米NBC論説「聖火リレーはナチス捏造」「福島の現実隠蔽し、感染拡大」にもとづくIWJ記者の質問に、丸川珠代大臣の回答「聖火で日本中の気持ちがひとつになっていくことを期待」は国民の内心の自由脅かす、まさしくナチスのファシズムと同様の発想!! 2021.4.8

記事公開日:2021.4.8 テキスト

 2021年3月30日の丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック大臣の会見で、IWJ記者は、NBCニュースサイトの論説が、聖火リレーは「ナチスが確立したオリンピックの伝統」であり、「公衆衛生を犠牲にする」と批判していることをふまえて、「リレーを中止すべきでは」と質問した。


「政府は難民申請者を無理やり強制送還できるようにしようとしている! どうしても帰れない人々に刑事罰も課すと言っている!」入管法改悪の廃案を求めてせやろがいおじさんらが会見~4.7入管法改悪に反対する記者会見 2021.4.7

記事公開日:2021.4.7取材地: テキスト動画

 2021年4月7日(水)、午後2時より、東京都千代田区の厚生労働省記者会見場にて、入管法改悪に反対する記者会見が開催された。

 会見では、弁護士の指宿昭一氏、駒井知会氏、そして、会見の呼びかけ人である、お笑い芸人の「せやろがいおじさん」、賛同人のエッセイスト小島慶子氏らが登壇し、それぞれの取り組みの現状などについて報告し、各社記者からの質問に応じた。


ナチスが発明、プロパガンダ活用の「聖火リレー」は廃止すべき! 元米サッカー五輪代表のパシフィック大教授・ジュールズ・ボイコフ氏が、「復興五輪」の欺瞞、コロナへの悪影響含め、NBCニュースに緊急寄稿! IWJが全文仮翻訳! 2021.4.6

記事公開日:2021.4.7 テキスト

 東京五輪の「聖火リレー」は、コカ・コーラ等大スポンサーの宣伝のためのお祭り騒ぎと化し、大きな批判を浴びているが、五輪スポンサーである大手メディアは、それらの事実をほとんど報じていない。

 そもそも「聖火リレー」は、1936年のベルリン・オリンピックで、ナチスによる、政治的プロパガンダの道具として発明されたことをご存じだろうか。


「聖火ランナーを先導するスポンサー企業の演出が『密』を煽っているのではないか?」との質問に丸川大臣は「各県の実行委と組織委でしっかり議論して欲しい」と丸投げ!~4.6丸川珠代 東京オリ・パラ大臣定例記者会見 2021.4.6

記事公開日:2021.4.7取材地: テキスト動画

 2021年4月6日(火)、午前9時頃より、東京都千代田区の内閣府本部庁舎にて、丸川珠代 東京オリンピック・パラリンピック大臣による定例記者会見が開催された。


「新規のODAを止めるとは公式には言っていない」!? 軍事クーデター・住民弾圧のミャンマー国軍への公的資金を断つよう要請した市民団体に、外務省が驚きの発言!~4.1「ミャンマーの平和と民主主義を求める集会」 2021.4.1

記事公開日:2021.4.7取材地: テキスト動画

 2021年4月1日、東京都千代田区の外務省前で、200人を超えるミャンマー人や日本人が、日本政府に対し、ミャンマー国軍の暴力を止めるための具体的な行動を求めて、集会を開いた。


自由と制約という「原則と例外が逆」! 日本は国際社会に反抗している!~国連特別報告者及び作業部会が日本政府に対し入管法改正案が国際法に違反していることを指摘する共同書簡を公開したことを受けての共同記者会見 2021.4.6

記事公開日:2021.4.7取材地: テキスト動画

 2021年4月6日、午後3時半より、参議院議員会館にて、「国連特別報告者及び作業部会が日本政府に対し入管法改正案が国際法に違反していることを指摘する共同書簡を公開したことを受けての共同記者会見」が行われ、IWJが中継を行った。


フジテレビ、日本テレビの外資規制違反を問うIWJ記者に、武田大臣は「議決権比率」を盾に「外資規制に適合」と回答のうえ、関連質問は拒否!~4.2武田良太総務大臣会見 2021.4.2

記事公開日:2021.4.4取材地: テキスト動画

※IWJ存続のため会員登録でご支援をお願いいたします!
ご登録はこちらから
※2021年4月5日リードを更新しました。

 2021年4月2日、武田良太総務大臣の定例会見が行われ、IWJ記者が外資規制の問題で、フジテレビと日本テレビの2社が規制オーバーしていることに関して質問するとともに、中継を行った。


外資規制違反で処分されるのはなぜ東北新社だけ!? 地上波キー局は外資規制をオーバーしてもなぜとがめられない!? IWJは総務省、日本テレビ、フジテレビに直撃取材! 「李下に冠を正さず」との姿勢はどこに!? 2021.4.4

記事公開日:2021.4.4 テキスト

※IWJ存続のため会員登録でご支援をお願いいたします!ご登録はこちらから

 総務省は、3月26日付で、株式会社東北新社メディアサービスに対する放送法第93条第1項の認定(平成29年10月14日付けで株式会社東北新社から認定基幹放送事業者の地位を承継。認定番号BS第125号 ザ・シネマ4K)について、2021年5月1日付けで取り消すと発表した。


「この感染状況の下で、解散総選挙をやるなどという無責任なことは到底許されない。こんな流行で解散すれば、その無責任な姿勢こそが最大の争点になる」!~4.2 立憲民主党 枝野幸男代表定例会見 2021.4.2

記事公開日:2021.4.2取材地: テキスト動画

 2021年4月2日(金)、午後2時より、東京都千代田区の衆議院第2議員会館にて、立憲民主党 枝野幸男代表の定例会見が開催された。

 会見冒頭、枝野代表は、旧民主党政権で厚生労働相を務めた元衆院議員の三井辨雄(みつい・わきお)氏の逝去について触れ、弔意を表した。


「水戸地裁は『東海第二原発は運転をしてはならない』と命じました! 住民側の勝訴です!」茨城の東海第二原発差し止め訴訟団が判決文の一部を披露!~3.27 福島原発事故10年 さようなら原発 首都圏集会 2021.3.27

記事公開日:2021.4.2取材地: テキスト動画

 2021年3月27日、東京都千代田区の日比谷公園で、「さよなら原発一千万署名市民の会」主催による「福島原発事故10年 さようなら原発 首都圏集会」が行われた。


コロナ禍の3密回避で放射能被害から避難できない現状、原発を稼働させて良い理由はない。しかし大阪地裁は原発運転差止めの申立てを却下! 大阪地裁は「逃げた」と、河合弘之弁護士は不当判決を非難! 2021.3.17

記事公開日:2021.4.2取材地: テキスト動画

 コロナ禍の原発差止めの申立てに対する大阪地裁の判断が下される2021年3月17日、「コロナ禍の中では原発を止めておけ!仮処分申し立て団」による「旗出し」が大阪府大阪市の大阪地裁前で行なわれた。


死者が眠る沖縄南部の土砂を辺野古埋立に利用せんとする政府の暴挙に非難の声が続々! 沖縄戦遺骨収集ボランティア「ガマフヤー」代表・具志堅隆松氏と土木技師で沖縄平和市民連絡会の北上田毅氏が「オール沖縄会議 学習会『南部戦跡からの土砂採取』」に登壇! 2021.3.20

記事公開日:2021.4.2取材地: テキスト動画

 2021年3月20日、沖縄県那覇市の沖縄青年会館にて、オール沖縄会議主催による「オール沖縄会議 学習会『南部戦跡からの土砂採取』」が開催された。


コロナ禍で困窮する女性が急増! 「男性には相談しづらい」との声に女性有志が支援体制を立ち上げ、豪雨の大久保公園で相談会を実施!〜3.13 女性による女性のための相談会 2021.3.13

記事公開日:2021.4.1取材地: テキスト動画

 新型コロナウイルス流行もすでに2年目に入った。コロナ禍で女性たちが追い詰められているという。女性の失業者、自殺者の増加が報道でも取り沙汰されるなか、その肝心の女性たちの声が聞こえてこない。これはおかしい――。

 2020年の年末から21年の年始にかけて、新型コロナウイルス感染拡大により、職を失ったり収入が激減し、生活困窮に苦しむ人のための相談会が都内各所で行われた。


「差別主義者は法律だけではなくならない!」多文化共生を訴える川崎の青丘社三浦氏が、差別禁止条例でレイシストが活動強化していると指摘!~10.9人権の21世紀をつくる文化の集い2020「ともに生きよう」という私たちの思い 2020.10.9

記事公開日:2021.4.1取材地: テキスト動画

 2020年10月9日、東京都品川区の区立総合区民会館「きゅりあん」で、「人権の21世紀をつくる文化の集い」実行委員会主催により、「10.9人権の21世紀をつくる文化の集い2020 『ともに生きよう』という私たちの思い」と題された集会が行われた。


「総務省の接待疑惑について、武田総務大臣は真相解明に背を向け続けている!」野党書記局長・幹事長会談で、総務大臣の『不信任決議案』の衆議院提出を決定!~3.31日本共産党 小池晃書記局長 記者会見 2021.3.31

記事公開日:2021.4.1取材地: テキスト動画

 2021年3月31日(水)、午後2時30分より、東京都千代田区の参議院本館にて、日本共産党 小池晃書記局長による記者会見が開催された。

 冒頭、この記者会見に先立ち開催された「野党書記局長・幹事長会談」について、小池書記局長より、以下のとおり報告があった。


住民の被曝データを同意なく使用し、撤回された宮崎早野論文! 伊達市が論文発表前に田中俊一・前原子力規制委員長向けの資料を作っていたことがあきらかに!~3.11を語る会 福島原発事故から10年 あの時何が起きたのか? 2021.3.23

記事公開日:2021.4.1取材地: テキスト動画

 2021年3月23日、東京都渋谷区で「福島原発事故から10年 あの時から何が起きているのか」と題して、3.11を考える集会が開催された。ゲストとして、福島県伊達市在住で「個人被ばく線量計データ利用の検証と市民生活環境を考える協議会」の島明美代表が登壇し、伊達市の現状についての報告が行われた。


「安全保障上のリスクから、致命的な急所となる原発は即刻撤去すべき!」と迫るIWJに対し、東電の回答は「文字起こしをしながら回答はどんなことができるのか考えてみたい」!?~3.22東京電力 定例会見 2021.3.22

記事公開日:2021.3.30取材地: テキスト動画

 2021年3月22日、東京都千代田区の東京電力臨時会見場で、東京電力による定例の記者会見が行われた。


「聖火リレーはナチスのプロパガンダ、『捏造された伝統』」とのIWJ記者の問いに丸川大臣「聖火で日本中の気持ちがひとつになっていくことを期待する」 政治家が国民の「気持ちをひとつに」するとは、まさしくファシズムなのだが!? ~3.30丸川珠代大臣 定例記者会見 2021.3.30

記事公開日:2021.3.30取材地: テキスト動画

 2021年3月30日(火)、午前9時10分頃より、東京都千代田区の内閣府本部庁舎にて、丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック大臣による定例記者会見が開催された。

 冒頭、丸川大臣より、ホストタウンの第28次登録について、「本日、新たに7件、相手国の追加1件があった。これにより、登録件数は453件、自治体数は525、相手国・地域数は184となった」と、報告があった。


柳澤協二氏、半田滋氏らが、米中武力衝突の危機と日米安保重視の日本の安全保障政策のリスクを訴え!~3.26 ND政策提言発表オンラインシンポジウム 「抑止一辺倒を越えて―時代の転換点における日本の安全保障戦略」 2021.3.26

記事公開日:2021.3.30取材地: テキスト動画

※全編映像は会員登録すると御覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は、21/11/02までの 2ヶ月間以内に限り御覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2021年3月26日、東京都千代田区の衆議院議員会館で、新外交イニシアティブ(ND)による政策提言発表オンラインシンポジウム「抑止一辺倒を越えて―時代の転換点における日本の安全保障戦略」が開催された。


北朝鮮がミサイルを発射! IWJ記者が戦争リスクの想定と原発の廃炉について質問するも、「世界の平和は願っている」と危機意識皆無の東電!~3.25福島第一原子力発電所「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見 2021.3.25

記事公開日:2021.3.30取材地: テキスト動画

 2021年3月25日、東京都千代田区の東京電力臨時会見場で、東京電力による福島第一原子力発電所「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見が行われた。