「現実には、この移転計画はほぼ中止に向かっている」――築地市場の豊洲移転問題を考える緊急フォーラム「築地から東京が変わる」が開催!東京中央市場労働組合の中澤誠執行委員長が今後の見通しを示す 2016.10.9

記事公開日:2016.10.12取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(安道幹)

 10月9日、築地市場の豊洲移転問題を考える集会「緊急!政策希望フォーラム 築地から東京が変わる」が、東京都内の文京区民センターで開催された。フォーラムでは元日弁連会長の宇都宮健児氏、築地市場の仲卸業者で、東京中央市場労働組合執行委員長を務める中澤誠氏、1級建築士の水谷和子氏が登壇し、パネルディスカッションが行われた。

 宇都宮氏は、基調講演の中で「築地問題は都政の問題、とりわけ石原都政以降の17年間の問題が象徴的にあらわれている」として「その一つが隠蔽体質だ」と指摘。石原元知事に対して「自分はだまされたと言っているが、都庁を伏魔殿にしたのは誰なんだ!あんただろう!」と厳しく批判した。

▲パネルディスカッションの様子――10月9日、文京区民センター

▲パネルディスカッションの様子――10月9日、文京区民センター

 また中澤氏は、築地移転問題の今後の見通しについて「(10月6日、7日)2日間にわたって、東卸の協同組合で説明会があったが、移転推進の人も反対の人も、カンカンに怒っている。築地市場関係者の9割方は、もうこんな計画には付き合っていられないという状況だ」と述べ、豊洲新市場の開場については、最終的に東京都側と業界側でつくる協議会の合意が必要になることを踏まえ、「現実には、この移転計画はほぼ中止に向かっている」との見通しを示した。

■ハイライト

  • 登壇者 中澤誠氏(東京中央市場労働組合執行委員長)/水谷和子氏(一級建築士)/宇都宮健児氏(弁護士、元日本弁護士連合会会長)
  • タイトル 緊急!希望政策フォーラム「築地から東京が変わる」 ―登壇 中澤誠氏(東京中央市場労働組合執行委員長)、水谷和子氏(一級建築士)、宇都宮健児氏
  • 日時 2016年10月9日(日)18:30〜20:30
  • 場所 文京区民センター(東京都文京区)
  • 主催 希望のまち東京をつくる会 東京政策調査会(準備会)(詳細

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です