「外国人実習制度」拡大、介護分野で解禁〜「実習生への人権侵害はなくならない」支援団体らが深い懸念を表明!暴力、暴言、長時間労働、賃金未払い〜「現代の奴隷制」の実態を告発 2017.10.31

記事公開日:2017.10.31取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年10月31日(火)12時より、東京都千代田区の参議院議員会館にて、「外国人技能実習生について考える集会」が開催された。

■ハイライト(こちらの全編動画は6分51秒です)

  • 主催者あいさつ
  • 技能実習生問題を訴えるビデオ上映
  • 技能実習生の訴えと支援団体からの説明
    ベトナム人技能実習生、ミャンマー人技能実習生、中国人技能実習生、連合徳島からの報告、東京安全センターの報告(カンボジア人技能実習生のうつ病労災認定)、介護労働現場の労働組合からの報告
  • 連帯挨拶
    連合、外国人技能実習生問題弁護士連絡会、国会議員から
  • 集会アピール
  • 日時 2017年10月31日(火) 12:00~
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)
  • 詳細 外国人技能実習生について考える集会のご案内|日本労働弁護団
  • 主催 集会実行委員会/日本労働組合総連合会連合(連合)、移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)、在日ビルマ市民労働組合(FWUBC)、ものづくり産業労働組合JAM、外国人技能実習生問題弁護士連絡会、日本労働弁護団、外国人技能実習生権利ネットワーク

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です