オスプレイ配備を許さない!7・29 京都講演集会 ~沖縄・岩国のたたかいへの連帯を~ 2012.7.29

記事公開日:2012.7.29取材地: テキスト動画

 2012年7月29日(日)、京都府京都市コープイン京都で、「オスプレイ配備を許さない!7・29 京都講演集会 ~沖縄・岩国のたたかいへの連帯を~」が行われた。集会のメインとなったのは、京都沖縄県人会会長の大湾宗則氏の講演。大湾氏は、沖縄闘争の歴史や、県民の行動の変化のほか、オスプレイについて、単にその危険性だけでなく、アメリカが配備を推し進める理由も含めて幅広く解説した。集会は、主催者であるアジア共同行動・京都の滝川信夫氏の挨拶に始まり、7月23日のオスプレイの岩国基地への陸揚げ・搬入に反対する現地抗議行動について、ビデオによる報告が行われた。


第23回 エネルギーシフト勉強会 2012.7.26

記事公開日:2012.7.26取材地: テキスト動画

 7月26日、衆議院第一議員会館で、「脱原発実現への選択肢を考える」をテーマに、「第23回 エネルギーシフト勉強会」が開かれた。講師は未来バンク理事・田中優氏。ドイツを例に、田中氏は経済成長とエネルギー消費は比例しないと指摘。「GDPが伸びるとエネルギー消費が伸びるというのは、もはや神話」であるとした。


「原発はゼロしかない!」朴勝俊講演会 2012.7.21

記事公開日:2012.7.21取材地: テキスト動画

 2012年7月21日(土)、神戸市勤労会館において、関西学院大学(関学)の朴勝俊(パク・スンジュン)准教授を招いて講演会が開かれた。「原発はゼロしかない!」というテーマで、市民団体の「さよなら原発神戸アクション」が主催した。朴准教授は、関学の総合政策学部で教鞭を執っている。専門は環境経済学。以前から原発問題やエネルギー問題を重点的に研究している。


チェルノブイリ-フクシマ ~ドイツの経験から学ぶ~ 2012.6.28

記事公開日:2012.6.28取材地: 動画

 2012年6月28日(木)、キャンパスプラザ京都で、「チェルノブイリ-フクシマ ~ドイツの経験から学ぶ~」が行われた。


第88回 東京電力定時株主総会レポート 2012.6.27

記事公開日:2012.6.27取材地: 動画

 2012年6月27日(水)、国立代々木競技場 第一体育館正門付近で行われた、「第88回 東京電力定時株主総会」レポートの模様。

 株主以外は会場の体育館内に入れないため、多くの市民団体が屋外敷地で抗議行動を行った。中でも注目を集めていたのは、ドイツの市民団体「エテコン」。エテコンはドイツ・デュッセルドルフに本部をおく2004年創立の「倫理・経済基金」(Foundation Ethics & Economics )で、モラル無視・利益至上主義によって地球環境を破壊する企業や経済システムのあり方に警鐘を鳴らしきた。

 去年の11月、ベルリンで、ブラックプラネット賞の授賞式が行われたが東電が欠席したため、主催者のエテコンのメンバー6人が、東電株主総会に合わせて来日、ブラックプラネット賞のトロフィーを東電に手渡すことを試みた。


市民科学者国際会議 2012.6.24

記事公開日:2012.6.24取材地: テキスト動画

 2012年6月23日(土)24日(日)と2日間にわたり、福島県猪苗代のヴィラ・イナワシロで「市民科学者国際会議」が開催された。日本を始めドイツやフランスなど各国の研究者・科学者が一堂に介し、一般市民も交え、発表やディスカッションを行った。


飯田哲也氏、山口県知事選への出馬に関しての記者会見 2012.6.22

記事公開日:2012.6.22取材地: 動画

 2012年6月22日(金)、山口県庁県政記者クラブで、飯田哲也氏の山口県知事選への出馬に関しての記者会見が行われた。


「TPP交渉の現在と各国の思惑を読み解く」ジェーン・ケルシー氏来日記念 講演&シンポジウム 地域で、世界で、STOP TPP!! 2012.6.21

記事公開日:2012.6.21取材地: テキスト動画

 2012年6月21日(木)18時30分より、東京都千代田区の日比谷図書文化館で、「ジェーン・ケルシー氏来日記念 講演&シンポジウム 私たちの未来は私たちがつくる。地域で、世界で、STOP TPP!!」が行われた。

 TPPの課題、アメリカの真意、現状、とくに、ISDS条項の問題点などを、報告した。第2部では、個別の分野での、有識者の知見や、それらについてディスカッションをした。


枝野幸男経済産業大臣 定例会見 2012.6.19

記事公開日:2012.6.19取材地: テキスト動画

 2012年6月19日(火)、経済産業省本館10階で、枝野幸男大臣の定例会見が開かれた。大飯原発2基の再稼働が決定したが、原子力安全委員会のチェック体制が停止しているため、他の原発についての再稼働の安全審査には着手できない状況を会見で明らかにした。


消費大増税採決に反対する国民集会 2012.6.14

記事公開日:2012.6.15取材地: テキスト動画

 2012年6月14日(木)、憲政記念館で、「消費大増税採決に反対する国民集会」が行われた。


「原発震災事故取材の現場から―ドイツテレビ(ZDF)取材班と共に」 2012.6.13

記事公開日:2012.6.14取材地: 動画

 2012年6月13日(水)、岩波アネックスビルで、「原発震災事故取材の現場から―ドイツテレビ(ZDF)取材班と共に」が行われた。


TPPと郵政シンポジウム〜TPPの郵貯、かんぽ保険への影響、震災地の復興とTPPの問題、労働条件や労働者への要求 2012.6.2

記事公開日:2012.6.2取材地: テキスト動画

 2012年6月2日(土)13時より東京都豊島区の東京労働会館で「TPPと郵政シンポジウム」が行われた。TPPの郵貯、かんぽ保険への影響、EU統合後のドイツ・ポストバンクの実例、震災地の復興とTPPの問題、労働条件や労働者への要求など、各有識者がそれらの意見を話し、問題点を指摘した。


第45回 原発事故収束対策PT総会~報告:植田和弘氏(京都大学大学院経済学研究科教授) 2012.5.24

記事公開日:2012.5.24取材地: テキスト動画

 2012年5月24日(木)、衆議院第2議員会館にて行われた、原発事故収束対策プロジェクトチーム(PT)第45回の模様。


岩上安身のIWJ特報 34号 ― ドイツはいかにして「脱原発」の道を進んできたか〜「ドイツ反原発運動小史」著者・ヨアヒム・ラートカウ・ビーレフェルト大学名誉教授インタビュー〜 2012.5.6

記事公開日:2012.5.6 テキスト独自

インタビューが行われた前日の2月1日に、大島堅一立命館教授から急な連絡があり、ヨアヒム・ラートカウ氏が来日しているのでインタビューしたらどうか、との打診を受けた。ヨアヒム氏は明日帰国してしまうため、明日しかインタビューの機会はないとのことだった。ヨアヒム氏は、ドイツにおいて反原発運動の歴史を研究してきた歴史学者である。


連続講座「原発に頼らない電力の仕組み」No.3・千葉恒久氏講演会「ドイツにおけるエネルギー政策の大転換」 2012.4.14

記事公開日:2012.4.14取材地: 動画

 2012年4月14日(土)、東京都国分寺市の国分寺労政会館で行われた、連続講座「原発に頼らない電力の仕組み」No.3・千葉恒久氏講演会「ドイツにおけるエネルギー政策の大転換」の模様。


「地震・津波そして原発事故 ー被災地の今と明日ー」 2012.4.14

記事公開日:2012.4.14取材地: テキスト動画

 2012年4月14日(土)、兵庫県西宮市の甲東ホールでパネルディスカッション「地震・津波そして原発事故 ―被災地の今と明日―」が行われた。


緊急学習会「震災がれきを受け入れていいのか ~がれき広域処理と放射能汚染の問題点~」 2012.4.7

記事公開日:2012.4.8取材地: テキスト動画

 2012年4月7日(土)、沖縄県那覇市の沖縄大学同窓会館で、「緊急学習会『震災がれきを受け入れていいのか~がれき広域処理と放射能汚染の問題点~』」と題した講演が開かれた。沖縄大学地域研究所などが主催し、沖縄大学教授の桜井国俊氏、東京都市大学元教授の青山貞一氏、琉球大学名誉教授の矢ヶ崎克馬氏が、広域処理に関連する講演を行った。


枝野幸男経済産業大臣 定例会見 2012.4.6

記事公開日:2012.4.6取材地: テキスト動画

 2012年4月6日(金)、経済産業省本館にて行われた、枝野幸男経済産業大臣 定例会見の模様。


第19回エネシフジャパン〜講演 緑の党共同党首ラッセル・ノーマン氏 2012.3.15

記事公開日:2012.3.15取材地: テキスト動画

 2012年3月15日(木)、衆議院第二議員会館で、「第19回 エネシフジャパン」が行われた。


ストップ! 放射能汚染がれき首都圏ネットワーク「放射能拡散させ復興予算奪う、広域がれき受入・焼却の即時中止を求める緊急記者会見」 2012.3.14

記事公開日:2012.3.14取材地: テキスト動画

 2012年3月14日(水)に行われた、「ストップ! 放射能汚染がれき首都圏ネットワーク」による「放射能拡散させ復興予算奪う、広域がれき受入・焼却の即時中止を求める緊急記者会見」の模様。