今年の「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式」にいまだ公園使用許可が出ず! 追悼式つぶしにうごめく極右ヘイト団体「そよ風」の戦慄の手口! 「極右政治家」小池百合子東京都知事の「追悼文取りやめ」の裏事情! 2020.5.21

記事公開日:2020.5.21 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文 城石裕幸)

 任期満了にともなう東京都知事選挙の告示日(6月18日)まで1ヶ月となった5月18日、自民党の下村博文選挙対策委員長と安倍晋三総理が会談を行い、自民党の独自候補擁立見送りの方針を確認したことが報じられた。

 小池百合子都知事はまだ出馬表明を行なっていないが、再選出馬は確実視されている。自民党はコロナ対策で連日メディアに顔を出す小池氏との対決を避け、求められれば小池氏に推薦を出す方向だ。都知事選の投開票は7月5日となる。

 2016年7月に当選した小池都知事は、翌2017年8月、突如「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式」に、追悼文を送らない方針を決めた。

▲小池百合子東京都知事(IWJ撮影、2017年8月25日)

 関東大震災が発生した9月1日、都立横網町公園(東京都墨田区)内の東京都慰霊堂では、毎年「東京都慰霊協会」主催の大法要が行われる。この大法要には毎年、秋篠宮家が参列している。この大法要と同じ日、同じ公園内の朝鮮人犠牲者追悼碑前で、日朝協会などによる「9.1関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典実行委員会」主催の「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式」が行われている。追悼式には毎年、歴代都知事が追悼文を送ってきた。

 小池都知事の方針変更は「関東大震災での朝鮮人虐殺の事実を否定するもの」として、市民から知識人まで、抗議の声が大きく広がった。

 その後も毎年、多くの抗議の声にもかかわらず小池都知事は追悼文を送っていないが、近年では村山富市氏、鳩山由紀夫氏など、総理大臣経験者からの追悼の辞も寄せられている。

 その一方、小池都知事が追悼文送付をやめた2017年以来毎年、9月1日に行われる追悼式典の目と鼻の先、ほんの30mほど離れた場所で、在特会(在日特権を許さない市民の会)とも関係の深い女性極右ヘイト団体「日本女性の会 そよ風」が「真実の関東大震災 石原町犠牲者慰霊祭」と称して「地元震災犠牲者の慰霊祭」を装い、関東大震災時に「不逞朝鮮人が震災に乗じて略奪、暴行、強姦を行い、日本人が虐殺された」などと、デマにもとづくヘイトスピーチを行なってきた。

記事目次

東京都が突然、公園占有許可を留保! 誓約書の提出を要求!

 追悼式典は都立公園内で行うため、都に占有許可を申請しなければならない。そもそも朝鮮人犠牲者追悼碑は、1973年に都議会全会派の参加する実行委員会によって建立され、東京都に寄贈されたという経緯もあり、追悼式典のために実行委員会が出す占有許可に対しては、これまで何の問題もなく受理されてきた。

▲朝鮮人犠牲者追悼碑(IWJ撮影)

 ところが今年2020年9月1日の追悼式典に向け、実行委員会が昨年の式典後に公園の占有許可申請を出そうとしたところ受理されず、その後12月になって都側は「公園管理上支障となる行為は行わない」「(都の大法要と重なる時間は)拡声音量装置は使用しない」「(集会で使う拡声器は)当該参加者に聞こえるための必要最小限の音量とすること」などの条件を記した誓約書の提出を求めてきた。

 都の説明によると、毎年9月1日の横網町公園での、「関東大震災に関連した追悼行事等の集会に関する占有許可申請」が複数あり、昨年「集会参加者によるトラブルが発生」したための措置だとのこと。

極右ヘイト女性団体「そよ風」の起こしたトラブルで東京都は「一切瑕疵がない」実行委員会に罰則つき誓約書の提出を要求! 日朝協会東京都連事務局長赤石英夫氏はIWJ記者に「きちんと式典を行なっている実行委員会をヘイトスピーチ団体と同等に扱っていることがいかに不当であるか」と訴え!

 IWJ記者が、実行委員会の中心となって活動してきた日朝協会東京都連事務局長の赤石(あかいし)英夫氏に聞いたところ、これまで毎年、追悼式が終わった後、9月中には翌年の占有許可申請を行なってきたとのこと。

 申請は直接公園内の管理事務所に出向き、その場で備え付けの申請書に記入して「今年もお願いします」と提出すれば、それで何の問題もなく、これまでは受理されてきた。

 ところ昨年9月、今年の申請を行おうと管理事務所に行ったところ、東京都が公園の使用許可条件を整備中とのことで、「今、都から(申請を)受け取らないようにといわれている」と、申請書を書かせてもらえなかったのだという。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です