「極東でも米国とロシアが衝突し、日本も参戦するような事態を想定しているか?」IWJ記者質問に岸大臣は「仮定の質問には答えを控える」を繰り返すのみ!~2.22岸信夫 防衛大臣 定例会見 2022.2.22

記事公開日:2022.2.22取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材、文・渡会裕)

 2022年2月22日、東京都新宿区の防衛省で、岸信夫防衛大臣による閣議後の定例会見が行われた。

 会見でIWJ記者は、ロシアのプーチン大統領が「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の独立を承認したことを受けて、「この後の展開として、ロシア軍が両州に入ることが想定され、ウクライナがNATO加盟を申請し、即、承認となった場合、ロシアとNATO全体が直接対決することになり、バイデン大統領が言っていた『アメリカ人とロシア人が撃ち合う時、それは世界大戦になる』という言葉が現実になるかもしれない」、「今、最前線はロシアとウクライナ国境だが、極東でも米国とロシアが衝突し、日本も参戦するような事態を大臣は想定しているか?」と質問した。

 これに対し岸・大臣は「その後の事態については仮定である。仮定の質問には答えを控える」と繰り返し、想定の有無さえ答えることはなかった。

 ロシア国防省が今月12日、「北方領土の千島列島のウルップ島周辺海域で、アメリカ海軍の原子力潜水艦がロシアの領海を侵犯した」と発表するなど、米・露の緊張は東欧の一地域に限らないことは明らかである。日本の防衛を担当する大臣としての姿勢が問われている。

■全編動画

  • 日時 2022年2月22日(火)11:10~
  • 場所 防衛省 A棟 第1省議室a (東京都千代田区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です