緊急にも関わらず、渋谷ハチ公前に約300人も集まった!在日韓国人、高校生、韓国メディアが日韓連帯への思いを熱く語る!! ヘイトスピーチなんてありえない!! ~9.7日韓連帯アクション0907(東京) 2019.9.7

記事公開日:2019.9.7取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:塩沢由子)

※2019年9月9日、リード文を追加しました。

 炎天下の中、渋谷ハチ公前には緊急の呼びかけにも関わらず、約300人が日韓連帯アクション0907に集結した。

 今回の緊急アクションの主催者である林田光弘氏は、最近、テレビや雑誌などが韓国に関するヘイトを煽る報道を繰り返していることに対して、韓国差別を煽動するような風潮をつくってはいけないという思いでアクションの開催に至った、と語った。9月7日の連帯アクションに集まった参加者にはそれぞれ発言機会が与えられ、各々が現在の日韓関係について熱く語った。

 高校生はマイクを握って、歴史から逃げるのではなく、向き合う必要性について語った。

 「周りの人たちに聞いても、韓国を好きって言っている人はすごく多いんですよ。だけど、歴史の問題とかになると、ちょっとその話はしたくないみたいなところがあって、でもそれってやっぱり逃げ続けじゃだめなことだと思って、やっぱり日本人として、歴史の問題だったりとか、韓国の問題にちゃんと真摯に向き合っていかなきゃいけないなって風に思っています」

 在日三世の女性は大衆に向かって、手を震わせながら嫌韓が広がる日本で暮らす恐怖について語った。

 「私達はもう、生きるか死ぬかの瀬戸際にいると思っています。(中略)私達はきっと、アメリカの日系人が収容所に送られたみたいに、在日の資産を凍結して収容所に送られるようなことも想像しているし、ナチスみたいにガス室に送るようなことも、きっとこの国はやると思っています。ルワンダみたいに、ナタをもって隣人が襲ってくるっていうことも想像してます」

 また、日韓連帯アクションに集まった日本人に対して、「私達はどうやったら安全に生きていけるんですか?」と問いかけた。

 「私は別にもう殺されても構いません。でも、私より若い世代、未成年、これから生まれてくる子ども、そういう人がこの国で安全に生きていけるようにしてください。(中略)一人一人が(日韓連帯を)言うことで、私たちの社会はそんな急には変わらないけれども、そうすれば半径5メートルは変えていくことができる」

 アクション後、IWJは撮影に来ていた韓国メディアや「辺野古」県民投票会代表の元山仁士郎氏などにインタビューをした。本編をぜひご覧いただきたい。

■ハイライト

  • タイトル 日韓連帯アクション0907(東京)
  • 日時 2019年9月7日(土)13:00〜14:00
  • 場所 渋谷駅前広場(東京都渋谷区)
  • 告知 元山仁士郎氏ツイート

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「緊急にも関わらず、渋谷ハチ公前に約300人も集まった!在日韓国人、高校生、韓国メディアが日韓連帯への思いを熱く語る!! ヘイトスピーチなんてありえない!! ~9.7日韓連帯アクション0907(東京)」への2件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    今の日本でこうして声を上げることがどれほど勇気のいることか。

    どうか耳を傾けてほしい。

    緊急にも関わらず、渋谷ハチ公前に約300人も集まった!在日韓国人、高校生、韓国メディアが日韓連帯への思いを熱く語る!! ヘイトスピーチなんてありえない!! https://iwj.co.jp/wj/open/archives/456652 … @iwakamiyasumi
    https://twitter.com/55kurosuke/status/1170450011512901633

  2. 志田 匠 より:

    >>私は別にもう殺されても構いません。でも、私より若い世代、未成年、これから
    >>生まれてくる子ども、そういう人がこの国で安全に生きていけるようにしてください。

    普通に税金を納めて、普通に暮らしている在日外国人の方に、二度とこんなことを
    言わせるな!!!

    この国の現状が腹立たしくて悔しくてなりません。一刻も早く扇動する者を根絶し、
    誤解と偏見が取り除かれていくよう、自分のできる活動をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です