【緊急アップ!】翁長沖縄県知事が辺野古埋め立て承認を取り消し!政府はすぐさま「不服審査請求」で対抗 〜緊急会見で翁長知事「多くの国民が疑問を持つのでは」 2015.10.13

記事公開日:2015.10.13取材地: テキスト動画

特集 辺野古

 「日本の民主主義ということに対して、国民全体が考えるようなものになればいいなと思っています」。翁長雄志沖縄県知事は2015年10月13日、仲井眞弘多前知事による辺野古の埋め立て承認に「法的瑕疵」があるとして、その取り消しを発表。知事就任から約10ヶ月、初めて、基地建設の直接的な阻止行動に踏み切った。

 埋め立て承認の取り消しとはつまり、政府が辺野古移設の工事を進める「法的根拠」を失うということだ。しかし政府は、沖縄県に真っ向から対立して工事を進める強気の姿勢を崩さない。


「辺野古埋め立て承認取り消し 翁長知事を支持!国は対抗措置をとらないで」署名提出、および官邸前アピール行動 2015.10.13

記事公開日:2015.10.13取材地: 動画

特集 辺野古

 2015年10月13日(火)、首相官邸前にて、「辺野古埋め立て承認取り消し 翁長知事を支持!国は対抗措置をとらないで」の署名提出と官邸前アピールが行われた。


辺野古ゲート前行動を強化する緊急決起集会 2015.10.7

記事公開日:2015.10.7取材地: 動画

特集 辺野古

 2015年10月7日(水)18時から、沖縄県那覇市の沖縄県庁前広場で、「辺野古ゲート前行動を強化する緊急決起集会」が開かれた。


STOP!辺野古埋め立て…翁長沖縄県知事の承認取り消しを支持~政府は、対抗措置をとらないで~署名提出・防衛省交渉・記者会見 2015.10.7

記事公開日:2015.10.7取材地: 動画

特集 辺野古

 2015年10月7日(水)、参議院議員会館にてFoE Japan主催による「STOP!辺野古埋め立て…翁長沖縄県知事の承認取り消しを支持~政府は、対抗措置をとらないで~」の署名提出が行われ、防衛省との交渉と記者会見が行われた。


米軍Xバンドレーダー基地撤去!10.31京丹後現地集会へ!辺野古新基地建設をとめよう!戦争への道を許さない!10.3京都集会 2015.10.3

記事公開日:2015.10.4取材地: 動画

 京都府京丹後市の米軍Xバンドレーダー基地の撤去を求め月末31日に予定されている現地集会に向けて、2015年10月3日(土)14時より京都市の東山いきいき市民活動センターで「米軍Xバンドレーダー基地撤去!10.31京丹後現地集会へ!辺野古新基地建設をとめよう!戦争への道を許さない!10.3京都集会」が開かれた。


「辺野古が唯一の選択肢」国防権限法案から削除! 翁長知事のロビー活動結実―ワシントンの小さな変化が東京に大きな影響「ワシントン拡声器効果」―柳澤協二氏、猿田佐世氏講演 2015.9.26

記事公開日:2015.10.3取材地: テキスト動画

※10月3日テキストを追加しました!

 条文「辺野古が唯一の選択肢」が国防権限法案から削除――

 これはまさに、翁長雄志・沖縄県知事らが、2015年5月31日から6月3日に行なった、米国でのロビー活動の成果だった。


「ホルムズ海峡と南沙諸島を、なぜ沖縄が守らなければいけないのか」――ジュネーブ・国連人権理事会から帰国直後の翁長・沖縄県知事が外国特派員協会で訴え! 2015.9.24

記事公開日:2015.10.1取材地: テキスト動画
日本外国特派員協会主催 翁長雄志沖縄県知事 記者会見

特集 辺野古
※10月1日テキストを追加しました!

 「日米両政府と180万人の県民が闘いは、誰が見ても、沖縄に勝ち目がない。しかしながら、私たちは27年間、米軍の施政下で、無国籍の人間として人権を蹂躙された時代を生きてきた。そして、その中で小さな島ながら、一つ一つ闘って、人権を積み上げてきた強さがあります」

 沖縄県の民意を踏みにじる形で辺野古新基地建設を進める日本政府の行為は人権問題にあたるとして、スイス・ジュネーブにある国連本部で演説を行なった沖縄県の翁長雄志知事が、帰国直後の2015年9月24日、東京・外国特派員協会で記者会見を行なった。


「日米両政府の間で沖縄はたらい回しだ」翁長知事、国連人権理事会で辺野古問題を訴え――安保法制成立で「沖縄の緊張は増す」との言及も 〜国連での記者会見で 2015.9.22

記事公開日:2015.9.28取材地: | | テキスト動画
翁長雄志沖縄県知事

※9月28日テキストを追加しました!

 「沖縄の人たちは、自己決定権や人権をないがしろにされてきた。自ら望んで(米軍に)土地を提供したわけではない」――。

 スイスのジュネーブで開かれている国連人権理事会で、沖縄県宜野湾市の米軍普天間基地の移設計画を巡って演説した沖縄県の翁長雄志知事が、翌日(2015年)9月22日11時半から(現地時間)、国連欧州本部で記者会見を行った。翁長知事は、名護市辺野古への新基地建設に反対する立場を鮮明にしつつ、日米両政府の巨大権力の下で沖縄が強いられている理不尽を訴えた。


辺野古に新基地はいらない―日本の民主主義のために武蔵野は沖縄と連帯します― 2015.9.27

記事公開日:2015.9.28取材地: 動画
辺野古に新基地はいらない―日本の民主主義のために武蔵野は沖縄と連帯します―

 2015年9月27日(日)、東京都武蔵野市の武蔵野公会堂で辺野古アクションむさしの主催による「辺野古に新基地はいらない―日本の民主主義のために武蔵野は沖縄と連帯します―」が開催された。


満月まつり in 京都 2015.9.27

記事公開日:2015.9.27取材地: 動画

 満月の日に沖縄・辺野古の浜で行われている満月まつりと連帯し、2015年9月27日(日)14時より京都市左京区・京都大学YMCA地塩寮で「満月まつり in 京都」が行われた。


翁長雄志・沖縄県知事「普天間飛行場の辺野古移設は理不尽」と訴え、「日米の民主主義はどうなっているのか」と批判 ―ジュネーブ 国連人権理事会サイドイベント 2015.9.21

記事公開日:2015.9.25取材地: | | 動画

特集 辺野古

 2015年9月21日(月)、スイスのジュネーブで行われた国連人権理事会で、翁長雄志沖縄県知事がスピーチし、普天間飛行場の辺野古移設反対を訴え、日本政府の対応を批判した。


「沖縄の自己決定権と人権はないがしろに」翁長雄志・沖縄県知事、国連本会議で新基地建設阻止を全世界へ訴え ―ジュネーブ 国連本会議 2015.9.21

記事公開日:2015.9.25取材地: | | 動画

特集 辺野古

 2015年9月21日(月)、スイス・ジュネーブで、国連本会議が開催された。会議終盤に、翁長雄志沖縄県知事がスピーチを行い、また、会議後には翁長県知事のぶら下がり会見が行われた。


【緊急アップ!】「警察は右翼団体を利用しているのでは」暴力行為を黙認した沖縄県警の不可解な対応――安保法制の成立翌日、辺野古新基地建設に反対する座り込み行動440日目に起きたテント襲撃事件 2015.9.22

記事公開日:2015.9.22取材地: テキスト動画
20日早朝、警察は市民立ち会いのもと、実況見分を行なった

 「何で目の前で壊しているのを止めないんだ!なぜ、逮捕できないんだ!テントを壊しまくっているのに」

 辺野古の新基地建設に反対する座り込みの抵抗が開始されて1年が過ぎた。座り込み抗議が440日目を迎えた2015年9月19日、米軍キャンプ・シュワブのゲート前ではおなじみの光景となった市民らのテントが、右翼団体に襲撃された。テントは荒々しく破壊され市民の一人は顔面を殴られるなどし、事態の悪化を防げなかった警察の対応に批判の声が上がっている。


田港清治オジー トーカチ祝い&山城博治さんお帰りなさい激励会 2015.9.20

記事公開日:2015.9.20取材地: 動画
田港清治オジー トーカチ祝い&山城博治さんお帰りなさい激励会

 2015年9月20日(日)、辺野古ゲート前で、「田港清治オジー トーカチ祝い&山城博治さんお帰りなさい激励会」が行われた。


辺野古テント右翼襲撃後の模様 2015.9.20

記事公開日:2015.9.20取材地: 動画

 2015年9月19日、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、市民らのテントが右翼団体に襲撃された直後、及び、翌朝の現場の模様。


辺野古の海は埋め立てさせない!No Base!沖縄とつながる京都の会 講演会&結成総会 2015.9.19

記事公開日:2015.9.19取材地: 動画
金城実氏

 2015年9月19日(土)14時より、京都市のひと・まち交流館京都で「辺野古の海は埋め立てさせない!No Base!沖縄とつながる京都の会 講演会&結成総会」が開かれた。沖縄県読谷村在住の彫刻家で建白書島ぐるみ会議呼びかけ人などを務める金城実氏が記念講演を行った。


講演会「辺野古の今」 2015.9.17

記事公開日:2015.9.17取材地: 動画

特集 辺野古

 2015年9月17日(木)18時30分から、京都市上京区の同志社大学・志高館で、同志社大学アメリカ研究所第7部門2015年度第一回研究会が開催され、辺野古・ヘリ基地反対協共同代表の安次富浩氏が「辺野古の今」と題し講演を行った。


島ぐるみ会議 やんばる大集会 2015.9.16

記事公開日:2015.9.16取材地: 動画
島ぐるみ会議 やんばる大集会

特集 辺野古

 2015年9月16日(水)、沖縄県名護市の名護市民会館で「島ぐるみ会議 やんばる大集会」が行なわれた。


「今度は日本政府自らが、海上での『銃剣とブルドーザー』で基地を造っている」 〜翁長沖縄県知事、辺野古への基地移転計画の承認取り消しを発表!(会見全文掲載) 2015.9.14

記事公開日:2015.9.15取材地: テキスト動画

特集 辺野古

※会見と質疑の全文文字起こしを掲載しました。
※9月20、21日に国連で行われる翁長知事のスピーチをIWJで中継予定!

 「沖縄にある全基地の7割方を民間や行政が持っているからこそ、私たちは沖縄のあるべき姿を問うことができる。ところが、あの160ヘクタールを埋め立てたら、そこは全部、国有地になってしまい、沖縄は基地の要塞にならざるを得ない」──。

 2015年9月14日、沖縄県那覇市にある沖縄県庁舎にて、翁長雄志沖縄県知事が会見を行い、「辺野古新基地建設にかかる公有水面埋立承認の取り消しに向け、事業者の意見聴取の手続きを開始した」と述べ、2013年12月に仲井真弘多前知事が出した、名護市辺野古の埋立て承認の取り消しを発表した。


辺野古・高江報告会 byスワロウカフェ 2015.9.12

記事公開日:2015.9.12取材地: 動画

 2015年9月12日(土)18時半より、京都市でスワロウカフェによる「辺野古・高江報告会」が行われ、現地からの報告とともにゲストとして招かれた「辺野古土砂搬出反対」全国連絡協議会の向井宏氏の話を聞いた。向井氏は日本各地から辺野古への埋め立て土砂搬出に反対する活動を続けている。