ヘイトスピーチ解消法施行から3年 改定入管法施行後の反人種差別政策に向けて―登壇:安田浩一氏(ジャーナリスト)、指宿昭一氏(弁護士)、鈴木江理子氏(国士館大学教授)、師岡康子氏(弁護士) 2019.5.29

記事公開日:2019.10.5取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2019年5月29日(水)13時半より東京都千代田区の参議院議員会館101会議室にて、外国人人権法連絡会、移住者と連帯する全国ネットワーク、人種差別撤廃NGOネットワーク、のりこえねっと、ヒューマンライツナウの主催により「ヘイトスピーチ解消法施行から3年 改定入管法施行後の反人種差別政策に向けて」が開催された。ジャーナリストの安田浩一氏や弁護士の指宿昭一氏、国士館大学教授の鈴木江理子氏、弁護士の師岡康子氏らが参加し、外国人労働者や入管法、人種差別問題などについて議論が行われた。

※ハイライトは準備が整い次第、アップします。しばらくお待ちください。現在、会員様のみ全編動画をご視聴できます(1時間25分)

  • 日時 2019年5月29日(水)13:30~15:00
  • 場所 参議院議員会館101会議室(東京都千代田区)
  • 主催 外国人人権法連絡会、移住者と連帯する全国ネットワーク、人種差別撤廃NGOネットワーク、のりこえねっと、ヒューマンライツナウ(詳細)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です