「この土砂投入が『もう後戻りできない』という状況になるとは、決して思っておりません」玉城デニー沖縄県知事が岩屋毅防衛大臣との平行線の面談にも前向きな決意表明 2018.12.13

記事公開日:2018.12.13取材地: テキスト動画

特集 辺野古

 政府は沖縄県名護市の米軍辺野古新基地建設をめぐり、2018年12月14日に埋め立て予定地の沿岸部へ土砂投入を行うと沖縄県に通告している。沖縄県は防衛省沖縄防衛局に対し、県が埋め立て承認の条件とした事前協議の内容が守られていないとして、違法工事を中断するよう、12月12日に文書で行政指導を行ったが、法的拘束力がないため、国側は強引に土砂投入を進める予定だ。


原子力ムラの逆襲が始まった!? 原子力損害賠償法改正案が今国会成立!賠償額は福島事故以前の1200億円に据え置き! 他方、米国主導の国際原子力ムラ「NICE Future」に日本が事務局として参加! IWJは古賀茂明氏と海渡雄一弁護士に緊急直撃取材! 2018.12.13

記事公開日:2018.12.13 テキスト

 この秋に始まった臨時国会では、入管法や水道法の議論の陰で、原発社会体制の復活の布石とも取れる原子力損害賠償法改正案が、11月21日、衆議院文部科学委員会で可決した。

 翌22日には衆議院本会議で賛成多数で可決し、26日に参議院文教科学委員会に付託され、12月4日に水道法改正案と同様可決されてしまい、翌5日の本会議で成立した。


原発の未来は暗い!それがわかっていながら原発にしがみつく理由はただ一つ!核能力の保持!原子力ムラのリーディング・パーソン、田中伸男氏のリアルと狂気! 2018.12.13

記事公開日:2018.12.13 テキスト

 経済産業省資源エネルギー庁の武田伸二郎原子力国際協力推進室長は2018年11月14日、省内で開かれた非公開の国際会議の場で、小型原発の開発を進め、2040年ごろをめどに実用化を目指すことを表明した。

 従来の原発が出力100万キロワットを越すのに対し、小型原発は3分の1未満の出力で、モジュールを工場で製造し、現地で組み立てを行うため建設費が安く、工期も短くなる。


パリは燃えているか!?(2)富裕税復活はフランスの国力を弱体化させる!? 最低賃金の増額や低年金生活者への増税中止の約束で仏国民の怒りは収まるのか!? IWJはマクロン大統領が12月10日に演説で発表した重要政策を独自に仮訳! 2018.12.11

記事公開日:2018.12.11 テキスト

 燃料税増税への反対をきっかけに、フランスで2018年11月17日以来、4週にわたり週末ごとに大規模なデモが続いている。デモの参加者の中心は、地方に住む労働者階級で、フランスのドライバーが車の故障の際、安全のために着用を義務づけられている黄色い蛍光素材のベストを着て抗議を行うことから、「黄色いベスト運動」と呼ばれている。


パリは燃えているか!?(1)パリ在住IWJ会員からの現地レポート! 「黄色いベスト運動」はマクロン大統領退陣まで続くのか!? 「抗議しなければ、僕たちはいつまでも羊のままじゃないか!」 2018.12.10

記事公開日:2018.12.10 テキスト

※2018年12月11日、画像・目次を追加しました。

 フランスで2018年11月17日、エマニュエル・マクロン政権による燃料税増税に反対し、大規模なデモが勃発した。

 デモの参加者の中心は、地方に住む労働者階級で、フランスのドライバーが車の故障の際、安全のために着用を義務づけられている黄色い蛍光素材のベストを着て抗議を行うことから、「黄色いベスト運動」と呼ばれている。


訴権濫用による違法なスラップ訴訟に対し、岩上安身が300万円の損害賠償を橋下氏に求め反訴を提起! 第三回口頭弁論で、坂仁根弁護士がおこなった弁論要旨 2018.12.8

記事公開日:2018.12.8 テキスト

 2018年8月23日午前11時より、大阪地裁第1010号法廷にて、橋下徹氏によるIWJ岩上安身へのスラップ訴訟「平成30年(ワ)1593号 損害賠償請求事件」の、第三回口頭弁論がおこなわれた。なお、この日に先立つ8月13日には、岩上安身が反訴原告となって橋下徹氏に対し、損害賠償を求める反訴「平成30年(ワ)第7160号 損害賠償請求反訴事件」を提起している。


【お詫びと報告】「不可逆的な容態」を引き起こす可能性も!新たな診断書が交付された岩上さんは、橋下徹氏によるスラップ訴訟の第五回口頭弁論に出廷できません。早期復帰に向け自宅療養に専念します! 2018.12.6

記事公開日:2018.12.6 テキスト

 10月30日に冠攣縮性狭心症の発作に見舞われた岩上さんは、主治医から自宅安静と診断されました。11月に予定されていたインタビューも、先生方に事情を説明してその多くを延期するなど、ほとんどの仕事をキャンセルして、現在は自宅療養に徹しています。


最重要ポイントは「ブローカー規制」!! ~11.28日本外国特派員協会主催 「外国人労働者受入れ問題について」 ―外国人技能実習生問題弁護士連絡会 共同代表・指宿昭一弁護士 記者会見 2018.11.28

記事公開日:2018.12.3取材地: テキスト動画

 2018年11月29日(水)に、日本外国特派員協会(FCCJ)で、「外国人労働者受入れ問題について」外国人技能実習生問題弁護士連絡会 共同代表・指宿昭一弁護士 記者会見が、カンボジア人技能実習生と中国人技能実習生が同席して行われた。


「ちょっと踏み込んでいいですか」自由党・森裕子幹事長が「野党共闘」による一本化の議論へ踏み出すことを提案!5野党1会派の幹事長・書記局長が一堂に会した~11.28市民連合シンポジウム「安倍政権にかわる新しい選択肢」 2018.11.28

記事公開日:2018.12.3取材地: テキスト動画

 2018年11月28日(水)東京都北区の北とぴあで市民連合シンポジウム「安倍政権にかわる新しい選択肢」が行われた。

 法政大学教授・山口二郎氏らのコーディネーターのもと、福山哲郎幹事長(立憲民主党)、平野博文幹事長(国民民主党)、小池晃書記局長(日本共産党)、吉川元幹事長(社会民主党)、森裕子幹事長(自由党)、大串博志幹事長(無所属の会)が登壇し、「野党は臨時国会にどう向き合うのか」と「野党と市民で参院選をどう闘うのか」をテーマに議論を交わした。


自民党内で進む過剰同調と異様な雰囲気~ 改憲問題対策法律家6団体連絡会による「自民党憲法改正案の臨時国会提出に断固反対する法律家団体の緊急声明」10.26記者会見 2018.10.26

記事公開日:2018.12.1取材地: テキスト動画

◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!|特集 憲法改正

※公共性に鑑み2019年5月3日まで特別公開いたします。ぜひ、IWJ存続のため会員登録でのご支援をよろしくお願いいたします。会員登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 2018年10月26日(金)に、衆議院第二議員会館で、改憲問題対策法律家6団体連絡会による「自民党憲法改正案の臨時国会提出に断固反対する法律家団体の緊急声明」記者会見が行われた。


ロシアとの平和条約は領土問題が最終的な解決に至った段階で締結すべき~11.15日本共産党 志位和夫委員長 定例会見 2018.11.15

記事公開日:2018.12.1取材地: テキスト動画

 2018年11月15日木曜に、衆議院本館で日本共産党 志位和夫委員長 定例会見が行われた。

 安倍晋三総理が14日に訪問先のシンガポールで、ロシアのプーチン大統領との首脳会談で「1956年の日ソ共同宣言を基礎に、日ロ平和条約交渉を加速させることで合意した」との報道を受け、日本共産党 志位和夫委員長は次のように語った。


在米国際コンサルタント トーマス・カトウ氏講演会「中国のGDPは25%かさ上げされている!日本と中国は互角という分析もある」!? 米日FTA交渉の始動と日本が誤解しているレシプロカル貿易 2018.11.26

記事公開日:2018.12.1取材地: テキスト動画

特集 TPP問題

 2018年11月26日(月)に、衆議院第一議員会館で、在米国際コンサルタント トーマス・カトウ氏講演会が「米国中間選挙の結果と今後の対日政策」をテーマに行われた。


枝野幸男代表出席の立憲民主党秋田県連大会で参院選イージスアショア争点化へ!寺田学衆議院議員(立憲民主党会派)が直前の国政報告会で沼谷純県会議員出馬を要請~フリージャーナリスト・横田一氏による報告 2018.12.1

記事公開日:2018.12.1 テキスト

 11月24日、立憲民主党秋田県連キックオフ大会に枝野幸男代表が出席した。そこで、「参院選で秋田や山口ではイージスアショアが大きな争点になるのは間違いないと思う」と話す。


【第396-401号】岩上安身のIWJ特報!いつでも独裁が可能!? いつまでも独裁が可能!? 憲法で堂々と独裁を肯定!? より危険性が高まった自民党新改憲の緊急事態条項!岩上安身による永井幸寿弁護士インタビュー(前編) 2018.11.29

記事公開日:2018.11.29 テキスト独自

◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!
※公共性に鑑み、ただいま全編特別公開中です。ぜひ、IWJ存続のため会員登録でのご支援をよろしくお願いいたします。会員登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 改憲発議が迫っている。

 10月24日に臨時国会が召集され、安倍総理は所信表明演説において、憲法改定について「憲法審査会で政党が具体的な改正案を示すことで、国民の理解を深める努力を重ねていく」と述べ「国会議員の責任を果たそう」と呼びかけるなど、自民党案をもとにした改憲に強い執念を見せた。


又市征治社民党党首「実情戒厳令を敷く内容の緊急事態条項は断じて許す訳にはいかない!」と断言!「憲法とは本来国民の権利を守る、政治権力を主権者国民が縛るもののはず」~11.20定例記者会見 2018.11.20

記事公開日:2018.11.26取材地: テキスト動画

◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!
※公共性に鑑み、ただいま全編特別公開中です。ぜひ、IWJ存続のため会員登録でのご支援をよろしくお願いいたします。会員登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 2018年11月20日、参議院本館にて、社会民主党 又市征治党首の定例記者会見がおこなわれた。

 自民党は、現在開会中である臨時国会で党の改憲条文案を提示することを目標としており、その後憲法改正が発議され国民投票になった場合、最低投票率・絶対得票率(注1)の制限がないため、日本会議のような草の根保守が組織票を動員すればきわめて有利になる。また民放連(日本民間放送連盟)も2018年9月20日にCMの量的制限を自主的に設けないなどと発表しており、組織力・資金力がある政党が有利となってしまう。


緊急事態条項創設の危機を目前にして「これからの対応を決めていきたい」などと公党の代表が言っている場合か!? 11.21 国民民主党・玉木雄一郎代表の定例会見で明確になった玉木代表の危機感のなさ! 2018.11.21

記事公開日:2018.11.24取材地: テキスト動画

 東京都千代田区の衆議院内で11月21日、国民民主党の玉木雄一郎代表の定例記者会見が行われた。

 憲法改正の手続きを定めた国民投票法には、最低投票率や絶対得票率は設定されていない。最低投票率とは、有権者数に対する投票者数の割合のことであり、絶対得票率とは、得票数を有権者総数(棄権者も含む)で割った数値である。すなわち、投票数や得票数が有権者数の10%以下であろうと、1%以下であろうと、投票した者がいさえすれば、その投票の中の賛否で決定してしまうのだ。


日産ゴーン会長逮捕でルノー株急落! この値動きの意味するものは!? 日仏関係にどんな影響が出るのか? 日産の中国市場進出・EV開発はどうなる!? 2018.11.22

記事公開日:2018.11.22 テキスト

 日産自動車のカルロス・ゴーン会長と同社代表取締役のグレッグ・ケリー氏が11月19日、東京地検特捜部に逮捕された。容疑は金融商品取引法違反とのこと。ゴーン氏とケリー氏は共謀し、ゴーン氏の2010年から2014年度の役員報酬を、実際には合計約99億9800万円だったにもかかわらず、約49億8700万円と約50億円過少に有価証券報告書に記載し、関東財務局に提出していたことが発覚した。


【お詫びと決意表明】11月21日に予定していた岩上さんによる作家・編集者矢部宏治氏インタビューは岩上さんの体調不良により延期となりました。大変申し訳ありません。インタビューは近日中に必ず行います。 2018.11.21

記事公開日:2018.11.21 テキスト

【ご報告】再び冠攣縮性狭心症の発作に見舞われた岩上安身~必ず復帰することを誓う!
※日刊IWJガイド2018.11.21日号に加筆し掲載しています

 岩上さんは2018年10月30日に軽い心臓発作に見舞われ、主治医から3週間の自宅安静と診断されていました。実際に、その後も体調不良が続いています。11月初めからインタビューの予定が続いていましたが、先生方には事情を説明してそのほとんどを延期していただきました。


【岩上安身のツイ録】体調不良が好転せず、インタビュー強行を断念。岩上安身による矢部宏治氏インタビュー延期のお詫びとこのインタビューにかける思い…病床からのツイート50連投 2018.11.21

記事公開日:2018.11.21 テキスト

 以下、岩上安身の11月20日のツイートを加筆・修正して掲載します。

 残念なお知らせがあります。明日午後2時半から、『知ってはいけない2〜日本の主権はこうして失われた』の著者である矢部宏治さんにインタビューする予定でしたが、いささか長引いている体調不良が好転せず、今夕も熱が上がってきてしまったので、明日、強行するのを断念することを決めました。


外国人技能実習生との面会を促す国会質問に安倍総理「所管の法務省が対応」と答弁!? 「技能実習生の生の声を聞いて実態を知ってほしい」と当事者・支援者も熱望! ~外国人労働者 野党合同ヒアリング 2018.11.13

記事公開日:2018.11.20取材地: テキスト動画

 11月13日に外国人労働者の受け入れ拡大を目的とする出入国管理・難民認定法(入管法)改正案が衆議院本会議で審議入りし、その模様を、岐阜県で働く技能実習生9名とその支援者が傍聴した。その後、衆議院本館にて、外国人労働者 野党合同ヒアリングが開催された。