第9回函館地裁大間原発口頭弁論 報告会 2013.3.15

記事公開日:2013.3.18取材地: テキスト動画

 2013年3月15日(金)16時から、北海道函館市にある函館弁護士会館にて「第9回函館地裁大間原発口頭弁論 報告会」が行われた。この裁判は、大間原発(青森県大間町)を建設中の電源開発と国を相手取り、 建設差し止めなどを求めた訴訟である。訴訟団、弁護団からは、本裁判の裁判長への批判が続出した。


「タイムマシンに乗って、お父さんが死んでしまう前の日に行き『仕事に行ったらあかん!』と言うんや」 ~シンポジウム「ブラック企業の見分け方と対処法」 2013.2.28

記事公開日:2013.2.28取材地: テキスト動画

 2013年2月28日(木)18時30分、大阪市北区の大阪弁護士会館において、「ブラック企業の見分け方と対処法」と題するシンポジウムが開催された。このシンポジウムは大阪弁護士会が主催したもので、NPO法人POSSE(ポッセ)代表の今野晴貴(こんのはるき)氏が、第一部で基調講演を行った。

 今野氏は、「ブラック企業」の特徴や手口、問題解決に向けた課題などについて語った。第二部では、「過労死をなくすために」と題する報告が行われ、「全国過労死を考える家族の会」の代表世話人を務める寺西笑子(えみこ)氏が、過労死遺族の立場から、過労死根絶への思いを語ったほか、大阪弁護士会所属の和田香(かおり)弁護士と岩城穣(ゆたか)弁護士が、「過労死企業名の公表を求める裁判」の概要や、過労死を防止するための法整備の必要性などについて報告した。


泊原発の廃炉をめざす訴訟 第二次提訴記念講演会 ミランダ・シュラーズ氏「ドイツはどのようにして脱原発を実現したのか?」 2012.11.17

記事公開日:2012.11.17取材地: テキスト動画

 2012年11月17日(土)18時から、札幌市中央区の、かでる2・7で「泊原発の廃炉をめざす訴訟 第二次提訴記念講演会 ミランダ・シュラーズ氏『ドイツはどのようにして脱原発を実現したのか?』」が行われた。


第7回大間原発訴訟口頭弁論前の原告会員・支援会員への随行中 2012.9.28

記事公開日:2012.9.28取材地: 動画

 2012年9月28日(金)、北海道函館市の函館弁護士会館で、「第7回大間原発訴訟口頭弁論前の原告会員・支援会員への随行中継」が行われた。


東電株主代表訴訟 第二回口頭弁論後の報告会 2012.9.13

記事公開日:2012.9.13取材地: 動画

 2012年9月13日(木)、東京都千代田区の弁護士会館で、東電株主代表訴訟 第二回口頭弁論後の報告会が行われた。


高江ヘリパッド訴訟の控訴審 第一回口頭弁論 事前集会&報告集会、インタビュー 2012.9.11

記事公開日:2012.9.11取材地: 動画

 2012年9月11日(火)、那覇地方裁判所(福岡高等裁判所那覇支部)で、高江ヘリパッド訴訟の控訴審 第一回口頭弁論 事前集会&報告集会、インタビューが行われた。


いざ!水戸地裁へ 東海第2原発差し止め訴訟 集会・デモ・記者会見 2012.7.31

記事公開日:2012.7.31取材地: 動画

 2012年7月31日(火)、茨城県水戸市で、「いざ!水戸地裁へ 東海第2原発差し止め訴訟 集会・デモ・記者会見」が行われた。


上関原発SLAPP訴訟報告会とインタビュー 2012.7.18

記事公開日:2012.7.18取材地: テキスト動画

 2012年7月18日(水)、上関SLAPP訴訟の第14回目の口頭弁論が山口地裁で行われ、終了後に報告会が行われた。弁護団は中国電力側の不当性を訴えるとともに、この裁判を通して何を目指すべきか、今後の闘争方針を語った。また、被告となった原康司氏へのIWJ中継特派員によるインタビューも併せて行われた。


原発スラップ(恫喝訴訟)を問うシンポジウム 2012.5.16

記事公開日:2012.5.16取材地: 動画

 2012年5月16日(水)、参院議員会館で行われた、原発スラップ(恫喝訴訟)を問うシンポジウムの模様。