【特別寄稿】「福山和人候補が市長になれば京都市庁舎に赤旗が立つ」!? 京都市長選で現職・門川大作候補の総決起大会で支持団体会長の立石義雄・京都商工会会頭が「反共」新聞広告に続き、嘘八百の反共演説! 2020.2.1

記事公開日:2020.2.1 テキスト動画

 「門川大作陣営は法律違反をしてでも勝利すればいいと考える無法集団なのか」という疑問が浮かんできたのは、京都市長選の投開票が3日後に迫る1月30日。ホテルで開かれた門川氏の総決起大会で、支持団体「未来の京都をつくる会」会長の立石義雄・京都商工会会頭が「われわれ門川陣営は、国際都市京都の市庁舎に赤旗を立ててはならないと思っております」と切り出し、門川氏への支持を呼び掛けた。


京都市長選の門川陣営「反共広告」をパロった福山陣営広告が秀逸!! 立憲・福山幹事長「反共」姿勢は岩上安身司会シンポで如実!!「危機感募らす門川陣営」横田一氏寄稿と福山候補の岩上インタビュー!! 2020.2.1

記事公開日:2020.2.1 テキスト動画

 2020年2月2日投票の京都市長選挙をめぐり、1月26日の京都新聞等に掲載された門川大作候補の陣営による「反共広告」が世間から猛烈な批判を浴びていることは、日刊IWJガイド等でお伝えしているところである。ところが、同じ京都新聞の30日朝刊に、今度は福山和人候補の陣営が、門川陣営の広告にレイアウトなどがそっくりの全ページ広告を掲載して話題になっている。


【第449-455号】岩上安身のIWJ特報!電機産業は崩壊!? 凋落する日本のものづくり!岩上安身による『「空洞化」と「属国化」 ~日本経済グローバル化の顛末』著者 名古屋経済大学・坂本雅子名誉教授インタビュー前編(2/2) 2020.1.31

記事公開日:2020.1.31 テキスト独自

特集 TPP問題
※サポート会員に登録すれば岩上安身インタビューなどすべての記事を無制限でご覧いだたけます。ぜひ、IWJ存続のためにもサポート会員登録をご検討ください!ご登録はこちらから


強引すぎる東京地検特捜部! ゴーン容疑者の最初の逮捕容疑は受け取ってもいない報酬の過少申告!「ゴーン氏対日本の刑事司法の問題が本格的なステージに入った」! 岩上安身による第975回 ゲスト郷原信郎弁護士 1/5 2020.1.9

記事公開日:2020.1.30取材地: テキスト動画

特集 郷原信郎弁護士
※ぜひ、IWJ存続のため会員登録でご支援をお願いいたします。サポート会員のみインタビューすべてが視聴可能に!→ご登録はこちらから

 「これまで日本の狭い土俵に閉じ込められていた問題が、国際社会という舞台に大きく広がった。最終的には日本の刑事司法を問うものになるのではないか」

 保釈中に国外脱出したカルロス・ゴーン氏のベイルートでの記者会見を受けて、2020月1月9日、岩上安身は東京都港区の郷原総合コンプライアンス法律事務所にて、郷原信郎弁護士へ緊急インタビューを行った。


日本国内の報道は中国の新型コロナウイルス一辺倒だが、アメリカのインフルエンザは感染者1500万人!! 入院患者14万人!! 死者8200人以上!! 国内大手メディアが報じないと巨大なパンデミックも存在しないことに!? 2020.1.30

記事公開日:2020.1.30 テキスト

 新型コロナウイルスによる肺炎に関して、1月28日、日本人で初の感染が確認された。しかも武漢への渡航歴がない奈良県に住む60代の男性である。男性はバスの運転手で、1月8日から11日と、12日から16日の2回、武漢からのツアー客をバスに乗せていたとのことである。


【特別寄稿】「共産党の票にれいわの票を足すと門川(大作現市長)さんは完全に逆転される」! 京都市長選で危機感を募らす門川陣営! 守りたいのは国策大型公共工事利権!? 2020.1.30

記事公開日:2020.1.30 テキスト

 与野党激突と一部相乗りが混在する「京都市長選」(1月19日告示・2月2日投開票)で、リニア新幹線と北陸新幹線問題が一大争点として急浮上した。元文科大臣の下村博文選対委員長は告示日の1月19日、現職の門川大作候補(公明・自民府連・立民府連・国民府連・社民府連推薦)の出陣式で応援演説。「共産党推薦の福山和人候補が当選するようなことがもしあれば、リニアや北陸新幹線京都駅ができるかどうかも分からなくなる」と訴え、門川氏への支持を呼びかけたのだ。


IWJ記者の質問に森雅子法相は「警察における捜査は、法と証拠にもとづき適正になされていると思っている」!? 森法相の現実認識能力を問う!~1.17森雅子 法務大臣 定例記者会見 2020.1.17

記事公開日:2020.1.27取材地: テキスト動画

 保釈中の日産自動車元会長カルロス・ゴーン氏が昨年末レバノンに逃亡し、1月8日に首都ベイルートで記者会見を開いて、長期間の身柄拘束や夫人との接触禁止を世界の前で批判した。


【特別寄稿】驚愕の分析!! 改憲への執着ポーズは安倍総理最大のハッタリ!? 安倍晋三の「正体」は「右翼」をも裏切る売国奴!? 2020.1.26

記事公開日:2020.1.26 テキスト

 第201回通常国会が召集された。安倍総理は1月20日、衆参両院本会議で施政方針演説を行い、「桜を見る会」、IR汚職、昨年10月に公職選挙法違反の疑いで大臣を辞任した河井克行前法相、菅原一秀前経産相の任命責任など、数々の疑惑に一切言及せず、「オリンピック」「夢」「新しい時代を切り開く」などと国威発揚を煽った上で、憲法改正について「その案を示すのは国会議員の責任ではないか」と、改憲に固執する姿勢を見せた。


新型コロナウィルス急拡大!!「SARSの10倍以上」!?「武漢はすでに制御不能」!? 日本の「水際作戦」の有効性は!? 昨年の10~12月、マイナス成長となった日本経済からインバウンド需要1兆8844億円が消失したらどうなる!? 2020.1.26

記事公開日:2020.1.26 テキスト

 中国では旧正月の春節を迎えた25日、湖北省武漢市を中心に、全土に感染が拡大する新型コロナウイルスによる肺炎で、死者が新たに15人増え、41人となったことがわかった。


日銀の黒田東彦総裁が、GDP成長率がマイナスになった可能性があると発言!! この重大なニュースを報じているのはIWJをのぞけば、共同通信、中日新聞、日刊ゲンダイのみで、大手マスコミは沈黙!! エコノミスト・田代秀敏氏がこの現状に警鐘を鳴らす!! 2020.1.25

記事公開日:2020.1.25 テキスト

 日銀の黒田東彦総裁は24日、日本の2019年10~12月期の実質国内総生産(GDP)成長率がマイナスになった可能性があるとの認識を示した。共同通信が速報として報じた。


「真っ赤なウソ」「フェイク発言」のツイートで過熱する京都市長選!! 現役市長・門川候補と弁護士・福山候補の批判合戦に京都市議・村山候補を交えた三つ巴の戦いは、誰が「ウソつきか」を見破る絶好の機会!! 2020.1.25

記事公開日:2020.1.25 テキスト

 1月19日告示、2月2日投票の京都市長選は、明日26日で折り返し点を迎える。

 3人の候補者、公明、自民府連、立憲民主府連、国民民主府連、社民府連が推薦する現職の門川大作氏と、共産、れいわ新選組が推薦する福山和人氏、そして地域政党「京都党」の元代表で京都市議の村山祥栄氏は、観光公害対策をはじめ京都が抱える様々な課題に関して、連日激しい舌戦を繰り広げている。


広島高裁が運転差し止め判決を下した伊方原発は危険な使用済みMOX燃料を原発内貯蔵プールに保管し続けるしかない!? 原発直下には中央構造線!南海トラフ地震の発生確率は30年以内に70%〜80%! 日本人は生き残れるのか!? 2020.1.25

記事公開日:2020.1.25 テキスト

 愛媛県の佐田岬にある四国電力伊方原子力発電所の3号機について、山口県在住の3人が運転差し止めの仮処分を求めていた裁判で、広島高等裁判所は1月17日、住民側の申し立てを却下した昨年3月の山口地方裁判所岩国支部の決定を取り消し、四国電力に運転の差し止めを命じる決定を出した。


安倍総理後援会のバスツアー17台が早く来ることを内閣府は知っていた! だから他者より早く8時前に開門!? 「それって優遇じゃないですか!」~1.23第29回 総理主催「桜を見る会」追及本部ヒアリング 2020.1.23

記事公開日:2020.1.23取材地: テキスト動画

 2020年1月23日、衆議院内で第29回総理主催「桜を見る会」追及本部ヒアリングが行われた。

 この日、参議院予算委員会理事懇談会において、平成25年から31年の「入苑者集計表」が、ほとんど黒塗りの状態で提出された。


【特別寄稿】春節を前に深刻なパンデミックも危惧される新型コロナ・ウィルス肺炎! 中国当局は武漢を「封鎖」! 試される中国現政権の統治能力! 2020.1.23

記事公開日:2020.1.23 テキスト

特集 #新型コロナウイルス
※記事全編は会員様限定でご覧いただけます。→会員登録はこちらから

 中国の湖北省武漢市を中心に感染が拡大している新型のコロナ・ウィルスによるとみられる肺炎について、中国保健当局は1月23日時点で、感染者571人、死者17人と発表した。


総がかり行動実行委共同代表・高田健氏「国会が開かれていない時期を狙ったかのような中東派兵の決定!こんな違憲脱法行為を絶対に認めるわけにはいかない!!」~1.20 自衛隊の中東派兵反対「桜を見る会」徹底追及! 2020.1.20

記事公開日:2020.1.20取材地: テキスト動画

 2020年1月20日(月)、第201通常国会召集の日、12:00より、東京都千代田区衆議院第2議員会館前で、安倍9条改憲NO!全国市民アクション、共謀罪NO!実行委員会の共催で「自衛隊の中東派兵反対『桜を見る会』徹底追及!権力私物化反対!安倍改憲発議阻止!共謀罪廃止!安倍内閣退陣! 1・20国会開会日行動』が開催された。


中国から持ち込まれた1500万円のうち逮捕された元自民党衆院議員・秋元司氏らへの贈賄額は300万円! 残りの1200万円はどこへいったのか!? 階猛衆院議員らが厳しく追及!!~第2回 カジノ問題追及本部ヒアリング 2020.1.16

記事公開日:2020.1.20取材地: テキスト動画

 2020年1月16日、午後4時より秋本司・元IR担当副大臣の逮捕やカジノに関する問題について、野党合同ヒアリング行われた。


京都市長選で門川陣営の街宣を報道しようとしたIWJを、公明党京都府本部代表・竹内譲衆議院議員が映像の削除を求めて妨害!! IWJは公明党に削除要請の理由に関する回答を改めて求める!! 2020.1.18

記事公開日:2020.1.18 テキスト

 1月19日に告示された京都市長選は、公明、自民府連、立憲民主府連、国民民主府連、社民府連の推薦で4選を目指す、現職の門川大作氏と、共産、れいわ新選組推薦の新人で弁護士の福山和人氏を中心に、地域政党出身の新人で市議の村山祥栄氏が割って入る、三つ巴の様相を呈している。

 IWJではこの各候補に関して、できるだけ公平な報道を行なえるように努めている。


「人質司法には当たらない!一部を切り取っての批判は適切ではない!」 改善する気配なしのワンパターン回答に終始…1.14 森雅子法務大臣 定例記者会見 2020.1.14

記事公開日:2020.1.14 テキスト動画

※1月27日テキストを追加しました。

 森雅子法務大臣は1月9日未明の臨時記者会見で、レバノンに逃亡して1月8日に会見を行ったカルロス・ゴーン氏に対し「司法の場で正々堂々と無罪を証明すべき」と発言。これが、「推定無罪」の原則と有罪の証明義務を負うのは検察であるという、近代民主国家の司法制度の基本中の基本を、全く無視しているとして、物議をかもした。


「日本の犯罪人引渡条約締結国が2か国しかないのは、長期勾留による『人質司法』が人権問題とされているからでは? 見直しは考えないか?」とのIWJの質問に回答回避!? ~1.10森雅子 法務大臣 定例記者会見 2020.1.10

記事公開日:2020.1.12取材地: テキスト動画

※1月27日テキストを追加しました。

会社法違反などで東京地検特捜部に起訴され、保釈中の昨年末にレバノンに逃亡したカルロス・ゴーン前日産自動車会長が、1月8日夜(日本時間)、レバノンの首都ベイルートで記者会見を開いた。会見終了直後の9日未明(日本時間)、森雅子法相が臨時の記者会見を開き「ゴーン被告は、嫌疑がかかっている経済犯罪について、潔白だというのであるなら、司法の場で正々堂々と無罪を証明すべきだが、国外に逃亡し、刑事裁判そのものから逃避した」と発言した。


「桜を見る会」で飲食物提供と会場設営を受注した業者が入札前に事前打ち合わせ? 山口県の市民団体代表からは、公職選挙法・政治資金規正法違反の疑いがますます強まる「証言」が飛び出す!~1.7 第20回 総理主催「桜を見る会」追及本部ヒアリング 2020.1.7

記事公開日:2020.1.7取材地: テキスト動画

 「桜を見る会」の問題については、安倍政権と内閣府はとにかく「幕引き」を図ろうと必死な様子だが、年が明けても次から次へと新しい情報が出てきており、収拾がつかない状態になっている。