【特別寄稿】スクープ! 官邸への忖度か!? 参院選静岡選挙区に関する報道をめぐって、『報ステ』から消えた『6分』のVTR! 官邸は国民民主候補への支援と引き換えに改憲賛成を要求か!? 2019.7.20

記事公開日:2019.7.20 テキスト

 2012年末に第2次安倍晋三政権が成立して以降、権力に対するメディアの萎縮や忖度が顕著になっている。そして時には、権力側からメディアに対して露骨な圧力をかけることさえある。

 今年2月には、菅義偉官房長官の会見で鋭い追及を続けている東京新聞社会部の望月衣塑子記者に対して、官邸が事実上の質問制限を要求する文書を官邸記者クラブに送っていたことが広く知れ渡った。日本新聞労働組合連合(新聞労連)や市民からは、官邸の対応に対する厳しい批判の声が次々と上がった。


そもそも「記者クラブ」の実態とは何か?存続か廃止か!?「IWJのような独立系メディアを市民が支える必要がある」~公開学習会 記者クラブと国民の知る権利 ―講演 ジャーナリスト・寺澤有氏「記者クラブの歴史と現状」 2019.6.23

記事公開日:2019.7.9取材地: 動画

 2019年6月23日(日)15時20分より東京都稲城市の稲城市立 i プラザにて、公開学習会 記者クラブと国民の知る権利が開かれ、ジャーナリスト・寺澤有氏が「記者クラブの歴史と現状」と題した講演を行った。


テレビは民主主義の味方ではなくなった! 民放連が衆院憲法審査会で、「国民投票運動の放送対応の検討作業はこれで一区切り」と表明! テレビCMの量的な自主規制なしに改憲が発議されれば、緊急事態条項創設へまっしぐら!! 2019.5.16

記事公開日:2019.5.16 テキスト

 憲法改正の国民投票法改正案をめぐって、5月9日、衆議院憲法審査会が開かれた。参考人として出席した日本民間放送連盟(民放連)専務理事の永原伸(しん)氏は、国民投票のテレビCMの規制について、次のように述べた。


岡山の地方紙・山陽新聞で加計問題の記事が小さいのは、新聞社の会長が加計学園の理事だから!?「前川喜平さんと考えるメディアのあり方 ~これでいいの?山陽新聞」 2019.2.8

記事公開日:2019.2.8取材地: テキスト動画

※2019年3月2日、テキストを追加しました。

 安倍政権の国家戦略特区制度を使って、2018年4月、国内で52年ぶりに新設された加計学園の岡山理科大学獣医学部。不自然なほどスムーズに開学できた背景には、安倍晋三総理と加計学園理事長・加計孝太郎氏の強い結びつきや、周囲の人間による思惑や忖度などが浮かび上がる。行政のあり方が強く問われる問題であり、国民の疑念はいまだに払拭されていない。


ホワイトハウスへの辺野古嘆願署名が5位に浮上! ローラさんの呼びかけを批判した井川意高大王製紙前会長の発言で広がる大王製紙商品への不買!? 井川氏の発言こそ大王製紙には大迷惑!? 2019.1.6

記事公開日:2019.1.6 テキスト

特集 辺野古

 沖縄県名護市の辺野古新基地建設をめぐり、ハワイ在住・沖縄系4世のロバート梶原氏が始めたホワイトハウスへの嘆願署名「2月24日県民投票が行われるまで辺野古埋め立て作業の停止を」が、2019年1月4日午後の時点で17万5800票以上を集め、この嘆願署名のサイト「We The People」のトップページ5位となった。


11・25元NHK記者相澤冬樹氏講演と討論会「NHKを辞め記者の魂を貫く〜森友事件の本質と移籍への思い〜」(京都市) 2018.11.25

記事公開日:2018.11.25取材地: 動画

 NHKで森友学園問題に切り込み、その後、大阪日日新聞へと移籍した相澤冬樹氏の講演・討論会「NHKを辞め記者の魂を貫く〜森友事件の本質と移籍への思い〜」が2018年11月25日(日)13時半より京都教育文化センター(京都市左京区)で開かれた。NHK・メディアを考える京都の会が主催した。


第13回 奈良からつながる市民の集い 金平茂紀氏講演会「だめになったマスメディアをどう立て直していくか」 2018.11.17

記事公開日:2018.11.18取材地: 動画

 2018年11月18日(日)14時より、奈良県奈良市の奈良教育大学にて、第13回 奈良からつながる市民の集い 金平茂紀氏講演会「だめになったマスメディアをどう立て直していくか」が開催された。


梓澤和幸弁護士「受信料を払っている側の行動が必要だ!」森友問題をスクープしたNHK記者の不当な人事異動の中止を求め研究者・弁護士有志が記者会見 2018.6.1

記事公開日:2018.6.3取材地: 動画

 2018年6月1日(金)10時30分より東京都千代田区の衆議院第二議員会館 第8会議室にて、NHKの政治報道とNHK大阪放送局の記者の異動人事を憂慮する研究者・弁護士有志の記者会見が行われた。


放送法撤廃をめぐり読売を含むマスコミと全面対立した安倍総理!4条撤廃は断念か!?「具体的な検討を行ったことはない」と閣議決定も油断は禁物!「検討」はおこなっていないが「議論」は続行中!? 2018.4.5

記事公開日:2018.4.5 テキスト

 安倍総理に牙をむいたマスコミに忖度し、放送法4条撤廃を断念か――

 政府は4月3日、放送番組の政治的公平などを規定する放送法第4条の撤廃について「政府として具体的な検討を行ったことはない」との答弁書を閣議決定した。


第16回浅野健一ジャーナリズム講座 ―「安倍官邸・公安による弾圧に抗いオールタナティブ・メディア創成を」講師:山田洋一氏(人民新聞編集長) 2018.3.22

記事公開日:2018.3.22取材地: 動画

 2018年3月22日(木)18時過ぎより、京都市上京区の同志社大学良心館にて、第16回浅野健一ジャーナリズム講座「安倍官邸・公安による弾圧に抗いオールタナティブ・メディア創成を」が開かれ、講師に山田洋一氏(人民新聞編集長)が招かれた。


平昌オリンピック・パラリンピックを機に朝鮮半島は融和モード!米国すらも、前提条件なしで北朝鮮との対話の可能性示す! ヘイトの氾濫する日本はこのままで良いのか!? いまこそ問われる主権国家の矜持! 2018.2.19

記事公開日:2018.2.20 テキスト

 世界のトップアスリートたちが一同に会し、磨き上げた技を競い合う、四年に一度のスポーツの祭典・オリンピック・パラリンピック。2018年2月9日、韓国・平昌(ピョンチャン)で冬季オリンピックが開幕し、連日熱戦が繰り広げられている。


大阪にテロリスト分子が「やばい数」潜伏中? 『ワイドナショー』で政治学者・三浦瑠麗氏が垂れ流した戦争プロパガンダを検証!三浦氏の「ヘイト発言」を大物芸人・松本人志氏が擁護!? 2018.2.18

記事公開日:2018.2.18 テキスト

 「テロリスト分子がいるわけですよ。今ちょっと、大阪がやばい……」

 国際政治学者の三浦瑠麗氏による、2018年2月11日放送のフジテレビ系バラエティ番組『ワイドナショー』での発言が、放送直後から物議を醸した。しかし、年末に報じられた日本テレビ『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』のブラックフェイス問題同様、テレビ局側からは、寄せられた批判や疑問の声に真摯に応じる姿勢は見受けられない。


中小メディア記者やフリーランスの名前を記事中引用しない大手メディア! 「非記者クラブ」を低く見なす傲りからか!? 「排除」発言を引き出した横田一氏と、岩上安身とIWJの事例を徹底検証! 2018.1.17

記事公開日:2018.1.17 テキスト

 2017年10月22日に投開票日を迎えた衆院選での、希望の党代表であった小池百合子東京都知事の「排除いたします」発言は、この選挙において「希望の党失速」の要因になったと言われる。2017年の流行語大賞候補からは外されたものの、多くの人々にとって強く印象に残っている言葉の一つであろう。


乗客を乗せたまま大雪で立ち往生したJR信越線トラブル 乗客の感謝ツイートで一転、JRの対応が評価されるも、大手メディアは横並びの「JR叩き」報道! さらには「新潟県知事叩き」まで! 2018.1.15

記事公開日:2018.1.15 テキスト

 2018年1月11日夜、大雪に見舞われた新潟県三条市のJR信越線で列車が立ち往生し、約400人の乗客が車内で一晩を過ごした。「菅義偉官房長官が不快感を表明」とまで報じられた、この列車トラブルが意外な展開を見せている。

 当初、大手メディアは「JR東日本の不手際」をフレームアップ。それに呼応するように、ネット上でも「なぜ、すぐに乗客を降ろさない?」「JRは代替バスの手配もしないのか」といった批判コメントが相次いだ。


【吉本興業からの回答を加筆し再アップ!】日本は人種差別に無知な国!? ダウンタウン・浜田雅功氏の黒塗り批判を英BBCが世界に発信!! 2018.1.9

記事公開日:2018.1.9 テキスト

 2017年12月31日放送の日本テレビ『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで大晦日年越しスペシャル! 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』で、お笑いコンビ「ダウンタウン」の浜田雅功氏が、米国人俳優エディー・マーフィー氏主演の映画「ビバリーヒルズ・コップ」を再現しようと、顔を黒塗り(ブラックフェイス)し、登場した。


「思ったことを言いたい」~タブーを恐れずにどんな話題でも拾い上げようとする「ウーマンラッシュアワー」村本大輔氏にIWJが直撃! 2017.12.24

記事公開日:2017.12.25取材地: テキスト動画

※12月26日、テキストを追加しました。

 2017年12月23日夜、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔氏が出演する番組「ウーマンラッシュアワー村本大輔の土曜The NIGHT」(AbemaTV)が、急遽最終回を迎えるとの情報が流れた。「おれは権威には負けない」という村本氏の意味深なツイートに、一時騒然とした。ツイッター上では、政府から「圧力」がかけられたのではないか、といったツイートも散見された。


なぜ、菅官房長官会見へ臨んだのか 文化と講演の夕べ ―望月衣塑子氏(東京新聞社会部記者) 2017.12.8

記事公開日:2017.12.15取材地: 動画

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。→こちらから

 2017年12月8日(金)18時30分より、大阪市北区の中之島中央公会堂にて、進歩と革新をめざす大阪の会(大阪革新懇)の主催 により、「なぜ、菅官房長官会見へ臨んだのか 文化と講演の夕べ ―望月衣塑子氏(東京新聞社会部記者)」と題する講演会が開催された。


関東大震災時の「不逞鮮人」虐殺を彷彿とさせる麻生副総理の「武装難民」射殺発言!!〜追及しない記者クラブメディア!? 官邸内記者会見から締め出されるIWJ!! 2017.9.29

記事公開日:2017.9.29 テキスト

 安倍晋三総理が「国難を突破する」ために衆議院を解散することを記者会見で発表した2017年9月25日夜、総理はNHK、テレビ朝日、TBSのテレビ各局で報道番組に出演し、饒舌に持論を述べた。


【岩上安身のツイ録】テレビは真実を伝えない!北朝鮮の「米軍と行動をともにしない国を攻撃することはない」報道も麻生の難民射殺発言も伝えず「小池劇場」で「小泉劇場」の轍を踏ませて改憲へ進ませる翼賛報道! 2017.9.26

記事公開日:2017.9.27 テキスト

 テレビは現実を正確に伝えません。小泉劇場と同様、小池劇場再び、です。これは自民が議席を減らしても小池新党を含めて改憲勢力で3分の2を占め、改憲による緊急事態条項の導入と発令によって、現行の日本国憲法下の政治体制をひっくり返し、戦争遂行体制を一挙に実現するためのプロパガンダです。


【スクープ!】菅官房長官に鋭く質問を繰り出す東京新聞・望月衣塑子記者に「殺害予告」の脅迫電話が! 直前には官邸からの不当な「注意文書」の送付と産経新聞による執拗なバッシング記事が!(文・岩上安身) 2017.9.14

記事公開日:2017.9.14 テキスト

 「加計学園」問題などをめぐり、菅義偉官房長官記者会見で鋭く質問を続けてきた、望月衣塑子記者を名指しした、許しがたい「殺害予告」電話が東京新聞本社にかかってきた。2017年9月4日のことである。