スクープ!豊洲「盛り土」問題、「技術会議」は地下空間の存在を知っていた!~岩上安身が元日本環境学会会長・畑明郎氏に豊洲土壌汚染の実態を訊く! 2016.9.19

記事公開日:2016.9.23取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:岩上安身、撮影:城石裕幸、文:平山茂樹)

特集 築地市場移転問題
※緊急、公共性に鑑み、ただいま全編特別公開中です。

 土壌汚染対策として「盛り土」が行われていないことが明らかとなった、豊洲新市場。9月17日には、2008年に東京都に対し「盛り土」をする提言案をまとめて解散した専門家会議(座長・平田健正氏)が再招集され、安全性を再評価することが決まった。

 かつて東京ガスの工場が立ち並び、環境基準の4万3000倍のベンゼンが検出されたことがある豊洲。都民の食の安全を守るためには、土壌汚染対策は欠かせない。2011年3月11日の東日本大震災後には液状化が起こり、地下の土壌や地下水はかく乱され、汚染が際限なく広がっている可能性もある。

 なぜ、「盛り土」は行われなかったのか。この豊洲の土壌汚染問題について一貫して警鐘を鳴らし続けてきた元日本環境学会の畑明郎氏は、9月19日に岩上安身による直撃インタビューに応じ、専門家会議が2008年に解散した後に立ち上げられた「技術会議」(座長・原島文雄氏)の責任を指摘。2014年11月27日の資料には地下空間の存在が示され、「技術会議」のメンバーと東京都の職員は、そのことを当時も今も知悉しているにも関わらず、「シラをきっている」のだと語った。

<会員向け動画 特別公開中>

■ハイライト

■全編動画

  • 日時 2016年9月19日(月)16:00~18:00

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です