状況によってはさらに踏み込んだ売却を検討することもあり得る! 米国債を世界一買い込んで、米国の高金利=米国債の価格下落とともに含み損を膨らませてきた日本経済の体質改善となるか?】(『ロイター』2024年6月19日ほか)

■<IWJ取材報告>政府が種子法廃止の拠り所とした「みつひかり」について、岩月浩二弁護士は「想定していなかったほど、粗悪な不良品」だったと指摘! 外資種子メジャー参入の「地ならしだったとしても不思議じゃない」と表明! 山田正彦元農水相は、TPPから、種子法廃止、種苗法改正、農業食糧基本法改正、食糧有事法成立まで、国による食糧安全保障の破壊を批判!~6.14 種子法廃止等に関する違憲確認訴訟 控訴審第3回期日後の報告・意見交換会
┗━━━━━
続きを読む

日刊IWJガイド・非会員版「プーチン大統領の和平提案に対し、ロシアを排除した『平和サミット』を開いていたゼレンスキー氏は『信用してはならない』と猛反発!」2024.6.19号~No.4257

┏━━【目次】━━━━
■はじめに~プーチン大統領の和平提案に対し、ロシアを排除した「平和サミット」を開催していたウクライナのゼレンスキー氏は「ヒトラーと同じ最後通告だ」と猛反発し、「(ロシアの)侵略は止まらない、信用してはならない」と拒絶! 米英独仏などのG7首脳らはゼレンスキー氏に賛同するも、欧州各国の野党や国民は逆に和平提案を歓迎! グローバル・マジョリティ諸国も、ロシア抜きの平和サミットに意味はないとし、NATOの加盟国であるトルコのフィダン外相すらも、ロシアの提案を「重要な一歩であり、(交渉の)出発点となる一縷の望みだ」と評価!!

■5月1日から5月31日までのご寄付・カンパの総額は、116件、232万3400円でした。目標達成率は58%でした。6割にも届かず、かなり厳しい数字です! これで7ヶ月連続して、目標未達です。他方で、「IWJしか報じていない情報」が、日々、増えてきています! そのIWJを支えるのは、皆さまからいただく会費とご寄付・カンパだけです。有料会員登録と、ご寄付・カンパで、どうか財政難のIWJが、独立メディアとして報道・言論活動を継続できるよう、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます!

■【中継番組表】

■【本日のニュースの一撃!】

■【第1弾! NATOも、自らの核使用を想定して準備か!? NATOは核弾頭を警戒態勢に置くことを協議! 日本のマスメディアは、この現実をまったく伝えないか、伝えてもその切迫感と深刻さをホワイトウオッシュ!】(『スプートニク日本』、2024年6月17日ほか)

■<IWJ取材報告>「再開発見直し」を都知事選の争点に! 共産党の支援で連合が支援をやめた件については「私は支援者を排除しない」と蓮舫氏は明言! 都庁舎プロジェクションマッピング予算を食糧支援に!~6.14 日本外国特派員協会主催「蓮舫氏(東京都知事選候補予定者)記者会見」
┗━━━━━
続きを読む

日刊IWJガイド・非会員版「ロシアのプーチン大統領がウクライナに対し、4つのロシア支配地域からウクライナ軍を撤退させれば、和平交渉を直ちに開始すると表明!」2024.6.18号~No.4256

┏━━【目次】━━━━
■はじめに~ウクライナが提唱した「平和サミット」に招かれなかったロシアのプーチン大統領は、独自に和平交渉を提案! ウクライナに対し、ロシア語話者が集住する東南部の4つのロシア支配地域(ドネツク、ルハンスク、ヘルソン、ザポロジエ各州)からウクライナ軍を撤退させれば、和平交渉を直ちに開始すると表明!「ウクライナ戦争を引き起こしたのは西側諸国」だと批判し、ウクライナ紛争が終わった後の欧州の安全保障体制について、NATOに対してダメ出しをした上で、ユーラシア諸国が望めばどの国でも加盟できる体制に改めることと、「汎欧州の安全保障体制構築には、ウクライナからのあらゆる外国軍の排除が必要」と訴え!!

■5月1日から5月31日までのご寄付・カンパの総額は、116件、232万3400円でした。目標達成率は58%でした。6割にも届かず、かなり厳しい数字です! これで7ヶ月連続して、目標未達です。他方で、「IWJしか報じていない情報」が、日々、増えてきています! そのIWJを支えるのは、皆さまからいただく会費とご寄付・カンパだけです。有料会員登録と、ご寄付・カンパで、どうか財政難のIWJが、独立メディアとして報道・言論活動を継続できるよう、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます!

■【中継番組表】

■ウクライナ提唱の「平和サミット」に招待された160ヶ国のうち、参加したのは半数強の90ヶ国超で、大半は西側諸国! 紛争当事者のロシアは招かれず、最大の影響力をもつ米国はバイデン大統領が不参加! さらにブラジル、インド、南アフリカ、サウジなどのグローバル・マジョリティ主要国12ヶ国は、参加しても共同声明には署名せず! ゼレンスキー大統領は「独立、領土保全、主権が、世界の大多数によって承認された」とうそぶいたが、この共同声明には「すべての当事者(当然ロシアが含まれる)の関与と対話が必要だと確信している」との記述が! この共同声明の核心をメインに報じた日本のマスメディアはわずか!

■ウクライナへ長距離兵器を供与しても、そもそも、ウクライナは、受け入れ機能がないほどインフラが破壊されている! 現在稼働しているウクライナの火力発電所は27%に過ぎない! ウクライナの発電能力の50%が破壊されている!
┗━━━━━
続きを読む

日刊IWJガイド・非会員版「『ウクライナ平和サミット』開幕日に、『ニューヨーク・タイムズ』が、2022年4月の『ウクライナ・ロシア条約草案』を初公開!」2024.6.17号~No.4255

┏━━【目次】━━━━
■はじめに~「ウクライナ平和サミット」の開幕以来、 ロシア憎悪に傾斜した煽情的な偏向報道を続けている日本のマスコミ! しかし肝心の紛争当時国であるロシアのプーチン大統領を招かず、米国のバイデン大統領も欠席、中国、インド等の大国の首脳も不在の「ウクライナ平和サミット」に何の意味があるのか!? さらに『ニューヨーク・タイムズ』が、2022年4月の「ウクライナ・ロシア条約草案」を初公開! ロシアは、11月のブラジル・リオG20サミットで、中国による仲介を期待!?

■5月1日から5月31日までのご寄付・カンパの総額は、116件、232万3400円でした。目標達成率は58%でした。6割にも届かず、かなり厳しい数字です! これで7ヶ月連続して、目標未達です。他方で、「IWJしか報じていない情報」が、日々、増えてきています! そのIWJを支えるのは、皆さまからいただく会費とご寄付・カンパだけです。有料会員登録と、ご寄付・カンパで、どうか財政難のIWJが、独立メディアとして報道・言論活動を継続できるよう、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます!

■【中継番組表】

■【本日のニュースの一撃!】

■【第1弾! 原口一博衆議院議員が、新型コロナワクチンについて「やっぱり、安部さんが言ってた通り、生物兵器だった」と、6月6日の「UFO議連」設立総会で、個人的な会話の中で発言!『やや日刊カルト新聞』のマイクが「たまたま拾ってしまっていた」と、やや日刊カルト新聞総裁の藤倉善郎氏が『X』にポスト!

■<IWJ取材報告>上川外務大臣は拒否しているが、来年のWHA(世界保健総会)で決められると予想されているパンデミック協定とともに、改正IHRは、国会で審議されなければならない『国際約束』! そして、来年4月1日が拒絶期限!! ~6.14「大規模国民運動に関する記者会見」
┗━━━━━
続きを読む

日刊IWJガイド・非会員版「G7はロシアの凍結資産の盗用を決定! ロシアはドルとユーロをモスクワ証券取引所から排除! 他方、サウジは脱『ペトロダラー体制』へ!」2024.6.15号~No.4254

┏━━【目次】━━━━
■はじめに~米国・バイデン政権は、新たな対露制裁を発動! G7首脳会議は、ロシアの凍結資産の盗用で大筋合意! ロシアはカウンターで、モスクワ証券取引所からドルとユーロを排除! そんな中「サウジアラビアが、米国との石油ドル協定を更新しないと決定した」との「ペトロダラー体制終焉」の情報が非公式に流れる! 実際、サウジアラビアは、中国が主導する中央銀行デジタル通貨の国境を越えた試験に参加! サルマン皇太子は国内行事を理由にG7の招待に応じず、サウジ外相は、ロシアで開催されたBRICS閣僚会議に参加! ペトロダラーによるドル基軸体制の終焉を告げる「噂話」が、いずれ事実になる日が来る!?

■5月1日から5月31日までのご寄付・カンパの総額は、116件、232万3400円でした。目標達成率は58%でした。6割にも届かず、かなり厳しい数字です! これで7ヶ月連続して、目標未達です。他方で、「IWJしか報じていない情報」が、日々、増えてきています! そのIWJを支えるのは、皆さまからいただく会費とご寄付・カンパだけです。有料会員登録と、ご寄付・カンパで、どうか財政難のIWJが、独立メディアとして報道・言論活動を継続できるよう、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます!

■【中継番組表】

■米国が対露追加制裁! 新たな300以上の制裁措置を明らかに! その内容は、まだ存在しない液化天然ガスプロジェクトにも制裁を課し、ロシアの「現在」だけでなく、「未来」さえ潰そうとするおぞましいもの! ロシアは激怒! 日本の『朝日新聞』と『ロイター』は、米国の追加制裁のグロテスクな中身を報じることなく、メドベージェフ氏の過激な発言のみ報じ、危険人物扱い!

■【本日のニュースの一撃!】

■【第1弾! 米国は日本に自衛隊を2軍として使うだけでなく、兵器製造の下請け工場の役割も振り当てててきた!】
┗━━━━━
続きを読む

日刊IWJガイド・非会員版「米国離れしつつあるNATOが独走を始める! 初めて欧州の核で、ロシアと中国を威嚇! ウクライナへの軍事・経済支援を米国から引き継ぐ!」2024.6.14号~No.4253

┏━━【目次】━━━━
■はじめに~米国離れしつつあるNATOがウクライナ紛争で独走を開始! 初めて欧州の核で、ロシアと中国を威嚇! トランプ政権樹立を想定し、ウクライナへの軍事・経済支援のメインアクターをNATOが米国から引き継ぐ! しかし、欧州内急進派のマクロン大統領は、フランスの国内の反戦世論にもまれ、混乱が続く!

■5月1日から5月31日までのご寄付・カンパの総額は、116件、232万3400円でした。目標達成率は58%でした。6割にも届かず、かなり厳しい数字です! これで7ヶ月連続して、目標未達です。他方で、「IWJしか報じていない情報」が、日々、増えてきています! そのIWJを支えるのは、皆さまからいただく会費とご寄付・カンパだけです。有料会員登録と、ご寄付・カンパで、どうか財政難のIWJが、独立メディアとして報道・言論活動を継続できるよう、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます!

■【中継番組表】

■【本日のニュースの一撃!】

■【第1弾! 自殺する日本経済! 米国が「弾薬の材料になる物資を、中国がロシアに提供している」と指摘したことを受け、対米従属の岸田政権は中国企業への制裁を検討! G7サミットで公表か!?】日本にとり最大の貿易相手国である中国から報復制裁を受ければ、日本経済への大打撃に! 日本の中国への輸出割合は2019年時点で24%! 日本は昨年、中国のレアメタル輸出規制と、汚染水海洋放出に対する水産物全面禁輸で痛い目を見たばかり!!(『NHKニュース』、2024年6月12日)

■<IWJ取材報告>アムネスティ韓国が脱北者60人の証言をまとめ、悪化する北朝鮮の人権状況を報告!「日本政府が北朝鮮に対して、人権面での憂慮を伝え、是正をうながす圧力を加えてほしい」!~6.10 記者会見「脱北者が語る『闇に包まれた北朝鮮の人権危機』」
┗━━━━━
続きを読む

日刊IWJガイド・非会員版「独仏がロシア直接攻撃の意思を再び明確に! 仏はミラージュ戦闘機をウクライナへ供与! 独防衛相は『戦争に備えなければならない』!」2024.6.13号~No.4252

┏━━【目次】━━━━
■はじめに~独仏がともにロシアへの直接攻撃に参加する意思を再度明確に! フランスは、マクロン大統領がミラージュ2000-5戦闘機をウクライナに供与と発表! ドイツはピストリウス防衛相が「2029年までに(ドイツは)戦争に備えなければならない」と宣言! 民意から自分たちがどれほど離れていても、米国やNATOの利権の代理人であろうとするショルツ首相とマクロン大統領は、ドイツ国民やフランス国民の代表と言えるだろうか!?

■5月1日から5月31日までのご寄付・カンパの総額は、116件、232万3400円でした。目標達成率は58%でした。6割にも届かず、かなり厳しい数字です! これで7ヶ月連続して、目標未達です。他方で、「IWJしか報じていない情報」が、日々、増えてきています! そのIWJを支えるのは、皆さまからいただく会費とご寄付・カンパだけです。有料会員登録と、ご寄付・カンパで、どうか財政難のIWJが、独立メディアとして報道・言論活動を継続できるよう、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます!

■「プーチン氏が日本への原爆投下の映像が流れた際に、拍手で湧き上がっていた西側の首脳達と違って、一人十字を切っていたエピソードを木村氏が紹介してくれた事も印象的」「心配です。些少ですがお役立てください」!「IWJの継続を希望します」!ご寄付をくださった皆さまからの応援・激励メッセージに、岩上安身がご回答いたします!

■【中継番組表】

■【本日のニュースの連撃! 2連弾!】

■【第1弾! ロシアが、夏の海洋軍事演習に先立って大西洋でミサイル発射訓練を実施! ロシア海軍のフリゲート艦「アドミラル・ゴルシコフ」と原子力潜水艦「カザン」は、キューバに寄港!】ロシアは米国が欧露間を分裂させ、争わせるのを自らは、安全圏にいて、「高みの見物」を決め込んだことを許さない!?(『ロイター』2024年6月12日ほか)

■【第2弾! 世界銀行が、ロシアのGDP成長率を上方修正! ウクライナ紛争を通じて、ロシアの軍需産業が拡大、そしてロシアの「東方転換」により、中国との貿易が増加!】ロシアの「東方転換」で世界経済の構造が転換し、西側諸国は世界経済を支配する力を失いつつある!「ロシアの弱体化」を画策して、ロシアを「東方」へ追いやった米国の歴史的な戦略的失敗!(世界銀行『世界経済見通し2024』、2024年6月11日)

■<IWJ取材報告>都議会でのPFAS問題の質問に対し、小池都知事自らの答弁はゼロ! 東京都のPFAS対策の不作為の原因が、小池都知事の政治姿勢にあることが明らかに! 一方、都知事選への出馬を表明した蓮舫氏からは「PFAS対策を重視して取り組む構えだ」とのメッセージ! 足尾鉱山事件を上回る公害事件となりうるPFAS問題!「東京にきれいな水を!」が今回の都知事選挙の一大テーマに!~6.7 PFAS汚染と都政を考えるつどい Part2

■横浜で19日からパレスチナ絵画展「パレスチナの物語り~Story & Tale~」開催されます。ぜひ足を御運びください!
┗━━━━━
続きを読む

日刊IWJガイド・非会員版「鬼畜のイスラエル軍の虐殺三昧! 具体的にイスラエルの所業を明らかにしている、4月16日発表のUNRWA報告書を全文仮訳!」2024.6.12号~No.4251

┏━━【目次】━━━━
■はじめに~鬼畜のイスラエル軍には、和平の兆しなどまったくなし! 和平案の協議中でもお構いなくガザで虐殺三昧! イスラエルの所業を具体的に明らかにしている、4月16日発表のUNRWA報告書を全文仮訳! その中には、UNRWA職員にハマスの攻撃に関与したと強制自白させた証言までがある! イスラエルの「やらせ」に乗って、UNRWAへの資金拠出を停止した日本政府をはじめ、米英独など15ヶ国以上はどう責任を取るのか!?

■5月1日から5月31日までのご寄付・カンパの総額は、116件、232万3400円でした。目標達成率は58%でした。6割にも届かず、かなり厳しい数字です! これで7ヶ月連続して、目標未達です。他方で、「IWJしか報じていない情報」が、日々、増えてきています! IWJの情報価値は日々高まっています! そのIWJを支えるのは、皆さまからいただく会費とご寄付・カンパだけです。有料会員登録と、ご寄付・カンパで、どうか財政難のIWJが、独立メディアとして報道・言論活動を継続できるよう、皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます!

■「素晴らしい、メドベージェフ発言の翻訳、本当によく書いてくれました!」「この翻訳を読んで、皆目を覚ましてほしいです」! ご寄付をくださった皆さまからの応援・激励メッセージに、岩上安身がご回答いたします!

■IWJは、市民の皆さまお一人お一人の会費とご寄付・カンパで運営しています。5月のご寄付者様のご芳名を、感謝を込めて順次掲載させていただきます! IWJの経済危機に手を差し伸べてくださった皆さま、誠にありがとうございます!

■【中継番組表】

■都知事選で自民党が小池氏をまる見えの「ステルス支援」! 小池都政継続なら、自民党の高齢者冷遇政策が反映される!?「政治とカネ」問題で、同じ穴のムジナである都民ファーストの会は、名実ともに自民党の補完勢力に!!

■【本日のニュースの連撃! 3連弾!】

■【第1弾! イスラエルが東エルサレムを占領したことを記念する「エルサレムの日」のデモ行進で、参加者が「アラブ人に死を」「あなたの村が焼かれますように」と叫ぶ! ベン=グヴィール国家安全保障相は「エルサレムは我々のものだ。我々がこの地域の主権者だと思えば、敵は我々を尊敬するだろう」と演説!】デモ参加者はパレスチナ人の店を襲撃! イスラエル警察は制御放棄!(『アルジャジーラ』、2024年6月5日)

■【第2弾! EUが出資する国際人権連盟(IFHR)が、ロシアのメドベージェフ元大統領や、著名なメディア関係者らを、ウクライナ人へのヘイトスピーチで国際刑事裁判所(ICC)に告発!】「ウクライナ人をナチスとして描写」したと主張! これに対し、メドベージェフ元大統領は「キエフのネオナチ政権に対する我々の共同の取り組みの有効性を認めたものだ」と開き直りの答弁!(『RT』、2024年6月8日)

■【第3弾! オーストリアのクナイスル元外相が「ロシアを分割するという西側諸国の計画を聞いたことがある」と証言! 計画は米国の著名なシンクタンク大西洋評議会によるもの!】西側諸国は今も、ロシアをユーゴスラビアと同じようにバラバラにする計画を持っている!! そのバラバラ計画の実践として仕掛けられたのが、ウクライナ国内におけるロシア語話者への差別とジェノサイドであり、その結果、ロシア軍の介入を招いた!!(『タス』、2024年6月9日)

■<IWJ取材報告>日露平和条約交渉について、日本側の態度変更を求めたプーチン大統領に対し、「現下の事態はすべてロシアによるウクライナ侵略に起因。日本側に責任を転嫁しようとする対応は、極めて不当で断じて受け入れることができない」と、まったく耳を貸さない上川大臣~6.11上川陽子外務大臣定例記者会見
┗━━━━━
続きを読む