「東の長谷川豊」「西の足立康史」――暴言マシーン2人を抱える日本維新の会は地盤の大阪でも支持を減らす! そんな維新は8割もの候補者が北朝鮮への軍事力行使を容認! 2017.10.24

記事公開日:2017.10.24 テキスト

 10月22日に投開票日を迎えた今回の衆院選挙後、最も冴えない表情を見せていたのは、日本維新の会の松井一郎代表かもしれない。


「日本の高校生・外国人学校の生徒達に適用しながら朝鮮学校の生徒には適用しない。これを民族差別と言わずに何と言うのでしょうか」~敗訴判決を受け弁護団・当事者・日韓の市民団体らが集会 2017.9.13

記事公開日:2017.9.22取材地: 動画

 2017年9月13日(水)18時30分より、東京都千代田区の日本教育会館一ツ橋ホールにて、「高校無償化」裁判東京判決大集会が行われた。


サントリー広報を取材! 自社のPR動画に登場する水原希子さんに対するヘイトスピーチを完全スルー!? 差別に無自覚な企業体質あらわに ツィッタージャパン、モデル事務所も直撃 2017.9.14

記事公開日:2017.9.15 テキスト

 「今回の当社キャンペーン投稿に対して、ツィッター上でキャンペーン趣旨と異なるコメントが多くついている事態に残念に思っております」――

 9月7日にツィッターに投稿されたサントリー「ザ・プレミアム・モルツ(プレモル)」のキャンペーン動画に対し、「偽日本人」「反日モデル」など、PRに登場する水原希子さんが「ハーフ」であることを理由にしたヘイトスピーチが多数、コメントとして投稿された。


難民審査で「あなたは難民としては元気すぎる」!? ~難民審査参与員の問題事例が全国難民弁護団連絡会議に多数報告される!! ――同会が改善求め法務省に申入書を提出 2017.9.12

記事公開日:2017.9.12取材地: テキスト動画

※2018年6月7日テキストを追加しました。

 「軍人にレイプされたのは、あなたが美人だったから?」

 宗教や民族、政治的な理由などから自国で迫害され、日本に逃れて来た人々を、難民として受け入れるかを検討する難民認定審査。当事者の人生を左右する重要な場であるにもかかわらず、審査に関わる難民審査参与員(*1)から、申請者の人格を傷つけるような不適切な発言が数多くなされていると、審査に立ち会った弁護士らが明らかにした。


「毎日こわいです、つらいです、くるしいです!! 助けてください!!」~ツイッタージャパン本社前路上にネトウヨのヘイトツイートを敷き詰め即時対応を要求!! 2017.9.8

記事公開日:2017.9.8取材地: 動画

 2017年9月8日(金)、東京都中央区のツイッタージャパン本社前で、TOKYO NO HATEの呼びかけによる「Twitter Japan株式会社に対し、ヘイトスピーチツイートへの即時対応を求めるスタンディングアピール」が行われた。


「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式」に、追悼文を送らない方針を決めた小池百合子都知事に都庁前で『九月、東京の路上で』を読み聞かせ!?~「小池知事は歴史を直視しろ」!! 2017.8.31

記事公開日:2017.8.31取材地: 動画

 2017年8月31日(木)19時より、東京都新宿区の東京都第一本庁舎前にて、差別反対都庁前アピールが行われた。


「ナチス」擁護発言の高須克弥氏と「スポンサー・高須クリニック」に沈黙するマスコミを徹底批判!~岩上安身によるインタビュー 第786回 ゲスト 高須氏から提訴予告された民進党参議院議員・有田芳生氏 2017.8.29

記事公開日:2017.8.30取材地: 動画独自

特集 IWJが追ったヘイトスピーチ問題
※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2017年8月29日(火)、東京都港区のIWJ事務所にて、民進党参議院議員の有田芳生氏に岩上安身がインタビューを行った。


民進党・蓮舫代表「戸籍開示報道」を否定!! 「私は多様性の象徴」「差別主義者やレイシストの方たちの声には私は屈しない」!! 2017.7.17

記事公開日:2017.7.17 テキスト

※本記事は「日刊IWJガイド」2017年7月12日号に加筆・修正を加えたものです。

 民進党の蓮舫代表が2017年7月11日午後の党執行役員会で、自身が日本国籍と台湾籍の「二重国籍」だった問題について、「戸籍を示し、近々説明する」と述べたと、報じられた。


史上初の「ピンポンダッシュ」デモ!? 申請した出発地点とは違う場所で観光バスから降りて記念撮影だけは出来た!? ~予告されたヘイトデモを許さない緊急抗議行動 2017.7.16

記事公開日:2017.7.16取材地: 動画

 2017年7月16日(日)9時30分より川崎市中原区の中原平和公園から綱島街道にかけて、予告されたヘイトデモを許さない緊急抗議行動が行われた。


人種差別団体・極右政治団体が川崎でジェノサイドを思わせる「やり直しデモ」を告知!?「『オール川崎』に対する重大な挑戦だ!!」~川崎で予告されたヘイトデモに抗議する緊急街宣 2017.7.8

記事公開日:2017.7.10取材地: テキスト動画

※7月11日テキストを追加しました。

 「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律」(通称:ヘイトスピーチ解消法または規制法、対策法)の施行直後、2016年6月5日に川崎市中原区で行なわれたヘイトデモは、集まった600人以上の市民に取り囲まれ、10メートルほど進んだところで警察の説得によって中止させられた。


ヘイトスピーチ解消法成立前に後戻り?有田芳生議員が法務省の態度に懸念を表明! 現状と今後の課題を識者らが報告――人種差別撤廃基本法を求める議員連盟主催の院内集会 2017.5.10

記事公開日:2017.5.11取材地: 動画

特集 IWJが追ったヘイトスピーチ問題
※5日24日テキストを追加しました。

 民進党の有田芳生議員は、「法務省人権擁護局の岡村局長は、土・日は自らヘイトスピーチ・デモへと足を運び、その実態を自身の目で確かめていた」と法案成立のエピソードを明かした。

 2017年5月10日、東京都の参議院議員会館にて、「ヘイトスピーチ解消法成立1年~求められる人種差別撤廃基本法」と題した院内集会が開催された。有田芳生参議院議員、弁護士の北村聡子氏、国士舘大学教授の鈴木江理子氏、武蔵大学教授のアンジェロ・イシ氏、神奈川新聞デジタル編集委員の石橋学氏らが登壇し、ヘイトスピーチ解消法の施行(2016年6月3日)から1年が経過した今、その成果と現状を報告した。


「拉致問題を差別のダシに使うな!!」新宿を行進する差別扇動団体に200人を超える抗議の市民が集結!~「FASCISTS OUT」―ヘイトデモカウンター行動 2017.4.23

記事公開日:2017.4.24取材地: 動画

 2017年4月23日(日)、東京都新宿区の柏木公園周辺にて、C.R.A.C.(Counter-Racist Action Collective)の主催による「FASCISTS OUT」―ヘイトデモカウンター行動が行われ、200人を超える市民が集結した。


「ニュース女子はこれからも侮辱を続けるだろう」——長谷川幸洋氏の謝罪を求め、市民が東京新聞本社前で初の抗議行動!沖縄から泰真実氏、渡瀬夏彦氏も参加(第18弾) 2017.3.2

記事公開日:2017.3.3取材地: 動画

 2017年3月2日(木) 18時30分より、沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志の呼びかけで、東京都千代田区の東京新聞本社前で、「東京新聞の良心を応援中 長谷川氏は謝罪と訂正を」のアピールを行った。


ケンブリッジ大学で開かれた島の戦争研究会ではホロコーストと認定〜「ニュース女子」出演者らが知ろうともしない沖縄史!蟻塚亮二著『沖縄戦と心の傷~トラウマ診療の現場から』(第13弾) 2017.2.24

記事公開日:2017.2.24 テキスト

(「沖縄を侮辱する「無知」を許してはならない!「ニュース女子」出演者らが知ろうともしない沖縄の歴史!蟻塚亮二著『沖縄戦と心の傷~トラウマ診療の現場から』を読む!(第12弾) 2017.2.8」の続き)

 「無知」と「無理解」から生まれる沖縄への差別やデマ。その典型例がTOKYO MXで放送された報道バラエティ番組「ニュース女子」だ。

 県民の4人に1人が死んだ沖縄戦を知らずして、沖縄は語れない。IWJはそうした視点から、「ニュース女子」検証記事第12弾で蟻塚亮二著『沖縄戦と心の傷~トラウマ診療の現場から』(大月書店)を紹介し、いまだに深く残る沖縄戦の「傷跡」の一例を紹介した。


「デマを言った責任は免れないが、『ニュース女子』に出演した沖縄県民たちは番組にデマを言わされ、使い捨てられた『被害者』でもある」――TOKYO MXを許さない!第7回抗議行動 2017.2.23

記事公開日:2017.2.23取材地: 動画

 2017年2月23日(木)18時30分より東京都千代田区TOKYO MX本社前にて「沖縄への偏見をあおるTOKYO MXを許さない!MXは1日も早く謝罪と訂正をして下さい 第7回抗議行動」が行われた。


柵の向こうで我が子に何が――?「軍国教育」塚本幼稚園の退園者たちが明かす衝撃の内部実態!「韓国人と中国人は嫌いです」副園長からの手紙に絶句 ~「極右学校法人の闇」第8弾! 2017.2.22

記事公開日:2017.2.22取材地: テキスト

 国有地の破格値での払い下げに焦点があたる「学校法人森友(もりとも)学園」(籠池泰典理事長)は、ただの「学校法人への利益供与疑惑」で終わらせてはいけない――。

 2017年2月、IWJは「森友学園」が経営する大阪府大阪市の「塚本幼稚園」に子どもを通わせ、自主退園に追い込まれたという保護者の方々に取材を行った。その一人ひとりの口から出てくる「証言」の数々に、思わず言葉を失わずにはいられなかった。


ヒ素や鉛の検出された国有地「9割引」払い下げ、軍国教育、ヘイト文書、そして安倍総理夫妻との蜜月・・・「森友学園問題」とは何なのか〜「極右学校法人の闇」第6弾 2017.2.20

記事公開日:2017.2.20 テキスト

 大阪府豊中市の国有地が周辺土地価格の「9割引」で払い下げられていたことが露見し、国会でも取り上げられて問題視された「学校法人 森友(もりとも)学園」。IWJでは独自取材を続けているが、ここで改めて今回の問題の経緯を振り返ってみたい。


「放送内容は一から十までデマに近い」「表現の自由、言論の自由以前の問題だ」——ノンフィクションライター・渡瀬夏彦氏も怒りの声〜第6回TOKYO MX本社前抗議(第17弾) 2017.2.16

記事公開日:2017.2.17取材地: 動画

 沖縄に対するデマと偏見に満ちた「ニュース女子」(制作・DHCシアター)を放送したTOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)に対し、2月17日、市民有志が放送内容の訂正と謝罪を求めて抗議行動を行った。


「ニュース女子」 ヘイトデマ問題を徹底批判! 「のりこえねっと」共同代表 辛淑玉氏 DHC吉田嘉明会長による 「スラップ訴訟」に勝訴した 澤藤統一郎弁護士に 岩上安身が訊く!(第16弾)~岩上安身によるインタビュー 第716回 ゲスト 澤藤統一郎弁護士 2017.2.14

記事公開日:2017.2.15取材地: 動画独自

 2017年2月14日(火)、東京都新宿区にあるのりこえねっと事務局にて、「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉氏とDHC吉田嘉明会長による「スラップ訴訟」に勝訴した弁護士の澤藤統一郎氏に岩上安身がインタビューを行った。


沖縄を侮辱する「無知」を許してはならない!「ニュース女子」出演者らが知ろうともしない沖縄の歴史!蟻塚亮二著『沖縄戦と心の傷~トラウマ診療の現場から』を読む!(第12弾) 2017.2.8

記事公開日:2017.2.8 テキスト

 「基地反対派の言い分を聞く必要はない」――。

 番組制作会社のDHCシアターは2017年1月20日、沖縄ヘイトデマを放送して非難を集めた報道バラエティ番組「ニュース女子」に対する見解をホームページに公表し、こう開き直ってみせた。

 なんであれ当事者の言い分を聞くことは、報道に関わる者としての最低限度のルールである。そのルールさえ自ら否定するのだから、DHCシアターは、報道の原理原則を否定しているに等しい。