「やってもいないことを、認めるわけにはいかない」――懲役6年・羽賀研二受刑者、上告直後の訴えを岩上安身が聞く 2011.6.25

記事公開日:2011.6.25取材地: テキスト動画独自

※2015年3月11日テキストを追加しました。

※動画のご視聴はサポート会員限定となります。

 当時、世間に広がった「羽賀研二・未公開株詐欺事件」として、メディアで報道された内容は、次のようなものだった。

 2001年、羽賀氏は、自分が購入した医療関連会社の未公開株を、元値を知らせないまま、知人の不動産会社社長に3倍の値段で売りつけ、3億7000万円を騙し取った。2007年6月に詐欺の容疑で逮捕された羽賀氏には、損失補てんを求めてきた同社長に対し、暴力団関係者らを使って、1000万円の支払いで今後一切の請求を行わないよう迫ったという、恐喝未遂の容疑もかけられていた――。


岩上安身による川内博史衆議院議員インタビュー「原発安全神話」のウソがバレ、今度は「電力ないない神話」で原発をキープしようとしている! 2011.6.24

記事公開日:2011.6.24取材地: テキスト動画独自

 2011年6月24日に、岩上安身が民主党衆議院議員川内博史氏にインタビューを行った。川内議員は「夏の節電も必要ない。避難所へクーラーも送り、たくさん使ってもらい経済を活性化させる。

 電力会社には、法律で電力を安定的に供給する義務がある。国はそれを監督する。それを“電気を使うな”とは法律違反である」と語気を強めた。また、再生可能エネルギー法案については、結局のところ原発維持と変わらず、必要なのは実行のための具体策と、徐々に取り入れていくことだと語った。


岩上安身による阿部知子衆議院議員インタビュー 2011.6.22

記事公開日:2011.6.22取材地: テキスト動画独自

 2011年6月22日(水)に岩上安身は、阿部知子衆議院議員にインタビューを行った。


明治大学講義―岩上安身― 2011.6.13

記事公開日:2011.6.13取材地: テキスト動画独自

 2011年6月13日(月)、岩上安身が明治大学にて講義を行った。


『6.11脱原発100万人アクション』完全ライブ中継プロジェクト 2011.6.11

記事公開日:2011.6.11取材地: 動画独自

 2011年6月11日(土)、『6.11脱原発100万人アクション』完全ライブ中継プロジェクトの模様。


岩上安身と岩井俊二監督対談 ロックウェルアイズ編 2011.6.9

記事公開日:2011.6.9取材地: テキスト動画独自

 2011年6月9日(木)、岩井俊二監督が代表を務める映画製作会社ロックウェルアイズで行われた、岩井監督と岩上安身の対談の模様。


岩上安身による名古屋大学名誉教授沢田昭二氏インタビュー 内部被ばく・ICRP専門委員の実情など原子力村の実態を暴く! 2011.6.8

記事公開日:2011.6.8取材地: テキスト動画独自

 2011年6月8日、岩上安身による名古屋大学名誉教授・沢田昭二氏のインタビューが行われた。


「原子力は『何があっても絶対に責任は取らない』という異常な世界だった」 ~岩上安身による小出裕章助教(京大原子炉実験所)インタビュー 2011.6.7

記事公開日:2011.6.7取材地: テキスト動画独自

 2011年6月7日、岩上安身による京都大学原子炉研究所助教小出裕章氏へのインタビューを行った。

 一時間超に及ぶインタビューの中で小出氏は、震災後の原子炉状況の分析や、放射能汚染水の海への流出、また、保安院の対応などを含めた、事故後の政府の動きについても言及した。さらに震災以前の、政府の原発事故に対する見通しの甘さや、震災後の対応についても触れ、『まだ原発事故は終わっていない』と訴えた。


岩上安身による民主党 中村哲治参議院議員インタビュー 2011.6.3

記事公開日:2011.6.3取材地: テキスト動画独自

 2011年6月3日(金)、民主党の中村哲治参議院議員にインタビューを行った。中村議員は菅総理の退陣問題に揺れる民主党、それを巡る政界の動きについて語った。


岩上安身による只野靖弁護士インタビュー 2011.6.1

記事公開日:2011.6.1取材地: テキスト動画独自

 2011年6月1日、弁護士会館にて、岩上安身は、只野靖(ただの・やすし)弁護士にインタビューを行った。

 浜岡原発運転差し止め訴訟の代理人の一人である、只野弁護士が、浜岡原発、福島原発での政府の対応や今後予期される被曝とそれに伴う損害賠償について語った。


原発怖いぞコノヤロー景気付け交流会 2011.5.31

記事公開日:2011.5.31取材地: 動画独自

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年05月31日(火)に行われた、「原発怖いぞコノヤロー景気付け交流会」を岩上安身が中継した。


岩上安身による今中哲二氏インタビュー 2011.5.29

記事公開日:2011.5.29取材地: テキスト動画独自

 2011年5月29日(日)、京都大学原子炉実験所にて、京都大学原子炉実験所今中哲二助教のインタビューを行った今中氏は、日本の原子力開発に疑念を抱き、今の研究に取り組み始めたと話し、チェルノブイリや福島の状況を後世に正確に伝えていくことの必要性を語った。


岩上安身による矢ケ崎克馬氏琉球大名誉教授インタビュー 2011.5.27

記事公開日:2011.5.27 テキスト動画独自

 2011年5月27日、岩上安身が、琉球大名誉教授・矢ケ崎克馬(やがさき・かつま)氏にインタビューを行った。


岩上安身による環境エネルギー政策研究所 飯田哲也氏インタビュー 2011.5.26

記事公開日:2011.5.26取材地: 動画独自

 2011年5月26日(木)に行われた、環境エネルギー政策研究所 飯田哲也氏のインタビューの模様。


被疑者に暴言を放って辞職した元検事・市川寛氏への岩上安身緊急インタビュー 2011.5.24

記事公開日:2011.5.24取材地: 動画独自

 2011年5月24日、被疑者に暴言を放って辞職した元検事・市川寛氏への岩上安身緊急インタビューです。


岩上安身によるドイツ緑の党連邦議員 ジルビア・コッティング・ウール氏緊急インタビュー 2011.5.20

記事公開日:2011.5.20取材地: 動画独自

 訪日中のドイツ緑の党の連邦議員、ジルビア・コッティング・ウール氏に対して、2011年5月20日に緊急インタビューを行った。

 ウール氏は、浜岡、飯舘、南相馬など現地を訪れ、放射線の計測を行ったり、市民団体とともに申し入れを行うなど精力的に動いてきた。5月19日には講演会なども行い、明日は帰るというスケジュールの中、岩上安身が、世界は日本をどう見ているのか、大規模なデモが起こっているドイツ国内の原子力発電に対する動きなどを訊ねた。


岩上安身による武田邦彦氏インタビュー+ダダ漏れ懇親会 2011.5.12

記事公開日:2011.5.12取材地: テキスト動画独自

 2011年5月12日(木)、中部大学の武田邦彦教授に岩上安身がインタビューを行った。ウラン濃縮を専門とする原子力工学の技術者であり、政府の原子力安全委員会の専門委員を務めた経歴を持つ武田氏に、福島第一原発事故に対する政府の事故対応の問題点について聞いた。


岩上安身による高野雅夫 名古屋大学准教授インタビュー 2011.5.12

記事公開日:2011.5.12取材地: 動画独自

 2011年5月12日、名古屋大学環境学研究科准教授・持続可能性学研究者、高野雅夫氏に対して岩上安身がインタビューを行った。

 浜岡原発を止めた市民の動き、行政の動きに、いち早く評価を表明した氏に対して、自身の研究である「伊勢湾流域圏」愛知・岐阜・三重を含むエリアの持続可能性、特に小水力発電技術の可能性を含め、原子力に頼らない生活の可能性を実験的に証明している研究の実際について尋ねた。


「原発利権を作ってきたのは自民党。我々の責任は当然ある」 ~自民党・河野太郎議員が岩上安身のインタビューで原子力ムラの実態について暴露 2011.5.11

記事公開日:2011.5.11取材地: テキスト動画独自

3月11日20時30分より、【3.11から丸4年再配信プログラム】として河野太郎議員インタビューを再配信いたしました!沢山のご視聴、ありがとうございました!!
※サポート会員の方は、本記事よりインタビュー全編ご覧いただけます。
 河野議員が暴露した自民党に巣食う原子力ムラの実体とは——。

 福島第一原発事故以来、ブログおよび講演会活動において、積極的に自民党批判、事故収束の政策批判、東電救済策批判を行っている自民党の河野太郎衆議院議員に、2011年5月11日、岩上安身がインタビューを行った。自民党内部にあって、プルサーマルを推進してきた党の電力政策を、なぜ変えさせることができなかったか、その背景を尋ねた。

 河野氏は、「石油に替わるエネルギーとして、完成させれば電力が2000年は大丈夫という話でスタートした核燃料サイクルだったが、いまだにうまくいかない。それでも方針転換の議論さえ進まないのは、原子力に関わる利権で、すべてがんじがらめだから」と語る。

 福島原発事故で若手議員の意識は変わってきたと話す河野氏は、今までの体制を作ってきた自民党の責任を認め、謝罪し、新たな方向性を打ち出さなければならないとの認識を示した。


岩上安身による田中優氏インタビュー 2011.5.11

記事公開日:2011.5.11取材地: テキスト動画独自

 2011年5月11日、未来バンクの発案者、APバンクの仕掛人であり、『郵貯がどうしていけないの?』の著者である田中優(たなか・ゆう)氏に対してインタビューを行った。

 反原発ではなく、太陽光発電の推進や天然住宅など、提言的でプロ・アクティブな活動家としての氏の発想の根源にあるもの、チェルノブイリの時に生まれた第二子に起こった異常など、氏の心髄に、岩上安身が触れた。