「日本独自の判断でアフガンのタリバンを正当な政権と承認するのか、それとも米国などの姿勢に追随するのか?」IWJ記者の質問に茂木大臣の答えは「実際の行動を見て判断していきたい」~9.3 茂木敏充 外務大臣 定例会見 2021.9.3

記事公開日:2021.9.3取材地: テキスト動画

 2021年9月3日(金)11時半より、外務省にて、茂木敏充外務大臣定例記者会見が行われた。

 冒頭、茂木外務大臣より、タイ、ベトナム、そして台湾へのワクチンの供与についての報告があった。現地における感染状況に加えて、在留邦人の要望を踏まえて9月上旬にタイ、ベトナム、及び台湾に合計44万回分のアストラゼネカ社製ワクチンを供与する予定であるという。


台湾にワクチン提供。ロシアに拿捕された稚内漁船は解放交渉中。中国海警船の領海侵入は連続112日に。IWJは中山泰秀防衛副大臣の親イスラエルツイートについて問うが茂木外務大臣は回答せず~6.4茂木敏充外務大臣 定例会見 2021.6.4

記事公開日:2021.6.4取材地: テキスト動画

 2021年6月4日(金)10時30分頃より、外務省にて茂木敏充外務大臣定例会見が開かれた。

 冒頭茂木外務大臣から2件の報告があった。


日米豪印のクアッドに英独仏蘭が加わるクアッド+アルファは中国に石油が入らないようにマラッカ海峡封鎖が狙いか!? との質問を茂木大臣はなぜかはぐらかし、自己PRの回答! はぐらかしたのは図星からか!? ~5.25茂木敏充外務大臣 定例記者会見 2021.5.25

記事公開日:2021.5.26取材地: テキスト動画

 5月25日、外務省で茂木敏充外務大臣定例記者会見が行われ、IWJ記者は中国包囲網「クアッド」に、英仏独蘭のEU諸国が参加していることについて、質問した。


茂木大臣と外務省は、急速にきな臭くなる「自由で開かれたインド太平洋」戦略についてのIWJ記者の質問を「騙し討ち」で回避! 米中対立が発火すれば日本列島が主戦場に! ~5.21茂木敏充外務大臣 定例記者会見 2021.5.21

記事公開日:2021.5.23取材地: テキスト動画

 2021年5月21日、茂木敏充外務大臣の定例会見が開催された。

 会見の前夜、IWJが取材を申し込んだところ、いわゆる質問取りにあい、やむなく2つの質問を提出した。第1問が「自由で開かれたインド太平洋戦略」の有効性への質問、そして第2が「ミャンマーへの経済支援」が国軍への支援にならないようにすべきではないか、という趣旨の質問である。


「クアッド」への英仏独蘭の関与と軍事演習への説明不足を指摘したIWJに、茂木大臣は「『自由で開かれたインド太平洋』は包摂概念で安全保障はその一部、説明は何度もした」とはぐらかし!~5.18茂木敏充外務大臣 定例会見 2021.5.18

記事公開日:2021.5.18取材地: テキスト動画

 2021年5月18日(火)午後2時30分頃より、外務省にて茂木敏充外務大臣定例会見が開かれた。茂木外務大臣からの報告、発言はなく、記者との質疑応答のみが行われた。


ラジオ・フランス記者の「五輪関係者より留学生を入国させよ」との問いに、茂木大臣は「緊急性および公益性がある入国には対応していく」と回答。会見は5分で打ち切り!~3.26 茂木敏充 外務大臣 定例記者会見 2021.3.26

記事公開日:2021.3.27取材地: テキスト動画

 2021年3月26日(金)午後6時10分頃より茂木敏充 外務大臣による定例記者会見が行われた。

 冒頭、茂木外務大臣より、3月30日に、東京で日本・インドネシア「2+2」会談を対面で開催する予定であることが報告された。この機会に、インドネシアのルトノ・マルスディ外相との間で外相会談も行う予定であり、現在日程時間等を調整であるという。


IWJへの茂木大臣回答「尖閣への中国船侵入は遺憾だが、米中対立に戦争勃発のリスク『トゥキディデスの罠』はあてはまらない!?」を、岩上安身インタビューで孫崎亨氏が徹底批判!! 大臣は「わかってない!」~2.9茂木敏充外務大臣定例会見 2021.2.9

記事公開日:2021.2.9取材地: テキスト動画

※2021/2/14 テキスト追加しました。

 2021年2月9日、茂木敏充外務大臣の定例会見が行われ、IWJはこれを中継するとともに、以下の質問を行った。

IWJ記者「尖閣問題についてうかがいます。


日英EPA(日英包括的経済連携協定)、来年8月末までに大筋合意目指す! デジタルデータの自由な流通を促進!? デジタル商取引に関税を課すことも見送る方針か!?~9.1 茂木敏充 外務大臣 定例記者会見 2020.9.1

記事公開日:2020.12.18取材地: テキスト動画

 2020年9月1日、東京千代田区の外務省で、茂木敏充外務大臣による定例の記者会見が行われた。

 日英EPA(日英包括的経済連携協定)が来年8月にも大筋合意するのではないか、と言われているこの時期に当たり、IWJ記者は、協定に含まれている、政府の民間企業に対する情報開示要求を幅広く禁止する条項の例として「アルゴリズムなどの開示要求の禁止について拙速に決めるべきではないのではないか?」と質問した。


香港で周庭氏ら3名の民主活動家に実刑判決!「政府・外務省は今後この判決に対する正式な批難声明を発出し、3名の釈放に向けて行動を取る予定はあるか?」の質問に大臣は実質ゼロ回答!~12.4茂木敏充外務大臣 定例会見 2020.12.4

記事公開日:2020.12.4取材地: テキスト動画

 2020年12月4日(金)午前10時45分から、東京都千代田区霞が関の外務省会見室にて、茂木敏充外務大臣の定例記者会見が行われた。

 冒頭、茂木大臣から、来週に予定されているアフリカへの海外出張についての情報提供があった。訪問予定国は、チュニジア、モザンビーク、南アフリカ、及びモーリシャスとなっており、大臣は「自由で開かれたインド・太平洋の実現に向けた連携、そして、ポスト・コロナを見据えたビジネス関係の強化が目的であり、第8回アフリカ開発会議(TICAD8)に向けた連携を通じて、『包容力と力強さを兼ね備えた外交』をアフリカで力強く推進していきたい」と語った。


菅・バイデン電話会談についてIWJ記者の「尖閣諸島への安保5条適用、実際は日本側から追加確認しただけでは?」の質問に茂木外務大臣は「違います」と質問途中に割り込んで否定!~11.13 茂木敏充外務大臣会見 2020.11.13

記事公開日:2020.11.13取材地: テキスト動画

※2020年11月17日、テキストを追加しました。

 2020年11月13日(金)午後5時30分頃から、東京都千代田区霞が関の外務省会見室にて、茂木敏充外務大臣の定例記者会見が行われた。

 この記者会見の前日、11月12日(金)、菅義偉総理とバイデン次期大統領との電話会談があった。会談の内容は、外務省のホームページに掲載されている。


【国会ハイライト】日本学術会議問題で政府が選考・推薦段階で政治介入していた新事実発覚! 共産党小池晃氏の追及に菅総理の答弁無能が露呈! 官僚のレクに野党から「自助!」と野次られ茂木外相にも笑われる始末! 2020.11.11

記事公開日:2020.11.11 テキスト

※公共性に鑑み1週間、全公開いたします。ぜひ、IWJ存続のため会員登録でご支援をお願いいたします。サポート会員のみインタビューすべてが視聴可能に!→ご登録はこちらから

 「以前は学術会議が正式の推薦名簿を提出する前に、様々な意見交換の中で、内閣府の事務局などと学術会議会長との間で一定の調整が行われていた」「(今回は)推薦前の調整が働かず、結果として任命に至らなかった者が生じた」

 2020年11月5日、参議院予算委員会で菅義偉総理は、日本学術会議の任命過程についての自民党の二之湯智議員の質問に、上記のように答弁した。


IWJ記者の「菅総理が『トランプ再選なら早期の訪米。バイデン当選なら訪米を来年の就任まで見送る方向で調整』という報道は事実か?」の質問に茂木大臣は回答せず!~11.10茂木敏充外務大臣定例記者会見 2020.11.10

記事公開日:2020.11.11取材地: テキスト動画

 2020年11月10日(火)午前11時頃から、東京都千代田区霞が関の外務省会見室にて、茂木敏充外務大臣の定例記者会見が行われた。


IWJ記者の「トランプ政権はクラスター状態、菅政権全員PCR検査は?」に外相「厚労省に聞いて」! 海外渡航再開進めるなら率先してコロナ対策に向き合うべき!!~10.6 茂木敏充 外務大臣 定例記者会見 2020.10.6

記事公開日:2020.10.6取材地: 動画

 2020年10月6日、外務省にて、茂木敏充外務大臣の定例記者会見が行われ、IWJが中継した。


「イージス・アショア代替案を政府内で議論しない方が無責任」!? 尖閣問題は「中国外相来日が未定で回答不能」!? では国民への説明責任は!? 茂木敏充外務大臣定例記者会見 2020.9.29

記事公開日:2020.9.29取材地: テキスト動画

 2020年9月29日、外務省にて、茂木敏充外務大臣の定例記者会見が行われ、IWJが中継した。

 茂木大臣は冒頭で、当日9月29日からポルトガル、フランス、サウジアラビアを歴訪してポスト・コロナの世界他について意見交換すること、10月6日にポンペオ米国務長官およびペイン豪州外務大臣、ジャイシャンカール・インド外務大臣を東京に迎えて日米豪印外相会合を行う予定を報告した。後者は、新型コロナの発生・拡大後、日本初の閣僚級国際会議として注目度が高く、新型コロナ対策や地域情勢を話し合い、各国外相と2国間会合も行う予定とのことである。


IWJ記者「菅首相は記者会見で『国民のために働く内閣をスタートさせる』と言った。これは前内閣で国民の為に仕事ができていなかったということか?」茂木外務大臣「まったくそんなことはない」~9.18 茂木外務大臣会見 2020.9.18

記事公開日:2020.9.18取材地: テキスト動画

※2020年9月19日、テキストを追加しました。

 2020年9月18日(金)、予定の午前11時から少し遅れて、東京都千代田区外務省会見室にて、菅内閣発足後、はじめての茂木敏充外務大臣の定例記者会見が開催された。


安倍外交時代の終焉を迎え、醸成される肯定的評価。8月28日会見での非礼発言と高圧的姿勢を追及されるも茂木大臣は反省なく弁明するのみ!~9.4 茂木敏充 外務大臣 定例記者会見 2020.9.4

記事公開日:2020.9.4取材地: 動画

 2020年9月4日(金)、午前11時20分より千代田区霞が関の外務省会見室にて茂木敏充外務大臣の定例記者会見が開かれた。大臣よりの報告はなく、参加記者との質疑応答のみが行われた。


さらに深まる米中対立!! 同盟国アメリカからの対中政策協力の呼びかけに「自由で開かれた平和な海を守るために米国や他の国々と連携していきたい」~8.28 茂木敏充 外務大臣 定例記者会見 2020.8.28

記事公開日:2020.8.28取材地: 動画

 中国の南シナ海でのミサイル発射や、ポンペオ米国務長官がアジア太平洋地域の同盟国に対中政策協力を求めた発言について、日本の対応を以下のように述べました。


「香港国家安全維持法」施行で現在は在香港邦人に被害の報告はなし、とはいうものの静観の構え!東京都コロナ感染200人超でも「アンダーコントロール」との認識!~7.10 茂木敏充 外務大臣 定例記者会見 2020.7.10

記事公開日:2020.7.10取材地: テキスト動画

 2020年7月10日(金)、午後1時45分より千代田区霞が関の外務省会見室にて、茂木敏充外務大臣の定例会見が開かれた。大臣よりの報告はなく、参加記者との質疑応答のみが行われた。

 IWJ記者は中国による「香港国家安全維持法」施行に関し、これにより在香港邦人、日本の企業やメディアの活動が規制を受ける可能性はないか、在香港邦人の自由と安全は保証されているのかどうかを聞いた。


香港への「国家安全法」適用に関して、米英など4か国が中国に対する抗議声明を出すにあたり、参加の打診を日本が拒否したとの報道について「大きく事実に反している」!? ~6.9 茂木敏充 外務大臣 定例会見 2020.6.9

記事公開日:2020.6.10取材地: テキスト動画

 2020年6月9日、東京千代田区の外務省で茂木敏充外務大臣による定例会見が行なわれた。


コロナ危機の影響で世界的食料不足の危機!米国の要求への追従のみで、食料安全保障を蔑ろにしてきた外務省の責任を質すIWJの質問に対し、茂木大臣「そのように考えておりません」!~4.7茂木敏充 外務大臣 定例記者会見 2020.4.7

記事公開日:2020.4.7取材地: テキスト動画

 2020年4月7日(火)午前11時より、東京都千代田区霞が関の外務省庁舎会見室にて、茂木敏充外務大臣の定例記者会見が行なわれた。

 冒頭、茂木大臣より、3つの発表があった。1点目は、新型コロナウイルスの感染者が発生している国々に対するアビガンの供与のための緊急無償資金供与について、2点目は、緊急事態宣言が発出された場合の外務省の体制ととりくみについて、そして、3点目は、在外交館の支援によって実現した商用便および民間チャーター機等による邦人の出国・帰国についてであり、それぞれ、大臣より概要の説明がなされた。