【IWJ速報3月24日】ウクライナ情勢関連ツイートまとめ! 欧州軍拡で笑いの止まらない米国軍産複合体と露産エネルギー資源排除で濡れ手に泡の米国エネルギー業界!ゼレンスキー政権は民間企業を名指し批判! 2022.3.25

記事公開日:2022.3.25 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

 IWJは、ツイッターアカウント「IWJ_Sokuho」で、ウクライナ情勢をツイートしています。テレビでは流れない情報や、石油・天然ガスなどの資源問題、ウクライナの実情もあわせて、多角的にウクライナ情勢をお伝えしています。ぜひ、一度御覧ください。

IWJ速報@IWJ_Sokuho

 24日、世界的な外交週間が始まった。23日から国連総会第11回緊急特別会合(再開)、国連安保理、24日からEU、NATO、G7の首脳会合が開かれる。

 現地時間23日午前10時から、国連第11回緊急特別総会が再開された。ウクライナで深刻化する人道危機に、各国からロシアに対する憤りの声が噴出した。ロシアは特別会合について「反ロシアの政治ショーだ」と反発した。

※【速報2464】時事、24日:国連総会第11回緊急特別会合を再開。ウクライナで深刻化する人道危機に各国から憤りの声が噴出。民間人保護などを求める米欧主導の人道決議案を24日に採択する見通しだ。

 同日開催された国連安保理では、ロシアは独自に作成したウクライナにおける人道決議案の採決を行われたが、理事国15カ国中、ロシアと中国のみの賛成にとどまったため否決された。残る13カ国は棄権した。

 フランスとメキシコもウクライナの人道状況に関してロシアを非難する決議の安保理採択を目指していたが、ロシアが拒否権を行使すると想定して断念した。

 国連総会(193カ国)での決議を目指すという。

※【速報2467】ロイター、23日:国連安全保障理事会は23日、ロシアがウクライナに関して独自に作成した人道決議案の採決を行ったが、理事国15カ国中、ロシアと中国のみの賛成にとどまったため否決された。残る13カ国は棄権した。

 バイデン大統領は、現地時間24日からはじまる、EU、NATO、G7の首脳会合に出席するため、渡欧した。

 「一大政治ショー」が始まる。ロシアに言わせれば、「一大反ロシアショー」になるが、どのような内容になるのだろうか。

 まずは追加制裁だ。

 米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は22日、バイデン大統領は、欧州訪問中に、ウクライナ侵攻に対するロシアへの追加制裁の適用と現行の制裁強化を目指す、としている。

 バイデン大統領はブリュッセルで、新たな追加制裁を発表すると見られている。

※【速報2469】ロイター、22日:米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は22日、バイデン大統領は今週の欧州訪問中に、ウクライナ侵攻に対するロシアへの追加制裁の適用と現行の制裁強化について同盟国とともに取り組むと述べた。

 『ウォール・ストリート・ジャーナル』は、バイデン政権は「ロシア連邦議会のほとんどの下院議員を対象とする新たな制裁」を用意していると報じた。

※【速報2475】WSJ、23日:バイデン米政権はロシア連邦議会のほとんどの下院議員を対象とする新たな制裁を準備している。米政府はウクライナとの戦争を続けているロシアに対し、締め付けを強化している。

 対露制裁に加わらない中国に対しても、米国は恫喝めいた予告をしている。

 レモンド米商務長官は23日、「アメリカがロシアに課している輸出規制に違反した企業はいかなる国の企業でも厳しく対処する」と述べた。

 そして、アメリカの技術で製造された半導体を中国がロシアに提供した場合、米ソフトウェアの使用を禁じて「実質的に製造停止に追い込むことができる」と、名指しで中国を牽制した。

※【速報2476】テレ朝、24日:アメリカのレモンド商務長官はアメリカの技術で製造された半導体を中国がロシアに提供した場合、米ソフトウェアの使用を禁じて「実質的に製造停止に追い込むことができる」と中国を牽制。

 もうひとつは、さらなるウクライナへの軍事支援である。

 サリバン補佐官は「バイデン大統領はウクライナへの軍事支援の次の段階を調整する機会を持つ」と述べた。

 NATOのストルテンベルグ事務総長は、24日に開催する緊急の首脳会議で、ブルガリア、ハンガリー、ルーマニア、スロバキアの4つの国に新たに戦闘部隊を配備することで合意する見通しを明らかにしている。

※【速報2498】日テレ、24日:ストルテンベルグ事務総長は、24日に開催する緊急の首脳会議で、ブルガリア、ハンガリー、ルーマニア、スロバキアの4つの国に新たに戦闘部隊を配備することで合意する見通しを明らかにしました。

 英国も、24日に開かれるNATOと主要7カ国G7の首脳会議で、ウクライナへの「大規模な新しい軍事支援策」を発表する予定だ。

 英国首相官邸の発表によると、対戦車および高性能爆薬兵器から成るミサイル6000基と、ウクライナ軍への2500万ポンド(約40億円)の資金援助が含まれる。

※【速報2485】CNN、24日:英国は、24日に開かれるNATOと主要7カ国G7の首脳会議で、ウクライナへの「大規模な新しい軍事支援策」を発表する予定だ。

 バイデン米大統領は、議会に28日送付する連邦政府予算案で、国家安全保障支出8133億ドル(約98兆5000億円)を要請する方針だと『ブルームバーグ』が報じた。これには国防総省向けの7730億ドルも含まれる。

 この予算案が可決されれば、米国の安全保障支出は現会計年度予算から310億ドル(4%、約3兆7813億円)の増額となる。米国の軍需産業は、もう笑いが止まらない。ウクライナ人とロシア人の血の上に米国の軍産複合体が肥え太るのが目に見えるようだ。

※【速報2481】ブルームバーグ、24日:バイデン米大統領は議会に28日送付する連邦政府予算案で国家安全保障支出8133億ドル(約98兆5000億円)を要請する方針だ。これには国防総省向けの7730億ドルも含まれる。

 そして、米国が最も力を入れているのが、「ロシアの戦争犯罪」の認定である。バイデン大統領は16日、プーチン大統領について「彼は戦争犯罪人だと思う」と発言した。
 
 ブリンケン米国務長官は23日、ロシアのウクライナ侵攻に関して声明を出し、「ロシア軍がウクライナで戦争犯罪を行っている」と米政府が見なしていると発表した。米国政府による公式の戦争犯罪宣言である。

 ブリンケン長官は「罪のない数千の市民が殺され、負傷した」、南東部マリウポリでは産科病院のほか、上空から確認できるよう「子供」を意味するロシア語を大きな文字で書いていた劇場も攻撃されたと、ロシアを非難した。

 米国がイラクやアフガニスタンでやってきたことは何だったのだろうと思わざるを得ない。
 
※【速報2478】時事、24日:ブリンケン米国務長官は23日、ロシアのウクライナ侵攻に関して声明を出し、「ロシア軍がウクライナで戦争犯罪を行っている」と米政府が見なしていると発表した。

 イラク戦争の犠牲者は米国側4614人(非戦闘員1033人を含む)にたいして、2003年から11年の間にイラクでは約50万人の命が直接的、間接的に奪われたとされるが、シアトルにあるワシントン大学の公衆衛生専門家エイミー・ハゴピアン氏は「死者は約50万人と推定している。これはおそらく控えめな数字だ」と述べている。これは、戦争で直接犠牲になった約40万5000人と、イラクを離れることを余儀なくされた家庭も含む。

 2003~2011年に犠牲となった男性、女性、子どもの60%以上は、銃撃や爆破、空爆といった直接的な攻撃によって命を落としたという。戦争によるイラク人の犠牲者数は統計によって大きく異なり、米軍によれば10万人、ロンドンの調査会社オピニオン・リサーチ・ビジネスによれば2007年までに120万人という。この調査は大きな批判を浴びたが、犠牲数を確定できないほどの惨状であることは確かだ。

※イラク戦争の犠牲者は推定50万人(National Geographic、2013年10月17日)

 20年にわたったアフガニスタン戦争では、アフガン市民4万6000人が犠牲となったとされる。米軍がアフガンで空爆を強化したのは、オバマ政権が発足した2009年ごろからとされるが、「米軍犠牲者を減らし、他国領土でも攻撃」できるとして、ドローン爆撃が多用されるようになった。これが結果的に多くの巻き添え犠牲者を生んだ。米国は「戦争犯罪」だという批判を受けたことがあっただろうか。

※20年間のアフガン戦争で市民4万6000人が死亡…米軍の空爆強化で巻き添えや誤爆増加、今後も犠牲拡大の懸念(東京新聞、2021年9月29日)

 ウクライナのレズニコフ国防相は21日、訪問先のロンドンで、ロシアはウクライナに対する「国家テロリズム」を行っていると批判、止めなければ他の国への攻撃にも踏み切る恐れがあると警告していた。

 『ロイター』によると、レズニコフ国防相は、ウクライナで150人の子どもが死亡したほか、400を超える学校と幼稚園、110を超える病院などが破壊されたと指摘、「これは国家によるテロリズムだ。ロシア政府を止める必要がある。止めなければ、他の国に対する攻撃にも踏み切るだろう」と述べた。

※ロシアは「国家テロ」実施、止めなければ他国も攻撃=ウクライナ国防相(ロイター、2022年3月22日)

 
 今回のウクライナ紛争で、イーロン・マスク氏が2015年に創業したスペースX社の、「スターリンク」が、ゼレンスキー大統領とバイデン政権を直結する重要な役割を担っています。「スターリンク」は2000個以上の衛星をすでに運用していますが、民生だけではなく米軍も活用しています。

※【速報2550】ITmediaビジネス、3月24日:スターリンクはすでに米軍と協力している。1億5000万ドルの契約を皮切りに、19年からは米軍の軍事作戦にもスターリンクの衛星が使われている。

 スターリンクは、ウクライナの対ロシアのドローン攻撃作戦に使われているとされている。衛星で接続されたドローンによって、ロシアの部隊や戦車を発見して攻撃を実施しているというのだ。ドローンを操縦しているのは誰なのだろうか?岩上安身は以下のようにツイート。

 「これだけ支援していれば、米国は事実上、ウクライナ側に立って、対ロシア戦に参戦した、とみなされてもおかしくないのではないか。米国はこの戦争を、いったいどこまで拡大する気なのか」

※岩上安身@iwakamiyasumi

 民主党のナンシー・ペロシ下院議長は3月21日の開示資料で、金融業者の夫が先週、200万ドル以上のテスラ株を購入したことを明らかにした。ペロシ夫妻は、米国でも有数の富豪だ。

 米国では議員は「多大な影響力を有しており、多くの情報を入手できる立場にもある」として、議員本人とその配偶者らの株式取引を禁止すべきだという声もあるが、ペロシ氏は、議員の株取引禁止について、「われわれは自由市場経済の中にいる」とし、「彼ら(議員)はこれに参加することを認められるべきだ」と述べ、悪びれるところはない。

※【速報2482】Forbes、24日:民主党のナンシー・ペロシ下院議長は3月21日の開示資料で、金融業者の夫が先週、200万ドル以上のテスラ株を購入したことを明らかにした。

 もうひとつ重要な問題として、エネルギー資源があげられる。これまでロシア産の安価な天然ガスや原油の恩恵に預かってきた欧州にとって、ウクライナ紛争のために、ロシア産エネルギー資源を使えなくなることは大きな痛みでもある。

 米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は23日、エネルギー調達に懸念がある欧州を支援するため、米国が天然ガスの輸出を拡大する方針を表明した。

 サリバン氏は「米国は欧州を助けるために行動している。天然ガスの欧州への供給を急増させる方法を探っている」と述べた。米国は今年、天然ガスの輸出量で世界一になる見通しとなった。欧州で米国産ガスの割合を高めて「脱ロシア化」を主導する狙いだ。

※【速報2513】時事、24日:サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は23日、ロシアのウクライナ侵攻に伴う混乱を受け、エネルギー調達に懸念がある欧州を支援するため、米国が天然ガスの輸出を拡大する方針を表明した。

 米エネルギー省のグランホルム長官は22日、米国の原油や天然ガスの供給が「年末までに大幅に増加していくと確信している」と述べた。

 欧州市場から、ロシア産天然ガスと原油を締め出して、米国の原油や天然ガスがそのかわりをするという。米国資源エネルギー産業の高笑いが聞こえてきそうだ。

 これまで、シェールガスで採掘にコストがかかる上、LNG化して船で送らなければなならない米国産天然ガスは、パイプラインで気体のまま送られる安価なロシア産天然ガスよりも高価になるため、欧州市場には入っていけなかったのである。

 しかし、ウクライナ紛争のおかげで、米国の高価な天然ガスや原油も売れるようになった。まさに、濡れ手に泡。ウクライナ支援で2兆円くらい注ぎ込んでも、これから何十年にもわたって天然ガスや原油が売れるならば「安い投資」である。

 エネルギー商社大手マーキュリアのマルコ・デュナンド最高経営責任者(CEO)は、現在のエネルギー・コモディティー危機で最も損失を被るのはロシアと欧州となる一方、米国と湾岸諸国は恩恵を受けるとの見方を示した。

※【速報2520】ロイター、23日: エネルギー商社大手マーキュリアのマルコ・デュナンド最高経営責任者(CEO)は、現在のエネルギー・コモディティー危機で最も損失を被るのはロシアと欧州となる一方、(続く)

 毎日のように世界に向けて演説をしているゼレンスキー大統領は、日本に続きフランスやスイスでもオンライン演説を行った。

 ゼレンスキー大統領は、スイスの首都ベルンで開かれた反戦集会に向けてライブストリーミング演説を行い、ロシアでビジネスを続けるネスレを槍玉に挙げた。

 ウクライナのシュミハリ首相は「テロ国家に税金を払うことは無防備な子供や母親を殺すことを意味する。早くネスレが考えを改めることを願う」とまで述べた。シュミハリ首相のネスレ批判ツイートには6万4000件の「いいね」がつき、ソーシャルメディア上では製品ボイコットの動きが高まっている、ということだ。

 スイスに拠点を置く世界最大の食品会社ネスレは、ゼレンスキー大統領や閣僚たちから名指しで批判されており、苦しい立場に追い込まれている。

 ネスレはロシアでの活動を大幅に縮小し、輸出入をほぼ停止し、投資、商品の宣伝も行っていないということだが、「必要不可欠な製品と主張するベビーフード、シリアル、ペットフードなどの販売は引き続き行われている」ということで、ゼレンスキー大統領らはこれを批判しているのである。

 「世界の民主主義と自由のために戦うウクライナ」という触れ込みだが、民間企業の活動、それも「ベビーフードやペットフード」にまで口を出すのは行き過ぎではないだろうか?

※【速報2534】Newsphere、24日:ゼレンスキー大統領は、スイスの首都ベルンで開かれた反戦集会に向けてライブストリーミング演説を行い、ロシアでビジネスを続けるネスレを槍玉に挙げた。

 ゼレンスキー大統領は23日、フランス国民議会(下院)でオンライン演説した。「子どもや女性を殺害する戦争兵器のスポンサーになっている」としてロシアで事業を続ける仏企業に撤退を要求した。

 仏ルノーは23日、ロシアでの生産活動を無期限で停止すると発表した。ゼレンスキー大統領がロシア事業の撤退を求めており、23日の取締役会でモスクワ工場の停止を決めたという。ゼレンスキー大統領の恫喝が、フランスのルノーを委縮させ、工場の稼働の停止にまで追い込まれたのである。ゼレンスキーの影響力はとてつもなく大きなものになっている。

※【速報2538】読売、24日:仏ルノーは23日、ロシアでの生産活動を無期限で停止すると発表した。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領がロシア事業の撤退を求めており、同日の取締役会でモスクワ工場の停止を決めた。

 『TBS』の須賀川記者がオデッサで取材をしている。臨時の軍事訓練施設になっている廃工場から、現地レポートを届けた。

 「訓練を行うのは住人の方たちなんですが、これ以上カメラを動かすことができないんです。なぜかというと、この場所が地図上どこにあるかを正確に伝えてしまうとロシア軍による標的になる可能性があるためです。ただここでは毎日、数百人規模で民間人ばかりを集めた軍事訓練が行われています」

 現実に、ゼレンスキー大統領が求めた「総動員令」にしたがって、それまで兵士ではなかった民間人が兵士として養成されている事態を伝えた。

※【速報2544】須賀川記者(オデッサ)、TBS:私が今いるところはオデッサ近郊にある廃工場なんですが、ここは臨時の軍事訓練施設になっています。

 「日本の政界では随一のロシア通」といわれる、鈴木宗男議員が、田原総一朗氏のインタビューに応じて、プーチン大統領の人格や、ロシアによるウクライナへの侵攻の背景を語っている。

鈴木議員「ところが2019年5月にゼレンスキーが大統領に就任すると『ミンスク合意なんてオレの時代に作ったものではない』『オレはオレの考えでやる』と言い始めたのです」

 鈴木議員は、支持率が17%まで落ちたゼレンスキー大統領が、「政権への求心力を回復したいがゆえに、ゼレンスキーはNATO(北大西洋条約機構)の軍事同盟に加入したいとか、さまざまな行動を起こし」たと指摘した。

 鈴木議員は、ロシアの侵攻は許されることではないとしつつ、「戦争を未然にストップできなかったのは、話し合いを無視したゼレンスキーにも問題がある」と述べている。マスメディアで報道されないウクライナ問題の一端がうかがえる。

※【速報2449】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:ロシア・ウクライナ問題に精通する鈴木宗男議員への田原総一郎氏のインタビューが、ismediaで公開されています。

 23日のゼレンスキー大統領の日本の国会での演説について、岩上安身は明確に「虚偽」の内容があると指摘し、24連投ツイートをした。それは、「原発をロシア軍が攻撃している」という主張である。原発を攻撃して破壊すれば、膨大な量の放射性物質が飛散し、真っ先にそこにいるロシア軍兵士が犠牲になる。そんな作戦はありえない。ゼレンスキー大統領演説の「最大の嘘」がここにあった。

※【IWJ速報3月23日】ウクライナ情勢関連ツイートまとめ!バイデン大統領 支持率は就任以来最低! #ゼレンスキー 演説と偏向報道に岩上安身が28ツイート! 国連、EU、NATO、G7外交週間開始! 2022.3.24

 岩上のツイートに対して反応し、FOXニュースに日本語字幕をつけてくださった方がいます。米国にも真実を見ている人はいる。

 「ゼレンスキーの日本の国会での演説で『ザポリージャの原発は攻撃受けてる』と言う嘘を持ち出したけど、米国議会では原発攻撃された話しは全くしなかった。おそらく日本のメディアは報道しなかったけど、米国では大手メディアFoxがこんな事を報道してたからかな。日本語字幕つけてみたよ」

※マヨ@littlemayo

 それに対する岩上安身のリプライは、以下の通り。

 「このFOX TVの解説は、まさにその通りです。こうした当たり前のことを当たり前にいうマスメディアが、日本には現在、皆無です。貴重な情報提供、ありがとうございました。バイデンが支持率を上げるためにロシア叩きに全力をあげているとよく言われますが、支持率が上がらない理由も判明しました」

※岩上安身@iwakamiyasumi

 岩上安身は、ウクライナの「ネオナチ」を否定する黒川裕次元駐ウクライナ大使に対し、赤尾光晴氏のインタビューを出して反論した。

 「HOT★ 2014.3.23 【#ステパンバンデラ・切り抜き】現代ロシアにおけるユダヤ人共同体の復興と新興財閥(#オリガルヒ)の盛衰~岩上安身による大阪大学助教・赤尾光春氏インタビュー

@iwakamiyasumi」

※IWJ インディペンデント・ウェブ・ジャーナル

 「3月9日付毎日新聞に登場した黒川裕次元駐ウクライナ大使は『バンデラはソ連と別れるためにナチスドイツの力を利用しただけだ。インドのチャンドラ・ボースがイギリスから独立するために日本の力を借りたのと同じ。バンデラがナチズムと同じ思想を持っていたことはない』という壮大な的外れコメント」

※岩上安身@iwakamiyasumi

 「現在のウクライナ民族主義は、バンデラを英雄視しており、ウクライナ政府も同様である。キエフのモスクワ通りは、ステパン・バンデラ通りに改称された。バンデラを崇拝するウクライナ民族主義者たちは、自らナチス親衛隊SSのシンボルマーク等を掲げて発信、行動している。彼らはネオナチ丸出しである」

※岩上安身@iwakamiyasumi

 「黒川元大使は、『プーチンはバンデラがナチスと組んだことを宣伝材料として、ありとあらゆることに「ネオナチ」というレッテルを貼ってゼレンスキー政権を攻撃している』というが、ナチスのマークを用いて共感を表現しているのは現代のウクライナ民族主義者達自身であり、プーチンのせいではない」

※岩上安身@iwakamiyasumi

 「黒川元大使の、『ネオナチというレッテルを貼って攻撃している』という言葉に、インタビューしている毎日新聞の後藤豪という記者は、『論理のすり替え』と応じて、黒川氏の発言に同調している。なぜ、自分の目で今日のウクライナの現実を見ないのか?ネットで確認すれば彼ら自身の発信がわかるのに」

※岩上安身@iwakamiyasumi

【速報2443】BBCのリアリティーチェック(ファクトチェック)とBBCモニタリングは、 「ウクライナは生物兵器を開発している」等のロシアのいくつかの主張をファクトチェックした。
(日本時間午後2:31 · 2022年3月24日 キエフ時間午前7:31)

【速報2444】共同通信、24日:英政府は23日、ロシアやウクライナでの偽情報対策として、英BBC放送の国際放送に410万ポンド(約6億6千万円)を提供すると発表した。ロシアのプロパガンダに対抗し、ロシア語とウクライナ語での報道を強化する。
(日本時間午後2:31 · 2022年3月24日 キエフ時間午前7:31)

【速報2445】CNN、3日:ウクライナでの「ジェノサイド(集団殺害)」をめぐり、同国がロシアを提訴している問題で、国際司法裁判所(ICJ)は7日から審理を開始する。
(日本時間午後2:32 · 2022年3月24日 キエフ時間午前7:32)

【速報2446】ロイター、7日:国際司法裁判所(ICJ)は7日、ロシアの軍事行動停止を求めたウクライナの訴えを受けた審理を開始した。ただ、ロシアがボイコットしたため、同国の法的代理人不在の審理となった。
(日本時間午後2:32 · 2022年3月24日 キエフ時間午前7:32)

【速報2447】2022年2月26日、ウクライナは、2月24日にロシア連邦がウクライナ領内で開始した軍事作戦に関連して、ジェノサイド条約に基づき、国際司法裁判所にロシアに対する請求を行い、手続きを開始しました。
(日本時間午後2:32 · 2022年3月24日 キエフ時間午前7:32)

【速報2448】ウクライナを巡る矛盾や歴史的経緯について掘り下げた、映画監督のオリバー・ストーン氏が製作総指揮のドキュメンタリー映画『ウクライナ・オン・ファイヤー』を長周新聞が紹介。視聴URLも掲載されている。
(日本時間午後2:32 · 2022年3月24日 キエフ時間午前7:32)

【速報2449】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:ロシア・ウクライナ問題に精通する鈴木宗男議員への田原総一郎氏のインタビューが、ismediaで公開されています。
(日本時間午後5:34 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:34)

【速報2450】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:田原総一朗氏「いったい鈴木さんは、いつどこでプーチンと出会って仲良くなったんですか。」鈴木宗男議員「一番最初にプーチンさんに会ったのは1999年8月、あのときは大統領ではなく首相です」
(日本時間午後5:34 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:34)

【速報2451】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:プーチン氏の人柄について「一般的に『KGB(ソ連国家保安委員会)出身の冷たい人間だ』と受け止められていますが、実際には日本人的で繊細なメンタリティをもっています」
(日本時間午後5:34 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:34)

【速報2452】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:次にプーチン氏と会ったのは、大統領選挙に当選した直後の2000年4月4日の会談で。小渕元首相が倒れ、次期総理大臣に内定していた森喜朗氏に首脳会談の話をまとめるように乞われた。
(日本時間午後5:34 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:34)

【速報2453】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:なぜロシアはウクライナに軍事侵攻したのか?の問いに「私はもちろん軍事力による侵攻はあってはならんと思います。ただし、ここに至るまでの経緯をしっかり踏まえなければいけません」と回答。
(日本時間午後5:35 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:35)

【速報2454】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:ミンスク合意に触れ、「ところが2019年5月にゼレンスキーが大統領に就任すると『ミンスク合意なんてオレの時代に作ったものではない』『オレはオレの考えでやる』と言い始めたのです」と経緯を説明。
(日本時間午後5:35 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:35)

【速報2455】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:ゼレンスキー氏は大統領選直後には75%もの支持率を誇っていたが、政治経験がないことから翌年には30%台までに落ち込んだ、と鈴木議員。2021年にはわずか17%まで支持率が落ち込んだ、と田原氏も言及。
(日本時間午後5:35 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:35)

【速報2456】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:「政権への求心力を回復したいがゆえに、ゼレンスキーはNATO(北大西洋条約機構)の軍事同盟に加入したいとか、さまざまな行動を起こしました」
(日本時間午後5:35 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:35)

【速報2457】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:「ウクライナ戦争を考えるにあたり、ベルリンの壁崩壊(1989年11月9日)と統一ドイツの誕生(1990年10月3日)、ソ連邦解体(1991年12月25日)の30年を振り返らなければいけません」
(日本時間午後5:35 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:35)

【速報2458】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:「ウクライナ侵攻の3日前にフランスのマキロン大統領とドイツのショルツ首相が会談を申し入れましたが、ゼレンスキーは返事をせず3日間放置しました」
(日本時間午後5:36 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:36)

【速報2459】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:「彼がようやく『会談の席につこう』と連絡したのは、侵攻の日の朝です。(略)でも戦争を未然にストップできなかったのは、話し合いを無視したゼレンスキーにも問題があると思います」
(日本時間午後5:36 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:36)

【速報2460】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:田原氏「プーチンの判断は大誤算だと思う。(略)だけど軍事介入したら、17%の(ゼレンスキーの)支持率は一気に91%まで跳ね上がりました」
(日本時間午後5:36 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:36)

【速報2461】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:田原氏が、ウクライナに新ロシア派の新政府を樹立したいプーチン氏がなぜウクライナの原発を攻撃するのか?を問うと、鈴木議員は、原発へではなく原発プラントから離れた鉄塔を攻撃したものと解説。
(日本時間午後5:36 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:36)

【速報2462】鈴木宗男議員、ismedia、3月24日:ロシアが民間病院を攻撃したことについて、「今メディアに流れているのはウクライナ側の情報ばかりです」「両方の情報が出て初めて、私は状況を公正に見て判断できると思うのです」
(日本時間午後5:36 · 2022年3月24日 キエフ時間午前10:36)

【速報2463】世界的な外交週間が始まりました。23日から国連総会第11回緊急特別会合(再開)、国連安保理、24日からEU、NATO、G7の首脳会合が開かれます。
(日本時間午後6:10 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:10)

【速報2464】時事、24日:国連総会第11回緊急特別会合を再開。ウクライナで深刻化する人道危機に各国から憤りの声が噴出。民間人保護などを求める米欧主導の人道決議案を24日に採択する見通しだ。
(日本時間午後6:11 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:11)

【速報2465】時事、24日:(国連総会第11回緊急特別会合)ロシアは特別会合について「反ロシアの政治ショーだ」と反発。ウクライナのキスリツァ国連大使は、「このひと月で老若男女のウクライナ人数千人が命を落とした」とロシアを非難。
(日本時間午後6:11 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:11)

【速報2466】時事、24日:(国連総会第11回緊急特別会合)ロシアは特別会合について「反ロシアの政治ショーだ」と反発。ウクライナのキスリツァ国連大使は、「このひと月で老若男女のウクライナ人数千人が命を落とした」とロシアを非難。
(日本時間午後6:11 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:11)

【速報2467】ロイター、23日:国連安全保障理事会は23日、ロシアがウクライナに関して独自に作成した人道決議案の採決を行ったが、理事国15カ国中、ロシアと中国のみの賛成にとどまったため否決された。残る13カ国は棄権した。
(日本時間午後6:11 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:11)

【速報2468】ロイター、23日:( 国連安全保障理事会)フランスとメキシコもウクライナの人道状況に関してロシアを非難する決議の安保理採択を目指していたが、ロシアが拒否権を行使すると想定して断念。国連総会(193カ国)での決議を目指す。
(日本時間午後6:12 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:12)

【速報2469】ロイター、22日:米国のサリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)は22日、バイデン大統領は今週の欧州訪問中に、ウクライナ侵攻に対するロシアへの追加制裁の適用と現行の制裁強化について同盟国とともに取り組むと述べた。
(日本時間午後6:12 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:12)

【速報2470】ロイター、22日:サリバン補佐官「バイデン大統領はウクライナへの軍事支援の次の段階を調整する機会を持つ。また同盟国とともにロシアに追加制裁を科し、現行の制裁を強化し、制裁逃れを取り締まり、堅固な制裁実施の確保を図る」
(日本時間午後6:12 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:12)

【速報2471】朝日、23日:バイデン米大統領は24日、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議などのため訪問するベルギーの首都ブリュッセルで、ロシアに対する新たな経済制裁を発表する。
(日本時間午後6:13 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:13)

【速報2472】WSJ、24日:米政府は23日、欧州を訪問するバイデン大統領が、同地域のロシア産天然ガスへの依存を減らす方法について25日に発表する予定だと明らかにした。
(日本時間午後6:13 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:13)

【速報2473】WSJ、24日:米財務省はロシアのウクライナ侵攻を受けて同国のオリガルヒ ロマン・アブラモビッチ氏に対する制裁案をまとめたが、国家安全保障会議(NSC)に待ったをかけられた。
(日本時間午後6:13 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:13)

【速報2474】WSJ、24日:アブラモビッチ氏がロシアとの和平交渉の重要な橋渡し役になり得るとして、ゼレンスキー大統領がバイデン米大統領との電話協議で制裁見合わせを要請したためだ。
(日本時間午後6:13 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:13)

【速報2475】WSJ、23日:バイデン米政権はロシア連邦議会のほとんどの下院議員を対象とする新たな制裁を準備している。米政府はウクライナとの戦争を続けているロシアに対し、締め付けを強化している。
(日本時間午後6:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:14)

【速報2476】テレ朝、24日:アメリカのレモンド商務長官はアメリカの技術で製造された半導体を中国がロシアに提供した場合、米ソフトウェアの使用を禁じて「実質的に製造停止に追い込むことができる」と中国を牽制。
(日本時間午後6:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:14)

【速報2477】テレ朝、24日:レモンド商務長官は23日、ロイター通信のインタビューで「アメリカがロシアに課している輸出規制に違反した企業はいかなる国の企業でも厳しく対処する」と述べました。
(日本時間午後6:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:14)

【速報2478】時事、24日:ブリンケン米国務長官は23日、ロシアのウクライナ侵攻に関して声明を出し、「ロシア軍がウクライナで戦争犯罪を行っている」と米政府が見なしていると発表した。
(日本時間午後6:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:14)

【速報2479】時事、24日:(ブリンケン長官)「罪のない数千の市民が殺され、負傷した」南東部マリウポリでは産科病院のほか、上空から確認できるよう「子供」を意味するロシア語を大きな文字で書いていた劇場も攻撃されたと非難。
(日本時間午後6:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:14)

【速報2480】CNN、24日: 米政府は23日、ロシア軍がウクライナで戦争犯罪を犯したと公式に宣言した。ブリンケン氏「我々の評価は公表された、また情報機関のソースからの入手可能な情報の精査に基づいている」。
(日本時間午後6:15 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:15)

【速報2481】ブルームバーグ、24日:バイデン米大統領は議会に28日送付する連邦政府予算案で国家安全保障支出8133億ドル(約98兆5000億円)を要請する方針だ。これには国防総省向けの7730億ドルも含まれる。
(日本時間午後6:15 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:15)


【速報2482】Forbes、24日:民主党のナンシー・ペロシ下院議長は3月21日の開示資料で、金融業者の夫が先週、200万ドル以上のテスラ株を購入したことを明らかにした。
(日本時間午後6:15 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:15)

【速報2483】WSJ、1月19日:米国では議員は「多大な影響力を有しており、多くの情報を入手できる立場にもある」として、議員本人とその配偶者らの株式取引を禁止すべきだという声もある。
(日本時間午後6:15 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:15)

【速報2484】WSJ、1月19日:ペロシ下院議長は、議員の株取引禁止について、「われわれは自由市場経済の中にいる」とし、「彼ら(議員)はこれに参加することを認められるべきだ」と述べた。
(日本時間午後6:15 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:15)

【速報2485】CNN、24日:英国は、24日に開かれるNATOと主要7カ国G7の首脳会議で、ウクライナへの「大規模な新しい軍事支援策」を発表する予定だ。
(日本時間午後6:19 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:19)

【速報2486】CNN、24日:首相官邸の発表によると、この支援策には対戦車および高性能爆薬兵器から成るミサイル6000基と、ウクライナ軍への2500万ポンド(約40億円)の資金援助が含まれる。
(日本時間午後6:19 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:19)

【速報2487】CNN、24日:英国はまた、ロシアとウクライナにおける偽情報に取り組むためBBCワールドサービスに410万ポンドを追加で提供し、国際刑事裁判所の戦争犯罪捜査のために新たな財政と取り締まりの支援も行う。
(日本時間午後6:19 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:19)

【速報2488】ロイター、23日:フランス政府のアタル報道官は23日、ロシアのオリガルヒ(新興財閥)が所有する8億ユーロ(8億7920万ドル)超の資産を凍結したと発表した。
(日本時間午後6:23 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:23)

【速報2489】ロイター、24日:マクロン大統領は23日、ロシアのプーチン大統領との対話を続ける用意があるとし、ウクライナでの戦争を止めるためにできる限りのことを行うと述べた。
(日本時間午後6:23 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:23)

【速報2490】ロイター、24日:24日にブリュッセルで開かれる西側諸国の一連の首脳会議を控え、マクロン大統領は「フランスおよび欧州は、この戦争を止めるためにあらゆる手段を尽くす」と述べた。
(日本時間午後6:23 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:23)

【速報2491】ロイター、24日:西側諸国は24日、異例の集中開催となるNATO、G7、EUの各首脳会議で、ロシアのプーチン大統領にウクライナ侵攻の「破壊的」代償を払わせる決意を示す見通し。
(日本時間午後6:29 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:29)

【速報2492】ロイター、24日:ブリュッセルで開かれる一連の会議にはバイデン米大統領も出席し、ウクライナのゼレンスキー大統領はNATOとEUの会議でビデオ演説を行う見通し。
(日本時間午後6:29 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:29)

【速報2493】ロイター、24日:先頭を切るのはv緊急首脳会議で、ロシアに近い欧州東部の防衛力増強で合意する公算が大きい。
(日本時間午後6:29 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:29)

【速報2494】ロイター、24日:NATO首脳はまた、生物・化学兵器のほか、核の脅威からウクライナを守るための装備供与を決めるとみられる。
(日本時間午後6:30 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:30)

【速報2495】ロイター、22日:EU加盟国は今週の首脳会議で、来冬に向けてガスや液化天然ガス(LNG)、水素を共同購入することで合意する見通し。
(日本時間午後6:30 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:30)

【速報2496】ロイター、23日:EU欧州委員会のフォンデアライエン委員長は23日、EUは今後2回の冬季における液化天然ガス(LNG)の追加供給について米国から確約を得ることを目指していると述べた。
(日本時間午後6:30 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:30)

【速報2497】日テレ、24日:NATOは、24日に開催する緊急の首脳会議で、ロシアの脅威に対応するため、ヨーロッパ東部の4つの国に新たに常駐する戦闘部隊を配備することで合意する見通し。
(日本時間午後6:35 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:35)

【速報2498】日テレ、24日:ストルテンベルグ事務総長は、24日に開催する緊急の首脳会議で、ブルガリア、ハンガリー、ルーマニア、スロバキアの4つの国に新たに戦闘部隊を配備することで合意する見通しを明らかにしました。
(日本時間午後6:36 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:36)

【速報2499】日テレ、24日:(NATOは)ロシアの脅威に対応するため、ヨーロッパ東部にあわせて8つの多国籍戦闘部隊ができることになります。
(日本時間午後6:36 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:36)

【速報2500】共同、24日:リード米上院軍事委員長(民主党)は23日、ロシア軍が核兵器や生物・化学兵器を使用し、放射線などがNATO加盟国に飛散すれば、NATOへの攻撃と見なし軍事介入する可能性があるとの見解を示した。
(日本時間午後6:36 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:36)

【速報2501】共同、24日:リード氏「ロシアが核兵器を爆発させ、放射線が(隣接する)国々に飛散すれば、NATOへの攻撃と十分に見なすことができる」。
(日本時間午後6:36 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:36)

【速報2502】GazetaRu:セルビアのアレクサンダル・ヴッチ大統領は、ウクライナでの作戦に関連したロシアに対する西側の告発を「恥ずべき」「愚かな」と呼んだ。(午前11:33 · 2022年3月24日)
(日本時間午後6:41 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:41)

【速報2503】GazetaRu:彼は1999年のNATO軍によるセルビアの爆撃を想起し、その作戦を「ひどい、誤った、違法で不道徳な」と呼んだ。(午前11:33 · 2022年3月24日)
(日本時間午後6:41 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:41)

【速報2504】セルビアは、ボスニア紛争において、米国の広告代理店がボスニアに有利な情報操作をしたことによって、一方的な「悪玉」にされ、NATOの爆撃を受けた苦い経験をもつ。
(日本時間午後6:47 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:47)

【速報2505】高木徹氏による『戦争広告代理店』はいかにして、米国のPR会社のジム・ハーフ氏らが世界世論をセルビアに非難一色に導いたかをあぶりだし、講談社ノンフィクション賞などを受賞している。
(日本時間午後6:48 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:48)

【速報2506】高木氏は元NHKディレクター、NHKスペシャル「民族浄化〜ユーゴ・情報戦の内幕〜」のための取材から、『戦争広告代理店』を執筆。
(日本時間午後6:50 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:50)

【速報2507】ロシアの駐インドネシア大使は23日、プーチン大統領がバリ島で今秋開かれるG20首脳会議に出席する意向だと述べた。ウクライナ侵攻を受け、ロシアがG20から除外される可能性が取り沙汰されている。
(日本時間午後6:53 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:53)

【速報2508】中国外務省の汪文斌報道官は、ロシアはG20の「重要なメンバー」であり、G20から除外する権利はどの国にもないとの考えを示した。
(日本時間午後6:54 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:54)

【速報2509】AFP、23日:キルギスの首都ビシケクで22日、ウクライナに侵攻したロシアを支持するデモが行われた。「われわれはあなたと共に」と書かれたプーチン大統領の肖像を持つ人もいた。
(日本時間午後6:58 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:58)

【速報2510】ロイター、23日: 中国の王毅外相は25日にニューデリーを訪問し、インドの外相らと会談する。インド政府筋が23日、明らかにした。インドのジャイシャンカル外相、アジット・ドバル国家安全保障担当補佐官と会談する予定。
(日本時間午後6:58 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:58)

【速報2511】ロイター、23日: イランのアミラブドラヒアン外相は23日、主要国との核合意再建交渉はこれまでで最も合意に近付いたとの見方を示した。
(日本時間午後6:58 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:58)

【速報2512】ロイター、23日: アミラブドラヒアン外相「米国が現実的に行動すれば、核合意の共同委員会当事国の外相がウィーンに集結し、最終合意をまとめられる」
(日本時間午後6:58 · 2022年3月24日 キエフ時間午前11:58)

【速報2513】時事、24日:サリバン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は23日、ロシアのウクライナ侵攻に伴う混乱を受け、エネルギー調達に懸念がある欧州を支援するため、米国が天然ガスの輸出を拡大する方針を表明した。
(日本時間午後7:06 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:06)

【速報2514】時事、24日:サリバン氏「米国は欧州を助けるために行動している。天然ガスの欧州への供給を急増させる方法を探っている」。
(日本時間午後7:06 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:06)

【速報2515】時事、24日:米国は今年、天然ガスの輸出量で世界一になる見通し。欧州で米国産ガスの割合を高めて「脱ロシア化」を主導する狙いだ。
(日本時間午後7:06 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:06)

【速報2516】時事、24日:米国は今年、天然ガスの輸出量で世界一になる見通し。欧州で米国産ガスの割合を高めて「脱ロシア化」を主導する狙いだ。
(日本時間午後7:06 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:06)

【速報2517】産経、23日:米エネルギー省のグランホルム長官は22日、米国の原油や天然ガスの供給が「年末までに大幅に増加していくと確信している」と述べた。
(日本時間午後7:08 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:08)

【速報2518】産経、23日:(グランホルム長官は)ロシアのウクライナ侵攻に伴う混乱で、エネルギー調達懸念がある欧州に「米国が輸出可能な全量を送る」と強調。
(日本時間午後7:09 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:09)

【速報2519】産経、23日:グランホルム長官は原子力発電が「エネルギー安全保障と気候変動に対処する国内外の取り組みで重要な役割を担う」と述べた。
(日本時間午後7:09 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:09)

【速報2520】ロイター、23日: エネルギー商社大手マーキュリアのマルコ・デュナンド最高経営責任者(CEO)は、現在のエネルギー・コモディティー危機で最も損失を被るのはロシアと欧州となる一方、(続く)
(日本時間午後7:12 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:12)

【速報2521】ロイター、23日: (続き)米国と湾岸諸国は恩恵を受けるとの見方を示した。
(日本時間午後7:12 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:12)

【速報2522】ロイター、23日: (デュナンド氏は)ロシア産原油日量約200万─250万バレルが自主的な制裁によって市場から姿を消す可能性が高く、戦略備蓄のさらなる放出が準備されている可能性があると指摘。
(日本時間午後7:12 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:12)

【速報2523】ロイター、23日: デュナンド氏「原油価格が1バレル=120ドルに達する場合に米国や他の国々が大量の石油備蓄を放出しても驚かない」と述べ、放出された石油が市場に出回るには3─4カ月かかる可能性があるとの見方を示した。
(日本時間午後7:12 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:12)

【速報2524】ロイター、24日: 松野博一官房長官は24日午前の会見で、プーチン大統領が天然ガスの支払いをルーブル建てで行うよう要求したことについて「まずは日本の関係企業と連携しながら情報収集と分析に努めたい」と語った。
(日本時間午後7:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:14)

【速報2525】ロイター、24日: プーチン大統領は23日、「非友好国」に対し、天然ガスの支払いをルーブル建てで行うよう要求。これを受け、欧州のガス価格が急騰、ルーブルが大きく値上がりするなど市場が反応していた。
(日本時間午後7:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:14)

【速報2526】毎日、24日: プーチン大統領は23日、対露制裁を科すなどして「非友好国」に指定された国々に供給する露産天然ガスの支払いを外貨から自国通貨ルーブルに切り替える方針を明らかにした。
(日本時間午後7:17 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:17)

【速報2527】ブルームバーグ、24日:英政府がロシア国営ガス会社ガスプロムの傘下部門を最終的に国有化することになった場合、納税者の負担は数十億ポンド規模に上る可能性がある。
(日本時間午後7:17 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:17)

【速報2528】ブルームバーグ、24日: ガスプロム・マーケティング・アンド・トレーディング・リテールは英国で商用ガスの約5分の1を供給している。国有化には約40億ポンド(約6400億円)が必要との見通し。
(日本時間午後7:18 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:18)

【速報2529】ロイター、23日:- ロシアのノバク副首相は23日、同国のエネルギーに対して制裁が科された場合、世界の石油・天然ガス市場は崩壊するかもしれないとの認識を示した。
(日本時間午後7:22 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:22)

【速報2530】ロイター、23日:- ノバク氏は下院で、ロシア産天然ガスをドイツに輸送する「ノルドストリーム2」の停止は理不尽で、エネルギー需給バランスを見誤ったものであり、インフレをあおるだろうとも主張した。
(日本時間午後7:22 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:22)

【速報2531】Newsphere、24日:スイスに拠点を置く世界最大の食品会社ネスレは、ウクライナのゼレンスキー大統領や閣僚たちから名指しで批判されており、苦しい立場に追い込まれている。
(日本時間午後7:27 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:27)

【速報2532】Newsphere、24日:CNNによれば、ネスレはロシアでの活動を大幅に縮小し、輸出入をほぼ停止し、投資、商品の宣伝も行っていない。
(日本時間午後7:28 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:28)

【速報2533】Newsphere、24日:しかし同社が必要不可欠な製品と主張するベビーフード、シリアル、ペットフードなどの販売は引き続き行われている(CBS)。
(日本時間午後7:28 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:28)

【速報2534】Newsphere、24日:ゼレンスキー大統領は、スイスの首都ベルンで開かれた反戦集会に向けてライブストリーミング演説を行い、ロシアでビジネスを続けるネスレを槍玉に挙げた。
(日本時間午後7:28 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:28)

【速報2535】Newsphere、24日:ウクライナのシュミハリ首相「テロ国家に税金を払うことは無防備な子供や母親を殺すことを意味する。早くネスレが考えを改めることを願う」
(日本時間午後7:28 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:28)

【速報2536】Newsphere、24日:シュミハリ首相のネスレ批判ツイートには6万4000件の「いいね」がついており、ソーシャルメディア上では製品ボイコットの動きが高まっている。
(日本時間午後7:28 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:28)

【速報2537】ABEMA、24日:ゼレンスキー大統領は23日、フランス議会でのオンライン演説で、ロシアで事業を続けるルノーなどフランスの大企業を名指しして「ロシアの戦争のスポンサーをやめるべきだ」と批判した。
(日本時間午後7:31 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:31)

【速報2538】読売、24日:仏ルノーは23日、ロシアでの生産活動を無期限で停止すると発表した。ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領がロシア事業の撤退を求めており、同日の取締役会でモスクワ工場の停止を決めた。
(日本時間午後7:32 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:32)

【速報2539】東京、24日:ウクライナのゼレンスキー大統領は23日、フランス国民議会(下院)でオンライン演説した。「子どもや女性を殺害する戦争兵器のスポンサーになっている」としてロシアで事業を続ける仏企業に撤退を要求した。
(日本時間午後7:32 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:32)

【速報2540】東京、24日:ゼレンスキー氏は仏政府が筆頭株主を務める自動車大手ルノーなど数社を名指しで批判。演説後、ウクライナのクレバ外相も世界の消費者や企業家らに対し、ルノー車のボイコットをツイッターで呼び掛けた。
(日本時間午後7:32 · 2022年3月24日 キエフ時間午後0:32)

【速報2541】コリアエコノミクス、24日:22日、現地メディアや外信などによると、ハンガリー国境守備隊はウクライナの元下院議員イホール・コートヴィツキーの妻アナスタシアが巨額のお金を引き出しハンガリーに亡命しようとして摘発されたと報じた。
(日本時間午後10:13 · 2022年3月24日 キエフ時間午後3:13)

【速報2542】コリアエコノミクス、24日:国境守備隊は問題のバッグを公開した。バッグの中には現金がギッシリ詰まっていた。金額にして2,800万ドル(約34億円)と130万ユーロ(約1.7億円)、日本円にして約36億円になる。重量にして200kgに迫るという。
(日本時間午後10:13 · 2022年3月24日 キエフ時間午後3:13)

【速報2543】イホール・コートヴィツキー元議員は、アルセニー・ヤツェニュクとオレクサンドル・トゥルチノフによって2014年に結成された「人民戦線党」に所属していたが、汚職で2015年に起訴されたことがある。
(日本時間午後10:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午後3:14)

【速報2544】須賀川記者(オデッサ)、TBS:私が今いるところはオデッサ近郊にある廃工場なんですが、ここは臨時の軍事訓練施設になっています。
(日本時間午後10:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午後3:14)

【速報2545】須賀川記者(オデッサ)、TBS:訓練を行うのは住人の方たちなんですが、これ以上カメラを動かすことができないんです。なぜかというと、この場所が地図上どこにあるかを正確に伝えてしまうと、(続く)
(日本時間午後10:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午後3:14)

【速報2546】須賀川記者(オデッサ)、TBS:(続き)ロシア軍による標的になる可能性があるためです。ただここでは毎日、数百人規模で民間人ばかりを集めた軍事訓練が行われています。
(日本時間午後10:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午後3:14)

【速報2547】ITmediaビジネス、3月24日:ウクライナのフョードロフ副首相はツイッターで「私たちはスターリンクのシステムをウクライナに提供してほしいとお願いする」というメッセージを2月26日に送った。
(日本時間午後11:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午後4:14)

【速報2548】ITmediaビジネス、3月24日:3月1日にはスターリンクの通信機器の第1便が到着したと、フョードロフ副首相が写真付きで明らかにした。
(日本時間午後11:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午後4:14)

【速報2549】ITmediaビジネス、3月24日:マスク氏は3月4日に「重要:スターリンクはウクライナのいくつかの地域で動いているロシア製ではない唯一のコミュニケーションシステムなので、標的になる可能性は高い。十分注意して使ってほしい」とツイート。
(日本時間午後11:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午後4:14)

【速報2550】ITmediaビジネス、3月24日:スターリンクはすでに米軍と協力している。1億5000万ドルの契約を皮切りに、19年からは米軍の軍事作戦にもスターリンクの衛星が使われている。
(日本時間午後11:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午後4:14)

【速報2551】ITmediaビジネス、3月24日:スターリンクは、ウクライナの対ロシアのドローン攻撃作戦に使われていくという。衛星で接続されたドローンによって、ロシアの部隊や戦車を発見して攻撃を実施している。
(日本時間午後11:14 · 2022年3月24日 キエフ時間午後4:14)

 「これだけ支援していれば、米国は事実上、ウクライナ側に立って、対ロシア戦に参戦した、とみなされてもおかしくないのではないか。米国はこの戦争を、いったいどこまで拡大する気なのか」

※岩上安身@iwakamiyasumi

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です