【秋田選挙区】元プロ野球選手の自民・石井浩郎氏と元アナウンサーの野党統一候補・松浦大悟氏の一騎打ち!有名人対決を制すのは!?〜IWJ特番・夏の参院選を徹底予想分析スペシャル! 2016.6.6

記事公開日:2016.7.2取材地: テキスト動画独自

 「今回の参議院選挙は、アベノミクスや消費税の是非を問うものでも、ましてや、候補者の人気投票でもない。争点は、戦争法廃止と、緊急事態条項による改憲をストップすること。これしかない。(視聴者の方々は)ご自身の選挙区の候補者を、よく考えてほしい」──。

 「9年前の郵政解散総選挙、私の予想は的中した」と語る、自称・選挙オタクの宮崎氏は、2016年6月6日、IWJの「2016年参議院選挙特番」に出演し、参院選についてこう強調した。


【岩手選挙区】生活・小沢一郎氏の影響力は健在か!? 12年ぶりの新人対決は野党統一候補・木戸口英司氏優勢の予想! 〜IWJ特番・夏の参院選を徹底予想分析スペシャル! 2016.6.6

記事公開日:2016.7.2取材地: テキスト動画独自

 「今回の参議院選挙は、アベノミクスや消費税の是非を問うものでも、ましてや、候補者の人気投票でもない。争点は、戦争法廃止と、緊急事態条項による改憲をストップすること。これしかない。(視聴者の方々は)ご自身の選挙区の候補者を、よく考えてほしい」──。

 「9年前の郵政解散総選挙、私の予想は的中した」と語る、自称・選挙オタクの宮崎氏は、2016年6月6日、IWJの「2016年参議院選挙特番」に出演し、参院選についてこう強調した。


【青森選挙区】「自民51vs野党49」自民・山崎力氏vs野党統一候補・田名部匡代氏が大接戦!JA「自主投票」で勝負はわからず!〜IWJ特番・夏の参院選を徹底予想分析スペシャル! 2016.6.6

記事公開日:2016.7.1取材地: テキスト動画独自

 「今回の参議院選挙は、アベノミクスや消費税の是非を問うものでも、ましてや、候補者の人気投票でもない。争点は、戦争法廃止と、緊急事態条項による改憲をストップすること。これしかない。(視聴者の方々は)ご自身の選挙区の候補者を、よく考えてほしい」──。


【北海道選挙区】定数3の北海道選挙区で「改憲勢力3分の2」阻止なるか!?鉢呂吉雄元経産相に苦戦予想!?組織票が固い自民有利の土地で、結果を左右するのは農協票の行方か 2016.6.6

記事公開日:2016.6.30取材地: テキスト動画独自

 「今回の参議院選挙は、アベノミクスや消費税の是非を問うものでも、ましてや、候補者の人気投票でもない。争点は、戦争法廃止と、緊急事態条項による改憲をストップすること。これしかない。(視聴者の方々は)ご自身の選挙区の候補者を、よく考えてほしい」──。ゲストに招いた元日経新聞政治部記者の宮崎信行(みやざき のぶゆき)氏は、こう繰り返した。


【第254-260号】岩上安身のIWJ特報!災害対応に「緊急事態条項」は不要! ~安倍政権の卑劣な「惨事便乗型全体主義」を警戒せよ! 永井幸寿弁護士インタビュー 2016.5.22

記事公開日:2016.6.27 テキスト独自

 4月14日夜と16日未明に発生した熊本・大分大地震は、2週間以上が経過した今もなお、観測史上、例がないほど頻回の余震が続いている。震度1以上の地震は30日午後5時までに1087回にも上った。4月29日には、大分県中部を震源とする震度5強の地震も発生した。4月30日現在で、一連の地震による死者は49人にのぼり、今もなお3万7000人の人々が避難所での生活を余儀なくされている。

 この震災を受けて、政府が示した姿勢は、「愚劣」、もっとストレートに表現するなら、「卑劣」と言ってよいものであった。菅義偉官房長官は、最初の地震が発生した翌日である4月15日の会見の中で、安倍政権が改憲による創設を目指している「緊急事態条項」について、「極めて重く大切な課題だ」と述べたのである。


「元東京地検特捜部副部長佐々木善三弁護士(マムシの善三)の東電「第三者委員会」で依頼者寄りの『(炉心溶融)推認』について聞く」岩上安身による郷原信郎弁護士インタビュー 2016.6.25

記事公開日:2016.6.25取材地: 動画独自

 2016年6月25日(土)、東京都港区の郷原総合コンプライアンス法律事務所にて、岩上安身による元検察官で弁護士の郷原信郎氏へのインタビューが行われた。


【特番・第4弾】運命の分かれ道・2016年夏の参院選を徹底予想分析スペシャル!~改憲勢力の3分の2議席獲得の野望を阻止できるか!?危うしニッポン! ゲスト:元日経新聞政治部記者・宮崎信行氏、司会:岩上安身、プレゼンター:IWJ記者 2016.6.21

記事公開日:2016.6.22取材地: テキスト動画独自

特集 2016年 参議院議員選挙 特集ページ | IWJ選挙報道プロジェクト

※7月7日テキストを追加しました!

 「改憲勢力を、絶対に勝たせないこと。もし、彼らが3分の2議席を取ったら、その後の日本では『アリバイ選挙』はあるだろうが、本当の選挙はなくなる。取り返しがつかないことになる」──。

 「ヘビー級国会ウォッチャー」の宮崎信行氏(元日経新聞政治部記者)は、今回の参院選を分析する中で、改憲発議が可能になる3分の2議席の重要性を説き、安倍政権が狙う改憲、特に、緊急事態条項の恐ろしさを訴えた。


【特番・第3弾】運命の分かれ道・2016年夏の参院選を徹底予想分析スペシャル!「今は、戦後最大の分岐点! 緊急事態条項の怖さを多くの人に伝えてほしい」 2016.6.20

記事公開日:2016.6.21取材地: テキスト動画独自

特集 2016年 参議院議員選挙 特集ページ | IWJ選挙報道プロジェクト

※7月6日テキストを追加しました!

 「私たちは、今、戦後最大の分岐点にいる。本当に危機的状況。ひとりひとりができることを、悔いのないようにやっていくしかない」──。

 2016年6月20日、IWJの「2016年参議院選挙特番」の第3回目が行われた。元日経新聞政治部記者の宮崎信行(みやざき のぶゆき)氏をゲストに迎え、司会を岩上安身、プレゼンターをIWJ記者の原佑介、城石エマ、平山茂樹が務めた。参院選の分析をする中で、宮崎信行氏は今回の選挙を「戦後最大の分岐点」と位置づけ、国民ひとりひとりの奮起を呼びかけた。


ラスト IWJ☆NIGHT~運命の分かれ道・2016年夏 参院選スペシャル~隠された真の争点・改憲による緊急事態条項導入を阻止せよ! 2016.6.18

記事公開日:2016.6.18取材地: 動画独自

特集 2016年 参議院議員選挙 特集ページ | IWJ選挙報道プロジェクト

※日本の政治の真の争点は改憲による緊急事態条項の導入!改憲派による参院議席3分の2を許すな!

 2016年6月18日(土)、東京都渋谷区の代官山uniceにて、第51回69(ロック)の会 ラスト IWJ☆NIGHT~運命の分かれ道・2016年夏 参院選スペシャル〜隠された真の争点・改憲による緊急事態条項導入を阻止せよ!が行なわれた。

 ゲストには、鳥越俊太郎氏(ジャーナリスト)、永井幸寿氏(弁護士)、小林節氏(国民怒りの声代表、参院選比例区予定候補)、福島みずほ氏(社会民主党副党首、参院選比例区予定候補)、真山勇一氏(民進党 神奈川選挙区立候補予定者)、 山添拓氏(日本共産党、参院選東京選挙区予定候補)らが駆けつけた。


【IWJ検証レポート】改憲への熱情の底にひそむ「国体復活論」~安倍政権を思想的に支える日本会議、神道政治連盟、そして伊勢神宮の「真姿」とは――宗教学の第一人者・島薗進氏(上智大学教授)に訊く 2016.6.18

記事公開日:2016.6.18取材地: テキスト動画独自

特集 明治を疑う!朝鮮半島と日本
※6月18日テキストをUPしました!

 改憲と「緊急事態条項」の創設が最大の争点となる参議院議員選挙の投開票日まで、いよいよ1ヶ月を切った――。

 安倍総理は全国各地の遊説で、改憲という真の争点を隠し、「アベノミクスの継続」をアピールしている。しかし、今回の参院選で、自民、公明、おおさか維新の「改憲勢力」が78議席を獲得すれば、衆参ともに「改憲勢力」が全体で3分の2議席を占めることになり、憲法改正の発議が可能となる。現行の日本国憲法は、ギリギリのところまで追い詰められている、と言える。

 改憲は、安倍総理の宿願であると言われる。しかし、安倍総理をここまで改憲へと突き動かす熱情の源泉とは何か。その思想的バックボーンとは、一体何なのか。


【フルテキスト掲載!】1157万3千円の「出所不明金」が発覚!自民党・末松信介参議院議員(兵庫選挙区)の疑惑に迫る!~岩上安身による神戸学院大学・上脇博之教授インタビュー 2016.3.26

記事公開日:2016.6.18取材地: テキスト動画独自

 安倍総理は2016年3月2日参院予算委員会で、「在任中」の憲法改正を目指す考えを表明した。これはすなわち、7月の次期参院選において「改憲」が争点となることを意味している。しかし総理は、国会の場で「改憲」についてまともに議論せず、選挙が近づくにつれて「改憲」を語ることが少なくなった。


参院選野党統一候補(岡山選挙区)・黒石健太郎氏に岩上安身がインタビュー~最大の争点「緊急事態条項」への見解を聞く! 2016.6.16

記事公開日:2016.6.16取材地: 動画独自

 2016年6月16日、14時から岡山県岡山市の黒石健太郎事務所にて、参院選岡山選挙区 野党統一候補の黒石健太郎氏に、岩上安身がインタビューを行った。


岩上安身による参院選・野党統一候補(香川選挙区)田辺健一氏インタビュー。32ある1人区唯一の共産党候補。日米安保条約廃棄、自衛隊解消という共産党政策は持ち込まないとして確認書に調印! 2016.6.15

記事公開日:2016.6.16取材地: 動画独自

 2016年6月15日(水)、香川県高松市の日本共産党香川県委員会にて、岩上安身による、参院選・野党統一候補(香川選挙区)田辺健一氏のインタビューを行なった。田辺氏は、32ある1人区で、唯一の共産党候補予定者だ。


【速報!】宇都宮健児氏「都知事選は一本化が必要」と明言!出馬は“前向きに検討中”だが応援に回る可能性も〜「野党共闘の流れで都知事選も闘える態勢ができたらいい」とIWJのインタビューに回答! 2016.6.15

記事公開日:2016.6.16取材地: テキスト動画独自

 「平和憲法を守って、首都東京からアジアに向けて平和のメッセージを発信する。安倍政権の憲法改悪、安保法制に反対するということは、首都東京でもはっきりとその旗を掲げるべきです」――。

 前回、都知事選で舛添氏と競りあい、次点で涙をのんだ宇都宮健児・日弁連元会長の言葉である。


岩上安身による参院選・野党統一予定候補(徳島・高知選挙区)大西聡氏インタビュー~主要政策の他、伊方原発の危険性や、「中央構造線」、南海トラフ地震の可能性なども 2016.6.14

記事公開日:2016.6.15取材地: 動画独自

 2016年6月14日(火)徳島県徳島市の大西聡事務所にて、岩上安身による 参院選野党統一予定候補(徳島・高知選挙区)大西聡氏のインタビューが行われた。


〈熊本取材〜震災から1カ月半(3)〉「“半壊”では仮設に入れないと言われ愕然とした。日に連れ悩みは大きくなるばかり」益城町の“今”と民間団体「くまもと友救の会」 2016.6.3

記事公開日:2016.6.14取材地: 動画独自

 2016年6月3日、震災から1ヶ月半が経過した熊本県の益城町にて、被災地の現状と民間団体「くまもと友救の会」の支援活動の様子を取材した。


〈熊本取材〜震災から1カ月半(1)〉「飲み水も農業用水も寸断されたまま…苗は枯れ、今年は田植えができなかった」南阿蘇の“今”と民間団体「南阿蘇よみがえり」 2016.6.1

記事公開日:2016.6.13取材地: 動画独自

 2016年6月1日(水)、IWJ高橋敬明記者が、熊本県南阿蘇村を訪れ、4月16日の震災からの復興の様子をレポートした。


〈熊本取材~震災から1カ月半(2)〉「避難所は閉鎖か縮小され、公園でのテント暮らし。疲れ?取れません…」熊本市内の“今”と民間団体「よか隊ネット」 2016.6.3

記事公開日:2016.6.13取材地: 動画独自

 2016年6月2日〜3日、熊本大分大地震から1ヶ月半が経過した熊本市内の様子と民間団体「よか隊ネット」の活動の様子を取材した。


岩上安身による 参院選野党統一予定候補(沖縄選挙区)伊波洋一・元宜野湾市長インタビュー~自身の掲げる主要政策、米国の戦略「オフショア・コントロール」など 2016.6.12

記事公開日:2016.6.12取材地: 動画独自

 2016年6月12日(日)、沖縄県宜野湾市の伊波洋一事務所にて、岩上安身による 参院選野党統一予定候補(沖縄選挙区)伊波洋一・元宜野湾市長のインタビューが行われた。


【特番・第2弾】運命の分かれ道・2016年夏の参院選を徹底予想分析スペシャル!中部・関西編!「改憲勢力に3分の2を絶対取らせない! 野党共闘で85議席以上を取る!」 2016.6.10

記事公開日:2016.6.11取材地: テキスト動画独自

特集 2016年 参議院議員選挙 特集ページ | IWJ選挙報道プロジェクト

※7月2日テキストを追加しました!

 「3分の2を絶対取らせない」──。

 これは、改憲勢力以外、すべての人のスローガンでなくてはならないと岩上安身は強調し、「野党共闘が85議席以上取れば、改憲発議を阻止できる。もし、与党側に3分の2を取られてしまうと、日本は大変な苦しみを味わうことになる。改憲勢力に議席を与えてはいけない」と訴えた。