「司法の歴史に汚点を残す判決だ!」福島原発刑事訴訟 東電元経営陣3名「全員無罪」?! 岩上安身による福島原発告訴団弁護士・海渡雄一氏インタビュー 2019.9.28

記事公開日:2019.10.22取材地: 動画独自

※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます!一般会員の方は、記事公開後1ヶ月間以内に限りご覧いただけます。→ご登録はこちらから

 2019年9月19日、東京電力福島第一原発事故の責任を問われていた東電旧経営陣3名全員に無罪判決が下された。この判決に関し、福島原発告訴団の代理人をつとめた海渡弁護士に9月28日(土)、岩上安身がIWJ事務所にてインタビューを行い、話をうかがった。


東電刑事裁判 判決言渡し「記者会見」(司法記者クラブ) 2019.9.19

記事公開日:2019.9.20取材地: 動画

 2019年9月19日(木)13時30分すぎより東京都千代田区の司法記者クラブにて、東電刑事裁判 判決言渡し「記者会見」が行われた。


東電刑事裁判 判決言渡し「地裁前行動」(東京地裁前) 2019.9.19

記事公開日:2019.9.19取材地: 動画

 2019年9月19日(木)11時より東京都千代田区の東京地裁前にて、東電刑事裁判 判決言渡し「地裁前行動」が行われた。東京地裁は、東京電力・勝俣恒久元会長、武黒一郎元副社長、武藤栄元副社長の旧経営陣3人に無罪を言い渡した。


東電幹部は津波を予見できた!「この裁判をやれたという事自身が非常に大きな意味があった。これだけの証拠が社会に出て来た」海渡雄一弁護士らが直前の訴え!! 〜有罪判決を求める 東電刑事裁判 判決直前大集会 2019.9.8

記事公開日:2019.9.8取材地: 動画

 2019年9月8日(日)14時より東京都文京区の文京区民センターにて、真実は隠せない 〜有罪判決を求める 東電刑事裁判 判決直前大集会が開かれた。


「令和新時代に新憲法を」の大合唱が始まる!? 国民投票の前に発議を食い止めねばならない!海渡雄一弁護士、詩人アーサー・ビナード氏らが緊急事態条項と切迫する改憲発議に警鐘! 2019.4.27

記事公開日:2019.4.30取材地: テキスト動画

◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!|特集 憲法改正
※公共性に鑑み、ただいま全編特別公開中です。ぜひ、IWJ存続のため会員登録でのご支援をよろしくお願いいたします。会員登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
※2019年5月7日、テキストを追加しました(5/9注・加筆)。

 平成から令和への代替わりを迎える直前、10連休の初日となる4月27日、東京ウィメンズプラザで、シンポジウム「改憲のもう一つの危険な狙い・自民党草案(緊急事態条項)」が行われ、海渡雄一弁護士、詩人のアーサー・ビナード氏、物理学者の小沼道二氏が登壇した。


「原子炉は停止させるべき」!基準で設置義務のテロ対策施設、完成が間に合わない原発に規制委は毅然とした措置を!! ~4.23脱原発弁護団全国連絡会緊急記者会見「特定重大事故等対処施設の期限厳守を求める」 2019.4.23

記事公開日:2019.4.24取材地: テキスト動画

※19/5/16リード追加しました。

 東日本大震災による福島第一原発事故の反省を元に、国は、航空機が原発に突っ込むようなテロ犯罪まで想定した新しい規制基準を定めた。しかし、既存の原発をこれに適合させるには大規模な工事が必要で、関西電力、四国電力、九州電力が再稼働させている原発では、「原子炉工事計画の認可から5年以内」という特定重大事故等対処施設(以下、特重施設)の設置期限をクリアすることはできない見通しだ。


告訴から7年、東京地裁公判37回に及んだ東電福島原発刑事訴訟がついに結審!! 被告側最終弁論について河合弘之弁護士「一切何もしなかった言い訳を100並べた」!!~3.12公判報告会 2019.3.12

記事公開日:2019.3.17取材地: 動画

 2019年3月12日(火)16時より東京都千代田区の参議院議員会館にて、福島原発刑事訴訟・最終弁論・結審および公判報告会があった。


かつて十和田・八甲田の火砕流も到達!! 日本原燃六ケ所再処理工場審査で原子力規制庁は巨大噴火リスクを無視してよいのか!~12.14緊急政府交渉&院内集会 六ヶ所再処理・核施設の火山審査を問う 2018.12.14

記事公開日:2019.3.7取材地: 動画

 2018年12月14日(金)10時より東京都千代田区の参議院議員会館にて、原子力規制を監視する市民の会、FoE Japanの主催により、緊急政府交渉&院内集会「六ヶ所再処理・核施設の火山審査を問う!巨大噴火リスク無視してよいのか?」が開催された。山田清彦氏(核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団)、海渡雄一氏(弁護士、脱原発弁護団)、中野宏典氏(弁護士、脱原発弁護団)、阪上武氏(原子力規制を監視する市民の会)他が参加した。


河合弘之弁護団長「あの津波が想定外だったと思っている人はもういない。15.7mまで想定していたと社会的に認識し浸透している」~12.27いよいよ論告・求刑へ 福島原発刑事訴訟・第36回公判後の報告会 2018.12.27

記事公開日:2019.1.15取材地: 動画

 2018年12月27日(木)16時より東京都千代田区の参議院議員会館講堂にて、福島原発刑事訴訟 第36回公判後の報告会が開催され、福島原発告訴団弁護団団長の河合弘之弁護士、同弁護団の海渡雄一弁護士らが報告を行った。


東京電力の元会長の勝俣恒久被告質問!! 現場検証は行わず!? ~10.30福島原発刑事訴訟・第34回公判後の報告集会 ―いかに津波対策を怠ったのか。いよいよ、被告人らの責任が明らかになる!? ― 2018.10.30

記事公開日:2019.1.5取材地: 動画

 2018年10月30日(火)17時半より東京都千代田区の参議院議員会館にて、福島原発刑事訴訟・第34回公判後の報告集会が開催された。主催は、福島原発刑事訴訟支援団、福島原発告訴団。


原子力ムラの逆襲が始まった!? 原子力損害賠償法改正案が今国会成立!賠償額は福島事故以前の1200億円に据え置き! 他方、米国主導の国際原子力ムラ「NICE Future」に日本が事務局として参加! IWJは古賀茂明氏と海渡雄一弁護士に緊急直撃取材! 2018.12.13

記事公開日:2018.12.13 テキスト

 この秋に始まった臨時国会では、入管法や水道法の議論の陰で、原発社会体制の復活の布石とも取れる原子力損害賠償法改正案が、11月21日、衆議院文部科学委員会で可決した。

 翌22日には衆議院本会議で賛成多数で可決し、26日に参議院文教科学委員会に付託され、12月4日に水道法改正案と同様可決されてしまい、翌5日の本会議で成立した。


自民党内で進む過剰同調と異様な雰囲気~ 改憲問題対策法律家6団体連絡会による「自民党憲法改正案の臨時国会提出に断固反対する法律家団体の緊急声明」10.26記者会見 2018.10.26

記事公開日:2018.12.1取材地: テキスト動画

◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!|特集 憲法改正

※公共性に鑑み2019年5月3日まで特別公開いたします。ぜひ、IWJ存続のため会員登録でのご支援をよろしくお願いいたします。会員登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 2018年10月26日(金)に、衆議院第二議員会館で、改憲問題対策法律家6団体連絡会による「自民党憲法改正案の臨時国会提出に断固反対する法律家団体の緊急声明」記者会見が行われた。


情報公開制度の崩壊!? 理事会議事録の不開示と黒塗りの設計図面!! ~9.26加計学園問題に関する情報公開請求訴訟を提訴することに関する記者会見 2018.9.26

記事公開日:2018.10.6取材地: テキスト動画

 2018年9月26日(水)、原告人・福田圭子氏、原告訴訟代理人・弁護士の海渡雄一氏、中川亮氏、小川隆太郎氏、海渡双葉氏らが学校法人・加計学園が愛媛県今治市で獣医学部を新設するにあたり、文部科学省に提出した文書が情報公開請求で不開示になったのは違法だとして、不開示決定の取り消しと開示を求めて東京地裁に提訴し、同日に記者会見を行った。


安田好弘弁護士「今の死刑の状況は約100年前の『幸徳事件』時点より以前に戻ってしまった」~森達也氏、オウム事件で死刑執行された弁護人らが上川陽子法務大臣の13人の死刑執行を糾弾! 2018.7.27

記事公開日:2018.8.2取材地: テキスト動画

 「今の死刑の状況は約100年前の『幸徳事件』(※)時点より以前に戻ってしまった」と安田好弘弁護士が訴えた。

 2018年7月27日(金)に東京都文京区で「『死刑執行に抗議する集会』~上川陽子法務大臣の13人の死刑執行を糾弾する」が、死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム90他の主催により行われた。

 安田好弘弁護士は1911年の「幸徳事件」に言及し、以下のように述べた。


オウム元幹部13名死刑執行に抗議の記者会見 10名が再審請求中の執行という前代未聞の事態!~死刑制度反対4団体主催による7月26日朝のオウム元幹部6人死刑執行に対する抗議記者会見 2018.7.26

記事公開日:2018.8.2取材地: 動画

 2018年7月26日(木)16時より、東京都千代田区の参議院議員会館 101会議室にて、アムネスティ・インターナショナル日本、死刑廃止国際条約の批准を求めるフォーラム’90、NPO法人監獄人権センター、「死刑を止めよう」宗教者ネットワークの死刑制度反対4団体主催による、7月26日朝のオウム元幹部6人死刑執行に対する抗議記者会見が行われた。


オール東電による御前会議での議論は経営判断!! 海渡雄一弁護士「裁判は中間点を超え重大な段階にきている!重要な立証段階は終わりつつある!」~6.20福島原発刑事訴訟・第18回公判後の報告集会 2018.6.20

記事公開日:2018.6.21取材地: 動画

 2018年6月20日(水)17時25分頃より、東京都千代田区の参議院議員会館にて、福島原発刑事訴訟・第18回公判後の報告集会が開かれた。


津波高15.7mか13.6mに対応した防波堤をつくるべきだった!!~4.17福島原発刑事訴訟・第7回公判後の記者会見と報告会 2018.4.17

記事公開日:2018.4.26取材地: 動画

 2018年4月17日(火) 17時より東京都千代田区の参議院議員会館にて、福島原発刑事訴訟 第7回公判後の記者会見と報告会が行われた。


加計学園問題に関する情報公開請求につき再度違法・不当な不開示決定があったことに関する記者会見 2018.1.10

記事公開日:2018.1.13取材地: 動画

 2018年1月10日(水)12時30分より、東京都千代田区の司法記者クラブにて、加計学園問題に関する情報公開請求について、再度違法・不当な不開示決定があったことに関する記者会見が行われた。


即時原発ゼロ! 核燃料サイクルからも撤退! 立憲民主党が通常国会に提出を目指す「原発ゼロ基本法案」について小泉元総理が顧問を務める「原自連」と意見交換~立憲民主党 第2回エネルギー調査会 2018.1.10

記事公開日:2018.1.11取材地: 動画

 2018年1月10日(水) 15時半より東京都千代田区の衆議院第一議員会館1階の多目的ホールで、立憲民主党エネルギー調査会による第2回「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟(原自連)」との対話集会・エネルギー調査会が開かれた。


広島高裁の決定が今後の原発訴訟を変える!? 火砕流の危険にさらされているのは伊方原発だけではない! 岩上安身による脱原発弁護団全国連絡会共同代表・海渡雄一弁護士インタビュー 2017.12.19

記事公開日:2017.12.20取材地: 動画独自

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2017年12月19日(火)、東京都新宿区の東京共同法律事務所にて、岩上安身による脱原発弁護団全国連絡会共同代表・海渡雄一弁護士インタビューが行われた。