前原外相会見 2011.1.18

記事公開日:2011.1.18取材地: テキスト動画

2011年1月18日の前原外相会見の模様。

前原大臣は、沖縄の普天間基地移設問題に関して、沖縄の理解なくして解決はない、辺野古には新設になるがトータルで考えれば負担が減る、(昨年)5月28日の日米合意を進める、と述べました。また、沖縄の意見を聞く余地があるかとの琉球新報の記者の質問に答え、窓口は知事であり、知事に対して真摯にお願いしている最中との回答でした。


「TBSが取材にやってきた」 ~岩上安身によるTBS・金平茂紀キャスターへの逆インタビュー 2011.1.14

記事公開日:2011.1.14取材地: テキスト動画独自

 TBSの報道特集から、岩上安身に「政治とメディア」をテーマに取材の申し込みがありました。この動画は、取材にくるTBSをそのまま取材してしまおう!という企画です。

 2011年1月14日、取材に来た金平キャスターをはじめとするTBS取材班を、午後4時ころからUstreamで生中継。途中、ブレーカーが落ちるというアクシデントもありましたが、取材の一部始終をここでご覧いただけます。(「報道特集」の放送予定は1月15日)


【岩上安身のツイ録】近代ジャーナリズムの起源~「味のある」ジャーナリズムの回復を

記事公開日:2011.1.10 テキスト

※2011年1月10日の岩上安身による連投ツイートを再掲します。

 近代ジャーナリズムの歴史をざっと振り返ってみる。狭義のジャーナリズムに限定せず、情報伝達手段の飛躍的革新のエポックメーキングをあげるとなると、やはりグーテンベルクによる活版印刷技術の発明をあげないわけにはいかない。

 活版印刷技術は、火薬、羅針盤と並んでルネッサンス期の三大発明の一つ。活版印刷技術によって、大量の情報が伝達可能になり、出版印刷事業の成立だけでなく、宗教革命、近代科学革命の基礎ともなった、というのは、ご存知の通り。


新聞・テレビはなぜ権力に屈するのか ~故・日隅一雄氏が弁護士として手がけたNHK番組改変問題の実相を岩上安身が聞く 2011.1.9

記事公開日:2011.1.9取材地: テキスト動画独自

 享年49。その、あまりにも早すぎる死を悲しんだジャーナリストや市民活動家は、大勢いるだろう。福島原発事故後、不治の病と闘いながら東電の記者会見に連日参加。東電が約1万トンもの放射能汚染水を海洋投棄したことについて、「流水決定の責任者は、武藤栄副社長」との言葉を東電広報部から引き出している──。

 2012年6月12日20時28分、日隅一雄氏は、がん性腹膜炎でこの世を去った。

 死の1年余り前、そして福島原発事故の約2ヵ月前になる2011年1月9日、岩上安身が日隅氏にインタビューした。


【岩上安身のツイ録】「本当に大事なのは、情報の伝達力」~市民ジャーナリズムのススメ

記事公開日:2011.1.8 テキスト

※2011年1月8日の岩上安身による連投ツイートを再掲します。

 ジャーナリスト、と聞くと、何だか難しい職業のようなイメージを持つ方も多いが、そんなことはない。誰でもなれる、最も簡単で間口の広い仕事であり、営みである,と思う。ランナーと同じ。家の周りをジョグするのもランナー、五輪のマラソンのメダリストもランナー。

 ジャーナリズムの基本は、事実の伝達。事実をありのまま、できるだけ正確に伝える。これが、ジャーナリズムの基本。古代社会で狼煙をあげて情報伝達していたのも、ジャーナリズムのひとつ。


片山総務大臣会見 畠山理仁氏撮影動画 2011.1.7

記事公開日:2011.1.7取材地: テキスト動画

 畠山氏は、1月5日に総務省会見をUstream配信したのに続き、1月7日の会見で、再び会見のインターネット生中継をされました。  今回は事前通告の上、総務省記者クラブの「個人で会見に参加する者は動画撮影禁止」のルールに挑戦しています。


岩上安身によるフリーランスライター畠山理仁氏インタビュー 2011.1.6

記事公開日:2011.1.6取材地: テキスト動画独自

 2011年1月6日(木)、岩上安身が、フリーランスライターの畠山理仁氏にインタビューを行った。

 前日の1月5日、片山善博総務大臣の記者会見で、畠山氏は許可されていない動画撮影とインターネット配信を行った。インタビューでは、その時、現場で何が起きたのか、なぜ畠山氏はそんな行動を取ったのか、また大臣や記者クラブのリアクションはどうだったのかなどについて話を聞いた。


前原外相会見 2011.1.4

記事公開日:2011.1.4取材地: テキスト動画

2011年1月4日(火)14時半、東京都千代田区の外務省会見室において、前原外相の年頭記者会見が開かれた。会見で、前原外相は、今年の外交にかける考え方として、「経済外交の推進」と「日米同盟の深化」を軸とし、「外交課題へのチャレンジをこの1年、しっかり行って参りたい」と抱負を述べた。


孫崎享×岩上安身 2010年10大ニュース 2010.12.31

記事公開日:2010.12.31取材地: テキスト動画独自

 2010年12月31日(金)、孫崎享×岩上安身 2010年10大ニュース発表会が行われた。第1部では、真剣に10大ニュースを討論する。また第2部では、少しくだけてサポーターとカウントダウンを楽しむサポーターチャンネルを開設した。


文化放送「夕やけ寺ちゃん活動中」 2010.12.27

記事公開日:2010.12.27取材地: テキスト動画

2010年12月27日、恒例となった文化放送「夕やけ寺ちゃん活動中」と岩上安身Ustream班のコラボ企画。

この日政界では、前日も地方選挙で負けた菅内閣と、「立ち上がれ日本」との連立が立ち消えになったばかり。
政治の話でヒートアップします。

岩上安身は23日に行った小沢一郎議員への単独インタビューの舞台裏、小沢一郎氏の人となり、
小沢氏周辺人々の反応、マスコミの反応など、さまざまな面から語りました。

39分45秒頃からCM中に森崎さん、寺ちゃん相手に小沢一郎氏の名刺の受け取り方を実演しています。


シンポジウム 検察審査会問題を研究する会 2010.12.24

記事公開日:2010.12.24取材地: テキスト動画

 2010年12月24日、日本一新の会と小沢一郎議員を支援する会主催による「検察審査会問題を研究する会」が憲政記念館で開かれました。

 平野貞夫氏の挨拶後、はじめに森ゆうこ議員の講演がありました。


岩上安身による小沢一郎衆議院議員単独インタビュー 2010.12.23

記事公開日:2010.12.23取材地: テキスト動画独自

 2010年12月23日(木)、小沢一郎衆議院議員への単独インタビューが行われた。

 岩上安身は小沢氏に対し、まず、インターネットメディアに出演する真意、民主党幹事長時代、オープン会見を開いてきた小沢氏の会見を取材した経験から感じたマスコミ報道との落差、そしてクロスオーナーシップ規制について等質問しました。


築地市場を考える勉強会 2010.12.21

記事公開日:2010.12.21取材地: テキスト動画

 2010年12月21日(水)18時より、東京都中央区銀座にて、「築地市場を考える勉強会」が開催された。同事務局の中央区議会議員で小児科医の小坂和輝氏が環境アセスメントの問題点と、田中宏治氏(こどもたちに残したい世界ネット共同代表)が、「第9次卸売市場整備基本方針」の報告をした。


岩上安身によるジャーナリスト渡辺乾介氏インタビュー 2010.12.15

記事公開日:2010.12.15取材地: テキスト動画独自

 2010年12月15日(水)、岩上安身が、ベテラン政治ジャーナリスト渡辺乾介氏のインタビューを行った。

 渡辺氏は、『小沢一郎 嫌われる伝説』などの著作や、連載マンガ『票田のトラクター』の原作者でもある。長年、日本の政治と小沢一郎議員を取材してきた経験から、貴重な政界にまつわるオフレコ話をいろいろと暴露した。


文化放送「夕やけ寺ちゃん活動中」 2010.12.13

記事公開日:2010.12.13取材地: テキスト動画

 2010年12月13日(月)16時より、東京・港区文化放送スタジオにて、IWJ代表の岩上安身が、文化放送「夕やけ寺ちゃん活動中」に出演した。この日は、ウィキリークスによって判明したアメリカの日本に対する圧力や、小沢一郎氏をめぐる政治の混乱、また、週刊アエラ編集長 尾木和晴氏をまじえ「セカンド・女子」などについて話した。


岩上安身による元宜野湾市長伊波洋一氏インタビュー  2010.12.13

記事公開日:2010.12.13取材地: テキスト動画独自

 2010年12月13日(月)、岩上安身が、元宜野湾市長の伊波洋一氏にインタビューを行った。

 伊波氏は、前日のトークイベント「饗宴」では、語り尽くせなかった沖縄の普天間海兵隊基地の移設問題を、多くの具体的な資料を示しながら、詳しく説明した。また、2005年以降の米軍再編成における、日本の全国基地化への戦略と、その根拠などを、語った。


岩上安身によるカレル・ヴァン・ウォルフレン教授インタビュー。日米関係と民主党ー岡田克也議員、前原誠司議員たち幹部は、はたして日米関係の真の姿を理解しているのだろうか? 2010.12.11

記事公開日:2010.12.11取材地: テキスト動画独自

 2010年12月11日(土)、岩上安身が、ジャーナリスト、政治学者、アムステルダム大学教授のカレル・ヴァン・ウォルフレン教授にインタビューをした。

 1990年『日本 権力構造の謎』、1994年『人間を幸福にしない日本というシステム』という重要な日本分析の本を出版。長年、日本の政治と社会を研究してきた教授に、今の民主党・菅政権はどのように映っているのか。民主党再生の処方箋はあるのかなどを聞いた。


岩上安身によるジャーナリスト江川紹子氏インタビュー 2010.12.9

記事公開日:2010.12.9取材地: テキスト動画独自

 2010年12月9日(木)、岩上安身が、「検察の在り方検討会議」のメンバーに選ばれたジャーナリストの江川紹子(えがわ・しょうこ)氏にインタビューを行った。

 江川氏は、郵便不正事件でえん罪にされた元厚労省局長の村木厚子さんを深く取材、事件を振り返り解説をした。また、オウム真理教の取材でも有名な江川氏は、元は神奈川新聞の社会部記者であり、過去に取材されてきた冤罪事件について、さらに、取り調べ可視化の必要性についても語った。


築地問題記者会見 2010.12.6

記事公開日:2010.12.6取材地: テキスト動画

 2010年12月6日(月)、築地市場移転問題裁判原告団の「予算執行差し止めのための監査請求」提出に関する記者会見が行われた。


ウォルフレン教授講演 2010.12.5

記事公開日:2010.12.5取材地: テキスト動画

 2010年12月5日 カレス・ヴァン・ウォルフレン教授の講演の模様。

 ウォルフレン教授は近著を紹介し、アメリカに依存的な日本の在り方と日本の独特な政治システムを解説。国内で長く続く権力闘争の歴史と、民主党誕生後も政治改革が進まない要因として検察とメディア、官僚の存在、そして日米関係の問題点を上げ、日本が真の主権国家として行動していく必要性を訴えた。質疑応答では、官僚の問題、菅総理大臣や小沢一郎議員に対する印象や、日本の政治に未来はあるのかといった質問に答えた。