Independent Web Journal
岩上安身プロフィール

  • 【中継】4/19 12:30~

    97歳の元学術会議会員、任命拒否撤回を求め記者会見 ―登壇:増田善信氏(元日本学術会議会員・元気象研究所研究室長)、井原聡氏(東北大学名誉教授)ほか

    YoutubeLiveはこちら

  • 【中継】4/19 13:00~

    「日本外国特派員協会主催 袴田秀子氏(袴田巌氏の姉)、西嶋勝彦氏(弁護士)記者会見 ―内容:日本における死刑判決について」

    Ch5はこちら

  • 【中継】4/19 14:00~

    第4回『ワクチン進捗フォローアップ野党合同チーム』ヒアリング ―内容:ワクチンの接種の進捗状況などについて厚生労働省より、高齢者へのワクチン接種体制などについて高知市長・岡崎誠也氏(Zoom参加)より

    Ch4はこちら

PrevNext

2
  • 【再配信】4/18 19:00~ ※2016年10月収録

    40年間で2兆4000億円もの「電気代」が原発プロパガンダに消えた!? 日本のメディアを牛耳る巨大広告代理店「電通」の実態に迫る!~岩上安身によるインタビュー 第677回 ゲスト 『原発プロパガンダ』著者・本間龍氏

    YoutubeLiveはこちら

  • 【再配信】4/18 19:00~ ※2016年10月収録

    40年間で2兆4000億円もの「電気代」が原発プロパガンダに消えた!? 日本のメディアを牛耳る巨大広告代理店「電通」の実態に迫る!~岩上安身によるインタビュー 第677回 ゲスト 『原発プロパガンダ』著者・本間龍氏

    YoutubeLiveはこちら

  • 【再配信】4/19 19:00~ ※2016年12月収録

    原発広告を全国紙に先駆けて始めたのは朝日新聞だった!東奥日報はいまだに原発礼賛で年数億円の収入を得ている!? 岩上安身によるインタビュー 第697回 ゲスト『原発プロパガンダ』著者・本間龍氏 第三弾!

    YoutubeLiveはこちら

PrevNext

3

編集部のおすすめタイムリー記事

どうか皆さまのご支援でIWJを存続させてください! よろしくお願いいたします!

記事公開日:2021.3.12

会員登録は→ こちらです
ご寄付・カンパは→ こちらです
どうぞよろしくお願いいたします。


【タイムリー再配信 】原発広告を全国紙に先駆けて始めたのは朝日新聞だった!東奥日報はいまだに原発礼賛で年数億円の収入を得ている!? 岩上安身によるインタビュー 第697回 ゲスト『原発プロパガンダ』著者・本間龍氏 第三弾!

記事公開日:2021.4.19 動画

 2021年4月19日(月)19時より【タイムリー再配信 】原発広告を全国紙に先駆けて始めたのは朝日新聞だった!東奥日報はいまだに原発礼賛で年数億円の収入を得ている!? 岩上安身によるインタビュー 第697回 ゲスト『原発プロパガンダ』著者・本間龍氏 第三弾!を配信します。

 途中までは非会員の方もご覧いただけますが、全編のご視聴はIWJ会員様のみの限定配信となります。


立憲民主党・逢坂誠二衆議員「今回の高齢者のワクチン接種は政府が早く始めたというアリバイ作りにしか見えない!!」~4.15第3回「ワクチン進捗フォローアップ野党合同チーム」ヒアリング 2021.4.15

記事公開日:2021.4.16取材地: テキスト動画

 「二階幹事長は、『どうしても駄目だったら、きっぱりオリンピックをやめる』とおっしゃいました。コロナに打ち勝った証として、オリンピック、復興オリンピックを多くの方が楽しみにしているので、私たちも全力で、このワクチンのフォローアップをして、国民の期待に応えていきたいと考えております」

 2021年4月15日、衆議院本館で行われた野党合同チームによる厚労省へのヒアリングの冒頭、立憲民主党の原口一博衆議員は、皮肉を込めてこう語った。


「福島第一原発の廃炉のすべての行程の取材を開放するべき」とのIWJ記者の質問に「要望を東電に申し入れる」とのみ回答~4.16 梶山弘志 経済産業大臣 定例会見 2021.4.16

記事公開日:2021.4.16取材地: テキスト動画

,

 2021年4月16日(金)午前9時45分頃より、梶山弘志経済産業大臣による定例会見が行われた。

 梶山経産大臣は、福島第一原発のALPS処理水海洋放出に関して、経産省内に地元漁業関係者への賠償などに対応する特別チームを設けるよう指示したことを報告した。


「五輪の安全な開催手法を今すぐ国民や国際社会に説明する義務がある」とのIWJ記者の追及に「4月のプレイブック改定で安心安全の確信を持って欲しい」!?~4.16丸川珠代 東京オリンピック・パラリンピック大臣 定例記者会見 2021.4.16

記事公開日:2021.4.16取材地: テキスト動画

 2021年4月16日(金)、午前9時より、東京都千代田区の内閣府本部庁舎にて、丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック大臣による定例記者会見が開催された。

 会見冒頭、内閣府特命大臣(男女共同参画担当)でもある丸川大臣より、内閣府と文科省が共同で進めてきた「子どもを性暴力の当事者にしないための『生命の安全教育』」の調査研究事業が取りまとめた報告書について説明があった。


「閣議決定を反対運動で正常化する、始まりの集会!」~放射能汚染水を海へ流すな!緊急抗議行動 ―発言:鎌田慧氏(さようなら原発呼びかけ人)ほか 2021.4.13

記事公開日:2021.4.16取材地: テキスト動画

 2021年4月13日、福島第一原発のトリチウム処理水の海洋放出が閣議決定されたことに抗議して、同日12時より総理官邸前で、「放射能汚染水を海へ流すな!緊急抗議行動」が、さようなら原発1000万人アクションの呼びかけで行われた。ルポライターの鎌田慧氏(さようなら原発呼びかけ人)等が緊急アピールを行い、IWJはこの模様を中継した。


調布の住宅街の地盤がトンネル工事で陥没!! 郷原信郎弁護士「いかに利便性があっても安全が脅かされてはならぬ。事業者は重大な不祥事を発生させたとの認識でコンプライアンス対応を行なうべし」~4.15 調布外環道事故被害補償に関する郷原弁護団記者会見 2021.4.15

記事公開日:2021.4.16取材地: テキスト動画

 2021年4月15日(木)午前10時半より、新宿区飯田橋にて、調布外環道事故被害補償に関する郷原弁護団記者会見が行われた。


注目の原発事故人権侵害訴訟! 損害賠償請求に対し、国は原発の安全審査基準を持ち出す異例の対応!~原発事故人権侵害訴訟・愛知岐阜(通称:だまっちゃおれん訴訟)裁判(控訴審)第二回口頭弁論終了後の報告集会 2021.3.17

記事公開日:2021.4.16取材地: テキスト動画

 「原発事故人権侵害訴訟・愛知岐阜(通称:だまっちゃおれん訴訟)裁判(控訴審)第二回口頭弁論終了後の報告集会」は、3月17日に行なわれた第2回口頭弁論のあと、「だまっちゃおれん!原発事故人権侵害訴訟・愛知岐阜」の主催により開催された。


原発事故避難者が抱える苦しみ・悲しみと、弁護団長の人柄・暖かさに心揺さぶられる、必見の避難訴訟報告集会!~原発事故人権侵害訴訟・愛知岐阜(通称:だまっちゃおれん訴訟)裁判(控訴審)第一回口頭弁論終了後の報告集会 2021.2.1

記事公開日:2021.4.16取材地: テキスト動画

 2011年3月の東京電力福島第一原発事故から10年の月日が過ぎたが、日本全国に避難した福島県の住民は今も苦しみ、加害者である国や東電と闘っている。

 福島県から愛知、岐阜、静岡県へ避難するなどした41世帯126人は慰謝料等の賠償を東電と国に求め訴訟を起こした。これに対し、名古屋地裁は2019年8月2日、東電への請求を一部認め原告109人に約9600万円の支払い命じたが、国への請求を認めなかった。


PCR検査抑制など失策続きの日本にコロナ第4波が迫る! 野党が示すコロナ対策、対案とは? 岩上安身によるインタビュー 第1035回 ゲスト 立憲民主党 衆議院議員・小川淳也氏 2021.4.5

記事公開日:2021.4.15取材地: テキスト動画独自

特集 #新型コロナウイルス
※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます! IWJ存続のためぜひご検討をお願いいたします。一般会員の方は、記事公開後2ヶ月間以内に限り御覧いただけます。→ご登録はこちら

 2021年4月5日、岩上安身は立憲民主党の衆議院議員・小川淳也氏にインタビューを行った。小川議員は2020年11月、新型コロナウイルスに感染。病床から自身の病状を伝える動画をツイッターに掲載し、回復後は感染当事者としての経験を活かして、国会質問やコロナ対策改善に向けた提言などを行っている。


(再掲載)辺野古基地とならぶ沖縄県知事選の争点!構造的差別の原因をつくる「沖縄振興体制」から子どもを守れ!~岩上安身によるインタビュー 第904回 ゲスト 琉球大学教育学部教授・島袋純氏(後編) 2018.9.10

記事公開日:2018.9.10取材地: 動画独自

特集 2018年沖縄県知事選
※ サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の2ヶ月間、全編コンテンツが御覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2018年9月10日(月)9時より沖縄県西原町の琉球大学にて、岩上安身による琉球大学教育学部教授・島袋純氏へのインタビュー第2弾が行われた。


(再掲載)「働かせホーダイ」改悪法案強行採決!? 高プロ制度の危険性、そして加藤勝信厚労大臣による「ご飯論法」の詭弁を暴く!~5.22 岩上安身による緊急インタビュー 第871回 ゲスト 法政大学・上西充子教授 2018.5.22

記事公開日:2018.5.22取材地: 動画独自

緊急特集 高度プロフェッショナル制度の異次元の危険性!
※ サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の2ヶ月間、全編コンテンツが御覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2018年5月22日(火)15時半より東京都港区のIWJ事務所にて、上西充子法政大学教授に岩上安身がインタビューを行い、「働き方改革関連法案」について話を訊いた。


(再掲載)辺野古基地とならぶ沖縄県知事選の争点!構造的差別の原因をつくる「沖縄振興体制」から子どもを守れ! ~岩上安身によるインタビュー 第904回 ゲスト 琉球大学教育学部教授・島袋純氏(前編) 2018.9.8

記事公開日:2018.9.9取材地: 動画独自

特集 2018年沖縄県知事選
※サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の2ヶ月間、全編コンテンツが御覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2018年9月8日(土)13時より沖縄県西原町の琉球大学千原キャンパスにて、岩上安身による琉球大学教育学部教授・島袋純氏インタビューを行った。


政府が福島第一原発の汚染水海洋放出を決定! IWJ記者が「トリチウム海洋放出を止めるには自公議員らを選挙で落選させるしかない、大臣はその覚悟ができているのか? ファイナルアンサーでお答えを」と梶山経産大臣に直球質問!大臣の答えは!? ~4.13梶山弘志 経済産業大臣定例会見 2021.4.13

記事公開日:2021.4.13取材地: テキスト動画

 2021年4月13日(火)、午前9時30分より、東京都千代田区の経済産業省本館にて、梶山弘志経済産業大臣の定例会見が行われた。


ワクチン免疫効果継続期間は不明!? 国民へのワクチン接種率の目標は設定していない!? ~4.12第2回「ワクチン進捗フォローアップ野党合同チーム」ヒアリング 2021.4.12

記事公開日:2021.4.13取材地: テキスト動画

 2021年4月12日(月)、午後14時30分より、衆議院本館にて、第2回「ワクチン進捗フォローアップ野党合同チーム」ヒアリングが開催された。ワクチンの接種数の進捗状況および、V-SYS(ワクチン接種円滑化システム)の不具合などについて厚生労働省より、また、高齢者へのワクチン接種体制などについて、沖縄県うるま市新型コロナウイルス対策室より、野党議員がヒアリングを行った。


海洋放出されるトリチウム年間22兆ベクレルは、2010年に福一原発が海洋放出した10倍! 方針決定に民主的な手続きが踏まれていない!~4.12原発事故10年 汚染水を海に流さないで! 原発もうやめよう! 国際署名提出・記者会見 2021.4.12

記事公開日:2021.4.12取材地: テキスト動画

 2021年4月12日(月)、午後2時より、東京都千代田区の参議院議員会館にて、国際環境NGO FoE Japan、原子力資料情報室、No Nukes Asia Forum Japan、グリンピース・ジャパンの呼びかけで、「福島原発事故10年 汚染水を海に流さないで! 原発もうやめよう!」と題し、政府への署名提出と記者会見が開催された。


コロナ禍と東京五輪の悪用、権力濫用、メディア支配でやりたい放題の菅ファミリーと政府・与党! 岩上安身によるインタビュー 第1034回 ゲスト 東京新聞記者、望月衣塑子氏連続インタビュー 第2回 2021.4.1

記事公開日:2021.4.11取材地: テキスト動画独自

 大阪府、兵庫県、宮城県の3府県に「まん延防止等重点措置」が適用された2021年4月1日、岩上安身による望月衣塑子氏の第2回インタビューが行われた。

 冒頭、望月さんが佐高信氏と一緒に書かれた著書『なぜ日本のジャーナリズムは崩壊したのか』(講談社新書 2020)のご紹介をいただき、望月さんサイン本を用意した。「たとえ最後の一人になろうとも」と添えた望月さんの直筆サイン入りのご著書をIWJ書店でお求めいただきたい。


福島第一原発で働き過労死した猪狩忠昭さんの損害賠償請求訴訟で福島地裁は雇用元に2400万円あまりの賠償を認める判決! しかし元請けの建設会社と東京電力に対する訴えは退けられ、原告・妻は「今後も多重請負構造の責任逃れをすることが続いてしまう」と涙! 2021.3.30

記事公開日:2021.4.9取材地: テキスト動画

 2017年10月26日、福島第一原発で働いていた猪狩忠昭さんは、防護服、全面マスクの姿のまま構内で倒れ、亡くなった。死因は「致死性不整脈」だったという。


IWJが指摘し続けたフジ・メディアHDの外資規制違反問題で、IWJ記者が武田総務大臣の責任を問うも、武田大臣は質問を途中でさえぎり回答を拒否!~4.9武田良太 総務大臣 定例会見 2021.4.9

記事公開日:2021.4.9取材地: テキスト動画

 2021年4月9日、東京都千代田区の総務省で、武田良太総務大臣による定例の記者会見が行われた。

 IWJは、3月23日の武田総務大臣定例会見で、フジ・メディア・ホールディングスによる外資規制での放送法違反の疑いを指摘し、武田良太総務大臣から「事実関係をよく確認した上で、適切に対処してまいりたい」との回答をえていた。


「本大会を実施したいなら、感染を拡大させる聖火リレーは即刻やめるべき!」IWJ記者の質問に丸川大臣は「どんどん状況が変化しているので柔軟に構える」と具体的な回答はなし! ~4.9丸川珠代 東京オリンピック・パラリンピック大臣定例記者会見 2021.4.9

記事公開日:2021.4.9取材地: テキスト動画

※2021/4/10 記事タイトルを変更しました。
特集 #新型コロナウイルス

 2021年4月9日(金)、午前9時30分頃より、東京都千代田区の内閣府本部庁舎にて、丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック大臣による定例記者会見が開催された。


米NBC論説「聖火リレーはナチス捏造」「福島の現実隠蔽し、感染拡大」にもとづくIWJ記者の質問に、丸川珠代大臣の回答「聖火で日本中の気持ちがひとつになっていくことを期待」は国民の内心の自由脅かす、まさしくナチスのファシズムと同様の発想!! 2021.4.8

記事公開日:2021.4.8 テキスト

 2021年3月30日の丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック大臣の会見で、IWJ記者は、NBCニュースサイトの論説が、聖火リレーは「ナチスが確立したオリンピックの伝統」であり、「公衆衛生を犠牲にする」と批判していることをふまえて、「リレーを中止すべきでは」と質問した。


(再掲載)イラン核合意から離脱し、エルサレムに大使館を移したトランプ政権の「異常」な中東政策は、キリスト教福音派の預言成就願望とユダヤロビーに答えたもの!? ~岩上安身によるインタビュー 第867回 ゲスト 放送大学・高橋和夫名誉教授 2018.5.17

記事公開日:2018.5.17取材地: 動画独自

特集 中東
特集 統合型リゾート(IR)実施法案
※サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後2ヶ月間のみ全編コンテンツを御覧いただけます。→ ご登録はこちらから

 2018年5月17日(木)13時30分より東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身による放送大学 高橋和夫名誉教授のインタビューが行なわれた。


「政府は難民申請者を無理やり強制送還できるようにしようとしている! どうしても帰れない人々に刑事罰も課すと言っている!」入管法改悪の廃案を求めてせやろがいおじさんらが会見~4.7入管法改悪に反対する記者会見 2021.4.7

記事公開日:2021.4.7取材地: テキスト動画

 2021年4月7日(水)、午後2時より、東京都千代田区の厚生労働省記者会見場にて、入管法改悪に反対する記者会見が開催された。

 会見では、弁護士の指宿昭一氏、駒井知会氏、そして、会見の呼びかけ人である、お笑い芸人の「せやろがいおじさん」、賛同人のエッセイスト小島慶子氏らが登壇し、それぞれの取り組みの現状などについて報告し、各社記者からの質問に応じた。


ナチスが発明、プロパガンダ活用の「聖火リレー」は廃止すべき! 元米サッカー五輪代表のパシフィック大教授・ジュールズ・ボイコフ氏が、「復興五輪」の欺瞞、コロナへの悪影響含め、NBCニュースに緊急寄稿! IWJが全文仮翻訳! 2021.4.6

記事公開日:2021.4.7 テキスト

 東京五輪の「聖火リレー」は、コカ・コーラ等大スポンサーの宣伝のためのお祭り騒ぎと化し、大きな批判を浴びているが、五輪スポンサーである大手メディアは、それらの事実をほとんど報じていない。

 そもそも「聖火リレー」は、1936年のベルリン・オリンピックで、ナチスによる、政治的プロパガンダの道具として発明されたことをご存じだろうか。