情報公開制度の崩壊!? 理事会議事録の不開示と黒塗りの設計図面!! ~9.26加計学園問題に関する情報公開請求訴訟を提訴することに関する記者会見 2018.9.26

記事公開日:2018.10.6取材地: テキスト動画

 2018年9月26日(水)、原告人・福田圭子氏、原告訴訟代理人・弁護士の海渡雄一氏、中川亮氏、小川隆太郎氏、海渡双葉氏らが学校法人・加計学園が愛媛県今治市で獣医学部を新設するにあたり、文部科学省に提出した文書が情報公開請求で不開示になったのは違法だとして、不開示決定の取り消しと開示を求めて東京地裁に提訴し、同日に記者会見を行った。


外務省、お前もか!? 日米合同委員会の議事録公開をめぐり、目を覆わんばかりの相次ぐ失態!やはり、日本国憲法の上に日米地位協定はあるのか!? 2018.3.28

記事公開日:2018.3.28 テキスト

 防衛省による日報隠し、厚労省によるデータ捏造、財務省による文書改竄……。「一強」政権に対する忖度のせいか、このところ行政官僚の不始末が相次いでいる。一般にはあまり知られていないだろうが、外務省でも日米合同委員会の議事録公開をめぐって、「非開示にする必要のないものを非開示にした」ことから失態が続いている。


加計学園問題に関する情報公開請求につき再度違法・不当な不開示決定があったことに関する記者会見 2018.1.10

記事公開日:2018.1.13取材地: 動画

 2018年1月10日(水)12時30分より、東京都千代田区の司法記者クラブにて、加計学園問題に関する情報公開請求について、再度違法・不当な不開示決定があったことに関する記者会見が行われた。


なぜ、菅官房長官会見へ臨んだのか 文化と講演の夕べ ―望月衣塑子氏(東京新聞社会部記者) 2017.12.8

記事公開日:2017.12.15取材地: 動画

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。→こちらから

 2017年12月8日(金)18時30分より、大阪市北区の中之島中央公会堂にて、進歩と革新をめざす大阪の会(大阪革新懇)の主催 により、「なぜ、菅官房長官会見へ臨んだのか 文化と講演の夕べ ―望月衣塑子氏(東京新聞社会部記者)」と題する講演会が開催された。


衆院選挙「自民党勢力に勝たせると『加計学園の闇』は永遠にわからなくなる」海渡雄一弁護士が憂慮~情報不開示決定は違法・不当と不服申し立て「証拠は全て選挙・認可後という強い意志を感じる」 2017.10.21

記事公開日:2017.10.21取材地: 動画独自

 2017年10月21日(土)10時30分より、東京都新宿区の東京共同法律事務所にて、海渡雄一弁護士へIWJ記者がインタビューを行った。


【大義なき解散総選挙15】「政府の秘密を肯定する人は、秘密とのつき合い方を知らない」 ~特定秘密保護法、情報公開請求のプロ・三木由希子氏に岩上安身が聞く ~ 岩上安身によるインタビュー 第484回 ゲスト 三木由希子氏 2014.11.30

記事公開日:2014.12.8取材地: テキスト動画独自

 2014年12月14日投開票の衆院選に向け、与野党の攻防が日本列島に喧騒を広める中、この国の行方を左右しかねない新法が、ひっそりと施行される。特定秘密保護法だ。

 同法の施行日は10日だから今回の選挙には無関係、という理由なのか、自民党の公約パンフレットに「秘密保護法」の文字は見当たらない。

 だが、この法律は、政府の正しい政策判断を阻害するリスク要因をはらんでいる。日本に、不要な戦争へ向かわせる危険性をあわせ持つのが、施行が秒読み段階に入った秘密保護法なのである――。


「吉田調書」をめぐり国民不在で行われる朝日vs産経報道、東電株主代表訴訟の原告らが調書公開を求め国を提訴 2014.8.20

記事公開日:2014.8.21取材地: テキスト動画

特集 3.11

 「吉田調書」の公開を求め、東電株主代表訴訟の原告らが8月20日、国を相手どり、東京地裁に行政訴訟を起こした。原告らは同日、司法記者クラブで記者会見した。

 吉田調書とは、福島第一原発事故の原因究明にあたった政府事故調が、現場責任者として当時事故対応にあたっていた故・吉田昌郎所長を聴取した記録のことだ。朝日新聞がスクープしたことで調書の存在が知れ渡った。


子どもの命が最優先だったのか?~情報公開制度が浮き彫りにした、石巻市立大川小学校の空白の51分 2014.5.26

記事公開日:2014.5.29取材地: テキスト動画

 東日本大震災で多くの子どもが亡くなった宮城県石巻市立大川小学校の事故について、「情報公開制度が浮き彫りにした石巻市立大川小学校の空白の51分―学校管理下での津波被害を検証する」と題した講演が特定非営利法人情報公開クリアリングハウスの主催で5月26日(月)に専修大学で行われた。


「戦争を始める瞬間は必ず国民を騙す」〜特定秘密保護法案の廃止を目指す勉強会 2014.2.22

記事公開日:2014.2.22取材地: テキスト動画

 特定秘密保護法の廃止を目指す「『秘密保護法』廃止へ!実行委員会」は、2月22日、東京都文京区で「連続学習会 『こんなにあぶない秘密保護法 パートⅠ」-成り立ちと狙いを徹底解剖‐』と題した勉強会を開いた。


秘密保護法案、「閣僚も事前に内容を把握せず」 官僚の拙速ぶりを日弁連・清水勉弁護士が指摘 2013.12.2

記事公開日:2013.12.2取材地: テキスト動画

 「与党議員や大臣は、事前に法案の中身を知らなかった。これは異常なことだ」──

 特定秘密保護法案が強行採決を経て衆議院で可決され、近く参議院でも可決の見通しとなるなか、情報公開について詳しい専門家三名による記者会見が12月2日、日本外国特派員協会にて行われた。

 東京新聞の論説委員を務める桐山桂一氏、弁護士で日弁連秘密保全法制対策本部事務局長の清水勉氏、NPO法人情報公開クリアリングハウス理事長の三木由希子氏が、それぞれの立場から、秘密保護法案の恐ろしさを訴えた。


「情報公開請求とそれを社会に出す費用に使わせていただきます」 ~日隅一雄さんが残したものと民主主義―第1回 日隅一雄・情報流通促進賞表彰式― 2013.6.12

記事公開日:2013.6.12取材地: テキスト動画

 表現の自由、情報公開、国民主権の促進に生涯を捧げた、故日隅一雄の理念を基に、第1回「日隅一雄・情報流通促進賞」の授賞式が、6月12日、弘済会館で行われた。

 大賞には情報公開クリアリングハウス(三木由希子氏)、奨励賞にはCRMS(市民放射能測定所 代表 丸森あや氏)と福島原発告訴団(代表 武藤類子氏)の2団体、特別賞には東京新聞「こちら特報部」(デスク 野呂法夫氏)が選ばれた。また、授賞式では、審査を行った岩崎貞明氏、津田大介氏、落合恵子氏が講演を行なった。


東京電力TV会議録画の「名ばかり公開」に関する緊急記者会見 2012.7.30

記事公開日:2012.7.30取材地: 動画

 2012年7月30日(月)、参議院議員会館で、「東京電力TV会議録画の「名ばかり公開」に関する緊急記者会見」が行われた。


これがヒミツ?あれもヒミツ!秘密保全法制と情報公開について考えよう 2012.4.13

記事公開日:2012.4.14取材地: テキスト動画

 2012年4月13日(金)、東京都千代田区の弁護士会館で、日本弁護士連合会主催の「これがヒミツ?あれもヒミツ!秘密保全法制と情報公開について考えよう」が行われた。

 秘密保全法制については、会議の議事録やメモの破棄が明らかになり、「検討過程も秘密扱い」などといわれ、批判されている。最近では、官邸ホームページ上で掲載されている有識者会議配布資料の、ナンバーの書き換えや改ざん疑惑までも報じられている。


秘密保全法制と情報公開について考える院内集会 2012.3.22

記事公開日:2012.3.22取材地: テキスト動画

 2012年3月22日(木)、参議院議員会館にて行われた、秘密保全法制と情報公開について考える院内集会の模様。


NPJ編集長・日隅一雄連続対談企画第4回 「こんなに遅れている日本の情報公開制度」 2012.3.16

記事公開日:2012.3.16取材地: テキスト動画

 2012年3月16日(金)、東京都千代田区の岩波書店アネックスビルで「NPJ(News for the People in Japan)編集長・日隅一雄連続対談企画第4回『こんなに遅れている日本の情報公開制度』」が行われた。


飯舘村住民懇談会 2012.2.26

記事公開日:2012.2.26取材地: 動画

 2012年2月26日(日)、県青少年会館にて行われた、「飯舘村住民懇談会」の模様。

 会場には大勢の人が駆けつけ、行政側と住民との間で質疑応答がなされた一方で「私は町民なのにこの会議のことを直前まで知らなかった。このような進め方はおかしいのではないか」といった意見も聞かれ、会場からは「人権問題だ」と声が上がる一面も見られた。


第30回・TPPを慎重に考える会 勉強会 2012.2.23

記事公開日:2012.2.23取材地: 動画

 2012/02/23(木)、参議委員議員会館1階101号室で「第30回・TPPを慎重に考える会 勉強会」および、韓国訪問団による記者会見が行われた。


第121回 郷原信郎氏 定例記者レク 2012.2.20

記事公開日:2012.2.20取材地: テキスト動画

 2012年2月20日(月)「第121回 郷原信郎氏 定例記者レク」において、小沢一郎氏公判での証拠請求却下認定東京地検の虚偽公文書作成の認定があったことが報告され、郷原氏による裁判の見通しが報告された。


岩上安身によるインタビュー 第88回 ゲスト 川内博史衆議院議員と森ゆうこ参議院議員(質問書提出後のインタビュー) 2011.1.21

記事公開日:2011.1.21取材地: テキスト動画独自

 2011年1月21日、民主党の有志議員が、「平成23年度予算案並びに関連法案の早期成立を目指す『真の挙党体制を構築するため』の党運営について」という質問書を、岡田克也幹事長に提出し、質問書提出後に、川内博史衆議院議員と森ゆうこ参議院議員のぶら下がり取材が行われた。

 岡田幹事長に提出後、川内博史衆議院議員と森ゆうこ参議院議員のぶらさがり取材です。


岩上安身によるインタビュー 第73回 ゲスト 高知白バイ事件冤罪被害者 片岡晴彦氏 2010.12.4

記事公開日:2010.12.4取材地: テキスト動画独自

 2010年12月4日(土)、岩上安身は、冤罪被害者の片岡晴彦さんにお話を聞きました。

 高知白バイ事件をご存知ですか。

 2007年3月3日、高知県の国道で、片岡さんが運転手を勤めたスクールバスと、高知県警の白バイが衝突事故を起こしました。白バイを運転していた当時26歳の隊員が亡くなり、片岡さんは業務上過失致死罪で起訴。一年四ヶ月の判決が下り、受刑者として、刑務所内で過酷な日々を過ごしました。