記事一覧(公開日時順)

「維新政治の本質は、市民を都構想などで分断し、さらに分断を組織化したのではないだろうか!?」冨田宏治氏~12.24 シンポジウム「維新の『躍進』を世界の流れから読み解く~選挙結果をどう考えるか~」 2021.12.24

記事公開日:2021.12.26取材地: 動画

 2021年12月24日(金)18時30分より大阪府大阪市のエルおおさか 大会議室にて、「維新の「躍進」を世界の流れから読み解く」集会実行委員会主催により、シンポジウム「維新の『躍進』を世界の流れから読み解く~選挙結果をどう考えるか~」が開催された。第一部では、関西学院大学法学部教授 冨田宏治氏、同志社大学教員 菊池恵介氏の講演が行われた。


「日本は非人口比例選挙!国民の少数が国会議員の過半数を得られる!」「国民の過半数の意見は全く保証されない!」~12.241人1票裁判(2021衆)東京高裁口頭弁論期日後の記者会見 2021.12.24

記事公開日:2021.12.25取材地: テキスト動画

 2021年12月24日、東京・千代田区の司法記者クラブで、今年の衆議院議員選挙で「1票の格差」が最大2.08倍であったことは憲法違反だとして、先に提訴していた裁判の口頭弁論が行われ、原告訴訟代理人の弁護士らが会見を開いた。

 2021年11月1日、「1票の格差」が最大2.08倍になった今回の衆院選は憲法違反で無効だとして、升永英俊弁護士のグループが289選挙区全ての選挙のやり直しを求めて、全国14の高等裁判所、高等裁判所支部に一斉提訴した。


「岩上安身のIWJ特報!」がまぐまぐ大賞2021「ジャーナリズム」部門第2位に2年連続で選ばれました! 2021.12.25

記事公開日:2021.12.25

 まぐまぐ大賞2021は、今年もっとも輝いたメルマガを読者投票とまぐまぐ審査で選出するものです。

 「岩上安身のIWJ特報!」は、昨年の「まぐまぐ大賞2020」のジャーナリズム部門でも第2位に選ばれており、2年連続第2位の快挙となります。ちなみに、2019年はジャーナリズム部門第4位、2018年はジャーナリズム部門第5位でした。


史上最高の赤字国債発行高でも1兆円超の日米同盟強靭化予算!!「米国抜きの日本独自の外交は?」とのIWJ記者の質問に「自衛隊と米軍との相互運用性の強化に資する適切な水準だ」と回答~12.24林芳正 外務大臣 定例会見 2021.12.24

記事公開日:2021.12.24取材地: テキスト動画

 2021年12月24日午前10時45分より、東京都千代田区の外務省庁舎にて、林芳正外務大臣の定例会見が開催された。

 IWJ記者は、前回(12月21日)の会見で林大臣より報告のあった「在日米軍の駐留経費(『思いやり予算』改め『日米同盟強靭化予算」)に係る負担額についての実質合意に触れつつ、日本の外交方針に関して、次のような質問を行った。


「日本海溝・千島海溝沿い巨大地震の津波の影響受ける原発は12基。事故想定と対応は?」IWJ記者の質問に、萩生田大臣は「防潮堤の高さなどは一定クリアできている」と回答~12.24 萩生田光一 経済産業大臣 定例会見 2021.12.24

記事公開日:2021.12.24取材地: テキスト動画

 2021年12月24日(金)午前11時25分頃より、萩生田光一経済産業大臣の定例会見が、経済産業省にて開催され、IWJが生中継した。

 萩生田大臣からの報告はなく、記者からの質疑応答が行われた。IWJ記者は以下の質問を行った。


「県民の健康、子供たちの健康の問題、資源を生かしたまちづくりを目指すことが基本的考え方だ」~12.18 福島「県民健康調査」検討委員会座長 星北斗氏 記者会見―内容:2022年度参議院選挙において自民党福島選挙区からの出馬要請受諾について 2021.12.18

記事公開日:2021.12.24取材地: 動画

 2021年12月18日(土)14時より福島県郡山市のビューホテルアネックスにて、福島「県民健康調査」検討委員会座長・県医師会副会長の星北斗氏が、2022年度参議院選挙において自民党福島選挙区(改選数1)からの出馬要請を受諾したことについて、記者会見を行った。


れいわ新選組 公認予定者(大阪選挙区)発表街宣 ―弁士:山本太郎代表、大石晃子衆議院議員、参議院選挙 公認立候補予定者 八幡愛氏 2021.12.22

記事公開日:2021.12.23取材地: 動画

 2021年12月22日(水)18時より大阪府大阪市の京橋駅のJR・京阪 連絡通路にて、れいわ新選組 公認予定者(大阪選挙区)発表街宣が行われた。スピーチに山本太郎代表、大石晃子衆議院議員が立った。そして2022年6月に行われる参議院選挙大阪選挙区からの公認立候補予定者 八幡愛(やはた あい)氏が登壇し、支援を訴えた。


政府・東電、そしてメディアが流布する「安全神話」!! フォトジャーナリスト・豊田直巳氏が語る飯舘村真実の10年~12.22飯舘村原発被害者訴訟(謝れ!償え!かえせふるさと飯舘村)第2回口頭弁論期日報告集会 2021.12.22

記事公開日:2021.12.22取材地: テキスト動画

 2021年12月22日午前11時頃より、東京・千代田区の東京弁護士会にて、飯舘村原発被害者訴訟弁護団の主催により、「飯舘村原発被害者訴訟(謝れ!償(まや)え!かえせふるさと飯舘村)」の第2回口頭弁論期日後の報告集会が行われた。


在日米軍「思いやり予算」5年で750億円増額、1兆551億円に! 名称も「日米同盟強靭化予算」へ変更、ますます進む自衛隊と米軍の一体化!! IWJ記者は「戦争か、経済か?」日中関係について質問~12.21林芳正 外務大臣 定例会見 2021.12.21

記事公開日:2021.12.22取材地: テキスト動画

 2021年12月21日午後5時半より、東京・千代田区の外務省庁舎にて、林芳正 外務大臣の定例会見が開催された。

 会見冒頭、林大臣より、「在日米軍の駐留経費に係る負担についての実質合意(※)」についての報告があった。


コロナ禍を口実に改憲による緊急事態条項の導入は不要!政府による人災に苦しめられたコロナ禍を検証!~岩上安身によるインタビュー第1062回 ゲスト 弁護士 永井幸寿氏インタビュー 2021.12.20

記事公開日:2021.12.22取材地: テキスト動画独自

 12月20日午後7時より、「コロナ禍を口実に改憲による緊急事態条項の導入は不要!政府による人災に苦しめられたコロナ禍を検証!」と題して、岩上安身による永井幸寿弁護士インタビューを実施した。

 冒頭、岩上が、自民党の茂木敏光幹事長らが、自民党改憲案の本丸は「緊急事態条項」だと堂々と言い始めたこと、高市早苗氏が自民党政調会長に就任したこと、安倍晋三元総理が12月1日「台湾有事は日本有事」と発言したこと、麻生太郎副総理が任期中に「日米で一緒に台湾を防衛しなければいけない」(7月)と発言したことなどを挙げ、2016年の集団的自衛権問題の時から見ると現在は、自民党改憲案と緊急事態条項に対する危機意識が薄くなっているのではないかと問題提起した。


植民地主義に抗う沖縄と連帯する奈良県集会 ―登壇:丹羽雅雄氏(琉球民族遺骨返還訴訟弁護団長)、屋良朝博氏(前衆議院議員) 2021.12.19

記事公開日:2021.12.20取材地: 動画

 2021年12月19日(日)13時30分より奈良県人権センターにて、琉球人遺骨返還を求める奈良県会議主催による「植民地主義に抗う沖縄と連帯する奈良県集会」が開催された。
 
 集会では、丹羽雅雄氏(琉球民族遺骨返還訴訟弁護団長)と屋良朝博氏(前衆議院議員)が登壇した。


「公僕として(税金で)雇っている人間が好き勝手やっているのが許せない!好き放題の先にはこの国が食われるという状況しか生み出せない!」~12/5 「Beyond the Waves」滋賀自主上映会後の高井たかしトークライブ with 山本太郎 2021.12.5

記事公開日:2021.12.19取材地: 動画

 2021年12月5日(日曜日)、キラリエ草津 草津市民総合交流センターにて「『Beyond the Waves』滋賀自主上映会 & 高井たかしトークライブ with 山本太郎』が開催された。


法律の施行まで「とにかく時間がない!」台湾有事の際日本の飛行場・港を米軍が使用できるようにする「重要土地規制調査法」を廃止に!~12.17 重要土地調査規制法に係わる国会議員と全国超党派自治体議員団の意見交換会 2021.12.17

記事公開日:2021.12.19取材地: テキスト動画

 2021年12月17日金曜日、午後6時頃から衆議院第一議員会館で、重要土地調査規制法に係わる国会議員と全国超党派自治体議員団の意見交換会が行われた。

 重要土地規制調査法は、内閣総理大臣や閣議決定した方針にもとづき、自衛隊基地、原子力発電所、国境離島など、重要施設の敷地及び周辺概ね1kmを「注視区域」に指定し、その区域内の土地、建物の利用を調査・規制することができる法律で、2021年6月16日に与党が立憲民主党、共産党などの反対を押し切って可決・成立し、2022年3月から施行される。


「戦争はどちらがより長くより多く、被害に耐えられるか。その認識なく戦争の話をするのは危ない」 ~岩上安身によるインタビュー第1061回 ゲスト 元内閣官房副長官補 柳澤協二氏 2021.12.16

記事公開日:2021.12.19取材地: テキスト動画独自

※全編映像は会員登録すると御覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は、22/4/6までの 2ヶ月間以内に限り御覧いただけます。
ご登録はこちらから

 12月16日、午後1時より、IWJ事務所から、岩上安身による元内閣官房副長官補・国際地政学研究所理事長 柳澤協二氏インタビュー「『戦場で勝って戦争に負けた』9.11以来の米国の対テロ戦争! その『見果てぬ夢』の続きを中国との戦争で! 『国が戦争し日本が巻き込まれていく』危険な日米同盟の一体化!(2) 」を生中継した。


福島第一原発事故はまだまだ終わっていない。来年7月、東電元経営陣に株主代表訴訟の判決が出る!~12.17 原発反対八王子行動 2021.12.17

記事公開日:2021.12.19取材地: 動画

 2021年12月17日(金) 午後6時より、東京都八王子市の船森公園にて、第371回目の原発反対八王子行動が行われた。


「周辺住民約100万人の退去は不可能だ!」東海第二原発の廃炉と福島第一原発の汚染水海洋放出中止を訴える!~12.10 原発反対八王子行動 2021.12.10

記事公開日:2021.12.19取材地: 動画

 2021年12月10日(金) 午後6時より、東京都八王子市の船森公園にて、10年目となり第370回 原発反対八王子行動が行われた。


日本には『国民発議・国民拒否』のイニシアティブ制度がない。行政・立法府が愚かなことをしても、主権者は次の選挙まで実効性のある働きかけができない~12.18 コクミンテキギロン☆しよう!~ReStart~ #11 with 今井 一さん 2021.12.18

記事公開日:2021.12.19取材地: テキスト動画

 2021年12月18日午後3時半より、東京都千代田区のアーツ千代田3331にて、「コクミンテキギロン☆しよう!~ReStart~ #11 with 今井 一さん」が開催された。

 「コクミンテキギロン☆しよう!」(以降、「コクギ」)とは、2019年4月から続けられている「議論の場」だ。前回は2020年の11月に行われたが、コロナ禍の影響もあり、約1年ぶりの開催となった。


IWJの質問「緊急事態条項案を進めれば『民主主義国家サミット』に加わる資格ないが?」「米中開戦への参戦準備か?」に、林大臣は「党の活動なのでコメントしない」!~12.17 林芳正 外務大臣 定例会見 2021.12.17

記事公開日:2021.12.18取材地: テキスト動画

 2021年12月17日(金)6時頃より、林芳正外務大臣の定例会見が、外務省にて開催され、IWJが生中継した。

 林大臣からの報告はなく、記者からの質疑応答が行われた。IWJ記者は以下の質問を行った。


「生産性が低いフリーランスはいなくなって下さいと言われているように感じる!」消費税免税事業者を追い詰めるインボイス制度で「1ヶ月分の収入を失う」!!~12.16《STOPインボイス!》財務省への署名簿提出及び記者会見 2021.12.16

記事公開日:2021.12.17取材地: テキスト動画

 2021年12月16日午前10時半より、東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、「フリーランス・個人事業主の市民の会」が、2023年10月に導入される「インボイス制度」に反対する3万1570筆の署名を財務省に提出し、その後、記者会見を行った。

 「インボイス」とは、政府が導入する「適格請求書」制度のことである。


「12月8日の開戦詔書自体が、太平洋戦争は天皇の大権の下の無法な戦争・侵略戦争であることを物語っている」~12/11 二度と悲惨な戦争を繰り返させないために「2021年 京都不戦のつどい」―記念講演:「なぜ日本は侵略戦争を続けたのか」原田敬一 佛教大学名誉教授 ほか 2021.12.11

記事公開日:2021.12.17取材地: 動画

 2021年12月11日(土)午後2時より2021年不戦のつどい実行委員会主催による京都府京都市の京都アスニー 第2研修室にて、二度と悲惨な戦争を繰り返させないために「2021年 京都不戦のつどい」が開催された。記念講演で、「なぜ日本は侵略戦争を続けたのか」 原田敬一 佛教大学名誉教授が登壇した。