【第478-479号】岩上安身のIWJ特報!河井前法相夫妻を逮捕!1億5000万円「捜査の本丸」は安倍総理!? 郷原氏vs橋下徹氏のバトルも勃発!? 岩上安身による郷原信郎弁護士インタビュー 2020.8.30

記事公開日:2020.8.30 テキスト独自

※サポート会員に登録すると岩上安身インタビューなどすべての記事を無制限でご覧いだたけます。ぜひ、サポート会員登録してご利用ください。ご登録はこちらから

「河井夫妻は、捕まるとは思っていなかったんじゃないですか」。

 前法務大臣の逮捕、という日本司法史上初のこの事件について、元東京地検特捜部検事の郷原信郎弁護士は、2020年7月1日、東京都港区の郷原総合コンプライアンス法律事務所で岩上安身のインタビューに応じ、このように語った。


郷原信郎氏vs橋下徹氏の言論バトル勃発!! 河井夫妻逮捕で安倍自民は公選法の「交付罪」に問われるのか!? この問題をめぐる橋下氏の発言に、郷原氏が謝罪要求!! 2020.7.9

記事公開日:2020.7.9 テキスト動画

 河井克行衆議院議員(前法務大臣)とその妻の河井案里参議院議員が、公職選挙法違反の容疑で、東京地検特捜部に逮捕された件で、自民党本部ひいては安倍総理が、公選法の「交付罪」に問われるか否かに注目が集まっている。

 この問題に関して、ともに弁護士である郷原信郎氏と橋下徹氏との間で、言論バトルが勃発している。


河井前法相夫妻を逮捕!1億5000万円『捜査の本丸』は安倍総理!? 郷原氏 vs 橋下徹氏のバトルも勃発!? 岩上安身によるインタビュー第1003回 ゲスト郷原信郎弁護士 2020.7.1

記事公開日:2020.7.3取材地: 動画独自

 2020年7月1日(水)13時より、東京都港区の郷原総合コンプライアンス法律事務所にて、郷原信郎弁護士に岩上安身が通算1003回目となるインタビューを行なった。郷原氏は、2010年1月、岩上安身インタビュー第1回ゲストとして「陸山会事件」について話をうかがっている。

 今回のインタビューは、前法相の逮捕という日本司法史上初の事件を中心に話を聞いた。


郷原信郎弁護士が怒る!!「検察は『権力ヤクザ』どころかヤクザ以下の『ゴロツキ』!!」黒川検事長定年延長問題からゴーン氏事件、下関市立大学問題まで「桜を見る会」と同根の「権力の私物化」!! 岩上安身によるインタビュー 第983回 ゲスト 郷原信郎弁護士 2020.2.13

記事公開日:2020.2.17取材地: 動画独自

特集 郷原信郎弁護士
※サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後2ヶ月間に限り、岩上安身インタビューの全編がご覧いただけます。ぜひ会員登録をご利用ください。→登録はこちらから

 2020年2月13日(木)16時30分より東京都港区の郷原総合コンプライアンス法律事務所にて、岩上安身が郷原信郎弁護士にインタビューを行った。黒川検事長の定年延長問題からゴーン氏事件、下関市立大学の問題まで、広範囲にわたり話をうかがった。


「逮捕状の詐取だ」!東京地検副部長がゴーン氏擁護の世論を封じるためにキャロル夫人の逮捕状をとったと会見で表明!岩上安身による郷原信郎弁護士インタビュー 3/5 2020.2.9

記事公開日:2020.2.9 テキスト動画

※ぜひ、IWJ存続のため会員登録でご支援をお願いいたします。記事の全編は、会員登録するとご覧いただけます。→ご登録はこちらから
<元記事は、https://iwj.co.jp/wj/open/archives/464878-->

 「これまで日本の狭い土俵に閉じ込められていた問題が、国際社会という舞台に大きく広がった。最終的には日本の刑事司法を問うものになるのではないか」

 保釈中に国外脱出したカルロス・ゴーン氏のベイルートでの記者会見を受けて、2020月1月9日、岩上安身は東京都港区の郷原総合コンプライアンス法律事務所にて、郷原信郎弁護士へ緊急インタビューを行った。


「この事件、本当に刑事事件なのか、ということに尽きる」日本は絶望的な状況、カルロス・ゴーン氏には正当性を訴える場すらなかった! 岩上安身による郷原信郎弁護士インタビュー 2/5 2020.2.3

記事公開日:2020.2.3 テキスト動画

※ぜひ、IWJ存続のため会員登録でご支援をお願いいたします。記事の全編は、会員登録するとご覧いただけます。→ご登録はこちらから

 「これまで日本の狭い土俵に閉じ込められていた問題が、国際社会という舞台に大きく広がった。最終的には日本の刑事司法を問うものになるのではないか」

 保釈中に国外脱出したカルロス・ゴーン氏のベイルートでの記者会見を受けて、2020月1月9日、岩上安身は東京都港区の郷原総合コンプライアンス法律事務所にて、郷原信郎弁護士へ緊急インタビューを行った。5回に分けてお届けするインタビューのテキスト記事の今回は第2回目である。


年末の一大ニュース!! 日産自動車の前会長 カルロス・ゴーン氏が日本を出国しレバノンに「逃走」!? 日本の司法制度について、「国際法や条約のもとで守らなくてはいけない法的な義務を目に余るほど無視」しているとの声明を発表!! 2020.2.2

記事公開日:2020.2.2 テキスト

※この記事は2020年1月5日発行の日刊ガイドに加筆・修正したものです。

 2019年末に一大ニュースが飛び込んだ。昨年12月30日(日本時間31日)、日産自動車の前会長カルロス・ゴーン氏が国籍を持つ国の一つであるレバノンの首都ベイルートに到着したと、欧米メディアが相次いで報じた。


強引すぎる東京地検特捜部! ゴーン容疑者の最初の逮捕容疑は受け取ってもいない報酬の過少申告!「ゴーン氏対日本の刑事司法の問題が本格的なステージに入った」! 岩上安身による郷原信郎弁護士インタビュー 1/5 2020.1.9

記事公開日:2020.1.30取材地: テキスト動画

特集 郷原信郎弁護士
※ぜひ、IWJ存続のため会員登録でご支援をお願いいたします。サポート会員のみインタビューすべてが視聴可能に!→ご登録はこちらから

 「これまで日本の狭い土俵に閉じ込められていた問題が、国際社会という舞台に大きく広がった。最終的には日本の刑事司法を問うものになるのではないか」

 保釈中に国外脱出したカルロス・ゴーン氏のベイルートでの記者会見を受けて、2020月1月9日、岩上安身は東京都港区の郷原総合コンプライアンス法律事務所にて、郷原信郎弁護士へ緊急インタビューを行った。


「明らかにクーデター!」日産自動車のカルロス・ゴーン前会長逮捕の不当性について、IWJの川上正晃記者が郷原信郎弁護士に訊く! 2018.12.17

記事公開日:2018.12.24取材地: テキスト動画独自

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン氏が、自らの役員報酬額を有価証券報告書に過少に記載したことが金融商品取引法に違反したとして、11月19日に逮捕され、12月10日には再逮捕、起訴された。しかし、役員報酬を有価証券報告書に過少に記載するという「虚偽記載」が、逮捕事実として妥当であるのかどうかは、当初から疑問視されてもいた。

 「結局これは、日産が社内調査の結果を検察に持ち込んで、検察に逮捕してもらったということでしょう。明らかにクーデターですよ」


「読売新聞は死んだに等しい」新聞史上最悪の「前川潰し」記事を検証! 陣頭指揮したと噂される山口寿一・読売社長はなぜ変節したのか!? ~岩上安身によるインタビュー 第758回 ゲスト 郷原信郎弁護士 2017.6.12

記事公開日:2017.6.12取材地: テキスト動画独自

特集 郷原信郎弁護士
※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 安倍総理の「腹心の友」加計孝太郎氏が理事長を務める加計学園が、愛媛県今治市の国家戦略特区に獣医学部を新設しようとしている問題で、官邸の「圧力」をうかがわせる文書が次々と出てきている。

 朝日新聞が報じた文部科学省の文書には、「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向」などの文言が記されていた。菅義偉官房長官は、リークされたこの文書を「怪文書みたい」と、信憑性そのものがないものであるかのような発言をした。


二審で逆転有罪判決となった藤井浩人・美濃加茂市長~主任弁護人の郷原信郎氏「控訴審はまともに証拠を評価していない!」――第77回日本の司法を正す会 2017.4.19

記事公開日:2017.4.21取材地: 動画

 2017年4月19日(水) 10時30分より東京都千代田区の村上正邦事務所にて、二審逆転有罪判決となった藤井浩人・美濃加茂市長を招く「第77回日本の司法を正す会』が行われ、美濃加茂市長藤井浩人氏、弁護士郷原信郎氏がゲストに招かれた。


豊洲新市場の建設「談合」疑惑に対し、東京地検特捜部は果たして動き出すか!? 郷原信郎弁護士と落合洋司弁護士に見通しを訊く! 小池百合子知事は鹿島・大成・清水の3ゼネコンにメスを入れられるか!? 2016.9.30

記事公開日:2016.9.30 テキスト

 東京・豊洲市場をめぐって、数年前から指摘されていた問題がある。建設費をめぐる「談合」疑惑だ。

 「盛り土」問題をはじめ、深刻な土壌汚染問題、施設設計の問題、物流の問題、数々の問題を抱え込んだ豊洲市場に、はじめて東京地検特捜部が動くかもしれないという。

 当時の都政の責任者は石原慎太郎元都知事だ。この件で、元知事が立件される可能性はあるだろうか? 元東京地検特捜部の郷原信郎弁護士と落合洋司両弁護士に、それぞれお話をうかがった。


「元東京地検特捜部副部長佐々木善三弁護士(マムシの善三)の東電「第三者委員会」で依頼者寄りの『(炉心溶融)推認』について聞く」岩上安身によるインタビュー 第662回 ゲスト 郷原信郎弁護士 2016.6.25

記事公開日:2016.6.25取材地: 動画独自

 2016年6月25日(土)、東京都港区の郷原総合コンプライアンス法律事務所にて、岩上安身による元検察官で弁護士の郷原信郎氏へのインタビューが行われた。


「なぜおれの悪口を言うんだよ」「なんでネットに出しているものを当人に渡せねぇんだよ」〜おおさか維新・足立康史議員がまた「暴言」「暴挙」!? IWJへの重大な信義則違反に抗議する! 2016.3.1

記事公開日:2016.3.1 テキスト

※『日刊IWJガイド』2016.3.1日号~No.1265号~より抜粋

 おはようございます。IWJ記者の原です。連日お伝えしておりますが、今日もまたおおさか維新の会・足立康史議員の横暴について、お話させていただきます。

 2月24日、衆院予算委員会の中央公聴会で公述人として招かれた郷原信郎弁護士は、甘利明氏の「金銭授受疑惑」について、「あっせん利得処罰法の処罰の対象の、まさにど真ん中のストライクに近い事案である」と喝破。これに対し、「郷原さんは専門家じゃないんです、政治家なんです。政治屋なんですね」「そうした売名行為をされたことについて批判を申し上げる」などと噛み付いたのが、おおさか維新の会の足立康史議員です。IWJはこの足立議員の「暴言」をお伝えしてきました。


おおさか維新・足立康史議員が「暴言」!? 甘利明氏「金銭授受疑惑」の真相に迫る!岩上安身によるインタビュー 第618回 ゲスト 郷原信郎弁護士 2016.2.28

記事公開日:2016.2.28取材地: 動画独自

 2016年2月28日(日)、東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身による郷原信郎弁護士インタビューが行われた。


国会で公述人に非常識な「暴言」を投げつけた足立康史議員が岩上安身にTwitterでリアクション! 2016.2.28

記事公開日:2016.2.28 テキスト

※『日刊IWJガイド』2016.2.28日号~No.1263号~より抜粋

 IWJ記者の佐々木です。2月24日、衆院予算委員会の中央公聴会で、公述人として招かれた郷原信郎弁護士(民主党推薦)が、甘利明氏の「金銭授受問題」について指摘したところ、「なぜ来たのか」「結局、郷原さんは専門家じゃないんです、政治家なんです。政治屋なんですね」「この予算委員会の場で、そうした売名行為をされたことについて批判を申し上げて、質問を終わりたいと思います」などと暴言を放ちまくった、おおさか維新の足立康史議員…。

 一昨日の『日刊IWJガイド』で、僕も「『お馬鹿議員の暴走』で済む話ではない」と憤慨しましたが、事態はさらに進行しています。


院内集会「冤罪を生む刑事訴訟法の改悪を許さない」 2015.12.8

記事公開日:2015.12.8取材地: 動画

 2015年12月8日(火)、衆議院第一議員会館で、院内集会「冤罪を生む刑事訴訟法の改悪を許さない」が開催された。


密告・盗聴・冤罪NO!4.22 院内集会 2015.4.22

記事公開日:2015.4.22取材地: 動画

 2015年4月22日(水)14時より、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、「密告・盗聴・冤罪NO!4.22 院内集会」が行われた。


【大義なき解散総選挙3】「アベノミクス解散」に憲法上の疑義! 衆議院の解散を、総理の「専権事項」と言って済ましてよいのか 郷原信郎弁護士に、岩上安身が聞く〜 岩上安身によるインタビュー 第484回 ゲスト 郷原信郎弁護士 2014.11.21

記事公開日:2014.11.22取材地: テキスト動画独自

 11月21日(金)、衆議院が解散された。安倍総理はこの日の夕方、記者会見し、「この解散は、アベノミクス解散だ」と述べ、今回の選挙の争点がアベノミクスの是非であることを強調した。

 衆議院の解散は、一般的に、総理大臣の専権事項であると理解されている。実際、「解散風」が吹き始めた11月上旬以降、報道陣から解散の時期について聞かれた安倍内閣の閣僚たちは、「解散は、首相の専権事項だ」という回答を繰り返した。

 しかし、今回の安倍総理による衆議院の解散には、憲法上、重大な疑義があるのではないか――。そう疑問を呈するのが、弁護士の郷原信郎氏である。郷原氏は、11月17日付けの自身のブログで、「今回の解散は憲法が内閣に与えている衆議院解散権という点からも、問題がある」と記している。

 なぜ、今回の解散について、憲法上の疑義があると言えるのか。そして、解散総選挙でアベノミクスの是非を問うことに、どのような問題があるのか。11月21日(金)、岩上安身が郷原氏に緊急インタビューを行った。


藤井浩人・美濃加茂市長の「潔白を確信した」郷原弁護士が公判中の事件に見え隠れする検察の「ヤミ司法取引」疑惑を語る 2014.10.30

記事公開日:2014.11.4取材地: テキスト動画

 浄水器業者から便宜を図った見返りとして現金30万円を受け取った疑いで、全国最年少市長である藤井浩人・美濃加茂市長が逮捕・起訴され、現在名古屋地方裁判所で公判中となっている。

 10月30日、第66回日本の司法を正す会は、藤井氏の代理人である郷原信郎弁護士をゲストに招いて村上正邦事務所で開催され、捜査当局による「前代未聞」な立件を強く批判した。