秘密法と共謀罪は廃止!! 連続学習会第1回「秘密法と共謀罪で肥大化する権力」 2017.11.7

記事公開日:2017.11.20取材地: 動画

 2017年11月7日(火)18時半より名古屋市東区にあるウィルあいち 大会議室にて、秘密法と共謀罪は廃止!! 連続学習会第1回「秘密法と共謀罪で肥大化する権力」が開催された。


違法取り調べによる精神的苦痛を受けたとして国へ慰謝料請求 防衛省情報本部 3等陸佐 大貫修平氏 公判・公判後の記者会見 2017.9.1

記事公開日:2017.9.19取材地: 動画

 2017年9月1日(金)、10時30分よりさいたま市浦和区のさいたま地方裁判所で公判が行われ、11時15分より埼玉県庁にて、「違法取り調べによる精神的苦痛を受けたとして国へ慰謝料請求」をした防衛省情報本部 3等陸佐 大貫修平氏の記者会見が開かれた。


「共謀罪の成立で政府は監視の合法的な理由を手にしてしまった」~小笠原みどり氏がスノーデン新文書を含め監視について講演――スノーデン新文書には米軍と日本政府の密約についても!! 2017.8.11

記事公開日:2017.8.28取材地: 動画

 2017年8月11日、神奈川県横浜市の横浜市開港記念会館にて、ジャーナリストの小笠原みどり氏を講師として招き、「再び小笠原みどりさんに聞く『スノーデン新文書公開 共謀罪もアメリカによるデザイン?』」と題する講演会が行われた。


NSAの最大のターゲットはジャーナリスト!?監視法制の整備、公安関係者の首相補佐官への登用、スパイ化する安倍政権の手口!?~ 小笠原みどり氏がJCJ賞贈賞式で記念講演 2017.8.19

記事公開日:2017.8.28取材地: 動画

 2017年8月19日(土)、東京都千代田区の日本プレスセンターにて、日本ジャーナリスト会議 (JCJ)の主催により、「JCJ賞贈賞式・記念講演『監視社会とメディア』」が開催され、講師としてジャーナリストの小笠原みどり氏が登壇した。


「だまされちゃいけない!!『テロ等準備罪』はテロのためのものじゃない!! テロを防ぐ法律はすでにある!!」~山本太郎議員・有田芳生議員・海渡雄一弁護士らが街頭リレートークで共謀罪を徹底批判!! 2017.5.28

記事公開日:2017.5.28取材地: 動画

 2017年5月28日(日)11時55分から、新宿アルタ前にて、5・28新宿アルタ前街頭リレートーク 〜憲法違反のテロ等準備罪(共謀罪)は廃案、安全保障関連法と特定秘密保護法は廃止〜が行われた。


閣議決定・国会提出間近!? 「共謀罪」新法案を読み解く~岩上安身による平岡秀夫弁護士 ・海渡雄一弁護士インタビュー 2017.3.6

記事公開日:2017.3.7取材地: 動画独自

 2017年3月6日(月)、東京都港区のIWJ事務所にて、元法務大臣の平岡秀夫弁護士と海渡雄一弁護士に岩上安身がインタビューを行った。平岡秀夫氏・海渡雄一氏共著『新共謀罪の恐怖』は、2017年3月、緑風出版より緊急発売。


監視・歴史・技術――戦後日本社会の欺瞞と天皇制の闇を暴く! 特別対談:『1★9★3★7』著者・辺見庸氏×ジャーナリスト・小笠原みどり氏(司会進行:岩上安身) 2017.1.3

記事公開日:2017.1.7取材地: 動画独自

※公共性に鑑み2019年5月3日まで特別公開いたします。
ぜひ、IWJ存続のため会員登録でのご支援をよろしくお願いいたします。
会員登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 2017年1月3日(火)、東京都港区のIWJ事務所にて、話題作『1★9★3★7』著者の辺見庸氏とジャーナリストの小笠原みどり氏の対談企画が行なわれた。岩上安身が司会を務めた。


「内面を言葉にしただけで取り締まられるとすれば想像するだけで息苦しい」――櫻井よしこ氏が共謀罪を的確に批判していた過去!なぜ「表現の自由」を抑圧する自民党改憲案を支持!? 2016.12.6

記事公開日:2016.12.11取材地: テキスト動画

  2016年12月6日(火)、元法務大臣の平岡秀夫氏を講師に招いた「秘密保護法 強行採決から3年『12・6を忘れない6日行動』 話しあうことが罪になる 共謀罪の国会提出を許さない!市民の集い」が、文京区民センターで行われた。「『秘密保護法』廃止へ!実行委員会」が主催した。

 IWJでは監視社会化を招く共謀罪について、特集を組んで警鐘を鳴らしている。ぜひ、御覧いただきたい。


「秘密保護法」違憲裁判の原告と考える―刑訴法大改悪と私たち―名ばかりの「可視化」と引き換えに権力が手に入れた「盗聴法」拡大と「司法取引」 ―林克明氏(「秘密保護法」違憲裁判の原告) 2016.8.30

記事公開日:2016.8.31取材地: 動画

 2016年8月30日(火)、東京都千代田区のダイナミックビルにて、「『秘密保護法』違憲裁判の原告と考える―刑訴法大改悪と私たち―名ばかりの『可視化』と引き換えに権力が手に入れた『盗聴法』拡大と『司法取引』」と題する学習会が行われ、「秘密保護法」違憲裁判原告の林克明氏が登壇した。


過去3回廃案になった危険な「共謀罪」が名前を変えて国会に再登場!? 海渡雄一弁護士が報告「適用犯罪が700に増えている」――秘密保護法、通信傍受制度、共謀罪で暗黒監視社会が完成!? 2016.8.30

記事公開日:2016.8.30取材地: テキスト動画

 あの小泉政権時代にも廃案となった危険な「共謀罪」の成立を、安倍政権は虎視眈々ともくろんでいるようだ。

 2016年8月30日、東京都文京区の文京シビックセンターで、「『秘密保護法』廃止へ!実行委員会」による学習会「表現の自由と国際人権?許すな!共謀罪新設・秘密保護法廃止!?国連表現の自由特別報告者ケイ氏の暫定報告書を受けて」が行われ、デイビッド・ケイ氏による日本公式訪問のコーディネーターであり、ケイ氏の暫定所見の仮訳を作成した弁護士の海渡雄一氏が報告を行った。


米国NSAの全世界的情報傍受システムが監視するのはテロリストではなく市民! スノーデン氏にインタビューしたジャーナリストの小笠原みどり氏が監視社会の恐ろしさを伝える! 2016.8.27

記事公開日:2016.8.27取材地: テキスト動画

※9月18日 テキストを追加しました!

 2013年5月、英紙「ガーディアン」紙上で、米国家安全保障局(NSA)による全世界的盗聴システムの実態が暴かれた。暴露したのは、米中央情報局(CIA)やNSAで情報収集活動をしていた、元局員のエドワード・スノーデン氏。

 スノーデン氏による告発は、米国のみならず、世界で大センセーションを巻き起こした。電話を盗聴されていたドイツのメルケル首相は激怒し、フランスのオランド大統領もNSAに対して強く抗議した。


憲法違反の「安保法制」&「特定秘密保護法」廃止 兵庫大集会・パレード 2016.5.28

記事公開日:2016.5.28取材地: 動画

 2016年5月28日(土)、神戸市中央区の東遊園地噴水広場にて、憲法違反の「安保法制」&「特定秘密保護法」廃止 兵庫大集会・パレードが行われた。


刑訴法「改悪」法案の採決は5月19日!?冤罪を増やす「取り調べの一部可視化」に賛成した日弁連を日弁連元会長・宇都宮健児氏が批判!「日弁連がなぜ賛同しているのか全然わからない」 2016.5.10

記事公開日:2016.5.10取材地: テキスト動画
▲宇都宮健児・日弁連元会長

※5月14日テキストを追加しました!

 刑事訴訟法改正案の参院審議がヤマ場をむかえようとしている。

 冤罪事件を防止するどころか、さらに増やす可能性がある「取り調べの一部可視化」や盗聴法の拡大、司法取引制度の導入など、国民の人権に関わる問題を数多くふくんだこの改正案。今年は参議院が改選されるため、会期末(6月1日)までに法案が参議院で可決・成立しなければ法案は「廃案」となる。法案を成立させたい与党側は、早ければ5月19日(木)にも参院法務委員会で採決・可決させたいと目論んでいる。


秘密保護法違憲訴訟・控訴審判決後の報告会 2016.4.26

記事公開日:2016.4.26取材地: 動画

特集 秘密保護法

 2016年4月26日、東京都千代田区の弁護士会館にて、秘密保護法違憲訴訟・控訴審判決後の報告会が行われた。


4・21院内学習会「表現の自由は保障されているのか!?」 ~講師 藤田早苗氏 2016.4.21

記事公開日:2016.4.21取材地: 動画

  2016年4月21日(木)、東京都千代田区にある参議院議員会館にて、講師に英国エセックス大学人権センターフェロー藤田早苗氏を招いて、4・21院内学習会「表現の自由は保障されているのか!?」が開催された。


「12・6を忘れない 6日行動」院内シンポジウム 安倍政権の『メディア規制』を許さない!―表現の自由・知る権利は私たちのものだ― 2016.3.7

記事公開日:2016.3.7取材地: 動画

 2016年3月7日(月)、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、3・7「12・6を忘れない 6日行動」院内シンポジウム 安倍政権の『メディア規制』を許さない!―表現の自由・知る権利は私たちのものだ―が行われた。


秘密保護法は憲法違反! 〜テロ対策の名の下に現実化する刑事事件リスクと闘う〜 2016.2.19

記事公開日:2016.2.19取材地: 動画

 2016年2月19日(金)、東京都千代田区の弁護士会館にて、秘密保護法対策弁護団・2月勉強会「秘密保護法は憲法違反! 〜テロ対策の名の下に現実化する刑事事件リスクと闘う〜」が開催された。


2・8公文書管理法の改正を求めるシンポジウム 2016.2.8

記事公開日:2016.2.8取材地: 動画

 2016年2月8日(月)、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、「秘密保護法」廃止へ!実行委員会主催による、2・8公文書管理法の改正を求めるシンポジウムが行われた。


ニューイヤーロックアクション! 戦争あかん!秘密法廃止! 2016.1.6

記事公開日:2016.1.7取材地: 動画

 2016年1月6日(水)18時30分から、大阪市北区の中之島公園水上ステージから、「ニューイヤーロックアクション! 戦争あかん!秘密法廃止!」デモが行われた。


パリのテロに便乗して「共謀罪」創設!? 秘密保護法、盗聴法、安保関連法…「戦争できる国」が進める「治安立法」の脅威!~海渡雄一弁護士、平岡秀夫元法相ら警鐘! 2015.9.7

記事公開日:2015.11.19取材地: テキスト動画

特集 共謀罪(テロ等準備罪)法案シリーズ|特集 秘密保護法
※2015年11月19日テキスト加筆しました!

 パリの同時多発テロ事件を受け、自民党の谷垣禎一幹事長らが「共謀罪」の創設に再度、意欲を示した。

 2015年11月17日、谷垣氏はテロ撲滅のためには「共謀罪」の創設が必要との認識を示し、「来年5月に日本は伊勢志摩サミット(主要国首脳会議)を開く。前から(共謀罪を含めた)法改正は必要と思っている」と重ねた。菅義偉官房長官も「国際社会と連携して組織犯罪と戦うことは重要な課題であって、国連国際組織犯罪防止条約(パレルモ条約)締結に伴う法整備は進めていく必要がある」と前向きな姿勢だ。