TPPでどう変わる?!私たちの暮らし ~これから想定されること。私たちのできること~ 2013.5.22

記事公開日:2013.5.22取材地: テキスト動画

 2013年5月22日(水)15時半から、山口県熊毛郡平生町のこびとのおうちえんで「TPPでどう変わる?!私たちの暮らし ~これから想定されること。私たちのできること~」が、進行・冨田貴志氏、講演・安部芳裕氏(プロジェクト99%代表)で行われた。安部氏は、TPPの内容を具体的な資料を挙げながら解説し、7月の参議院選挙で自民党を落とすことが、原発とTPPを止める鍵だと強調した。


【IWJブログ】映画『世界が食べられなくなる日』の監督に遺伝子組み換え作物の危険性を聞く ~ジャン=ポール・ジョー監督、独占インタビュー! 2013.5.9

記事公開日:2013.5.9 テキスト動画

特集 TPP問題

「20世紀に世界を激変させたテクノロジーが2つあります。それは、核エネルギーと遺伝子組み換え技術。そして、これらは密接に関係しているのです」

 これは、6月8日から日本公開が始まるドキュメンタリー映画『世界が食べられなくなる日』の冒頭の台詞だ。IWJ代表の岩上安身が、この映画を撮ったジャン=ポール・ジョー(Jean-Paul Jaud)監督にインタビューを行った。


映画『世界が食べられなくなる日』~岩上安身による独占インタビュー! 第292回 ゲスト ジャン=ポール・ジョー監督! 「われわれは今、第三次世界大戦下にいる」 2013.3.28

記事公開日:2013.3.28取材地: テキスト動画独自

※全文字起こしを掲載しました(6月11日)

 昨年の9月19日、フランスのルモンド紙に載った写真が、世界中に衝撃を与えた。カーン大学のセラリーニ教授が行った実験により、モンサント社のGM(遺伝子組み換え)作物を与えられ、体中腫瘍だらけになったラットの写真だ。2年に及ぶ、その極秘実験に密着して撮影を行い、ドキュメンタリー映画『世界が食べられなくなる日』(6月8日から、アップリンクで公開予定)を完成させたのが、ジャン=ポール・ジョー監督である。映画の撮影中に、福島第一原発事故が起こったことから、遺伝子組み換えと原発を重ね合わせて、最新テクノロジーの暴走に迫り、生命のあり方を問う作品となっている。2013年3月28日(木)18時50分から、東京都渋谷区のアップリンクにて、来日中のジョー監督に、岩上安身がインタビューを行った。


「深刻化する中国の土壌汚染に警鐘 ~TPP参加で汚染農産物が日本の食卓を席巻か」~岩上安身によるインタビュー 第290回 ゲスト 環境学会前会長・畑明郎氏 2013.3.21

記事公開日:2013.3.22取材地: テキスト動画独自

特集 TPP問題

 もし、日本がTPPに加入してしまった場合、国内農業が壊滅するのは確実とみられているが、それはすなわち、日本が全面的に海外産の農作物に頼らなければならなくなることを意味する。

 米国から日本へ向けて、洪水のように輸出されるであろう遺伝子組み換え農作物による人体や生態系への影響が懸念されるほか、他の国々からもさらに汚染の深刻な作物が、日本に大量に輸入されるリスクを警戒しなくてはならない。

 深刻なのは、中国の土壌汚染である。かねてよりこの問題に警鐘を鳴らしてきた日本環境学会の前会長の畑明郎氏は、「取り返しのつかない規模で深刻な環境汚染が進行している」と私に語った。


緊急対談 山本太郎×鈴木宣弘 「衆院選投票前に聞かないと後悔する知りたかったTPPの話」 2012.11.28

記事公開日:2012.11.28取材地: テキスト動画

特集 TPP問題

 2012年11月28日(水)15時、東京都大田区の大田区消費者生活センターで、「モンサントの不自然な食べもの」上映実行委員会主催による、「緊急対談 山本太郎×鈴木宣弘 『衆院選投票前に聞かないと後悔する知りたかったTPPの話』」が行われた。TPPの論客である東京大学の鈴木宣弘教授に、俳優の山本太郎氏が話を聞く形で進められた。鈴木教授は、TPPで懸念される多岐にわたる深刻な影響を紹介した。また、TPPを巡る交渉において、「内閣官房、外務省、経済産業省の関係省庁の担当者が、国民に情報を知らせずに水面下で協議している」と語った。
※会員用記事に全文文字起こしを掲載しました(2014年7月11日)


映画を観て遺伝子組み換えとTPPを考える院内学習会 2012.11.27

記事公開日:2012.11.27取材地: 動画

 2012年11月27日(火)、東京都千代田区の参議院議員会館で、「映画を観て遺伝子組み換えとTPPを考える院内学習会」が行われた。次期衆院選の争点の一つである、TPP(環太平洋パートナーシップ)について、市民バイオテクノロジー情報室代表・天笠啓祐が登壇し、遺伝子組み換え食品が人体に与え得る危険性と、TPPが食の分野で日本にもたらす問題点を挙げた。


【第 54号】岩上安身のIWJ特報!日本ではすでに市場に出回っている!?「モンサントの”毒性”遺伝子組み換え食品」の続報 2012.10.27

記事公開日:2012.10.27 テキスト独自

 第54号「日本ではすでに市場に出回っている!? 『モンサントの”毒性”遺伝子組み換え食品』の続報」

 先日、本メルマガ第49〜51号で、モンサントの遺伝子組み換えトウモロコシ「NK603系統」に毒性の疑いがあるという、仏カーン大学の実験結果をお伝えした。腫瘍でお腹が腫れあがっているラットの写真は、衝撃的なものだった。


【第49-51号 】岩上安身のIWJ特報― TPPで流入するモンサントの“毒性”遺伝子組み換え食品 2012.9.30

記事公開日:2012.9.30 テキスト独自

 遺伝子組み換え作物を栽培している、アメリカの大手食品メーカー、モンサント。そのモンサント社製の遺伝子組み換え食品から、発がん性物質が検出されたとのスクープが、フランスから舞い込んだ。日本の大手メディアではほとんど報じられていない。


モンサントにNO! STOP TPP!アクション~日本モンサント株式会社前/首相官邸前 2012.9.18

記事公開日:2012.9.18取材地: 動画

 2012年9月18日、東京都中央区の日本モンサント株式会社前と、首相官邸前において、「モンサントにNO! STOP TPP!アクション」が行われた。


8.23 IMAGINE after TPP vol.2 2012.8.23

記事公開日:2012.8.23取材地: テキスト動画

 2012年8月23日(木)、アップリンクで、「IMAGINE after TPP vol.2」が行われた。


「TPPを通して『日本』を語る」シンポジウム 2012.8.23

記事公開日:2012.8.23取材地: テキスト動画

 2012年8月23日(木)、河合塾COSMO東京校で、「TPPを通して『日本』を語る」シンポジウムが行われた。


第38回 TPPを慎重に考える会 勉強会 2012.7.26

記事公開日:2012.7.26取材地: テキスト動画

 2012年7月26日(木)、衆議院第一議員会館で、「第38回 TPPを慎重に考える会 勉強会」が行われた。


「モンサントの不自然な食べ物」院内上映会後の議員ぶら下がり 2012.6.14

記事公開日:2012.6.15取材地: 動画

 2012年6月14日(木)、衆議院第一議員会館にて、超党派の議員によるTPPを慎重に考える会と、民主党の“食の安全”研究議員連盟の共催により、映画「モンサントの不自然な食べ物」が、渋谷アップリンクでの一般公開に先駆けて上映された。

 上映前に民主党の山田正彦衆議院議員、すとう伸彦衆議院議員が挨拶し、大河原まさこ参議院議員は上映後にIWJのインタビューに応じた。


『モンサントの不自然な食べもの』~岩上安身によるインタビュー 第215回 ゲスト マリー=モニク・ロバン監督 2012.6.2

記事公開日:2012.6.2取材地: テキスト動画独自

 2012年6月2日(土)、東京都板橋区の農民連食品分析センターで、『モンサントの不自然な食べもの』の監督、マリー=モニク・ロバン氏の岩上安身によるインタビューが行われた。


IMAGINE after TPP「モンサントの不自然な食べもの」アフタートーク 2012.6.1

記事公開日:2012.6.1取材地: 動画

 2012年6月1日(金)、アップリンクファクトリーで、「IMAGINE after TPP「モンサントの不自然な食べもの」アフタートーク」が行われた。


安田節子氏講演会「放射能と食べもの汚染」 2012.3.25

記事公開日:2012.3.26取材地: テキスト動画

 2012年3月25日(日)、埼玉県寄居町の財産区会館で行われた、安田節子氏講演会「放射能と食べもの汚染」の模様。


第1回『にゃんとま~ 』と行く「日本モンサント茨城実験農場こっそり見学」etc. ツアー 2011.10.27

記事公開日:2011.10.27取材地: 動画独自

 2011年10月27日(木)、にゃんとま~氏が、茨城県にある日本モンサント社の隔離圃場の見学したので、IWJが同行取材をした。