<衆院選にむけての緊急インタビュー4!>安倍元総理のお膝元で、またも「政治とカネ」疑惑、友田有・山口県議を告発! 岩上安身によるインタビュー第1057回 ゲスト 上脇博之神戸学院大学教授 2021.10.12

記事公開日:2021.10.13取材地: テキスト動画独自

特集 2021衆議院選挙
※こちらは衆院選終了までフルオープンにします。
※全編映像は会員登録すると御覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の2ヶ月間、全編コンテンツが御覧いただけます。 一般会員の方は記事公開後 2ヶ月間以内に限り御覧いただけます。
ご登録はこちらから

 10月12日、岩上安身は神戸学院大学の上脇博之教授に10日、11日の続々編になるインタビューを行った。

 上脇教授は今年9月28日付けで、元安倍総理補佐官の薗浦(そのうら)健太郎衆議院議員、薗浦議員の政治資金管理団体「新時代政経研究会」の会計責任者である大谷勇人氏を政治資金規正法違反の闇政治資金パーティー事件で、株式会社ライズ・ジャパンの仲井力社長を、政治資金規正法の「寄付の総額の制限」違反で、刑事告発した。


<衆院選にむけての緊急インタビュー3!>政官財癒着の構造! 元安倍晋三総理補佐官の薗浦健太郎氏を東京地検に告発! 岩上安身によるインタビュー第1056回 ゲスト 上脇博之神戸学院大学教授 2021.10.11

記事公開日:2021.10.13取材地: テキスト動画独自

特集 2021衆議院選挙
※こちらは衆院選終了までフルオープンにします。
※全編映像は会員登録すると御覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の2ヶ月間、全編コンテンツが御覧いただけます。 一般会員の方は記事公開後 2ヶ月間以内に限り御覧いただけます。
ご登録はこちらから

 10月11日、岩上安身は神戸学院大学の上脇博之教授に、10日の続編のインタビューを行った。


<衆院選にむけての緊急インタビュー2!>闇政治資金パーティーを開き、甘利明幹事長を講師に招いた元安倍晋三総理補佐官の薗浦(そのうら)健太郎氏を東京地検に告発! 岩上安身によるインタビュー第1055回 ゲスト 上脇博之神戸学院大学教授 2021.10.10

記事公開日:2021.10.13取材地: テキスト動画独自

特集 2021衆議院選挙
※こちらは衆院選終了までフルオープンにします。
※全編映像は会員登録すると御覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の2ヶ月間、全編コンテンツが御覧いただけます。 一般会員の方は記事公開後 2ヶ月間以内に限り御覧いただけます。
ご登録はこちらから

 10月10日、夜6時半から、岩上安身による神戸学院大学教授・上脇博之氏へのオンラインインタビューを生中継した。

 上脇教授のご専門は憲法学であるが、いくつかの告発をやってきたことで、刑法にもだいぶ詳しくなったとのこと。


菅政権の「火種を消すために家ごと燃やしてしまえ」という手法! 日本学術会議問題で岩上安身の呼びかけに応じた早稲田大学・水島朝穂教授、明治学院大学・木下ちがや研究員、法政大学・中沢けい教授、神戸学院大学・上脇博之教授のメッセージ! 2020.12.6

記事公開日:2020.12.6 テキスト

 菅総理による日本学術会議新規会員への人事介入の件は、学問の独立性の侵害、任命権の解釈の恣意性が問題となっている。任命拒否された6人は、軍事研究解禁に反対するのではないかと、菅政権に判断され、任命が拒否された疑いがある。

 岩上安身による日本学術会議トップの関係者に対する取材によれば、現在、日本学術会議内部では、軍事研究解禁賛成派と反対派のバランスがギリギリのところに差し掛かっている。この6人を任命しないことで、賛成派が反対派を上回ることになる可能性が高いため、周到に準備した上で、任命を拒否した可能性がある。


黒川氏定年延長の「閣議決定前」文書、じつは閣議後に法務省等が「作文」!? 安倍内閣が「辻褄合わせ」指示した文書を出せ!! と国を提訴した神戸学院大学・上脇博之教授にIWJ仲川正紀記者がZoomで直撃インタビュー! 2020.6.2

記事公開日:2020.6.7取材地: 動画独自

 2020年6月2日、夜8時よりIWJ仲川正紀記者が、東京都港区のIWJ事務所と上脇氏ご自宅とをオンラインアプリケーションZOOMでつなぎ、黒川氏定年延長、検察庁法改正案などについてのお話を伺った。


独占スクープインタビュー!安倍晋三総理を税金『1億5121万5000円』私物化による日本国への「背任罪」で告発!! ~岩上安身によるインタビュー 第979回ゲスト 神戸学院大学・上脇博之教授 2020.1.14

記事公開日:2020.1.14取材地: 動画独自

 2020年1月14日(火)、東京地裁の司法記者クラブで、安倍総理主催「桜を見る会」の法的問題について、重大な指摘をする記者会見を行った神戸学院大学の上脇博之教授に、16時より東京都港区のIWJ事務所で岩上安身がインタビューを行った。


記者会見「河井克行(前法務大臣)夫妻らを公選法の買収等の罪で刑事告発」(大阪市) 2019.11.27

記事公開日:2019.11.27取材地: 動画

 2019年11月27日(水)11時より大阪府大阪市のあさひ・パートナーズ法律事務所にて、記者会見「河井克行(前法務大臣)夫妻らを公選法の買収等の罪で刑事告発」が行われた。


政治資金問題から見える「維新の正体」その70(「文書通信交通滞在費」問題からも見えた正体)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.23

記事公開日:2019.7.23 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 維新の「正体」
※2019年07月20日23:19投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)「日本維新の会」の「文書通信交通滞在費」(月100万円)についてはこのブログで投稿してきた。

①最初は丸山穂高議員の使途を追及する投稿だった。


政治資金問題から見える「維新の正体」その69(東徹議員「文書通信交通滞在費」の違法支出・寄付、使途不明問題)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.23

記事公開日:2019.7.23 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 維新の「正体」
※2019年7月20日13:18 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)「日本維新の会」の「文書通信交通滞在費」の使途にける法的問題を何度か取り上げている。

この投稿では、東徹参議院議員の2017年分の「文書通信交通滞在費」の使途報告書を取り上げて検討する。


政治資金問題から見える「維新の正体」その68(清水貴之議員「文書通信交通滞在費」の違法支出問題【寄付以外】)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.21

記事公開日:2019.7.21 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 維新の「正体」
※2019年7月19日23:43投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)「日本維新の会」所属の清水貴之参議院議員が
2017年に「文書通信交通滞在費」を政党支部と資金管理団体に
違法寄付していた問題を指摘した。


文書通信交通滞在費維新(日本維新の会、大阪維新の会)問題 政治資金問題から見える「維新の正体」その67(清水貴之議員「文書通信交通滞在費」の違法寄付問題その2「資金管理団体」への寄付分)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.20

記事公開日:2019.7.20 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 維新の「正体」
※2019年7月19日18:57投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)「日本維新の会」所属の清水貴之参議院議員が2017年に「文書通信交通滞在費」を政党支部に違法寄付していた問題を指摘した。

政治資金問題から見える「維新の正体」その66(清水貴之議員「文書通信交通滞在費」の政党支部への違法寄付問題)
http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51924475.html


政治資金問題から見える「維新の正体」その66(清水貴之議員「文書通信交通滞在費」の政党支部への違法寄付問題)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.20

記事公開日:2019.7.20 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 維新の「正体」
※2019年7月19日15:25投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)「日本維新の会」の「文書通信交通滞在費」について何度かブログ投稿している。
その中で、「文書通信交通滞在費」を虚偽の理由で寄付するなどしていた議員のケースを指摘した。


政治資金問題から見える「維新の正体」その65(「文書通信交通滞在費」の使途の透明化問題)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.20

記事公開日:2019.7.20 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 維新の「正体」
※2019年7月19日9:37投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)「日本維新の会」の所属国会議員の「文書通信交通滞在費」問題についてこのブログで何度か指摘したが、「日本維新の会」は全く反省していないようなので、「文書通信交通滞在費」のそもそも論から「日本維新の会」の違法使途問題を指摘した。


政治資金問題から見える「維新の正体」その64(「文書通信交通滞在費」についての詐欺師のような手口)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.19

記事公開日:2019.7.19 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 維新の「正体」
※2019年7月18日22:10 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

はじめに

(1)「日本維新の会」の「文書通信交通滞在費」については、以下の4つのブログ投稿で紹介した。


政治資金問題から見える「維新の正体」その63(これでは「文書通信交通滞在費」の使途報告とは言えない)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.17

記事公開日:2019.7.17 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 維新の「正体」
※2019年7月5日21:54 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)「文書通信交通滞在費」については、丸山穂高議員が「日本維新の会」所属時代の違法支出していたことなどを、以下の3つのブログ投稿で紹介しました。


政治資金問題から見える「維新の正体」その62(広田和美大阪市議会議長の政務活動費の詐取事件)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.17

記事公開日:2019.7.17 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 維新の「正体」
※2019年7月2日23:16 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)大阪市議会の広田和美議長が議長就任前の2018年度に交付された政務活動費で、所属の「大阪維新の会」の実績や大阪都構想をアピールする党会合の関連経費計約75万円を全額支出していた。大阪市の政務活動費条例とそれに基づく手引では政党活動への支出は禁じられている。


政治資金問題から見える「維新の正体」その61(足立康史議員の消えた選挙運動残金疑惑、直近3回衆院選で2644.7万円)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.17

記事公開日:2019.7.17 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 維新の「正体」
※2019年6月23日9:38 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

はじめに

(1)足立康史氏は、
2011年、みんなの党大阪府第9選挙区支部長だったが、
2012年、日本維新の会に移籍し、大阪府第9選挙区支部長になった。


政治資金問題から見える「維新の正体」その60(伊藤信久氏の消えた選挙運動残金疑惑、直近3回衆院選で約1774・8万円)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.17

記事公開日:2019.7.17 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 維新の「正体」
※2019年6月22日21:10 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

はじめに

(1)伊東信久氏は、2012年衆議院総選挙に立候補して初当選し(小選挙区選挙)、2014年衆議院総選挙で再選された(比例代表選挙)。


政治資金問題から見える「維新の正体」その59(馬場伸幸幹事長の消えた選挙運動残金疑惑、直近3回衆院選で約942・6万円)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.17

記事公開日:2019.7.17 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 維新の「正体」
※2019年6月22日9:53 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

はじめに

(1)このブロブの連載「 政治資金問題から見える「維新の正体」」「その58」の投稿において、現在「日本維新の会」の幹事長である馬場伸幸衆議院議員の2017年衆議院総選挙における選挙運動資金の実質的残金305万円強(305万391円)がどこにも収支報告されていないという問題を指摘した(http://blog.livedoor.jp/nihonkokukenpou/archives/51922278.html)。


政治資金問題から見える「維新の正体」その58(馬場伸幸幹事長の2017年衆議院総選挙で消えた約305万円疑惑)~ブログ「上脇博之 ある憲法研究者の情報発信の場」より 2019.7.16

記事公開日:2019.7.16 テキスト

特集 「ゆ」党再編の要!? 維新の「正体」
※2019年6月21日21:20 投稿の本ブログは、上脇博之氏の許可をいただき掲載しています。

(1)馬場伸幸氏は、堺市議会議員を経て、
2012年衆議院総選挙で初当選し、その後も2014年、2017年
の各衆議院総選挙でも当選している衆議院議員であり、
現在「日本維新の会」の幹事長である(http://baba-nobuyuki.com/profile.html)。