協賛・広告掲載のお願い

 IWJの各種媒体に協賛・広告掲載していただける個人・企業・団体の募集を始めました。

 IWJは、会社を正式に設立して2年、定額会員制をスタートさせてからまだ1年の、成長途上のメディアです。おかげさまで皆さまのご支援と、若いスタッフ・ボランティアの頑張りのおかげで、月間の総配信本数が400本を超え、ホームページののべ訪問者数が1日に2万4000を超えるようになりましたが、活動資金も、人材も、まだまだ不足しております。

 市民の皆さまに直接支えられるメディアとして、皆さまのより一層の御支援をお願いしたいと思います。

 現在に至るまでも、Googleアドセンス、Amazonアフィリエイトなど、ささやかながら広告をとらせていただいて参りました。また、年末のイベント「饗宴」では協賛広告というかたちで、ご支援を頂戴致しました。定期的に高額のカンパを続けてくださっている方もいらっしゃいます。協賛広告、カンパでご支援くださった方々には、この場を借りて、深く御礼を申し上げたいと思います。

 この間、協賛広告・カンパをいただいた皆さまから、IWJの報道に影響を及ぼすような特定の要求があったケースは一切ございませんでした。今後もスポンサーの要求に屈して、IWJの報道が歪められるようなことはあってはならないと考えております。この度の協賛・広告募集につきましても、その姿勢を崩すつもりは毛頭ありません。

 これからも、温かく見守ってくださる皆さまに支えられながら、従来の報道姿勢を貫き、腐敗することなく、「走り続けてゆくメディア」として、心から精進していきたい所存です。会員として支えてくださっている皆さまにおかれましても、今までと変わらず、お支えていただきたいとお願い申し上げます。定期会員スタート時に年会員になっていただいた方々はちょうど更新の時期を迎えております。どうぞ会員更新の手続きをお忘れなきよう、重ねてお願い申し上げます。

 政府やスポンサーの思惑に左右されない「ニュースの産直メディア」、新しい時代の「公共的な情報インフラ」を目指したIWJの活動継続のため、広告を出稿していただき、何卒、ご支援のほど、よろしくお願い致します。

 広告掲載の媒体としましては、月間のべ20万人の訪問者数を誇るトップページをはじめ、Ustreamの番組の待機画面、日刊で発行している「日刊IWJガイド」、週刊で発行している「IWJ通信」など、様々な機会を用意しております。

 協賛の広告と同時に、純然たる広告効果を期待できる一般広告も募集致します。各種媒体の詳細につきましては、下記資料をご覧ください。

 下記掲載の媒体以外でも、ご相談・ご要望に応じ、柔軟に対応させていただきます。また、いくつかの媒体を複合的に組み合わせたプランにも対応可能です。

 純然たる企業広告から、IWJを応援したい、エールを送りたいという個人、有志の方々のいわゆる「名刺広告」、「応援メッセージ」に至るまで、皆さまからの出稿をお待ちしています。

 ぜひ、お気軽にご相談ください。

 問い合わせ先 office@iwj.co.jp

資料

広告掲載契約約款(PDFファイル)は こちら

pageup