米大統領選バイデン氏勝利を見通し、イスラエル紙ハアレツが分析記事を掲載! バイデンはイスラエルのパレスチナ入植に反対だが大使館はテルアビブに戻さない!? イラン核合意には復帰するだろう! 2020.11.10

記事公開日:2020.11.10 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文:尾内達也 記事構成:IWJ編集部)

 バイデン候補の米国大統領就任が確実になったことを受けて、イスラエルのメディア、ハアレツ(Haaretz)が11月7日、「バイデン勝利が米イスラエル関係に持つ意味」と題する記事を掲載。バイデン政権のイスラエル政策を予想している。

 記事によれば、バイデンは、オバマ政権までの米国の政策だった、イスラエルと将来の独立したパレスチナ国家が平和安全に共存する「二国家解決」を支持する。彼はイスラエルのパレスチナ入植に反対だが、トランプ大統領がエルサレムに移した米国大使館をテルアビブに戻す意思はない。

 また、トランプ政権が離脱したイランとの核合意を復活させることも厭わないとしている。

 バイデンは、米国の援助をイスラエルが利用することは「巨大な間違い」とする一方で、イスラエルに対するボイコット・投資引き揚げ・制裁(BDS)運動は「反ユダヤ主義に陥る」可能性から反対している。

 バイデン政権では、米国の中東政策が大きく変化する可能性が高い。しかし記事では、元駐ワシントンイスラエル大使による「オバマ時代に完全に戻るとは思えない」との見方も示されている。

 岩上安身はこれまで、ユダヤ教徒で、かつ「シオニズム」批判者であるヤコヴ・M・ラブキン・モントリオール大学教授と、パレスチナ情勢に詳しい岡真理京都大学教授に、繰り返しインタビューを行なっている。複雑なイスラエルとパレスチナの情勢を理解いただくために、ハアレツの記事と共に、ぜひあわせてお読みいただきたい。

記事目次

バイデンは「二国家解決」を支持し、イスラエルのパレスチナ入植反対だが、大使館はエルサレムから戻さない!?

 米大統領選でバイデン候補が勝利を確実にした11月7日夜(日本時間8日朝)、イスラエルのハアレツ(Haaretz)が、「バイデン勝利が米イスラエル関係に持つ意味」と題する分析記事を出した。この中で、今後の中東情勢を6つの観点から予想している。

▲ハアレツの記事

 ハアレツの示す6つの観点に関する分析を要約すると、以下のようになる。

1. イスラエル・パレスチナ紛争について:バイデンは二国家解決の強力な支持者だったし現在もそうである。イスラエル・パレスチナ紛争解決の大きな障害はイスラエルの(ヨルダン川西岸等占領地への)入植だと考えている。

2. 米国大使館の移動について:バイデンは大使館をエルサレムからテルアビブへ戻す意志はないとすでに述べている。しかし、パレスチナ人コミュニティーに長きにわたり貢献してきた米国領事館を東エルサレムにリオープンすると述べている。

イランとの核合意復活も厭わない!!

3. イスラエルとほかのアラブ諸国との国交正常化協定について:バイデンはイスラエルとアラブ首長国連邦との国交正常化を称賛。ただし、前特命全権公使のゴールドによれば、バイデンは、ほかのアラブ諸国とのさらなる国交正常化を仲介する前にイスラエルにパレスチナ人への譲歩を要請するだろう。

4. イランについて:バイデンは、オバマ政権が起草したイラン、米国、他の5カ国との間の核合意である「包括的共同行動計画」の確固たる支持者である。バイデンは、トランプ政権の核合意からの離脱を「自業自得」と評した。バイデンはまた、9月に開催されたJストリート(米国の新興ユダヤ人ロビー団体)のイベントで、もし当選すれば「(イランが協定の順守に戻るならば)協定を復活させることも厭わない」と語った。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です