自民党内にくすぶる「消費増税再々延期」論、「消費税廃止」を訴える山本太郎議員! 減税合戦の先に、国債と日本円の信用はどうなる!? 改憲による「緊急事態条項」創設に固執する安倍政権は、財政破綻とハイパーインフレを予期している!? 2019.5.20

記事公開日:2019.5.20 テキスト

 米中貿易摩擦の激化が伝えられると、その先行きへの不安に市場が敏感に反応した。日経平均株価は大型連休明けに続落した。そんな中で、安倍政権の消費税増税に関する判断に注目が集まっている。


フランソワ・アスリノ来日記念「EU・ユーロ体制のフランスとデフレ化政策20年の日本」―主権と民主主義、没落は宿命なのか 2018.10.10

記事公開日:2019.5.12取材地: 動画

 2018年10月10日(水)18時30分より東京都新宿区の早稲田大学 早稲田キャンパスにて、「フランソワ・アスリノ来日記念『EU・ユーロ体制のフランスとデフレ化政策20年の日本』―主権と民主主義、没落は宿命なのか」が開催された。


改憲で緊急事態条項が通れば「国民に『お前らの財産没収します!』なんてこともできます!」と明石順平弁護士が危惧! 岩上安身が『データが語る日本財政の未来』著者 明石順平弁護士にインタビュー第3弾! 2019.4.26

記事公開日:2019.4.26取材地: 動画独自

◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!|特集 野党合同ヒアリング―勤労統計不正「賃金偽装」

※公共性に鑑み、ただいま全編特別公開中です。ぜひ、IWJ存続のため会員登録でのご支援をよろしくお願いいたします。会員登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 2019年4月26日(金)15時より東京都港区のIWJ事務所にて、『データが語る日本財政の未来』著者の明石順平弁護士に岩上安身がインタビューを行った。財政問題に詳しい弁護士である明石氏は、国会で緊急事態条項創設が目前に迫っている状況と経済を紐づけ、日本の未来の危険性について語った。


【第414-419号】岩上安身のIWJ特報!スクープ!日銀が発表した英語論文の謎 アベノミクス・黒田バズーカによる副作用の責任を逃れようと裏で金融緩和の出口を模索!? 岩上安身によるエコノミスト田代秀敏氏インタビュー(中編) 2019.3.31

記事公開日:2019.3.31 テキスト独自

※サポート会員に登録すると無制限で、岩上安身インタビューおよび特報など、すべて閲覧できるようになります。ぜひサポート会員登録をご検討ください!→登録はこちらから

 前回の「岩上安身のIWJ特報!」、「岩上安身によるエコノミスト田代秀敏氏インタビュー(前編)」で語られた「日本銀行総裁人事の重要性」。アベノミクスの発動に伴い黒田東彦(はるひこ)氏が日銀総裁に就任したが、財務省あるいは大蔵省出身者が日銀総裁に連続就任するのは実に130年ぶりである。


問題は「アベノミクス偽装」の他にも山積!1時間49分の演説では収まらない!「ぜひとも伝えたい」幻のスピーチ!岩上安身による会派「立憲民主党・無所属フォーラム」小川淳也衆議院議員インタビュー(第2弾) 2019.3.14

記事公開日:2019.3.16取材地: 動画独自

特集 野党合同ヒアリング―勤労統計不正「賃金偽装」
※サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後1ヶ月間全編映像をご覧いただけます。ぜひ会員登録してご覧ください → ご登録はこちらから

 2019年3月14日(木)17時半より東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身による会派「立憲民主党・無所属フォーラム」の小川淳也衆議院議員へのインタビュー第2弾が行われた。勤労統計不正問題、根本匠厚生労働相の不信任決議案の趣旨弁明演説に対するNHKの報道対応他、憲法改正で緊急事態条項を創設された場合の日本の今後などにも触れ、話を訊いた。


F35墜落事故は予見されていた!? 一般会計総額が過去最大の101兆4571億円に!予算の使途は966ヶ所も欠陥のあるポンコツ戦闘機F35の爆買い!モノシリンも知らなかった驚愕の「売国奴」っぷり!~3.13岩上安身による弁護士明石順平氏インタビュー(第2弾) 2019.3.13

記事公開日:2019.3.13取材地: 動画独自

特集 野党合同ヒアリング―勤労統計不正「賃金偽装」
※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます。一般会員の方は、記事公開後1ヶ月間以内に限りご覧いただけます。
→ご登録はこちらです

 2019年3月13日(水)13時半より東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身による 弁護士で『データが語る日本財政の未来』著者 明石順平氏へのインタビュー第2弾が行われた。


薔薇マークキャンペーン キックオフ集会 in 大阪 ―基調報告 松尾匡氏(薔薇マークキャンペーン代表) 2019.3.9

記事公開日:2019.3.9取材地: 動画

 2019年3月9日(土)14時半より、反緊縮経済政策を掲げる立候補予定者を支援する「薔薇マークキャンペーン」の大阪でのキックオフ集会が市内貸し会議室で開かれた。キャンペーン代表の松尾匡・立命館大学教授のほか、キャンペーン呼びかけの研究者、認定予定候補者らが登壇した。


米国もイスラエルも中国にすり寄っている!? 米国はファーウェイを排除する気など毛頭ない!? 5Gの実現によって激変するデジタル覇権の行方!~ 3.5 岩上安身による中国通エコノミスト・田代秀敏氏インタビュー 2019.3.5

記事公開日:2019.3.8取材地: 動画独自

※サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後1ヶ月間全編映像をご覧いただけます。ぜひ会員登録してご覧ください。
→ご登録はこちらから

 2019年3月5日(火)15時30分より東京都港区のIWJ事務所にて、中国通エコノミストの田代秀敏氏に岩上安身がインタビューを行った。ファーウェイ問題やスマホ・EV・半導体市場における中国の実力他、米中関係の現実について話を訊いた。


統計不正問題の本質は「アベノミクス偽装」!「まともな政治をあきらめることが最大の敵だ!」~3.7岩上安身による会派「立憲民主党・無所属フォーラム」小川淳也衆議院議員インタビュー 2019.3.7

記事公開日:2019.3.7取材地: 動画独自

特集 野党合同ヒアリング―勤労統計不正「賃金偽装」
※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます。一般会員の方は、記事公開後1ヶ月間以内に限りご覧いただけます。
→ご登録はこちらです

 2019年3月7日(木)11時30分より東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身による会派「立憲民主党・無所属フォーラム」小川淳也衆議院議員へのインタビューを行った。


アベノミクスによる戦後最大の消費低迷!人口減少と債務累積を無視した楽観論は「アベ政治」を助長!〜3.1岩上安身による弁護士・『データが語る日本財政の未来』著者 明石順平氏インタビュー(その1) 2019.3.1

記事公開日:2019.3.2取材地: 動画独自

特集 野党合同ヒアリング―勤労統計不正「賃金偽装」
※サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後1ヶ月間全編映像をご覧いただけます。ぜひ会員登録してご覧ください。→ご登録はこちらから

 2019年3月1日(金)13時半より東京都港区のIWJ事務所にて、弁護士の明石順平氏に岩上安身がインタビューし、野党合同ヒアリングで明らかになった統計不正問題と日本財政の危うさ、明石氏の新著『データが語る日本財政の未来』(集英社インターナショナル、2019年2月7日発売)について話を訊いた。


【第409-413号】岩上安身のIWJ特報!スクープ!日銀が発表した英語論文の謎 アベノミクス・黒田バズーカによる副作用の責任を逃れようと裏で金融緩和の出口を模索!? 岩上安身によるエコノミスト 田代秀敏氏インタビュー(前編) 2019.2.27

記事公開日:2019.2.27 テキスト独自

※サポート会員に登録すると無制限で、岩上安身インタビューおよび特報など、すべて閲覧できるようになります。ぜひサポート会員登録をご検討ください!→登録はこちらから

 2018年3月16日、日銀の黒田東彦(はるひこ)総裁の再任が国会で承認され、4月9日より2期目がスタートした。日銀総裁が再選されるのは、57年ぶりのことである。アベノミクス第一の矢であるクロダノミクスとも言うべき異次元金融緩和を主導した黒田氏の再選は、異次元金融緩和への期待がすっかり色あせてしまったにもかかわらず、前例まで無視して、安倍政権はこれまでのクロダノミクス路線を踏襲する強い政治的意思を示したものと受けとめられる。


日本のサバイバルのために、カジノよりも自動運転の開発のための実験区をつくれ!自動車産業の遺産をデジタル時代の成長産業に継承せよ!! ~2.13 岩上安身による中国通エコノミスト田代秀敏氏インタビュー3/3 2019.2.13

記事公開日:2019.2.15取材地: 動画独自

※サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後1ヶ月間全編映像をご覧いただけます。ぜひ会員登録してご覧ください。→ご登録はこちらから

 2019年2月13日(水)、東京都港区のIWJ事務所にてエコノミストの田代秀敏氏に岩上安身がインタビューを行った。自動車業界における自動運転技術について話をうかがった。


中米貿易戦争はプロレスか!? デジタル覇権を争うスマホ業界の抜き差しならない米中相互依存!トランプ米大統領のオーバーアクションに適応する中国の交渉力と技術力!! ~2.13 岩上安身による中国通エコノミスト田代秀敏氏インタビュー2/3 2019.2.13

記事公開日:2019.2.15取材地: 動画独自

※サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後1ヶ月間全編映像をご覧いただけます。ぜひ会員登録してご覧ください。→ご登録はこちらから

 2019年2月13日(水)、東京都港区のIWJ事務所にて岩上安身によるエコノミスト 田代秀敏氏へのインタビューが行われ、デジタル覇権をめぐる米中の貿易摩擦について詳しく話をうかがった。


統計不正でアベノミクスの失敗を偽装!? 国債危機はもうごまかしがきかない局面に!他方、中・韓・台のインバウンド需要の取り込みに必死の安倍総理は中国向けに春節祝いを発信!~2.13 岩上安身による中国通エコノミスト田代秀敏氏インタビュー1/3 2019.2.13

記事公開日:2019.2.15取材地: 動画独自

※サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後1ヶ月間全編映像をご覧いただけます。ぜひ会員登録してご覧ください。→ご登録はこちらから

 2019年2月13日(水)14時30分より東京都港区のIWJ事務所にて、エコノミストの田代秀敏氏に岩上安身がインタビューを行った。統計不正によるアベノミクス偽装と東アジアのインバウンド需要について話を訊いた。


4月の統一地方選、7月の参議院選挙に新たなトレンド!「反緊縮・積極財政」今こそ日本も反緊縮財政を!!~2.1薔薇マーク(反緊縮左派)キャンペーン キックオフ記者会見 2019.2.1

記事公開日:2019.2.3取材地: 動画

 2019年2月1日(金)13時半より東京都千代田区の衆議院第一議員会館で行われた薔薇マーク(反緊縮左派)キャンペーンキックオフ記者会見に立命館大学経済学部教授の松尾匡氏、駒澤大学経済学部准教授の井上智洋氏が出席し、4月の統一地方選、7月の参議院選挙に向けてコメントを発表した。


大阪大学外国語学部・みのお市民活動センター マンスリー多文化サロン「中国から注がれる熱いまなざし ―インバウンドツーリズムの可能性について― 講師:深尾葉子氏(大阪大学言語文化研究科准教授) 2018.12.20

記事公開日:2019.1.13取材地: 動画

 2018年12月20日(木)19時より、大阪府箕面市にて、大阪大学外国語学部・みのお市民活動センター マンスリー多文化サロン「中国から注がれる熱いまなざし ―インバウンドツーリズムの可能性について」が開催され、 大阪大学言語文化研究科准教授 深尾葉子氏が講演をした。


「アップルショック」で暴落した米国株価が中国人民銀行の預金準備率引き下げ発表で急騰!! 米中貿易交渉直前に「米国株価は中国が決める」ことを示した!? エコノミスト田代秀敏氏にIWJが直撃取材! 2019.1.5

記事公開日:2019.1.5 テキスト

 2019年年明け早々、米株式市場を「アップルショック」が襲った。

 東京株式市場がまだ正月休みであった2019年1月2日、米アップルは、中国などでアイフォーンの売り上げが急減速していることから、年末商戦を含む2018年10月から12月(第1四半期)の売上高が予想を下回りそうだという、業績見通しの下方修正を発表した。


【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画第7弾!】はくだけでスタイルアップする「魔法」が狂気に満ちた日本社会の暴走を止める!! 女性装のIWJ小野坂元記者が安冨歩・東大教授とブローレンヂ代表の松村智世さんにインタビュー!! 2018.12.18

記事公開日:2018.12.24取材地: テキスト動画独自

※サポート会員に登録すれば無制限で、岩上安身インタビューなどすべて閲覧できるようになります。ぜひサポート会員登録をご検討ください!→ここから

 女性装のIWJテキスト班の小野坂 元(はじめ)記者が東京大学東洋文化研究所の安冨歩教授にインタビューするという趣旨で準備していたところ、18日の収録直前にブローレンヂ(blurorange)代表の松村智世さんを交えて行うこととなった。松村さんは男性の体系でも可愛く着ることができる、目の錯覚を利用したワンピースなどを開発されてきた方である。その成果は6月3日に東京大学の安田講堂で開催された「ファッションポジウム」で披露されている。


〜リスペクトの政治をつくろう!〜 どう考える?市民のための経済政策(大阪市) ― 『アベノミクスによろしく』著者・明石順平氏 講演 ほか 2018.12.22

記事公開日:2018.12.22取材地: 動画

 2018年12月22日(土)14時より、大阪市中央区にあるドーンセンターでリスペクトの政治をつくる大阪弁護士有志の会主催による学習会「〜リスペクトの政治をつくろう!〜どう考える?市民のための経済政策」が開かれ、アベノミクスの失敗をデータで検証した『アベノミクスによろしく』(集英社インターナショナル、2017年)の著者、明石順平氏(弁護士)が講演を行った。


(再掲)日産ゴーン会長逮捕でルノー株急落! この値動きの意味するものは!? 日仏関係にどんな影響が出るのか? 日産の中国市場進出・EV開発はどうなる!? 2018.11.22

記事公開日:2018.11.22 テキスト

 日産自動車のカルロス・ゴーン会長と同社代表取締役のグレッグ・ケリー氏が11月19日、東京地検特捜部に逮捕された。容疑は金融商品取引法違反とのこと。ゴーン氏とケリー氏は共謀し、ゴーン氏の2010年から2014年度の役員報酬を、実際には合計約99億9800万円だったにもかかわらず、約49億8700万円と約50億円過少に有価証券報告書に記載し、関東財務局に提出していたことが発覚した。