【第524-526号】岩上安身のIWJ特報! 日米首脳会談で対中強硬姿勢が加速! 日本は「原発を抱いたまま米国の戦争に自動参戦する国」に! 岩上安身による立憲民主党・小西洋之参議院議員インタビュー 外交安全保障編 2021.8.31

記事公開日:2021.10.2 テキスト独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ編集部)

※全編は会員登録すると御覧いただけます。サポート会員の方は無期限で御覧いただけます!→ご登録はここから

 4月の日米首脳会談で、ロイターは「日本から対中強硬姿勢を引き出すため」にバイデン大統領が新型コロナウイルスワクチンの増産を推進したと報じた。

 ワクチンは、実は「米中戦争」という「鬼の征伐」に、「猿・犬・キジ」の代わりに日本をついてこさせるための「お腰につけた吉備団子」であった、らしい。

 ワクチンをエサに、米国の戦争に巻き込まれる日本という現実を、日本政府も、大手の御用メディアも伝えない!

 「米中戦争」への加担は、日本に大きな被害のない、一方的な勝ち戦に終わる可能性はほとんどない、ということをまだまだ多くの人々が知らない。

 小西議員は、「対中国(との戦争)で、本来、アメリカ軍がやるような役割も自衛隊にやらせようというのは、明らかだと思います。アメリカとしては、どんな手段でも使うっていうのは、ありうる話かもしれない」とのべた。

 インタビューでは続いて、米国の戦争を日本が肩代わりするための、戦時独裁体制を可能とする、2012年の自民党改憲案草案、その後出された2018年の改憲4項目「たたき台素案」に込められた緊急事態条項の危険性を検証した。

記事目次

  • 各国のコロナ対応で見えてきた国家システムの競争。米中対立に巻き込まれる日本には、軍事的緊張のリスクを回避する調整機能が必要!
  • ワクチン争奪戦に遅れをとった日本。菅総理は戦争協力と引き換えに米国からワクチン供給を!? ロイターは『日本から対中強硬姿勢を引き出すため』と指摘!
  • 恐ろしげな2012年の改憲草案がソフトな「改憲4項目」にイメージチェンジ! しかし、緊急事態条項という猛毒が潜んでいる!
  • 「災害対策に緊急事態条項が必要」という詭弁! そこには「武力攻撃災害」が含まれていて、戦争にも適用される!
  • 国会を止めて内閣に権力を集中させる緊急事態条項。「民主主義国家で、国会を止めて、国民が幸せだった例があるんですか?」
  • 改憲派が言う「衆院の選挙中に大災害が起きて国会議員がいない状態への対応」は、憲法の緊急事態条項ではなく法律で可能!
  • 安倍前総理が自民党・憲法改正推進本部の最高顧問に就任!「自民党議員の多くが安倍時代しか知らないから、安倍総理がおかしい人だと思わない」
  • 「米国の戦争に自動参戦する日本」を作った安倍前総理、なんと原発の新増設を求める自民議連の顧問にも! 「原発と戦争」を同時推進する究極の矛盾!

各国のコロナ対応で見えてきた国家システムの競争。米中対立に巻き込まれる日本には、軍事的緊張のリスクを回避する調整機能が必要!

第524-526号は、「まぐまぐ」にてご購読も可能です。

※「まぐまぐ」はこちら

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページより御覧になれます。

サポート会員 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です