NPJ編集長・日隅一雄連続対談企画第4回 「こんなに遅れている日本の情報公開制度」 2012.3.16

記事公開日:2012.3.16取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

( IWJ・原)

 2012年3月16日(金)、東京都千代田区の岩波書店アネックスビルで「NPJ(News for the People in Japan)編集長・日隅一雄連続対談企画第4回『こんなに遅れている日本の情報公開制度』」が行われた。

■ハイライト

  • 日時 2012年3月16日(金)
  • 場所 岩波書店アネックスビル(東京都千代田区)

 東京電力福島第一原子力発電所の事故以降、東電からの情報取得の難しさ、独立性のない保安院の実態、安全委員会の不明朗な人選など、原子力ムラの不透明性が次々と明るみに出ている。今回の対談は、フリージャーナリストで弁護士の日隅一雄氏が「国民が主権者としてこれを批判し、議員に改善要求を上げていくためにどうすべきか」と自問自答したところから始まった。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です