【特別寄稿】カナダ在住のジャーナリスト・社会学者小笠原みどり氏による北米レポート「ロックダウンからプロテストへ――世界中が『息ができない』と叫んでいる理由」 2020.6.14

記事公開日:2020.6.14 テキスト

 元朝日新聞記者で、カナダ・クイーンズ大学大学院で社会学博士号を取得した、ジャーナリスト・社会学者の小笠原みどり氏から、IWJに寄稿が届いた。

 小笠原氏は現在、カナダ・オンタリオ州キングストン在住。


「都知事候補を選ぶ過程がすごく重要。有名な人、選挙で勝てそうな人を選ぶ傾向があるが、都民ひとりひとりの切実な課題や願いを託す候補を自分で選ぶべき!」~6.13 東京都知事選 宇都宮健児氏街頭演説(立川・国立駅前) 2020.6.13

記事公開日:2020.6.14取材地: テキスト動画

※公共性に鑑み全編公開いたします。ぜひ、IWJ存続のため会員登録でご支援をお願いいたします。サポート会員のみインタビューすべてが視聴可能に!→ご登録はこちらから

 2020年6月13日(土)13時より、東京都立川市のJR立川駅北口前、そして、15時30分から、東京都国立市のJR国立駅南口にて、任期満了に伴う東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)に5月27日に出馬を表明した、宇都宮健児氏が街頭演説を行なった。


【特別寄稿】英エセックス大人権センター・フェロー藤田早苗氏のイギリス・ロックダウンレポート(その2-2)〜ちょっとだけ緩和されたロックダウン:非常時の警察権力の監視を怠るな!編 2020.6.14

記事公開日:2020.6.14取材地: | テキスト

 前回、ロックダウン中の英国からレポートを寄稿していただいた、エセックス大学人権センター・フェローの藤田早苗氏から、第2弾となるレポートが届いた。長文の寄稿のため、昨日から5回に分けて、ロックダウンの緩和を迎えた英国の現状を連日お伝えしている。本日はその2回目である。


【特別寄稿】英エセックス大人権センター・フェロー藤田早苗氏のイギリス・ロックダウンレポート(その2-1)〜ちょっとだけ緩和されたロックダウン:原発工事再開編 2020.6.13

記事公開日:2020.6.13取材地: | テキスト

 世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス。英国では6月5日、死者が欧州で初めて4万人を超えた。


イメージばかりの劇場型小池都政の継続!? 東京アラート解除当日に都知事選に再選出馬表明した小池百合子氏が掲げたのは「東京大改革2.0」! 2020.6.12

記事公開日:2020.6.12取材地: テキスト動画

 「東京大改革2.0」

 小池百合子東京都知事がパネルを掲げた示した政策のキャッチフレーズは、東京都政の改革を、1期目よりもバージョンアップして継続していく、という決意表明ということだったが、肝心の詳細な政策は「後日改めて」との事で、中身は何もわからずじまいだった。


「うちら、給付金もらわれるんか? もらわれへんのんか?」大阪市にぶつけられる釜ヶ崎住民の怒りと願い!~6.8「野宿者および不安定居住者に対する特別定額給付金についての要望」に関する協議 2020.6.8

記事公開日:2020.6.11取材地: テキスト動画

 2020年6月8日(月)午後1時より、大阪市役所B1会議室にて、大阪城公園よろず相談、釜ヶ崎センター開放行動、釜ヶ崎パトロールの会、長居公園仲間の会、釜ヶ崎住民と、大阪市市民局総務部定額給付金担当による「野宿者および不安定居住者に対する特別定額給付金についての要望」に関する協議が行われた。


【抗議声明/声明とりまとめ:加藤直樹(「九月、東京の路上で」著者)】東京都に朝鮮人犠牲者追悼式典への「誓約書」要請の再考と横網町公園の趣旨に反する集会への対処を求める 2020.6.11

記事公開日:2020.6.11 テキスト

 加藤直樹氏(「九月、東京の路上で」著者)によりとりまとめられた、「東京都に朝鮮人犠牲者追悼式典への「誓約書」要請の再考と横網町公園の趣旨に反する集会への対処を求める」との抗議声明が発表された。

 以下にその全文を公開する。


「初期申請者に対する判定・支給の最優先対応を早急に実施してください!」申請から1ヶ月以上、いまだ給付されていないAさんが訴え!!~6.10野党合同国対ヒアリング持続化給付金及びGoToキャンペーン事業の委託問題 2020.6.10

記事公開日:2020.6.11取材地: テキスト動画

 2020年6月10日、東京・衆議院本館で持続化給付金及びGoToキャンペーン事業の委託問題について野党合同ヒアリングが行われた。出席者には、給付申請が始まった5月1日に給付金の申請を行ったが、いまだに給付されていないAさんが出席した。


弁護士224人の呼びかけで1週間に渡り「検察庁法改正案廃案アピールラリー」が開催! IWJ読者のみなさまも是非ご参加を! 2020.6.9

記事公開日:2020.6.10取材地: テキスト動画

 2020年6月9日、「法の支配の危機を憂う弁護士の会」(検察庁法改正に反対する弁護士有志の会)の事務局長である島田広弁護士を中心に、検察庁法改正案の分離廃案又は特例措置の削除を求める声明を公表し、今後1週間声をあげ続けることを宣言することに関して、記者会見が行われた。


「持続化給付金」申請後、いまだ未入金の当事者女性「『急いで、早急に』ではなく、具体的な振込日を約束してもらえないと電話を切れない」!~6.8【午前】野党合同国対ヒアリング―持続化給付金事業の委託問題について 2020.6.8

記事公開日:2020.6.10取材地: テキスト動画

 2020年6月8日(月)、東京都千代田区永田町の衆議院本館にて、持続化給付金及びGotoキャンペーン事業の委託問題について、野党合同国対ヒアリングが開催された。

 冒頭、国民民主党・原口一博 衆院議員が次のように発言した。


雇調金オンライン受付システムいまだ運用できず。IWJは新型コロナ専門家会議議事録不作成について尋ねるが、厚労省は「あれは内閣官房主催」、と我関せず!~6.9加藤勝信厚生労働大臣 定例会見 2020.6.9

記事公開日:2020.6.10取材地: テキスト動画

 2020年6月9日(火)午前8時20分より、千代田区永田町の厚生労働省会見室にて、加藤勝信厚生労働大臣定例記者会見が開かれた。加藤厚労大臣より2件の報告がなされた。

 最初に、6月5日にシステムの不具合によって運用を停止した雇用調整助成金等オンライン受付システムについて、その詳細と対応が報告された。申請の迅速化を目指して導入されたオンライン受付システムは稼働初日の5月20日に不具合が起きて閉鎖され、整備を行なったうえでの再開初日が6月5日であったが、またも運用停止となった。


安倍昭恵総理夫人の「オトモダチ」のカルト医師・ドクタードルフィンこと松久正氏が「コロナ・ウィルスの愛」なる言葉でオカルト商法!! 総理は国会で「ツアー参加ではなく参拝のみ合流」と答弁!(後編) 2020.6.10

記事公開日:2020.6.10 テキスト

 コロナ禍での外出自粛や休業の要請に多くの人が苦しむ中、安倍昭恵総理夫人と、カルト発言を繰り返す自称「変態ドクター」、「ドクタードルフィン」こと松久正医師との、大分宇佐神宮参拝が週刊文春に報じられた。


安倍昭恵総理夫人も信奉者!! アッキーの「オトモダチ」のカルト医師・ドクタードルフィンこと松久正氏が「コロナ・ウィルスの愛」なる言葉でオカルト商法!! 昭恵夫人は「コロナは天照大神」だと信じている!?(前編) 2020.6.10

記事公開日:2020.6.10 テキスト

 新型コロナウイルスの感染が全国に拡大し、安倍総理の掛け声で日本全国の小中学校が春休みまで休校となり、不要不急の外出自粛が呼びかけられる中、安倍昭恵総理夫人が大分県の神社参拝ツアーに参加していたことが『週刊文春』で報じられた。


サービスデザイン推進協議会から電通へ。電通から安倍自民党へ。国民の税金はかたちを変えて権力を還流する?「持続化給付金」事業における「キックバック」あるいは「リベート」問題!!~6.9 梶山弘志経済産業大臣定例会見 2020.6.9

記事公開日:2020.6.9取材地: テキスト動画

 2020年6月9日(火)午前8時15分より、東京都千代田区霞が関の経済産業省庁舎にて、梶山弘志経済産業大臣の定例会見が行なわれた。

 冒頭、梶山大臣からの報告はなく、そのまま各社記者と大臣との質疑応答となった。


専門家会議は意思決定機関ではないので名前入り議事録はなくていい!? 西村康稔(やすとし) 全世代型社会保障改革担当大臣「全世代型社会保障検討会議後会見」 2020.6.8

記事公開日:2020.6.9取材地: テキスト動画

 6月8日、西村康稔全世代型社会保障改革担当大臣が「全世代型社会保障検討会議」の後で記者会見を行った。

 西村大臣は冒頭で、同日発表の「景気ウォッチャー調査」について報告した。


【特別寄稿】小池百合子都知事、文春の「学歴詐称」報道が事実なら再選しても公選法違反で告発される可能性!フジテレビは『とくダネ!』で卒業証書をチラ見せし、記者会見で1位指名!? 2020.6.9

記事公開日:2020.6.9取材地: テキスト

 「コロナ対策でメデイアに露出しているから小池圧勝だろう」という都知事選の予測を一変させる気運が広がりつつある。


ジャーナリストの伊藤詩織さんが漫画家のはすみとしこ氏ほか2名をインターネット上での誹謗中傷に対し、投稿の削除と謝罪広告を求め東京地裁に提訴!~6.8 伊藤詩織氏に関する記者会見 2020.6.8

記事公開日:2020.6.9取材地: テキスト動画

 2020年6月8日、東京中央区のCONFERENCE BRANCH銀座で、ジャーナリストの伊藤詩織さんが、インターネット上の誹謗中傷に対して、投稿の削除と謝罪広告などを要求して、提訴した件で記者会見を行った。


新聞社は、消費税の軽減税率とフェイク部数で当局に完全に握られている! 本当の真剣勝負は無理!! ~6.04新ちょぼゼミシリーズ 第46回『ジャーナリズムと日本の危機 ワセダクロニクルの挑戦』 2020.6.4

記事公開日:2020.6.8取材地: テキスト動画

 2020年6月4日、東京千代田区のスペースたんぽぽで、『ジャーナリズムと日本の危機 ワセダクロニクルの挑戦』と題して、調査報道専門の独立メディア「ワセダクロニクル」代表の渡辺周氏による講演会が開催された。


#blacklivesmatter も参加の渋谷署前抗議!「正義のために来た!」「子孫に明るい未来を残したい!」「沈黙は無視と同等!」当事者が差別社会への思いを語る!~6.6 #0606渋谷署前抗議 2020.6.6

記事公開日:2020.6.7取材地: テキスト動画

 今日も渋谷ハチ公前には多くの人々が集まった。その数は前回の#渋谷署前抗議0531をはるかに超える。

 このデモ抗議は先月5月22日に起きた、日本の警察によるクルド系トルコ人の暴力行為に訴えるものであるが、世界で広がる#blacklivesmatterのプロテスト参加者も加わり、権力を濫用する警察を非難した。


明日投開票の東京都港区長選の争点は、スカイツリーより低く飛び、騒音・落下物・墜落の危険ある「羽田空港新ルート」!! コロナで国際線9割減、「不要不急」の新ルート撤回を主張する候補の帰趨に注目!! 5人の候補中、3人が撤回を主張! 2020.6.6

記事公開日:2020.6.6 テキスト

 緊急事態宣言解除後、都内初の選挙戦となる港区長選が明日7日(日)に投開票されます。そこで最大の争点となっているのが、3月末から、航空機が東京スカイツリーより低く飛び始めた「羽田空港新ルート」。候補者5人のうち3人までが撤回を主張しているのに対して、現職区長の候補は「丁寧な説明」を国に求めるのみのようです。しかし、コロナ禍で国際線が9割削減された現在、まさに「不要不急」となったルートに、なぜ固執するのでしょう?