【IWJブログ】「Ustream大賞 2012」ノミネート番組TOP20の紹介 2013.1.29

記事公開日:2013.1.29 テキスト

 2013年1月31日(木)16時から、「Ustream大賞表彰式」が開催される。これは、ライブ映像配信サービス「Ustream」で2012年に配信された番組の中から、最も面白かった番組を決めるものだ。ユーザーによる投票は、1月21日までですでに終了しており、31日には、180本のエントリー番組の中から栄えある大賞が発表される。

 そして、大賞発表に先立って、1月23日に投票結果の上位20番組が発表された。その中には、ももいろクローバーZによる「momocloTV」や、東京女子流の「東京女子流 TGS UST. TV」、「Tower Records Japan」などの番組とともに、「IWJ」の名前もノミネートされていた。

 ここでは、1月26日に、アカウントネーム「IWJ_culture」が行ったUstream大賞のノミネート番組、トップ20の紹介ツイートを、一部修正・加筆を加えて、改めて掲載する。


インターネットを解放せよ!木曜官邸前抗議 2013.1.17

記事公開日:2013.1.17取材地: 動画

特集 TPP問題

 2013年1月17日(木)、東京都千代田区の首相官邸前で、「インターネットを解放せよ!木曜官邸前抗議」が行われた。『TPP・RCEPが結ばれることにより発生する多大なデメリット』は、多くの人々に関係するが、あまり認識されていない。参加者らは、この状況を非常に危惧し、TPP・RCEP参加に対し、強く反対を訴えた。また、3月10日にはツイッター等を使用した全国的なTPP反対運動を行うことを予定しているという。


インターネットを解放せよ!木曜官邸前抗議 2012.12.13

記事公開日:2012.12.13取材地: 動画

特集 TPP問題

 2012年12月13日(木)、東京都千代田区の首相官邸前で、「インターネットを解放せよ!木曜官邸前抗議」が行われた。ACTA・TPPを巡る報道の在り方に意義を唱え、国会記者会館に向けての抗議の声を挙げた。


現代日本のメディア・アクティビズム 2012.12.6

記事公開日:2012.12.6取材地: テキスト動画

 2012年12月6日(木)19時より、東京都文京区の 東京大学本郷キャンパスで、東京大学情報学環の林香里研究室「メディア研究のつどい」のワークショップとして「現代日本のメディア・アクティビズム」が行われた。講師として、自由報道協会代表理事の上杉隆氏、OurPlanet-TV代表の白石草氏、日本報道検証機構 gohoo.org代表の楊井人文氏、そして岩上安身が、それぞれの活動や日本のメディアについて話をした。


インターネットを解放せよ!木曜官邸前抗議 2012.12.6

記事公開日:2012.12.6取材地: 動画

特集 TPP問題

 2012年12月6日(木)、東京都千代田区の首相官邸前で、「インターネットを解放せよ!木曜官邸前抗議」が行われた。

 主催は木曜官邸前抗議グループで、「インターネットを開放せよ!」として、ACTA、ACTA+と言われるTPPやネット規制、言論弾圧に関する政策に対して抗議を行っている。 スピーチをした男性は「政治家は、原発反対とはリップサービスでいくらでも言える。TPP反対と言えるかどうか、それが重要」と語った。また、「先々週、約50ほどの議員事務所を回り、TPPについてのアンケートを要請したが、ひとつも回答を得られなかった」と報告した。


インターネットを解放せよ!木曜官邸前抗議 2012.11.8

記事公開日:2012.11.8取材地: 動画

 2012年11月8日(木)、東京都千代田区の首相官邸前で、「インターネットを解放せよ!木曜官邸前抗議」が行われた。


インターネットを解放せよ!木曜官邸前抗議 2012.11.1

記事公開日:2012.11.1取材地: 動画

 2012年11月1日(木)、東京都千代田区の首相官邸前で、「インターネットを解放せよ!木曜官邸前抗議」が行われた。


国会記者会への「取材妨害禁止」の仮処分申し立て後の記者会見 2012.10.31

記事公開日:2012.10.31取材地: 動画

 2012年10月31日(水)、東京都千代田区の司法記者クラブで、「国会記者会への「取材妨害禁止」の仮処分申し立て後の記者会見」が行われた。


インターネットを解放せよ!木曜官邸前抗議 2012.10.25

記事公開日:2012.10.25取材地: 動画

 2012年10月25日(木)、東京都千代田区の首相官邸前で、「インターネットを解放せよ!木曜官邸前抗議」が行われた。


電力業界によるメディアコントロールの実態「広告代理店は企業の危機管理係」~岩上安身によるインタビュー 第245回 ゲスト 『電通と原発報道』著者・本間龍氏 2012.10.23

記事公開日:2012.10.23取材地: テキスト動画独自

※2015年3月3日テキストを更新しました。

 業界第2位の大手広告代理店・博報堂に17年間勤務し、優れた営業成績を記録してきた経験を持つ作家の本間龍氏に、2012年10月23日(火)、東京都港区の初沢スタジオで岩上安身がインタビューを行なった。

 博報堂時代に優れた営業成績を残した「光」の面と、詐欺容疑で逮捕され、刑務所で服役するという「前科」や女性問題による離婚など、「影」の面もあわせ持つ本間氏。こうした経験をもとに、2012年1月、自身の紆余曲折の人生を赤裸々に綴る『転落の記』を刊行した。次いで6月には、偏向報道の実態を暴く『電通と原発報道』を刊行し、ベストセラーとなっている。


大手広告代理店は第五権力─「電通と原発報道」著者 本間龍氏 記者会見 2012.10.16

記事公開日:2012.10.16取材地: テキスト動画

 2012年10月16日(火)、東京都千代田区の日本外国特派員協会で、「電通と原発報道」の著者である本間龍氏の記者会見が行われた。博報堂で営業職を勤めていた本間氏は、独自の視点で原発事故を見る。電通、博報堂などの大手広告代理店が、無自覚なまま原発を推進し、反対派に圧力をかけていたことが、今回の福島第一原発に深く関わっていると指摘し、電通・博報堂らを「第五権力」と称し、その実態を告発した。


MBSラジオ「たね蒔きジャーナル」打ち切りを受けての「すきすきたねまきの会」声明 2012.9.19

記事公開日:2012.9.19取材地: テキスト動画

 2012年9月19日(水)、大阪市北区の毎日放送(MBS)本社で、MBSラジオ新番組編成発表の記者会見が行われ、同局の報道番組「たね蒔きジャーナル」の打ち切りが明らかになった。


「たね蒔きジャーナル」存続についてMBSとの意見交換と報告 2012.9.7

記事公開日:2012.9.7取材地: 動画

 2012年9月7日(金)、MBS毎日放送本社前で、「「たね蒔きジャーナル」存続についてMBSとの意見交換と報告」が行われた。


読売新聞東京本社が七つ森書館を「出版契約書無効確認」で提訴した件についての記者会見 2012.5.17

記事公開日:2012.5.17取材地: 動画

 2012年5月17日(木)、外国人特派員協会で行われた、読売新聞東京本社が七つ森書館を「出版契約書無効確認」で提訴した件についての記者会見の模様。


上杉隆氏講演会 in 須賀川「マス・メディアが報道しない原発事故」 2012.4.22

記事公開日:2012.4.22取材地: テキスト動画

 2012年4月22日(日)、福島県の医療法人三愛会池田記念病院で、「上杉隆氏講演会 in 須賀川『マス・メディアが報道しない原発事故』」が開催された。


「維新の会・橋下徹と大衆、メディア」 2012.4.1

記事公開日:2012.4.1取材地: テキスト動画

 2012年4月1日(日)、大阪市淀川区の第七藝術劇場で、「維新の会・橋下徹と大衆、メディア」が開催された。


3.20原発報道を疑いマスコミに物申す! 集会・デモ 2012.3.20

記事公開日:2012.3.20取材地: 動画

 2012年3月20日(火)、宮下公園にて行われた、3.20原発報道を疑いマスコミに物申す! 集会・デモの模様。


NPJ編集長・日隅一雄連続対談企画 第3回「最後の切札・内部告発をいかに保護するか」 2012.2.27

記事公開日:2012.2.27取材地: 動画

 2012年2月27日(月)、岩波書店アネックスビル3階「セミナーホール」にて行われた、NPJ編集長・日隅一雄連続対談企画第3回「最後の切札・内部告発をいかに保護するか」の模様。ゲストは元北海道新聞(道新)記者・高田昌幸氏。


脱原発の即時実現を目指してマスコミに怒りを! 集会デモ 2012.2.26

記事公開日:2012.2.26取材地: テキスト動画

 2012年2月26日(日)、渋谷宮下公園を出発点として行われた「脱原発の即時実現を目指してマスコミに怒りを! 集会デモ」の模様。


「アフター東日本大震災 被災地の未来を考える」(自由報道協会“有志の会”被災地支援プロジェクト) 2012.2.11

記事公開日:2012.2.11取材地: 動画

 2012年2月11日、自由報道協会“有志の会”被災地支援プロジェクトの一環として、「アフター東日本大震災 被災地の未来を考える」と題したトークセッションが行われた。

 登壇者は、元ジャーナリストの上杉隆氏、おしどりマコ&ケン、飯舘村民の愛澤卓見氏。第一部は「白熱実験」と称し、愛澤氏からの問題提起に対し、場内から発言が相次いだ。第二部のトークセッションでは、主に上杉氏の口から、2011年3月11日以降の、放射性物質の飛散に関する政府と東京電力、大手メディアによる情報操作の実態が語られた。