支援の名のもとに中間搾取と人権侵害をやられる!? パンドラの箱が開き議論する時がきた~11.21「今こそ、包括的な移民政策を! ―政府が進める『新たな外国人材の受入れ』を問う」院内集会 2018.11.21

記事公開日:2019.1.8取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年11月21日(水)12時より東京都千代田区の参議院議員会館にて、政府が進める『新たな外国人材の受入れ』を問う」と題する院内集会が開催され、移住連代表理事の鳥井一平氏、外国人技能実習生問題弁護士連絡会共同代表の指宿昭一弁護士らが外国人労働者の受け入れに関する制度の問題点を指摘した。

■ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です