「頼むから邪魔しないでくれ!」コロナウイルス感染源と名指しされた業界の心の声を代弁!~7.20 日本外国特派員協会主催 甲賀香織氏(日本水商売協会理事)岩室紳也氏(泌尿器科医、公衆衛生専門家)記者会見 2020.7.20

記事公開日:2020.7.20取材地: テキスト動画

特集 #新型コロナウイルス
※20/8/6リードを追加しました

 2020年7月20日、東京千代田区の日本外国特派員協会で、東京都の小池百合子都知事が、都内の新型コロナウイルス感染クラスターの発生源として「接待をともなう飲食店」と表現したことについて、業界の窮状を一般社団法人・水商売協会代表理事の甲賀香織さんが訴えた。


東京都で、政府が定めた2つの要件、感染拡大の兆候とクラスターの発生を内閣府も厚労省も認める!「なぜ休業要請をしない」!? ~7.14第7回 感染実態解明 野党合同ヒアリング 2020.7.14

記事公開日:2020.7.17取材地: 動画

 第7回 感染実態解明 野党合同ヒアリングが2020年7月14日(火)16時30分より東京都千代田区の衆議院本館にて実施され、野党議員らが新型コロナウイルスの感染状況、検査体制などについて内閣官房、厚生労働省へ聴き取りを行なった。


フリーランスのAさんが決意の顔出し証言!!「私のように制度と制度のはざまにいる人がいます!」~7.14野党合同国対ヒアリング―内容:持続化給付金+GoToキャンペーンについて 2020.7.14

記事公開日:2020.7.17取材地: 動画

 2020年7月14日(火)15時より東京都千代田区の衆議院内第4控室にて、野党合同国対ヒアリングが開かれ、持続化給付金+GoToキャンペーンについて、経済産業省、国土交通省、厚生労働省より問い質した。


船橋二和病院労働組合書記長 柳澤裕子氏「医療は社会になくてはならない。経営者側は『ベッドを埋めろ』と言う。私たち医師は『埋める』のではなくベッドにいる患者さんを退院させたい」~7.15 船橋二和病院労働組合記者会見 2020.7.15

記事公開日:2020.7.16取材地: テキスト動画

特集 #新型コロナウイルス
※2020年7月17日、テキストを追加しました。

 日本医療労働組合連合会が、加盟する医療機関に対し、夏のボーナスについて調査したところ、6月30日の時点で回答した338の医療機関のうち、約3割にあたる115の医療機関で、ボーナス額が去年より引き下げられていたという調査結果が報告された。

 コロナ禍での受診控えの広がりなどによって、病院の経営が悪化。今、「経済的医療崩壊」とでも言える事態があちこちの病院で起きている。


新型コロナで人は死んでいないという俗説はまやかし!? 日本の新型コロナの致死率は、4.447%! 季節性インフルエンザの40倍以上! 「第2波」は重症者が少ないから医療体制は万全は嘘!? GoToキャンペーン予算を医療へ! 2020.7.15

記事公開日:2020.7.15 テキスト

 新型コロナウイルス感染症の死亡者数を各国で比較して「日本をはじめとするアジア諸国の100万人当たり死者数は欧米に比べ圧倒的に少ない」、「なぜこのように死亡率が低いのか、研究課題になっている」というような言説がまことしやかにメインストリーム・メディアやSNSで流れ、それを信じている人も多いかと思います。


新型コロナウイルス感染拡大を予測した文書2通を東京都が廃棄!東京における7月の感染者急増をピタリと予測した政策研究大学院大学・土谷隆教授の論文をもとに、廃棄された文書の内容を検証! 2020.7.15

記事公開日:2020.7.15 テキスト

 2020年3月に厚生労働省クラスター(感染者集団)対策班が東京都に提出した感染状況の予測文書3通のうち2通を、東京都が廃棄したことが明らかになった。

 IWJでは、政策研究大学院大学・土谷隆教授の論文をもとに、廃棄された文書の中身について検証を行った。これまでマスメディアではほとんど取り上げられてこなかったが、土谷教授は東京における7月の感染者急増をピタリと予測している。


辺野古基地阻止!ゲート前座り込み行動等における感染拡大防止のためのガイドライン 2020.6.15

記事公開日:2020.7.13取材地: 動画

 2020年6月15日(月)8時30分より、沖縄県宜野湾市の辺野古ゲート前にて、辺野古新基地を造らせないオール沖縄会議の主催により「辺野古基地阻止!ゲート前座り込み行動等における感染拡大防止のためのガイドライン」と題して、抗議行動が行なわれた。


【速報】東京都で9日、新型コロナウイルスの新規感染者224人確認! 緊急事態宣言中を超え、過去最多! 2020.7.9

記事公開日:2020.7.9 テキスト

【速報】東京都で9日、新型コロナウイルスの新規感染者224人確認! 緊急事態宣言中を超え、過去最多!

 東京都は7月9日、新型コロナウイルスの新規感染者224人が確認されたと明らかにした。これは、1日あたりの感染者としては過去最多。これまでの最多人数は、緊急事態宣言が発令されていた4月17日の206人だった。


厚労省が提出した、空欄あり、週遅れの感染データ書類に苛立つ野党議員!なぜ「夜の街」と呼ぶ?「繁華街」でいいじゃないか!行政の職業差別意識にも批判!~7.7野党合同国対ヒアリング 感染実態解明 2020.7.7

記事公開日:2020.7.9取材地: テキスト動画

 2020年7月7日(火)午後5時より、千代田区永田町衆議院本館第4控室にて、「第6回 感染実態解明 野党合同ヒアリング」が行われた。野党議員団が内閣官房、厚生労働省の各担当者に新型コロナウイルス感染の現状と今後について質疑を行なった。


新型コロナウイルス第2波に「和歌山モデル」は有効! IWJは和歌山県に直接取材! 「徹底的な検査と調査」が感染封じ込めの2本柱! 2020.7.8

記事公開日:2020.7.8 テキスト

 和歌山県は、2月13日以降、和歌山県の済生会有田病院では、医師や入院患者など11人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたが、約3週間後には安全宣言を出し、通常の診療を再開した。この迅速な感染封じ込めは、「和歌山モデル」と称賛され、国内外の注目を集めた。


「PCR検査について、様々な、必要とされている方やリスクの高い方に、予防的にやっていくという面もあるので、戦略的に裾野を広げていこうとしているわけであります」~7.7西村康稔全世代型社会保障改革担当大臣定例会見 2020.7.7

記事公開日:2020.7.7取材地: テキスト動画

 2020年7月7日(火)午後5時30分より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館・会見室にて、内閣府 西村康稔 全世代型社会保障改革担当大臣の定例記者会見が行なわれた。

 冒頭、西村大臣からの報告はなく、そのまま、各社記者と西村大臣との質疑応答となった。同日発表された家計調査(2020年5月分)の内容についての質問が一つあった他はすべて新型コロナウイルス対策に関するものであった。


小池都知事が「感染は『夜の街』に」と明言しても打つ手なし! 可視化されない「夜の街」の現状! クラス全員、キャバクラで働いた経験があるという高校が東京に実在することが取材で判明!! 背景には貧困と奨学金ローンの返済が!! ~連載第1回~ 2020.7.6

記事公開日:2020.7.6 テキスト

 7月5日、小池都知事の再選が決まった。しかし、誰が都知事になろうとも、東京で今まさに膨れ上がり続けているコロナ「第2派」の勢いは簡単には止められそうにない。


新型コロナ分科会会長 尾身茂氏「新規感染者数を見ると第二波を心配する材料はあるが、重症化患者も少なく、病床も確保されており、PCR含め検査数も増えている」~7.3西村康稔 全世代型社会保障改革担当大臣 定例会見 2020.7.3

記事公開日:2020.7.3取材地: 動画

 2020年7月3日(金)18時より、東京都千代田区の中央合同庁舎にて、新型コロナ対策担当大臣の西村康稔氏、新型インフルエンザ等対策有識者会議基本的対処方針等諮問委員会会長で地域医療機能推進機構〔JCHO〕理事長尾身茂氏による会見が開かれた。


東京で新型コロナ新規感染者が124人!2日連続100人超えでも小池百合子都知事は「国のサイドの緊急事態宣言が行われた場合にはあらためて判断する」と休業要請に慎重な考えを表明!〜7.3小池百合子東京都知事定例会見 2020.7.3

記事公開日:2020.7.3取材地: 動画

 2020年7月3日(金)14時より、東京都庁にて小池百合子東京都知事による定例会見が開かれ、都内での一日あたりの新型コロナウイルス感染者が2ヶ月ぶりに100人を超えたと報告した。


【第467-473号】岩上安身のIWJ特報!パンデミック前夜!? 日本人の間で感染爆発!? 「不要な」水際対策で「ダイヤモンド・プリンセス」が犠牲に!医療ガバナンス研究所理事長・上昌広氏インタビュー第1弾(2020年2月16日) 2020.6.30

記事公開日:2020.7.1 テキスト独自

特集 #新型コロナウイルス◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!

※サポート会員に登録すると岩上安身インタビューなどすべての記事を無制限でご覧いだたけます。ぜひ、サポート会員登録してご利用ください。ご登録はこちらから

 日本における新型コロナウイルス対策について、当初からその問題点を指摘し続けてきた上昌広医師のインタビューをお届けする。インタビューを通じて、岩上安身は上氏から、その後の感染拡大と対応策の齟齬を予見するような、多くの意義ある提言や知見を引き出している。


(再掲)「世界は新たな危険段階に入った」とWHOが発表!新型コロナ世界新規感染者数は15万人超え!米国とブラジルの2カ国は、それぞれ1日あたり3万件を超えるペースで急増!感染抑止政策によって各国に明暗! 2020.6.22

記事公開日:2020.6.22 テキスト

 新型コロナ・ウイルスの1日あたり新規感染者数が15万人を超えたことを受けて、WHOのテドロス事務局長は、世界は「新たな危険段階に入った」と発表した。

 6月19日に行われた記者会見で、テドロス事務局長は、「パンデミックは加速している」「COVID-19の15万件を超える新規症例が昨日WHOに報告された。これはこれまでの(1日あたりの新規症例として)最大数である。これらの症例のほぼ半分は南米と北米から報告されており、南アジアおよび中東からも多数報告されている」とし、「世界は新たな危険段階に入った」という認識を示した。


【特別寄稿】英エセックス大人権センター・フェロー藤田早苗氏のイギリス・ロックダウンレポート(その2-5)〜ちょっとだけ緩和されたロックダウン:ソーシャルディスタンス編 (藤田早苗) 2020.6.19

記事公開日:2020.6.19取材地: | テキスト

 前回、ロックダウン中の英国からレポートを寄稿していただいた、エセックス大学人権センター・フェローの藤田早苗氏から、第2弾となるレポートが届いた。長文の寄稿のため、5回に分けてロックダウンの緩和を迎えた英国の現状をお伝えしている。今回はその5回目、最終回である。


【特別寄稿】英エセックス大人権センター・フェロー藤田早苗氏のイギリス・ロックダウンレポート(その2-4)〜ちょっとだけ緩和されたロックダウン:医療従事者やケアワーカーへの格差が危険を広げている 編 2020.6.19

記事公開日:2020.6.19取材地: | テキスト

 前回、ロックダウン中の英国からレポートを寄稿していただいた、エセックス大学人権センター・フェローの藤田早苗氏から、第2弾となるレポートが届いた。長文の寄稿のため、5回に分けてロックダウンの緩和を迎えた英国の現状をお伝えしている。今回はその4回目である。


持続化給付金の不透明と遅滞を糺す! 原口一博議員「あなた方でわからないならもう電通の社長に来ていただくほかない」、山井和則議員「申請者の命の問題。一秒でも早く!」~6.18野党合同国対ヒアリング 2020.6.18

記事公開日:2020.6.18取材地: テキスト動画

 2020年6月18日(木)11時より、衆議院本館第4控室にて、「野党合同国対ヒアリング ―内容:持続化給付金の遅滞問題等について」が行われた。冒頭、国民民主党原口一博国対委員長は、「国会が閉会したが、ヒアリングや委員会は休みにせず継続していく。適正な執行のために必要なチェックを続けていく」と述べた。


日本でコロナ感染者が確認されてから約6か月、風評被害で減少する来院者たち!! 東京都医師会が喚起する第2波を防ぐために必要な対策とは!?~6.10 東京都医師会 緊急会見 2020.6.10

記事公開日:2020.6.17取材地: 動画

 2020年6月10日(水)17時より東京都千代田区の東京都医師会館にて、東京都医師会 緊急会見が開かれ、東京都医師会の新型コロナウイルス感染症対策などについて報告をした。