辺野古基地建設強行糾弾!12・5緊急関西集会 ―講師 伊波洋一氏 2015.12.5

記事公開日:2015.12.5取材地: 動画

 2015年12月5日(土)18時より、元沖縄県宜野湾市長の伊波洋一氏が大阪市中央区のエル・おおさかで開かれた「辺野古基地建設強行糾弾!12・5緊急関西集会」で「辺野古埋め立て承認の取り消しと沖縄の自己決定権」と題し講演を行った。


辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動 2015.12.5

記事公開日:2015.12.5取材地: 動画

 JR大阪駅南口バス停前で毎週土曜日15時半より17時まで行われている「辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動」の模様を2015年12月5日(土)16時前より配信した。


12・2政府の代執行提訴に抗議し、翁長知事を激励する官邸前行動! 2015.12.2

記事公開日:2015.12.2取材地: 動画

特集 辺野古

 2015年12月2日、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック、止めよう!辺野古埋め立て国会包囲実行委員会、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会の主催による「12・2政府の代執行提訴に抗議し、翁長知事を激励する官邸前行動!」が、首相官邸前にて行われた。


辺野古に基地は造らせない大集会 2015.11.29

記事公開日:2015.11.29取材地: 動画

 2015年11月29日、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂にて、止めよう!辺野古埋立て 国会包囲実行委員会が主催する「11.29辺野古に基地は造らせない大集会」が行われた。


「普天間存続か辺野古移設か、どちらかしか選択肢はない、というのは間違いである」〜マイク・モチヅキ・米ジョージワシントン大学教授らが「妥協案」の必要性を訴え 2015.11.17

記事公開日:2015.11.25取材地: テキスト動画

※11月25日テキストを追加しました!

 もともと、辺野古への移設は唯一の選択肢ではなかった――。

 2015年11月17日、日本外国特派員協会で、マイク・モチヅキ・米ジョージ ワシントン大学教授と橋本晃和・桜美林大学大学院特任教授による記者会見が行なわれた。


公開講座「東京で考える沖縄・辺野古」 2015.11.25

記事公開日:2015.11.25取材地: 動画

特集 辺野古

 2015年11月25日(水) 18時30分より、東京都千代田区の明治大学駿河台キャンパス リバティタワーにて、明治大学労働教育メディア研究センター、SEALDs RYUKYU主催による、公開講座「東京で考える沖縄・辺野古」が行なわれた。冒頭のビデオ上映後、18時50分ごろより、中継を行った。


辺野古の海を埋め立てるな! 11・22 新宿デモ 2015.11.22

記事公開日:2015.11.22取材地: 動画

 2015年11月22日、東京都新宿区で、辺野古への基地建設を許さない実行委員会が主催する「辺野古の海を埋め立てるな! 11・22 新宿デモ」が行われた。


在英邦人による日本政治学習会:国連から見た日本の情報の権利/辺野古の現状・参議院選挙に向けて 2015.11.21

記事公開日:2015.11.21取材地: | | 動画

 日本時間2015年11月21日(土)23時(現地時間14時)より「在英邦人による日本政治学習会:国連から見た日本の情報の権利/辺野古の現状・参議院選挙に向けて」がイギリス・ロンドン大学東洋アフリカ研究学院 (SOAS) で開かれた。藤田早苗氏(エセックス大学人権センター)が講演を行ったほか、SEALDs(シールズ)・SEALDs RYUKYU(シールズ琉球)のメンバーである元山仁士郎氏もネット中継で参加した。


【サンフランシスコ発】「島ぐるみ会議」訪米団に同行中の山本愛穂記者によるレポート 2015.11.17

記事公開日:2015.11.19取材地: | | テキスト

 現地時間13:30「島ぐるみ会議」25名サンフランシスコ到着。これから The Asia Pacific American Labour Alianceという市民フォーラムで「会議」より 辺野古移設の現状報告を行います。

 現地時間11/17 午前5時、「島ぐるみ会議」先発隊5名がワシントンへ。

 11/17現地時間午前11時「島ぐるみ会議」20名、SanFrancisco War Memorialにて記者会見。一角にあるオペラハウスは、1951年9月8日、吉田茂がサンフランシスコ講和条約に署名した場所です。

 渡久地修(沖縄県議会議員)@会見①:講和条約が締結された場所での記者会見。歴史的な意味がある。辺野古移設に反対の姿勢貫く翁長知事の選出は、もうこれ以上は無理だという県民の声。しかし日本政府は民意を無視し工事を強行。基地問題を飛び越え、日本の民主主義に関わる問題。


SEALDs 辺野古新基地建設に反対する全国一斉行動・新宿アルタ前 2015.11.14

記事公開日:2015.11.14取材地: 動画

 2015年11月14日、東京都新宿区の新宿アルタ前にて、SEALDsが主催する「辺野古新基地建設に反対する全国一斉行動」が行われた。


SEALDs RYUKYU 辺野古新基地建設に反対する全国一斉緊急行動 2015.11.14

記事公開日:2015.11.14取材地: 動画

 2015年11月14日(土)13時より、SEALDs RYUKYU(シールズ琉球、自由と民主主義のための琉球・沖縄学生緊急行動)が沖縄県名護市・辺野古の基地ゲート前ではじめての抗議行動を行った。この日は、東京・新宿、名古屋・名古屋駅前でもSEALDsによる連帯する抗議が行われた。


SEALDs TOKAI 安保法制に反対する名古屋街宣/辺野古新基地建設に反対する全国一斉緊急行動 2015.11.14

記事公開日:2015.11.14取材地: 動画

 2015年11月14日(土)17時より、名古屋駅西口噴水広場でSEALDs TOKAI(シールズ東海)による「安保法制に反対する名古屋街宣」が行われた。沖縄・辺野古などで行われた抗議行動にも連帯して、集まった3500人(主催者発表)とともに新基地建設反対を訴えた。


【IWJブログ】沖縄「島ぐるみ会議」訪米団への同行取材を敢行! 沖縄の人々による辺野古新基地建設反対の思いをレポート! (山本愛穂)

記事公開日:2015.11.14 テキスト

 IWJスタッフの山本愛穂(まなほ)です。急遽明日、単身アメリカに飛ぶことが決定しました。

 普段は事務チームにいる、報道経験ゼロの私がです。

 渡米が決まったのはほんの数時間前。13日の夕方です。

 18時までに渡航に必要な各種情報を用意し、VISAの取得と支払いを済ませなければ、航空機の席が埋まってしまうという切迫した状況の中、自分のパスポート番号が個人のメールボックスに存在していることに気づいた私が滑り込むことになりました。


SEALDs KANSAI 辺野古新基地建設に反対する全国一斉緊急行動 2015.11.13

記事公開日:2015.11.13取材地: 動画

 「辺野古新基地建設に反対する全国一斉緊急行動」として、2015年11月13日(金)19時過ぎより神戸市中央区・元町駅前でSEALDs KANSAI(シールズ関西)主催の抗議行動が行われた。14日には、沖縄・辺野古ゲート前のほか東京、名古屋でもSEALDsによる抗議が行われる。


「抗議やデモがうるさいから補助金をくれ」で補助金交付? 辺野古への直接振興費に赤嶺政賢議員「法治国家にもとるような行為は直ちにやめるべきだ」と菅官房長官を糾弾! 11.10閉会中審査で 2015.11.11

記事公開日:2015.11.11 テキスト

 「法治国家にもとるような行為は直ちにやめるべきだ」――。

 2015年11月10日に開かれた衆議院予算委員会の閉会中審査で、沖縄選出の赤嶺政賢衆議院議員(日本共産党)が、辺野古新基地建設問題をめぐる政府の対応について、菅義偉官房長官を問いつめた。


グリーンピース 虹の戦士号クルー 海上アピール 2015.11.8

記事公開日:2015.11.8取材地: 動画

 沖縄・辺野古沖への停泊を拒否された環境NGOグリーンピースの船「虹の戦士号」の乗組員らは、2015年11月8日(日)14時半、大浦湾を挟んで辺野古に面する名護市・瀬嵩(せだけ)の浜を訪れ、カヌーによる埋め立て抗議行動に参加した。


辺野古の海を埋め立てるな!11.8大阪アクション 2015.11.8

記事公開日:2015.11.8取材地: 動画

 2015年11月8日(日)13時半より、大阪市西区・新阿波座公園で「辺野古の海を埋め立てるな!11.8大阪アクション」が行われた。集会後、参加者は沖縄・辺野古の埋め立て作業再開に抗議して雨の中、難波までデモ行進した。


SEALDsが次なるアクションへ!「安倍政権の姿勢と辺野古新基地建設は日本の価値観を脅かすという点で同根の問題だ」――辺野古「No」全国一斉緊急行動へ向けてメンバーが記者会見 2015.11.6

記事公開日:2015.11.7取材地: テキスト動画

※11月7日テキストを追加しました!

 「安倍政権の姿勢と辺野古新基地建設は日本の価値観を脅かすもので、同根の問題だ」――。

 SEALDsが次なるアクションを起こす。2015年11月6日、SEALDsのメンバーらが参議院議員会館で記者会見し、沖縄の民意に反して辺野古新基地建設を推進する安倍政権に反対する声明文を発表した。


「警官が熱くなってどうする!」警視庁から100人以上の機動隊が投入された辺野古ゲート前、衝突は激化の一途 ――「統率のとれない状態での投入は非常に危険」 2015.11.5

記事公開日:2015.11.6取材地: テキスト

 警視庁から名護市辺野古に機動隊員が初めて投入された2015年11月4日、米軍キャンプ・シュワブのゲート前では、機動隊ともみ合いになった市民から逮捕者1人、けが人1人が出た。

 市民が撮影した動画には、同日午前9時過ぎに起きた攻防の様子が確認できる。機動隊員の若者が、後に公務執行妨害の容疑で逮捕された市民を背後から押している姿が見て取れ、翌日5日、琉球新報と琉球朝日放送は動画を公開。逮捕劇直前に起きていた混乱を報じた。


沖縄の民意を無視し金の力で辺野古移設を強行する「なんでもあり」の安倍政権 ~緊急集会で専門家が、国が持ち出した「行政不服審査法」の嘘と矛盾を指摘! 2015.10.29

記事公開日:2015.11.6取材地: テキスト動画
辺野古〝埋め立て承認取り消し〟に政府は従え! 取り消し無効―埋立て着手を許さない10・29緊急集会

特集 辺野古
※11月6日テキストを追加しました!

 安倍政権は2015年10月29日、過去数度の選挙で示された沖縄県民の「辺野古移設反対」の民意を無視し、ついに辺野古沿岸での新基地建設の「本体工事」強行に着手した。