「秘密保護法」違憲裁判の原告と考える―刑訴法大改悪と私たち―名ばかりの「可視化」と引き換えに権力が手に入れた「盗聴法」拡大と「司法取引」 ―林克明氏(「秘密保護法」違憲裁判の原告) 2016.8.30

記事公開日:2016.8.31取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年8月30日(火)、東京都千代田区のダイナミックビルにて、「『秘密保護法』違憲裁判の原告と考える―刑訴法大改悪と私たち―名ばかりの『可視化』と引き換えに権力が手に入れた『盗聴法』拡大と『司法取引』」と題する学習会が行われ、「秘密保護法」違憲裁判原告の林克明氏が登壇した。

■ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です