コロナ感染者が急増する東京周辺への緊急事態宣言拡大は? そして広島高裁で原告84人全員が被爆者と認定された「黒い雨」訴訟で政府は上告するのか?~7.20 田村憲久 厚生労働大臣 定例会見 2021.7.20

記事公開日:2021.7.20取材地: テキスト動画

 7月20日(火)、田村憲久・厚生労働大臣の定例会見が行われた。

 質疑応答で、産経新聞記者は、神奈川、埼玉、千葉など首都周辺3県でも感染者数が増大し、特に神奈川での増加が顕著になっていることについて、「東京と沖縄で発出されている緊急事態宣言の対象地域を拡大する可能性はあるのか?」と田村厚労大臣に質問した。


緊急事態宣言を9都道府県で解除! しかし「再度宣言でも五輪開催か?」の質問に、西村康稔コロナ大臣は「IOCが判断」と判断放棄し、菅総理発言「国民の命と健康守れなければ五輪開催しない」とはなはだしい齟齬! 本来なら内閣不一致で総辞職すべき! 2021.6.28

記事公開日:2021.6.29 テキスト

 政府は2021年6月17日、緊急事態宣言を6月20日に9都道府県で解除すると決定した。

 しかし17日に国会で行われた、西村康稔新型コロナ担当大臣による宣言解除の説明に対して、立憲民主党の吉川元議員が「前回宣言解除時より新規感染者が30%以上増加した東京をなぜ解除するのか?」と質問しても、西村大臣は解除と判断する根拠を明確に答えられなかった。


「公正公平な国民投票ができないのに発議することは普通はナンセンス」立憲提出の国民投票法改正案の修正案で「改憲発議できないのか?」との質問に甘すぎる枝野代表の回答!~5.31立憲民主党 枝野幸男代表 定例会見 2021.5.31

記事公開日:2021.6.1取材地: テキスト動画

 2021年5月31日(月)、午後3時30分より、東京都千代田区の衆議院第2議員会館にて、立憲民主党・枝野幸男代表の定例会見が行われた。

 冒頭、枝野代表からの報告があり、続いて各社記者との質疑応答となった。

 報告の中で、枝野代表は、5月31日を期限として9都道府県に出されていた緊急事態宣言を6月1日から20日まで延長したことに触れ、「今回の第4波は、感染が十分に収まっていない段階で、私たちが明確に反対したにもかかわらず、宣言などを解除した、そこに原因がある。したがって、『人災』と言わざるを得ない」と厳しく批判した。


「(日本の感染者は)この程度の『さざ波』」、「(緊急事態宣言は)『屁みたいな』もの」などのツイートが炎上した「高橋洋一・嘉悦大教授が内閣官房参与を辞任! 菅政権の任命責任は当然重大! 2021.5.28

記事公開日:2021.5.31 テキスト

 5月24日、内閣官房参与の高橋洋一・嘉悦大教授が辞任した。高橋氏は5月9日、ツイッターに「日本(のコロナ感染)はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」とツイートして、批判を浴びた。

 高橋氏の任命者である菅総理は「反省の弁を述べている」と擁護したが、高橋氏はさらに執拗にツイート。5月21日の「日本の緊急事態宣言といっても、欧米から見れば戒厳令でもなく『屁へみたいな』ものでないのかな」というツイートがダメ押しとなった。


3月25日に始まった聖火リレーは折り返し地点、19都道府県がコロナ緊急事態宣言とまん延防止等重点措置を受ける中での強行開催はどこまで続く!? 鳥取県の平井伸治知事が聖火リレーの運営について苦言を呈し、セレモニーの挨拶を返上! 2021.5.24

記事公開日:2021.5.25 テキスト

 5月いっぱいまで延期された緊急事態宣言が、再度延長されるのではないかという見方が政府内で広がっている。現在緊急事態宣言が適用されている地域は北海道、東京都、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、福岡県、沖縄県の11都道府県。まん延防止等重点措置が適用されている地域は群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県、石川県、岐阜県、熊本県の8県。

 そのうち、東京都や京都府、大阪府など11の都府県でようやく減少傾向が見えてきたが、愛知県、神奈川県、広島県、千葉県、神奈川県の5県は高止まり、北海道と沖縄では増加中である。


3都府県が緊急事態宣言へ!! これに先立つ国会で「まん延防止等重点措置」と言えない菅義偉総理の危機感欠如を立憲民主の尾辻かな子議員追及! 「医療崩壊」「緊急事態宣言を!」と訴えるも、菅総理は「私が勝手にやってる事じゃない」とまるで他人事!! 2021.4.22

記事公開日:2021.4.22 テキスト

 2021年4月、新型コロナ感染再拡大が急激に進み、大阪・兵庫・東京が緊急事態宣言の発出要請に動いた。これに先立ち、特に関西圏の深刻さが増していた4月12日の国会で、立憲民主党の尾辻かな子議員が、菅義偉総理を、新型コロナ対策の不備で鋭く追及していた。

 菅総理は緊急事態宣言を解除した際に「二度と感染拡大起こさない」と発言したが、実際にはその言葉とは裏腹にリバウンドが発生。しかしその責任はスルーしたままである。しかも総理は回答の中で、「まん延防止等重点措置」の名称を繰り返し間違える始末で、尾辻議員に指摘されても直さなかった。尾辻議員は、菅総理の危機感の欠如を強く批判した。


尾崎治夫東京都医師会会長は、「変異株がどの程度浸透しているかを総力戦で、攻めの検査で実態をつかむ必要がある!」と訴えた!!~3.9東京都医師会定例記者会見 2021.3.9

記事公開日:2021.3.10取材地: テキスト動画

 2021年3月9日(火)、午後4時半から、東京・お茶の水の東京都医師会 2階講堂にて、東京都医師会の記者会見が行われた。


首都圏1都3県の緊急事態宣言を21日まで延長! 岩上安身は菅総理会見でワクチンに感染予防効果がないことを指摘、ワクチン一点張りではなく、検査の拡充も必要ではないかと質問! 菅総理も、尾身会長も感染予防効果がないことを渋々認める! 2021.3.6

記事公開日:2021.3.6 テキスト

特集 #新型コロナウイルス

※公共性に鑑み、ただいま全編特別公開中です。

 2021年3月5日(金)、政府は新型コロナ感染症対策本部を開催し、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県に発令されている緊急事態宣言を3月21日まで延長することを決定し、同日、菅義偉総理が午後9時から記者会見を行った。


菅とスターリンを組み合わせた、「スガーリン」がツイッターで拡散、本家本元ロシアでも菅=スガーリン批判! スターリン、毛沢東と江青、ポル・ポト、独裁者に共通する反知性主義の系譜に連なる菅政権! 国民は一刻も早く三行半を! 2021.3.3

記事公開日:2021.3.3 テキスト

 ツイッター上で「#スガーリン」、「#sugalin」とハッシュタグをつけた投稿が急増している。菅義偉総理の新しいニックネームだ。「スガ」にソ連の独裁者「スターリン」を掛け合わせた造語である。

 スターリンは、レーニン亡き後、党書記長の後継者を争った相手を巧みに孤立させ、政権中心部から追放していき、やがて自らの政策に異を唱える者を暗殺、強制収容所への収容、銃殺刑などで抹殺する「大粛清」を行なった。


西村大臣「新規陽性者は引き続き減少傾向にあるがペースが鈍化。テレワーク率7割に向け、人の流れを減らすため、デジタル化・オンライン化のさらなる取り組みを」~2.19西村康稔 新型コロナ対策担当大臣記者会見 2021.2.19

記事公開日:2021.2.20取材地: テキスト動画

 2021年2月19日(金)、午後6時頃より、東京都千代田区の中央合同庁舎にて、西村康稔 新型コロナ対策担当大臣の記者会見が行われた。

 冒頭、西村大臣より、「月例経済報告(令和3年2月)」および、「新型コロナウイルスの感染状況」について報告があった。


「安全性に不安があるワクチンを接種していいのか? 自民党員にはできるのに、なぜ国民全員にPCR検査を行わないのか?」IWJ記者の質問に西村大臣からは具体的回答なし!~2.12西村康稔 新型コロナ対策担当大臣記者会見 2021.2.12

記事公開日:2021.2.17取材地: テキスト動画

 2021年2月12日(金)、午後9時30分頃より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎にて、西村康稔 新型コロナ対策担当大臣の記者会見が行われた。

 冒頭、西村大臣は、記者会見に先立って開催された「諮問委員会」と「新型コロナウイルス感染症対策本部(第55回)」の要点について説明したのち、感染の現状、2月11日時点の都道府県別の医療提供体制、新規感染者数の推移、東京都における検査の陽性率、首都圏と関西圏の駅の利用状況、そして、人出の推移などについて報告をおこなった。


緊急事態宣言延長!「栃木県は除外。残りの10都道府県の状況もかなり改善されてはいるが、『病床使用率』がいまだ6~7割と非常に厳しい状態が続いている!!」西村大臣~2.2西村康稔新型コロナ対策担当大臣定例会見 2021.2.2

記事公開日:2021.2.4取材地: テキスト動画

 2021年2月2日午後9時頃より、東京都千代田区の中央合同庁舎において、西村康稔 新型コロナ対策担当大臣の定例会見が行われた。

 同日に開催された新型コロナウイルス感染症対策本部での「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針の改訂(緊急事態宣言の延長)」の決定を受け、首相官邸での菅義偉総理の記者会見終了後の開催となった。


新型コロナ特措法等改正案をめぐる与野党修正協議で刑事罰の全面削除と過料の大幅軽減に合意!「合意を尊重し、国会審議に真摯に取り組んでいきたい」と西村大臣~1.29西村康稔 新型コロナ対策担当大臣 定例会見 2021.1.29

記事公開日:2021.1.29取材地: テキスト動画

 2021年1月29日午前11時半頃より、東京都千代田区の中央合同庁舎において、西村康稔 新型コロナ対策担当大臣の定例会見が行われた。

 冒頭、西村大臣から、全国の感染者数の増減(先週比)、陽性率、病床使用率など、新型コロナの感染状況についての報告があった。


「80万人大規模PCR検査の実施を表明した広島県に、政府は『見せしめ』の『懲罰』?」IWJ記者の質問に、西村大臣は「これはいい話です」と回答!!~1.26西村康稔 新型コロナ対策担当大臣 定例会見 2021.1.19

記事公開日:2021.1.27取材地: テキスト動画

 2021年1月19日午後16時半頃より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎8号館において、西村康稔 新型コロナ対策担当大臣の定例会見が行われた。


尾崎治夫会長は、「第3波は危険で、厳しい!」緊急事態宣言は「午後8時までは大丈夫ではなく、 午後8時とはいわず、接触は避けるべきだ。このままでは危険です!」と警鐘!!~1.12 東京都医師会定例記者会見 2021.1.12

記事公開日:2021.1.15取材地: テキスト動画

 2021年1月12日(火)、午後4時半から、東京・お茶の水の東京都医師会 2階講堂にて、東京都医師会の記者会見が行われた。

 尾崎治夫東京都医師会会長が、最後に、集まったメディアを通じて、都民に訴えた。「緊急事態宣言が発出され、これについて午後8時までは動いても大丈夫だと伝わっているが、それは違う! 午後8時とはいわず、人との接触はなるべく避けるべきだ。このままでは危険です!」と大きな声で危機感をあらわにした。


現在の急激な感染拡大状況は「異常」「不規則」と分科会の押谷仁教授!「8月に緊急事態宣言があれば今の感染拡大はなかった」との尾身会長発言に西村大臣が介入!~1.8西村康稔 新型コロナ対策担当大臣、尾身茂 分科会会長による記者会見 2021.1.8

記事公開日:2021.1.9取材地: テキスト動画

 2021年1月8日午後5時半、予定より1時間遅れで、西村康稔新型コロナウイルス対策担当大臣と尾身茂分科会会長の記者会見が開催された。同日の午後、この会見に先立ち行われた「第21回新型コロナウイルス感染症対策分科会」を受けての開催であり、東北大学大学院教授・押谷仁氏など、他の分科会構成員らも参加し、報告を行った。


緊急事態宣言のポイントは人の流れを止めること! 飲食店ではお客さん同士がうつしあっており、必要なのは営業規制ではなく外出禁止等の厳しい要請と補償、そしてPCRの拡大!~1.5西村康稔 新型コロナ対策担当大臣記者会見 2021.1.5

記事公開日:2021.1.7取材地: テキスト動画

 2021年1月5日(火)、午後6時30分より、東京・千代田区永田町の中央合同庁舎8号館会見室にて、西村康稔 新型コロナ担当大臣の定例会見が行われた。

 会見冒頭、西村大臣は「7日に発出予定の緊急事態宣言に関して、菅義偉総理とつい今しがたまで協議していた」と述べた。


2021年年頭から首都圏に緊急事態宣言か⁉︎ 東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏1都3県の知事が西村新型コロナ大臣に緊急事態宣言発出と特措法改正を要請‼︎ 3時間に及ぶ協議の末、飲食店8時までの時短要請と国の財政支援で一致! 2021.1.2

記事公開日:2021.1.2取材地: テキスト動画

 2021年は年頭早々から、波乱の幕開けとなった。三ヶ日も終わらない1月の2日。深刻な新型コロナウイルス感染拡大を受け、東京都の小池百合子知事、神奈川県の黒岩祐治知事、埼玉県の大野元裕知事、千葉県の森田健作知事の1都3県の知事がそろって、西村康稔新型コロナ担当大臣を訪問し、国からの緊急事態宣言の発出と、効果のある新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナ特措法)改正を求める要請を行った。


IWJドキュメンタビュー第1回!緊急事態宣言発出後のコロナ禍で中小企業・小規模事業者は、どう生き延びていけるか~新宿ゴールデン街と『ビア&カフェBERG(ベルク)』をゆく」 2020.4.25

記事公開日:2020.8.16取材地: テキスト動画独自

特集 #新型コロナウイルス
※公共性に鑑み8/21より2週間ほど特別公開いたします。

 4月7日に7都府県に緊急事態宣言が発令され、「三密」を避けるようにとの自粛要請が出されて以来、人々でひしめきあう「三密」代表格の飲食街は一体どうなってしまっているのだろうか。


「引き続きマスクを着用してもらい、人々の間の距離をとる、三密を避ける、こまめに消毒する等の基本をしっかり行って欲しい。熱中症を避けるため外せるようならマスクは外してよい」~8.14西村新型コロナ対策担当大臣会見 2020.8.14

記事公開日:2020.8.15取材地: テキスト動画

 2020年8月14 日(金)午後6時15分から、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎会見室にて、西村康稔新型コロナ担当大臣の記者会見が行われた。

 冒頭、西村大臣から、沖縄県での新型コロナウイルス感染症の感染状況についての報告があった。