豊洲盛り土問題で小池百合子都知事、従来の都政を「無責任体制」と批判しつつも「犯人探しは目的ではない」――リオ・パラリンピックから帰国後最初の定例記者会見 2016.9.23

記事公開日:2016.9.24取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・阿部洋地)

 2016年9月23日(金)、東京都庁で小池百合子都知事定例記者会見が行われた。豊洲新市場の盛り土問題をめぐる一連の混乱について、従来の都の管理体制を「無責任体制」と批判しつつ、現在都の行っている調査などについて「犯人探しは目的ではない」と発言した。

 盛り土問題をめぐっては、石原慎太郎元都知事が専門家会議の提案を無視する形で地下コンクリート案の検討を都に指示していたことが明らかになったが、小池知事は今後、石原元都知事や過去の市場長らに直接ヒアリングする可能性について聞かれると、「最終の報告書の結果次第です」と、可能性を排除しなかった。

■ハイライト

  • タイトル 小池百合子都知事 定例会見 ―課題山積の中での長期出張となったリオ・パラリンピックから帰国後最初の記者会見
  • 日時 2016年9月23日(金)14:00〜
  • 場所 東京都庁(東京都新宿区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です