【関東大震災97周年 朝鮮人犠牲者追悼式典】をIWJが公式生中継。小池晃・共産党書記局長、梓澤和幸弁護士、小説家・島田雅彦氏、落語家・立川談四楼氏、映画配給会社「太秦」・小林三四郎代表ら23名のメッセージも配信 2020.9.3

記事公開日:2020.9.3

 死者10万5000人以上、住居焼失者200万人。地震と火災によって関東地方に未曾有の犠牲者と被害をもたらした1923年9月1日の関東大震災から97年が経った。


NHK広島が「1945(昭和20)年にもしSNSがあったら」という企画で根拠も示さず朝鮮人ヘイトをツイート! IWJ記者の取材にツイート削除の拒否と企画の年内続行を明言! 2020.8.27

記事公開日:2020.8.27 テキスト

 NHK広島放送局が被爆体験の継承を目的に、「1945(昭和20)年にもしSNSがあったらどんなことをつぶやいていたか」というテーマで、実際に1945年に広島で書かれた3人の市民の日記をもとに、1年間ツイッターに投稿する「ひろしまタイムライン」という企画を行っている。


日本女性の会そよ風主催の「石原町犠牲者追悼集会」の真実!~6.26第24回学習会「もうひとつの“慰霊集会”の真実―差別団体『そよ風』とその背景について」―講師 安田浩一氏(ジャーナリスト) 2020.6.26

記事公開日:2020.7.23取材地: 動画

 2020年6月27日(土)、東京都千代田区のスペースタンポポにおいて、ジャーナリスト・安田浩一氏による第24回学習会「もうひとつの“慰霊集会”の真実―差別団体『そよ風』とその背景について」が行われた。


【特別寄稿】都知事選討論会でヘイトスピーチ禁止条例制定を明確に拒否した小池百合子都知事! ノンフィクション作家加藤直樹氏が暴く草の根右翼ネットワークと小池都知事ら極右政治家による歴史修正の策動! 2020.7.3

記事公開日:2020.7.2 テキスト動画

 7月5日に投開票を迎える東京都知事選。新型コロナウイルス感染症対策や東京五輪の開催問題に注目が集まるが、ヘイトスピーチ対策でも各候補者の主張は異なる。もちろん、もっとも注目すべきは「大本命」の小池百合子氏の言動である。


世界と連帯する反人種・民族差別行動!「なぜ声をあげるのか。差別と偏見の向こうには戦争と殺戮が見えるから」~6.14「コロナに乗じたヘイトをやめろ!緊急アクション」 2020.6.14

記事公開日:2020.6.18取材地: 動画

 2020年6月14日(日)15時半より、市民グループが豊島区東池袋公園を出発点に、「コロナに乗じたヘイトをやめろ! 緊急アクション」を行った。


「朝鮮人を『殺せ』と言ったことはない」と虚偽の主張! 日本第一党党首・桜井誠氏が前回都知事選同様の主張!〜日本外国特派員協会主催 『東京都知事選』桜井誠氏オンライン記者ブリーフィング 2020.6.4

記事公開日:2020.6.4取材地: テキスト動画

 6月18日告示、7月5日投開票となる東京都知事選に、在特会(在日特権を許さない市民の会)初代会長で日本第一党党首の桜井誠こと髙田誠氏が、前回2016年に続き出馬を表明している。

 桜井氏は6月4日、日本外国特派員協会で、オンライン記者会見を行った。


今年の「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式」にいまだ公園使用許可が出ず! 追悼式つぶしにうごめく極右ヘイト団体「そよ風」の戦慄の手口! 「極右政治家」小池百合子東京都知事の「追悼文取りやめ」の裏事情! 2020.5.21

記事公開日:2020.5.21 テキスト

 任期満了にともなう東京都知事選挙の告示日(6月18日)まで1ヶ月となった5月18日、自民党の下村博文選挙対策委員長と安倍晋三総理が会談を行い、自民党の独自候補擁立見送りの方針を確認したことが報じられた。


「今、凄まじい差別や排除・排外がこの社会を覆い尽くそうとしている。政府と東京都の強権で『ものも言えない環境』の中、敢えてこのデモを提起した」~4.19 コロナに乗じたヘイトをやめろ!4.19緊急アクション(新宿) 2020.4.19

記事公開日:2020.4.20取材地: テキスト動画

 2020年4月19日(日)、新宿アルタ前広場にて、「差別・排外主義に反対する連絡会」の主催により、「コロナに乗じたヘイトをやめろ!4.19緊急アクション」が開催された。午後5時15分から、参加団体代表者による連帯のスピーチ集会が行われ、それに続いて、午後6時より、参加者によるデモ行進が行われた。


京都で国会パブリックビューイング ―多様化する日本社会を考える:アメリカの事例を参考に― 登壇 飯田和敏氏(立命館大学映像学部教授)、小川真和子氏(立命館大学文学部教授) 2019.11.29

記事公開日:2019.12.8取材地: 動画

 2019年11月29日(金)16時30分より、京都市北区の立命館大学衣笠キャンパス 立命館生協ブックセンターふらっとにて、立命館生活協同組合の主催により、「京都で国会パブリックビューイング ―多様化する日本社会を考える:アメリカの事例を参考に」が行われ、立命館大学映像学部教授の飯田和敏氏、立命館大学文学部教授の小川真和子(まなこ)氏が登壇した。


ヘイトスピーチ解消法施行から3年 改定入管法施行後の反人種差別政策に向けて―登壇:安田浩一氏(ジャーナリスト)、指宿昭一氏(弁護士)、鈴木江理子氏(国士館大学教授)、師岡康子氏(弁護士) 2019.5.29

記事公開日:2019.10.5取材地: 動画

 2019年5月29日(水)13時半より東京都千代田区の参議院議員会館101会議室にて、外国人人権法連絡会、移住者と連帯する全国ネットワーク、人種差別撤廃NGOネットワーク、のりこえねっと、ヒューマンライツナウの主催により「ヘイトスピーチ解消法施行から3年 改定入管法施行後の反人種差別政策に向けて」が開催された。ジャーナリストの安田浩一氏や弁護士の指宿昭一氏、国士館大学教授の鈴木江理子氏、弁護士の師岡康子氏らが参加し、外国人労働者や入管法、人種差別問題などについて議論が行われた。


「処罰されないヘイトスピーチ」「朝鮮学校への高校無償化排除」に抗議の声! メディアの嫌韓煽動がはびこる中で、多民族が共に生きられる日本社会を!~9.7関東大震災96周年 韓国・朝鮮人犠牲者追悼式 2019.9.7

記事公開日:2019.9.21取材地: テキスト動画

 IWJも毎年取材している追悼式。今年も荒川河川敷で、関東大震災時に虐殺された朝鮮の人々を弔う追悼式が行われた。

 9月に入って早々、週刊ポストが「韓国なんて要らない」という信じがたいタイトルでヘイト特集を組んだ。日本の既存メディアは全精力を上げて韓国・文在寅政権の揚げ足取りに奔走し、現在進行形で盲目的な嫌韓煽動を続けている。


カウンター行動 Against「さよなら韓国!国民大行進 in 錦糸町」 2019.9.15

記事公開日:2019.9.15取材地: 動画

 2019年9月15日(日)15時30分より、東京都墨田区の錦糸町駅北口を起点に、 カウンター行動 Against「さよなら韓国!国民大行進 in 錦糸町」が行われた。


緊急にも関わらず、渋谷ハチ公前に約300人も集まった!在日韓国人、高校生、韓国メディアが日韓連帯への思いを熱く語る!! ヘイトスピーチなんてありえない!! ~9.7日韓連帯アクション0907(東京) 2019.9.7

記事公開日:2019.9.7取材地: テキスト動画

※2019年9月9日、リード文を追加しました。

 炎天下の中、渋谷ハチ公前には緊急の呼びかけにも関わらず、約300人が日韓連帯アクション0907に集結した。

 今回の緊急アクションの主催者である林田光弘氏は、最近、テレビや雑誌などが韓国に関するヘイトを煽る報道を繰り返していることに対して、韓国差別を煽動するような風潮をつくってはいけないという思いでアクションの開催に至った、と語った。9月7日の連帯アクションに集まった参加者にはそれぞれ発言機会が与えられ、各々が現在の日韓関係について熱く語った。


「アジアの中でも唯一日本人だけがヨーロッパ人に近い民族だった」!? 「沖縄ヘイトデマ」を垂れ流した「ニュース女子」のDHC吉田嘉明会長がアジア蔑視・欧米崇拝のトンデモ手記を発表! 2019.8.16

記事公開日:2019.8.16 テキスト

 東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)の番組「ニュース女子」が、2017年1月2日、沖縄の米軍基地反対運動に関してヘイトデマを垂れ流した。番組で名指しされた「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉氏は、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会に人権侵害を申し立て、BPOが人権侵害を認めてTOKYO MXに再発防止を勧告した。TOKYO MXは2018年3月26日をもって同局での「ニュース女子」の放送を打ち切っている。IWJはこの間の経緯を、継続的に報じてきた。


「表現の不自由展・その後」中止で芸術祭の主要作家らが抗議の出展辞退! 一方で、脅迫容疑者逮捕後も脅迫メールが止まず! 脅迫者を煽った河村たかし・名古屋市長や吉村洋文・大阪府知事の責任はなぜ問われないのか!? 2019.8.16

記事公開日:2019.8.16 テキスト

 国際的な芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の中止を受け、芸術祭に参加している海外の作家たち11組が中止に抗議するため、自身の作品の出展辞退を芸術祭実行委員会(会長・大村秀章愛知県知事)に申し出ていることがわかった。


山口祐二郎氏「判決では差別意識に基づいた犯罪『ヘイトクライム』だと認められなかった」~6.7 桜井誠・在特会元会長らによる山口祐二郎・憂国我道会会長への暴行傷害事件記者会見 2019.6.7

記事公開日:2019.6.24取材地: 動画

 2019年6月7日(金)13時より、東京・霞が関 司法記者クラブにて、桜井誠・在特会元会長らによる暴行傷害事件に関する裁判判決を受けて、原告の山口祐二郎・憂国我道会会長が記者会見を行った。2014年8月15日に靖国神社周りでの追悼行事からの帰りがけに排外主義を扇動するヘイトスピーチデモ団体に所属する複数名が原告の山口氏に集団で暴行傷害を負わせた事件で、刑事事件として4名が逮捕・拘留され、傷害罪の罰金刑の略式判決を受けている。これに対し、当時、このデモを統括して主宰していた桜井誠・在特会元会長に対し、共謀者・主導者として民事責任を追及していた。


辛淑玉(しんすご)氏へのフリージャーナリスト石井孝明氏による「工作員」等の中傷、東京高裁が違法と認定!金竜一弁護士「一審判決維持は評価するが裁判所は人種差別を認めなかった」~6.20石井孝明裁判判決と、DHC・長谷川裁判の経過報告集会 2019.6.20

記事公開日:2019.6.23取材地: 動画

 2019年6月20日(木)18時30分より、東京都新宿区の新宿コズミックセンター 3F 大会議室にて、石井孝明裁判第2審判決、DHC・長谷川幸洋裁判の経過報告集会が開かれた。


関西テレビ『胸いっぱいサミット』で岩井志麻子氏が「韓国人気質」について「手首を切るブスみたいなもの」と暴言! IWJの取材に関テレは「差別の意図を持って表現したものではない」ので謝罪も撤回もしない!? 2019.5.23

記事公開日:2019.5.23 テキスト

 関西テレビの土曜日昼のバラエティー番組『胸いっぱいサミット』で、作家の岩井志麻子氏が「韓国人気質」について、「手首を切るブスみたいなものと考えておけば、だいたい片付くんですよ」などと差別意識丸出しの暴言を口にした。


韓国人気質は「手首を切るブスみたいなもの」!? 山本太郎議員は「詐欺」!? 岩井志麻子氏、千原せいじ氏の暴言を垂れ流した関西テレビ『胸いっぱいサミット』は第二の『ニュース女子』か!? 2019.5.23

記事公開日:2019.5.23 テキスト

 5月18日土曜日に関西で放送された、関西テレビの昼のバラエティー番組『胸いっぱいサミット』で、「関西人が選ぶえらいこっちゃニュース!」と題して、パネラーのデヴィ夫人、東国原英夫氏、元経産官僚の岸博幸氏、作家の岩井志麻子氏、お笑いタレントの千原せいじ氏、乙武洋匡氏らが時事問題について語った。


「私は歴史修正主義者ではないし日本会議とは何の関係もない」!? 植村隆氏による名誉毀損裁判の判決を受け、櫻井よしこ氏が日本外国特派員協会での記者会見で弁明連発!墓穴掘りまくり!! 2018.11.16

記事公開日:2018.11.19取材地: テキスト動画

特集 IWJが追ったヘイトスピーチ問題|特集 戦争の代償と歴史認識
※2018年11月22日全文書き起こしを追加、27日に加筆修正しました。

 「私はリビジョニスト(歴史修正主義者)ではないし、日本会議とは、何の関係もありません」

 記者会見の冒頭、司会者から「リーディング・リビジョニスト(歴史修正主義の指導者)」と紹介され、日本会議との深い関係も指摘されたジャーナリストの櫻井よしこ氏は、「一方的な見方をしているのではないか」と述べ、「話の前提が間違っている」と強く否定した。