国税庁職員がまん延防止等重点措置に違反し、飲酒、感染! 外国人五輪関係者は自由に出歩き、「監督者の帯同は必須」も守られず、オリパラ事務局が謝罪!~7.14「東京オリンピック総点検野党合同チーム」ヒアリング 2021.7.14

記事公開日:2021.7.15取材地: テキスト動画

 東京オリンピック開幕が9日後に迫る2021年7月14日、「東京オリンピック総点検野党合同チーム」ヒアリングが衆議院本館にて行われた。

 冒頭、国税庁における新型コロナウイルス感染症感染者の発生についての質疑が行われた。


驚愕の杜撰さ! オリパラ推進本部も組織委も海外選手団コロナ陽性者合計をまとめてない! 病的無責任体質は全五輪関係組織に根ざす! 他方、産経は丸川大臣発言「鵜呑み」で誤報!!~7.13丸川珠代 東京オリンピック・パラリンピック大臣 定例記者会見 2021.7.13

記事公開日:2021.7.14取材地: テキスト動画

 2021年7月13日の丸川五輪大臣の定例記者会見で、IWJ記者が行った質問「無観客でも『別枠』観戦の『五輪ファミリー』はもはや『五輪マフィア』では!?」と、「ウガンダ選手団コーチが、療養期間終了後に陽性でも行動制限緩和されたが、五輪関係者全体に認めるのか?」に、丸川大臣はまともに答えなかった。


「女性たちの命と生活が危機にさらされている!」日本女医会青木理事らがコロナパンデミック下の東京五輪中止を訴え!~日本外国特派員協会主催 青木正美氏、前田佳子氏、松尾亜紀子氏記者会見 2021.7.12

記事公開日:2021.7.12取材地: テキスト動画

 2021年7月12日、東京都千代田区の日本外国特派員協会(FCCJ)で、日本女医会理事の青木正美氏、国際婦人年連絡会CEOの前田佳子氏、フラワーデモ・オーガナイザーの松尾明子氏らが、東京オリンピックの中止を求めて、記者会見を行った。

 会見冒頭、松尾氏は「私たちが東京オリ・パラ中止を強く求めるのは、現在、日本社会を生きる女性たちの命と生活が危機にさらされているからです」と述べ、「6月23日には全国各地と海外で、中止を求める大規模なデモが行われた。しかし、日本政府、東京都、IOC、JOC、日本のメディアはその声を一切無視している」と、今回の記者会見を行うに至った動機を語った。


麻生太郎副総理兼財務相、自民議員の政治資金パーティー講演で「中国が台湾に侵攻したら日米で台湾を防衛しなければならない」と戦争煽動発言! さらに新型コロナの国内死者は少ないとして「先進国の中で最もうまくいっている」とフェイク発言! 五輪は「巨大な祭典、気分も変わる」とも! 2021.7.7

記事公開日:2021.7.12 テキスト

 麻生太郎副総理兼財務相は、2021年7月5日に東京都内で行った講演で、2つも大問題発言をした。

 ひとつは、「日米で台湾を防衛しなければならない」である。これは台湾有事には日本は米国とともに中国と戦争をするべきだとの政治的・軍事的な意思表示であり、戦争煽動発言でもある。現実になれば、原発が林立する日本列島全土に、中国のミサイルが降り注ぐ事態を意味する。


5者協議で東京五輪は無観客開催へ! 丸川大臣は、緊急事態宣言下で五輪を開催する意味、反対意見への説明を求められるがはぐらかし、質疑も切り上げ!~7.9 丸川珠代 東京オリンピック・パラリンピック大臣定例記者会見 2021.7.9

記事公開日:2021.7.9取材地: テキスト動画

 2021年7月9日(金)11時より、内閣府中央合同庁舎にて、丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック大臣による定例記者会見が行われた。

 まず、丸川大臣より2件の報告があった。


現職で都議会第一会派代表の荒木千陽候補が、東京五輪は「強行開催」との認識を示す!~7.1東京都議選・中野区 都民ファーストの会 荒木千陽候補 街頭演説 ―応援弁士:笹川堯 元衆議院議員 2021.7.1

記事公開日:2021.7.3取材地: テキスト動画

 2021年7月1日、東京都中野区のJR中野駅前で、都議会議員候補、荒木千陽・都民ファーストの会代表の街頭演説会が開かれた。

 演説会の冒頭、応援に駆け付けた、笹川堯・元自由民主党衆議院議員は「(小池都知事は)本来ならばここへ来て…都民ファの代表であります荒木千春さん、長い間(小池都知事の)個人的な秘書もやったし、政策秘書もおやりになった、でも来れない、なぜか、体がガタガタになった」、「選挙の時にちょっとでも来ればマスコミにめちゃめちゃに叩かれる」「小池都知事の苦しみを解消するためにも都民ファーストにぜひとも皆さんのお力をお与えいただきたい」と述べた。


行動計画書に記入義務なし!? 5万人にも及ぶオリンピック関係者がコンビニやレストランに行けるとなると、バブル方式は崩壊する!~7.2第23回「ワクチン進捗フォローアップ野党合同チーム」ヒアリング 2021.7.2

記事公開日:2021.7.2取材地: テキスト動画

 2021年7月2日、東京都千代田区の衆議院本館で、野党議員による新型コロナウイルスについての「第23回『ワクチン進捗フォローアップ野党合同チーム』ヒアリング」が行われた。

 東京オリンピック・パラリンピックで入国する、約5万人に及ぶ大会関係者に配られる英文のプレーブック(ルールブック)には、例外的にコンビニや個室レストランが利用できると記載されている。


「感染状況悪化の場合、五輪を無観客にするのか」とのIWJ記者の問いに、丸川大臣は「無観客も選択肢に入れて検討。5者協議で決める」と回答~7.2丸川珠代 東京オリンピック・パラリンピック大臣 定例記者会見 2021.7.2

記事公開日:2021.7.2取材地: テキスト動画

 2021年7月2日(金)11時より、内閣府会見室にて、丸川珠代 東京オリンピック・パラリンピック大臣の定例記者会見が行われた。丸川大臣より報告はなく、記者との質疑応答のみが行われた。

 まず、産経新聞記者から、IOCのバッハ会長が広島を訪問する予定であること、これに対して歓迎できないという声もあることについて、質問があった。


東京五輪は空港検疫も「バブル」も穴だらけ! ウガンダ選手団以前に4人の陽性者がいたことも明らかに! グダグダ菅政権の下では日本はコロナ禍で滅亡する! オペレーション破綻で現場は「無観客に」~6.28第22回「ワクチン進捗フォローアップ野党合同チーム」ヒアリング 2021.6.28

記事公開日:2021.6.30取材地: テキスト動画

 空港検疫で陽性者が見つかっても、陽性者や濃厚接触者がバブル方式の選手村や五輪宿泊施設内で隔離されるかどうかはまだ検討中。検疫で陽性者が見つかっても発表するかどうかも検討中。バブルの中にいるはずの選手や大会関係者が、バブルの外に出て、例外的にコンビニへ行ったり、個室レストランで食事をするには組織委員会の事前許可が必要と言いながら、プレイブックのどこにも書かれていない。


緊急事態宣言を9都道府県で解除! しかし「再度宣言でも五輪開催か?」の質問に、西村康稔コロナ大臣は「IOCが判断」と判断放棄し、菅総理発言「国民の命と健康守れなければ五輪開催しない」とはなはだしい齟齬! 本来なら内閣不一致で総辞職すべき! 2021.6.28

記事公開日:2021.6.29 テキスト

 政府は2021年6月17日、緊急事態宣言を6月20日に9都道府県で解除すると決定した。

 しかし17日に国会で行われた、西村康稔新型コロナ担当大臣による宣言解除の説明に対して、立憲民主党の吉川元議員が「前回宣言解除時より新規感染者が30%以上増加した東京をなぜ解除するのか?」と質問しても、西村大臣は解除と判断する根拠を明確に答えられなかった。


選手村への酒類持ち込み容認とコンドーム配布でバブル内外に感染拡大の可能性!IWJ記者の質問に尾崎治夫会長は「ワクチンは万能ではない」「不特定な感染を広げる要素は避けるべき」と回答!~6.22東京都医師会緊急会見 2021.6.22

記事公開日:2021.6.24取材地: テキスト動画

 2021年6月22日、東京都千代田区の東京都医師会館で、東京都医師会による緊急記者会見が開かれた。

 東京都医師会は6月18日付けで、田村憲久厚生労働大臣、丸川珠代東京五輪担当大臣、東京五輪・パラリンピック大会組織委員会、小池百合子東京都知事に対し、「オリンピック・パラリンピック開催についての意見書」を提出していた。


「バブル隔離の地続きの方針として、選手・関係者の飲酒、セックスを禁止しないのか?」IWJ記者の質問に私的空間内での個人の行動規制には慎重な考え ~6.22丸川珠代 東京オリンピック・パラリンピック大臣 定例記者会見 2021.6.22

記事公開日:2021.6.22取材地: テキスト動画

 2021年6月22日、東京都千代田区の内閣府で丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック大臣による定例の記者会見が行われた。

 IWJ記者は6月18日の定例会見で、丸川大臣に対し「五輪の参加選手は選手村への酒類の持ち込みが禁じられていない」「この有事の際に、避妊具を配布することは、わざわざ税金を使用して感染リスクを高める行為と言わざるをえない」「日本国民や日本在住の方々には宴会などの自粛をお願いしているにも関わらず、五輪選手だけ許されるのは理にかなっていない」などと指摘した。


どう考えても新型コロナ感染拡大のリスクでしかない東京五輪・パラ開催の大義とは? 開催の可否を検証しない政府が被害の責任を負うのか?~6.18 第20回「ワクチン進捗フォローアップ野党合同チーム」ヒアリング 2021.6.18

記事公開日:2021.6.18取材地: テキスト動画

 2021年6月18日(金)午後1時より衆議院本館にて、第20回「ワクチン進捗フォローアップ野党合同チーム」ヒアリングが開催された。

 このヒアリングでは、第39回アドバイザリーボード資料「緊急事態宣言、ワクチン展開、オリンピック、デルタ変異株などにもとづく6~9月東京における流行プロジェクション」(2021年6月13日)などを論拠として、野党議員により関係省庁にオリンピック開催の是非が問われた。


五輪選手村では酒類の持ち込みは禁止されず、コンドーム16万個配布! IWJ記者の感染拡大懸念に丸川大臣は「組織委員会にうかがってから相談」と責任逃れ!~6.18丸川珠代 東京オリンピック・パラリンピック大臣定例記者会見 2021.6.18

記事公開日:2021.6.18取材地: テキスト動画

 2021年6月18日(金)、午前11時頃より、東京都千代田区の内閣府本部庁舎にて、丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック大臣の定例会見が行われた。

 大臣からの冒頭発言はなく、記者との質疑応答となった。


政府が7月19日から9月5日まで49日間のテレワーク一斉実施を要請! 東京五輪最優先を「働き方改革の国民運動」と言い換えるご都合主義!~6.11丸川珠代 東京オリンピック・パラリンピック大臣定例記者会見 2021.6.11

記事公開日:2021.6.11取材地: テキスト動画

 2021年6月8日(火)、午前9時30分頃より、東京・永田町の内閣府本部庁舎にて、丸川珠代東京オリンピック・パラリンピック大臣の定例記者会見が行われた。

 冒頭、丸川大臣より、(1)令和3年版男女共同参画白書の閣議決定、(2)女性の視点からの防災・減災の推進についての大臣メッセージ、(3)「テレワーク・デイズ2021」の3つの項目についての報告があった。


6月7日の参院決算委で「国民の命と健康を守れなければ五輪開催しない」と強弁した菅義偉総理を、6月9日の国会での党首討論で立憲・枝野幸男代表と共産・志位和夫委員長が追及! 五輪開催の理由を聞かれて「逆ギレ」するだけで理由を口にしなかった総理は記者会見で「私の考え方を丁寧に説明させていただけた」!? 2021.6.11

記事公開日:2021.6.11 テキスト

 2021年6月9日、菅義偉総理初の党首討論が行われた。立憲民主党の枝野幸男代表は、東京五輪の開催によって、国民の「命と健康が脅かされるような事態を招くのではないか」と質問したが、菅総理は1964年の自らの東京五輪の思い出話を延々6分45秒して、質疑時間を浪費し、国民の命と健康が脅かされる危険性については答えず、肩すかしを食わせた。


IWJ記者の質問に対して東京都医師会会長の尾崎治夫会長は「やるとすれば無観客しかないだろう」とズバリ回答! コロナ禍の医療体制~6.8東京都医師会定例会見 2021.6.8

記事公開日:2021.6.10取材地: テキスト動画

 2021年6月8日(火)、午後4時半頃より、東京都千代田区の東京都医師会館にて、東京都医師会の定例会見が開かれた。

 会見の主旨は東京のワクチン接種の進行や人員確保だったにも関わらず、質問では東京オリンピック・パラリンピックの医療体制や、開催の是非についての質問が相次いだ。


国会出席を理由に約8分で会見切り上げ!丸川大臣との質疑応答では東京五輪の今夏開催へ疑義を表明する記者もいない!オリンピックは本当に開催されるのか?~6.1丸川珠代 東京オリンピック・パラリンピック大臣 定例記者会見 2021.6.1

記事公開日:2021.6.2取材地: テキスト動画

 2021年6月1日(火)、午前9時20分頃より、東京都千代田区の内閣府本部庁舎にて、丸川珠代 東京オリンピック・パラリンピック大臣の定例会見が行われた。


「コロナ分科会の五輪リスク評価、公表に政府の了承得られず」報道の真偽は!? 事前通告にも内閣府担当者あらわれず!「いつ議論するのか!?」~5.31第15回「ワクチン進捗フォローアップ野党合同チーム」ヒアリング 2021.5.31

記事公開日:2021.6.1取材地: テキスト動画

 2021年5月31日、東京都千代田区の衆議院本館で「ワクチン進捗フォローアップ野党合同チーム」が、高齢者へのワクチン接種体制など、9項目について、政府側担当者に対しヒアリングを行った。

 合同チームは、事前に5月31日の毎日新聞の報道に触れ「コロナ分科会がオリンピックのリスク評価を提出しようとしたら、政府の了承を得られず、公表されていないと言う件について」質問通告している。


「東大寺さんがえらいことに」!? 新型コロナウイルスの感染が「急速に拡大している!」と荒井正吾・奈良県知事が懸念を示す中、強行された聖火リレー! 結局その後、県は緊急事態措置を発出!~4.12奈良県東京五輪聖火リレー 2021.4.12

記事公開日:2021.5.29取材地: テキスト動画

 新型コロナウイルス感染拡大は収まらず緊急事態宣言の終わりも見えない中、日本各地で行われる東京五輪聖火リレーの様子を伝えるため、IWJ記者は奈良県に入り聖火リレー2日目の様子を取材した。なおIWJ記者は大勢のスタッフで押しかけたりせず、単身で取材・撮影を行った。

 東京オリンピック・パラリンピックは、その開催招致の段階からIOC委員に対する買収疑惑などが取りざたされ、開催費用についても、いわば国際公約違反とも言える当初予算の三倍以上に膨れ上がるという事態になっている。