保安院 臨時会見 2012.7.24

記事公開日:2012.7.24取材地: 動画

 2012年7月24日(水)、経済産業省別館で、原子力安全・保安院会見が行われた。

 大村 原子力発電検査課長は、東京電力 福島第一原子力発電所における下請企業社員の警報付きポケット線量計(APD)不正使用疑いに対し報告を求めたことを明らかにした。今回改めて作業時の被爆線量管理のずさんさが露呈し、構造的な問題と課題が浮き彫りとなった。


保安院 定例会見 2012.7.23

記事公開日:2012.7.23取材地: 動画

 2012年7月23日(月)、経済産業省別館で、原子力安全・保安院会見が行われた。


保安院 定例会見 2012.7.19

記事公開日:2012.7.19取材地: テキスト動画

 2012年7月19日(木)、経済産業省別館で、原子力安全・保安院会見(16:00~、34’)が行われた。森山善範 原子力災害対策監は、仮に原発建屋の直下に活断層があったとしても、運転許可の取り消しを直ちにおこなうという規定が無いことを理由に、志賀原発の継続を示唆した。


保安院 定例会見 2012.7.17

記事公開日:2012.7.17取材地: 動画

 2012年7月17日(火)、経済産業省 原子力安全・保安院会見(14:00~、27’)の模様。


保安院 定例会見 2012.7.12

記事公開日:2012.7.12取材地: テキスト動画

 2012年7月12日(木)、経済産業省 原子力安全・保安院会見(16:00~、60’)の模様。

 3日おこなわれた保安院の「地震・津波に関する意見聴取会」で、傍聴者のリストが事前に警察のチェックを受けていた問題で保安院 森山善範 原子力災害対策監は12日、警察からの要請にしたがってリストを提出したかどうかも含めて公表できないと説明した。


第20回 国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 2012.7.5

記事公開日:2012.7.5取材地: 動画

 7月5日、国会に設置された東電福島第一原子力発電所事故調査委員会、通称「国会事故調」の第20回委員会が開かれ、約半年にわたる調査の結果をまとめた報告書の決議を行った。委員全員一致で採択。同日に、衆参両議長に提出した。記者向けに開いた記者会見には委員全員が出席し、報告書に関して質疑に応じた。委員会は、福島原発事故を「明らかに人災」と言い切った。


経済産業省 原子力安全・保安院会見 2012.7.5

記事公開日:2012.7.5取材地: 動画

 2012年7月5日(木)、経済産業省 原子力安全・保安院会見の模様。

国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会(委員長 黒川清氏)の報告を受け、森山善範 原子力災害対策監は「真摯に受け止める」と述べるにとどまった。


原子力安全・保安院定例会見 2012.7.2

記事公開日:2012.7.2取材地: 動画

 2012年7月2日(月)、経済産業省にて、原子力安全・保安院の定例会見が行われた。


保安院会見(15:30~) 2012.6.28

記事公開日:2012.6.28取材地: テキスト動画

 2012年6月28日(木)、経済産業省 原子力安全・保安院会見(15:30~、42’)の模様。

 保安院 森山善範 原子力安全基盤担当審議官は、関西電力大飯原発の再稼働作業にともなう警報が、1日に2000件にのぼることを明らかにした。


保安院会見(16:30~) 2012.6.25

記事公開日:2012.6.25取材地: 動画

 2012年6月25日(月)、原子力安全・保安院会見(16:30~、26’)の模様。

 再稼働準備中の関西電力大飯原発で発生した警報に関する報道について、経済産業省 原子力安全・保安院 森山善範審議官は、大気の不安定によるもので、通常、年間200件ほどの警報が発せられると説明した。保安院は今後、このような軽微なトラブルについては発表しない方針とした。

 今回の警報は、送電線の通電を監視する目的で発せられる電波がとぎれることで発せられた。


第22回 エネシフジャパン〜テーマ 原発事故、住民は守られたのか、住民は守られるのか 2012.6.21

記事公開日:2012.6.21取材地: テキスト動画

 2012年6月21日(木)、衆議院第二議員会館で、「第22回 エネシフジャパン」が行われた。


保安院会見(16:15~) 2012.6.21

記事公開日:2012.6.21取材地: 動画

 2012年6月21日(木)、原子力安全・保安院会見(16:15~、35’)の模様。

 東京電力福島第一原発事故の直後、米国エネルギー省(DOE)から提供された実測に基づく汚染地図を政府が放置していた問題で、経済産業省 原子力安全・保安院 山本哲也首席統括安全審査官は、汚染情報の公開をDOEに働きがけしたかについては未確認であると説明した。


保安院会見(16:00~) 2012.6.18

記事公開日:2012.6.18取材地: 動画

 2012年6月18日(月)、原子力安全・保安院会見(16:00~、1:32’)の模様。


保安院会見(16:00~) 2012.6.14

記事公開日:2012.6.14取材地: 動画

 2012年6月14日(木)、原子力安全・保安院会見(16:00~、29’)の模様。


福島原発第一次告訴 2012.6.11

記事公開日:2012.6.12取材地: 動画

 2012年6月11日(月)、福島市市民会館で、「福島原発第一次告訴」が行われた。


保安院会見(16:00~) 2012.6.11

記事公開日:2012.6.11取材地: 動画

 2012年6月11日(月)、原子力安全・保安院会見(16:00~、50’)の模様。


第19回 国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 2012.6.9

記事公開日:2012.6.9取材地: 動画

 2012年6月9日、参議院議員会館で、国会事故調査委員会は委員会を開催し、避難者アンケート結果の公表と、報告書作成に向けた論点整理を行った。これまでの参考人の聴取により、事故対応に対し、官邸の過剰な介入が混乱を招いたこと、東電が全員撤退を決めたとは認められないとの見解を示した。


第18回 国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 参考人:清水正孝氏 2012.6.8

記事公開日:2012.6.8取材地: テキスト動画

 2012年6月8日(金)15時より、東京都千代田区の参議院議員会館で、「第18回 国会 東京電力福島原子力発電所事故調査委員会」が行われた。

 委員会は、発災当時の東電の意思決定とその対応、官邸との意思疎通の不手際、シビアアクシデントへの電事連などを使った圧力の有無、現場と官邸と東電の事故に対する認識と、対応の実態など、清水前社長に質問をし真相を探った。


ダイ・イン 「原発いらない福島の女たち」 2012.6.7

記事公開日:2012.6.7取材地: 動画

 2012年6月7日(木)、経産省前で、「ダイ・イン 「原発いらない福島の女たち」」が行われた。


保安院会見 2017.6.7

記事公開日:2012.6.7取材地: 動画

 2012年6月7日(木)、原子力安全・保安院会見の模様。

 再稼働問題で注目される関西電力大飯原発の敷地内をまたがる軟弱な断層(破砕帯)が活断層と連動して地表がずれる可能性があるとの専門家の指摘をうけた問題で、同保安院は7日、追加の現地調査や専門家委員会の設置を予定しない意向を示した。今回、その破砕帯の分析結果を公表したのは渡辺満久 東洋大教授と鈴木康弘 名古屋大教授だった。