政治資金問題から見える「維新の正体」その59(馬場伸幸幹事長の消えた選挙運動残金疑惑、直近3回衆院選で約942・6万円)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.17

記事公開日:2019.7.17 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年6月22日9:53 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

はじめに

(1)このブロブの連載「 政治資金問題から見える「維新の正体」」「その58」の投稿において、現在「日本維新の会」の幹事長である馬場伸幸衆議院議員の2017年衆議院総選挙における選挙運動資金の実質的残金305万円強(305万391円)がどこにも収支報告されていないという問題を指摘した(http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51922278.html)。


政治資金問題から見える「維新の正体」その58(馬場伸幸幹事長の2017年衆議院総選挙で消えた約305万円疑惑)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.16

記事公開日:2019.7.16 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年6月21日21:20 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)馬場伸幸氏は、堺市議会議員を経て、
2012年衆議院総選挙で初当選し、その後も2014年、2017年
の各衆議院総選挙でも当選している衆議院議員であり、
現在「日本維新の会」の幹事長である(http://baba-nobuyuki.com/profile.html)。


政治資金問題から見える「維新の正体」その57(「廣田貴士後援会」及び廣田貴士候補の消えた計293・1万円強)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.16

記事公開日:2019.7.16 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年6月21日09:08 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)廣田(広田)貴士氏は、2015年4月の大阪府議会選挙に
「大阪維新の会公認」で立候補したものの、落選しているようだ(https://seijiyama.jp/area/card/3718/DFRL34/M?S=lctfq1ngnc)。


政治資金問題から見える「維新の正体」その56(「澤野雅洋後援会」及び澤野雅洋候補の消えた計305・4万円超)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.16

記事公開日:2019.7.16 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年6月20日16:14 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)澤野雅洋氏は、2015年大阪府議会選挙に
「大阪維新の会公認」候補として立候補したが、
落選している(http://blog.livedoor.jp/masa12241/)。


街宣にきた創価学会の方の声を出せない声を背負ったガチンコ勝負! 参院選 れいわ新選組 街頭演説(新宿駅西口小田急デパート前)―弁士:山本太郎 代表、東京選挙区 野原善正候補、ほか 2019.7.15

記事公開日:2019.7.16取材地: テキスト動画

特集 れいわ新選組
※公共性に鑑み、ただいま全編特別公開中‼
 2019年7月27日、テキストを追加しました。

 2019年7月15日(月)18時より東京都新宿区の新宿駅西口小田急デパート前にて、参院選 れいわ新選組 街頭演説が行われ、山本太郎 代表、東京選挙区 野原善正候補らが支持を訴えた。


政治資金問題から見える「維新の正体」その55(長谷川豊氏の党支部の収支計600万円不記載疑惑)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.16

記事公開日:2019.7.16 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年06月19日18:21 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)長谷川豊氏は、フジテレビのアナウンサーだった。
2013年にはフリーアナウンサーになった。
2016年9月には、自身のブログで
「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!
無理だと泣くならそのまま殺せ!
今のシステムは日本を亡ぼすだけだ!!」
というタイトルの投稿を行った。


参院選を自民党に勝たせたら、自衛隊が中東に派遣され、日本が戦争に巻き込まれる!? 暴走するシステムを止めるチャンスは、この1週間!~7.14 参院選 比例代表 れいわ新選組・安冨歩候補 街頭演説(銀座博品館前) 2019.7.14

記事公開日:2019.7.15取材地: テキスト動画

特集 れいわ新選組
参院選期間につき、公共性に鑑みただいま全編特別公開中!
※2019年7月26日リード追加

 米国務省のフック・イラン担当特別代表は16日、米国が結成を目指す中東・ホルムズ海峡などの安全確保に向けた有志連合構想に関する計画を19日に発表する意向を表明した。本件は、21日投開票日の参院選における重大な争点にならなければいけない。


20世紀に形成された私たちのシステムを壊す戦い、その作動を変える戦い! ~参院選 比例代表 れいわ新選組・安冨歩候補 個人演説会「阿佐ヶ谷で馬のユーゴン君と触れ合う最後のチャンス!」(ザムザ阿佐谷) 2019.7.14

記事公開日:2019.7.15取材地: テキスト動画

特集 れいわ新選組
※2019年7月26日、テキストを追加しました。

 2019年7月14日(日)11時より東京都杉並区のラピュタビル ザムザ阿佐谷にて、参院選に比例代表で立候補したれいわ新選組の安冨歩候補による個人演説会「阿佐ヶ谷で馬のユーゴン君と触れ合う最後のチャンス!」が開催された。本記事ではまず、冒頭の安冨氏による、ここまで1週間の選挙戦のまとめと、これからの1週間の展望について記す。続いて、新宿区議会議員のよだかれん氏と安冨氏とのトークの中で語られた、差別とは何か、それをどうなくしていくのか、という点を取り上げる。あわせて、「障がい児・者の学びを保証する会」の大森梓氏が語った、子育てを通じて学んだ人を信じてコミュニケーションをとるということを紹介していく。


米国が構想する中東の有志連合への自衛隊参加の是非は参院選の主要争点にすべき! IWJが全政党とれいわ新選組、および主要候補者に緊急アンケートを送付!

記事公開日:2019.7.15 テキスト

 7月9日に米国が中東のホルムズ海峡などを航行する民間船舶の護衛のため、多国間の有志連合の結成をめざして複数の国に参加を呼びかけ、7月10日には日本も参加を求められていることが報じられた。


政治資金問題から見える「維新の正体」その54(2017年堺市長選挙での永藤英機候補の選挙運動資金の収入源)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.15

記事公開日:2019.7.15 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年6月7日9:02投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)永藤英機府議会議員(当時)のセコイ政治資金問題、
資金管理団体「永藤英機後援会」の事務所問題および政務活動費問題、
堺市長選挙の公約問題、「大阪維新の会公認」理由について
以下の6回の投稿でそれぞれ指摘をした。


政治資金問題から見える「維新の正体」その53(堺市長選挙で永藤英機候補が「大阪維新の会公認」のもう一つの理由)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.15

記事公開日:2019.7.15 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年6月7日09:02投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)永藤英機府議会議員(当時)のセコイ政治資金問題、
資金管理団体「永藤英機後援会」の事務所問題および政務活動費問題、
堺市長選挙の公約問題、「大阪維新の会公認」理由について
以下の6回の投稿でそれぞれ指摘をした。


政治資金問題から見える「維新の正体」その52(堺市長選挙での永藤英機候補の公約の本音)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.15

記事公開日:2019.7.15 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年6月4日00:07投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)永藤英機府議会議員(当時)の政治資金問題、
資金管理団体「永藤英機後援会」の事務所問題および政務活動費問題について
以下の4回の投稿でそれぞれ指摘をした。


【特別寄稿】安倍総理応援団の櫻井よしこ氏と石崎とおる衆院議員に公職選挙法違反(虚偽事項公表罪)疑惑浮上!? 塚田一郎参院議員への応援で、対立候補の打越さく良氏を中傷するフェイク演説の疑い!? 2019.7.15

記事公開日:2019.7.15 テキスト

 安倍総理に太いパイプを持つジャーナリストの櫻井よしこ氏は、法律(公職選挙法)違反をしても見逃されると思っているのだろうか?

 こんな疑問がふつふつと湧き起こってきたのは、参院選公示を9日後に控えた6月25日。「安倍・麻生忖度道路発言」で国交副大臣を辞任し、新潟選挙区での再選が危ぶまれている塚田一郎参院議員の支援集会に駆け付けた櫻井氏の応援演説を耳にした時のことだ。


政治資金問題から見える「維新の正体」その51(永藤英機府議の「政務活動費」詐取疑惑)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.15

記事公開日:2019.7.15 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年5月31日12:35投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)このブログ連載の直近の下記の2回の投稿では、永藤英機府議会議員(当時)の資金管理団体「永藤英機後援会」の事務所問題について指摘をした。


政治資金問題から見える「維新の正体」その50(永藤英機府議の「政務活動」事務所こそ「永藤英機後援会」事務所)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.14

記事公開日:2019.7.14 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年5月30日23:34投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)このブログ連載の「その49」
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51916245.html
において、「永藤英機後援会」(代表・永藤英機)は、政治資金収支報告書における「主要な事務所の所在地」(堺市堺区大浜中町(以下略))で記載されている事務所と、それとは別の所在地(堺市堺区栄橋町(以下略))の事務所の2つがあったのではないか、それも、2017年7月より前も2つの事務所があったのではないか、と指摘した。


政治資金問題から見える「維新の正体」その49(「永藤英機後援会」の少額の「経常経費」支出と2つの事務所)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.14

記事公開日:2019.7.14 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年5月29日21:08 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)永藤英機氏が2011年大阪府議会議員に初当選し、2015年2期目当選していたこと、2017年には府議会議員を辞職して同年9月24日の堺市長選挙に「大阪維新の会」公認で立候補したが、当選してはいないこと、今年(2019年)6月9日の堺市長選にも「大阪維新の会」公認候補として立候補していることについては、「その48」で紹介した


政治資金問題から見える「維新の正体」その48(「永藤英機後援会」のセコイ寄付不記載疑惑)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.14

記事公開日:2019.7.14 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」v
※2019年5月29日12:06 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)永藤英機氏は、2011年大阪府議会議員に初当選し、2015年2期目当選していた(https://oneosaka.jp/member/detail/nagafuji_hideki.html)。


政治資金問題から見える「維新の正体」その47(丸山穂高議員の「文書通信交通滞在費」の資金管理団体への寄附額は約4230万円)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.14

記事公開日:2019.7.14 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 橋下徹と維新の「正体」
※2019年05月27日13:00 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)丸山穂高衆議院議員の「文書通信交通滞在費」問題については、これまで以下の投稿をしてきた。


7.21参院選の前に必読!韓国の輸出管理を批判し輸出規制を強化した日本が、実は北朝鮮に軍事転用可能な物資を密輸出していた!? 元徴用工問題に関して弁護士有志声明の呼びかけ人の一人、岩月浩二弁護士からの特別寄稿を参院選中に限りフルオープンで再掲載中! 2019.7.14

記事公開日:2019.7.14 テキスト

 韓国の輸出管理を批判し規制を強化した日本が、なんと北朝鮮へ軍事転用可能な物資を密輸出していた可能性が浮上した。

 日本政府は7月4日、半導体などの製造に必要な材料のうち、フッ化水素など3品目の韓国への輸出規制強化を発動した。日本政府は規制強化の理由として、軍事転用できる物資の輸出管理で「不適切な事案」があったとの判断を示していた。


7.21参院選の前に必読!「オール京都」と称して自民と非共産野党と財界が結束!? 共産候補を落とすために公明党と「裏取引」!? 野党共闘ができない京都の特殊事情! 2019.7.14

記事公開日:2019.7.14 テキスト

 7月21日の投開票日にむけ、熱を帯びる参院選だが、京都選挙区では、野党共闘の足並みが揃わない状況が見られている。

 今回の参院選で、京都選挙区(改選数2)には、自民現職で、国民主権を否定する極右にして、熱心なMMT推進論者の西田昌司氏、日本共産党現職の倉林明子氏、立憲民主党新顔の増原裕子氏、「オリーブの木」新顔の三上隆氏、「NHKから国民を守る党」新顔の山田彰久氏の5人が立候補した。このうち、自民党の西田氏は公明党の推薦を受け、立憲の増原氏は国民民主党の支持と社民党府連合の推薦を得ており、事実上、自公・旧民進系・共産の三つ巴の構図となっている。