記事一覧(公開日時順)

シリーズ「政治権力vsメディア」日韓対立の深化(あるいは嫌韓煽動)と、起点になった「元徴用工」問題~岩上安身による滋賀県立大准教授・河かおる氏(朝鮮近代史)インタビュー(第2回「元徴用工」問題編) 2019.9.14

記事公開日:2019.10.9取材地: 動画独自

※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます。一般会員の方は、記事公開後1ヶ月間以内に限りご覧いただけます。 IWJ存続のためぜひご検討をお願いいたします。→ご登録はこちらから

 2019年9月14日(土)12時より京都市内にて、岩上安身による滋賀県立大准教授・河かおる氏(朝鮮近代史)インタビュー・第2回「元徴用工」問題編を行った。


NHK経営委員会は「非公開案件は議事録作らず」が常態化している!? ~10.8かんぽNHK問題 野党合同ヒアリング―議題-かんぽ生命保険の不正問題及びNHKの報道に関する一連の問題について 2019.10.8

記事公開日:2019.10.9取材地: 動画

 2019年10月7日(火)12時10分より東京都千代田区の衆議院本館にて、かんぽNHK問題 野党合同ヒアリングが開かれ、かんぽ生命保険の不正問題およびNHKの報道に関する一連の問題について、総務省、金融庁、日本郵政、NHKから議員が聴き取りを行った。


河村市長、自身の「表現の自由」は全開バリバリ! 他者の「表現の自由」には「やめてくれ」―10.8 河村たかし名古屋市長 座り込み・街宣(名古屋市) 2019.10.9

記事公開日:2019.10.9取材地: 動画

 2019年10月8日(火)、名古屋市内にて、あいちトリエンナーレの『表現の不自由展』再開に際し、河村たかし名古屋市長 座り込み・街宣が行われた。


「幸福の科学大学」設置申請に萩生田光一自民党・衆議院議員が「仲介・調整」役で奔走!! ~詳細を記した「弁明請求書」は文科大臣就任後、萩生田氏の名前とともになぜか全削除! 2019.10.9

記事公開日:2019.10.9 テキスト

 宗教法人「幸福の科学」が、今月にも大学設置を再度申請する方針であることが報じられている。

 2014年10月、学校法人幸福の科学学園を設置者として申請された「幸福の科学大学」は、文部科学省より開設「不可」との判定を受けている。入学定員は260名、「人間幸福学部」「経営成功学部」「未来産業学部」の3学部からなり、千葉県長生郡長生村での設置が計画されていた。


入管収容やめろデモ!―記者会見、街頭宣伝(法務省前)、デモ行進(日比谷公園前) 2019.10.8

記事公開日:2019.10.8取材地: 動画

 2019年10月8日(火)17時より、東京都千代田区にて、SYI 収容者友人有志一同の主催による「入管収容やめろデモ!」に参加する市民らが集まった。法務省前では街頭宣伝、日比谷公園から有楽町までのデモ行進が行われた。デモ終了後、IWJ記者が、参加者、主催者に話を聞いた。


「即位礼正殿の儀」に文在寅大統領が参列するかしないかは「今決まっていない」!? 米国からの中距離弾道ミサイル配備の打診はないという菅義偉官房長官の会見発言については「確認できない」!?~10.22 茂木敏充外相定例会見 2019.10.8

記事公開日:2019.10.8取材地: 動画

 日韓関係が悪化する中、10月22日に行われる天皇の「即位礼正殿の儀」に韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が参列しないことが報じられた。


映像プログラム『共犯者たち』サプライズ・トークイベント ―登壇:町山智浩氏(映画評論家)、津田大介氏(あいちトリエンナーレ2019芸術監督) 2019.9.22

記事公開日:2019.10.8取材地: 動画

 2019年9月22日(日)19時15分より愛知芸術文化センターにて、あいちトリエンナーレ実行委員会の主催により、映像プログラム『共犯者たち』サプライズ・トークイベントが開催され、映画評論家の町山智浩氏とあいちトリエンナーレ2019芸術監督の津田大介氏が登壇した。


「文部科学省は民間試験団体の営業部みたいになっているじゃないですか!?」大学入試での英語民間試験導入における参加要件の杜撰さが露見!? ~英語民間試験導入問題 野党合同ヒアリング 2019.10.7

記事公開日:2019.10.7取材地: 動画

 2019年10月7日(月)11時より東京都千代田区の衆議院本館にて、英語民間試験導入問題 野党合同ヒアリングが開かれ、野党議員らが大学入試英語成績提供システムに関し、文部科学省より聴き取りを行った。


第36回 福島県「県民健康調査」検討委員会 2019.10.7

記事公開日:2019.10.7取材地: 動画

 2019年10月7日(月)13時より、福島市のホテル福島グリーンパレスにて、第36回 福島県「県民健康調査」検討委員会が開催され、甲状腺検査についての報告が行われた。


野党関電疑惑追及チーム 視察(大阪・関西電力本社〜福井・高浜原発周辺) 2019.10.5

記事公開日:2019.10.7取材地: | 動画

 2019年10月5日(土)、福井県高浜町の元助役から関西電力幹部らが金品を受領していた事件を受け、9時過ぎより野党関電疑惑追及チームが、関西電力本店(大阪市北区)、関西電力高浜発電所、高浜町役場(福井県高浜町)他をまわり現地の視察を行った。


会員限定配信ご視聴ページ

記事公開日:2019.10.7

 会員限定配信の「岩上安身インタビュー」や「タイムリー再配信」は、こちらの「会員限定配信ご視聴ページ」よりYoutubeLiveにてライブ配信いたします。途中までは非会員の方もご覧いただけますが、全編のご視聴はIWJ会員限定サービスとなります。


あいちトリエンナーレ2019 国際フォーラム「『情の時代』における表現の自由と芸術」 ―第2日「『情の時代』における芸術の困難と未来」 2019.10.6

記事公開日:2019.10.6取材地: 動画

 あいちトリエンナーレ2019国際フォーラム「『情の時代』における表現の自由と芸術」の2日目「『情の時代』における芸術の困難と未来」が2019年10月6日(日)13時より、名古屋市東区の愛知芸術文化センターで開かれた。あいちトリエンナーレ2019芸術監督・津田大介氏のほか、参加アーティストやキュレーターらを交え発表・議論を行った。


内田雅敏弁護士「隣国全てが友人になるのが究極の安全保障! 歴史問題の解決こそが日本の安全保障に繋がる!」~ジャーナリスト・志葉玲氏主催「韓国叩きおかしくない? 徴用工問題の本質と和解への道」勉強会 2019.10.5

記事公開日:2019.10.6取材地: テキスト動画

※2019年10月7日、テキストを追加しました。

 2019年10月5日、東京都国立市のスペースコウヨウにて、ジャーナリスト・志葉玲氏主催の「韓国叩きおかしくない? 徴用工問題の本質と和解への道」が開催された。ゲストは、戦時中の強制労働問題に詳しい弁護士の内田雅敏氏。内田氏は、靖国参拝や沖縄、憲法などに関しての著書も多数出版している。今回の勉強会は、そんな内田氏から配付された資料をもとに進められた。主催者である志葉氏も思わず聞き入ってしまった内田氏のお話は、韓国の徴用工判決から和解についてなど多岐にわたった。


シリーズ「政治権力vsメディア」嫌韓煽動一色の日本のメディアと韓国のメディアとの比較~岩上安身による滋賀県立大准教授・河かおる氏(朝鮮近代史)インタビュー(第1回 韓国メディア編・後編) 2019.9.14

記事公開日:2019.10.6取材地: 動画独自

※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます。一般会員の方は、記事公開後1ヶ月間以内に限りご覧いただけます。 IWJ存続のためぜひご検討をお願いいたします。→ご登録はこちらから

 2019年9月14日、15日の2日間にわたり、京都市内にて岩上安身が朝鮮近代史に詳しい滋賀県立大の河かおる准教授へロングインタビューを行った。テーマを「メディア」「徴用工」「慰安婦」「歴史認識」の4つに分けて話をうかがい、現在の日韓対立の根本原因を探った。


財務省「森友文書」改ざん問題 野党合同ヒアリング ―議題:前回の宿題返しなどについて、財務省、国交省航空局、会計検査院より 2019.10.2

記事公開日:2019.10.6取材地: 動画

 2019年10月2日(水)14時より東京都千代田区の衆議院本館にて、財務省「森友文書」改ざん問題 野党合同ヒアリングが行われ、前回の宿題返しなどについて、財務省、国交省航空局、会計検査院より話を聞いた。


日本の食と農が危ない!わたしたちは未来を守れるのか!?(大阪市) ―講師 鈴木宣弘・東大教授 2019.10.6

記事公開日:2019.10.6取材地: 動画

特集 TPP問題

 2019年10月6日(日)10時より、鈴木宣弘氏(東京大学教授、農業経済学)の講演会「日本の食と農が危ない!わたしたちは未来を守れるのか!? 〜日米FTAがもたらすもの〜」が大阪市北区のPLP会館で開かれた。


埋め立て承認撤回の“執行停止”抗議 野党合同ヒアリング ―議題:前回の宿題返し、及び、埋め立て用土砂(岩ずり)の価格を業者に漏らしていた疑惑などについて、防衛省、外務省、国土交通省、総務省、経済産業省、財務省より 2019.10.2

記事公開日:2019.10.6取材地: 動画

 2019年10月2日(水)13時より東京都千代田区の衆議院にて、埋め立て承認撤回の“執行停止”抗議と題した野党合同ヒアリングが行われた。辺野古新基地建設問題に関して、前回の宿題返し、及び、埋め立て用土砂(岩ずり)の価格を業者に漏らしていた疑惑などについて、防衛省、外務省、国土交通省、総務省、経済産業省、財務省より聞き取りを行った。


シリーズ「政治権力vsメディア」嫌韓煽動一色の日本のメディアと韓国のメディアとの比較〜岩上安身による滋賀県立大准教授・河かおる氏(朝鮮近代史)インタビュー(第一回.韓国メディア編・前編) 2019.9.14

記事公開日:2019.10.6取材地: 動画独自

※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます。一般会員の方は、記事公開後1ヶ月間以内に限りご覧いただけます。 IWJ存続のためぜひご検討をお願いいたします。→ご登録はこちらから

 2019年9月14日、15日の2日間にわたり、京都市内にて岩上安身が朝鮮近代史に詳しい滋賀県立大の河かおる准教授へロングインタビューを行った。テーマを「メディア」「徴用工」「慰安婦」「歴史認識」の4つに分けて話をうかがい、現在の日韓対立の根本原因を探った。


ヘイトスピーチ解消法施行から3年 改定入管法施行後の反人種差別政策に向けて―登壇:安田浩一氏(ジャーナリスト)、指宿昭一氏(弁護士)、鈴木江理子氏(国士館大学教授)、師岡康子氏(弁護士) 2019.5.29

記事公開日:2019.10.5取材地: 動画

 2019年5月29日(水)13時半より東京都千代田区の参議院議員会館101会議室にて、外国人人権法連絡会、移住者と連帯する全国ネットワーク、人種差別撤廃NGOネットワーク、のりこえねっと、ヒューマンライツナウの主催により「ヘイトスピーチ解消法施行から3年 改定入管法施行後の反人種差別政策に向けて」が開催された。ジャーナリストの安田浩一氏や弁護士の指宿昭一氏、国士館大学教授の鈴木江理子氏、弁護士の師岡康子氏らが参加し、外国人労働者や入管法、人種差別問題などについて議論が行われた。


あいちトリエンナーレ2019 国際フォーラム「『情の時代』における表現の自由と芸術」 ―第1日「表現の自由と芸術、社会」 2019.10.5

記事公開日:2019.10.5取材地: 動画

 あいちトリエンナーレのあり方検討委員会とあいちトリエンナーレ実行委員会が主催する国際フォーラム「『情の時代』における表現の自由と芸術」の第1日「表現の自由と芸術、社会」が2019年10月5日(土)13時より、愛知芸術文化センター(名古屋市東区)で開かれた。あいちトリエンナーレを含め表現の自由が問われた世界的事例を検討し、表現の自由の重要性について参加アーティストやキュレーターも交え議論を行った。フォーラムは6日(日)も開かれる。