日英EPA、新型コロナワクチン、種苗法改正案! 重要法案だらけの203臨時国会!! 菅政権は『正々堂々』と議論を!~10.26いのちをまもれ!敵基地攻撃能力保有反対!改憲反対!共謀罪廃止!#1026臨時国会開会日行動 2020.10.26

記事公開日:2020.11.4取材地: テキスト動画

特集 共謀罪(テロ等準備罪)法案シリーズ
※2020年11月5日、リードを追加しました。

 2020年10月26日(月)、正午より、東京都千代田区永田町の衆議院第2議員会館前にて、「いのちをまもれ!敵基地攻撃能力保有反対!改憲反対!共謀罪廃止!総選挙勝利!#1026臨時国会開会日行動」が「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」、「共謀罪NO!実行委員会」、「安倍9条改憲NO!全国市民アクション」の3団体により共催された。


関東学院名誉教授・足立昌勝氏「従わなければ刑罰が待っているような社会を作ろうとしてるんです」!!~コロナ対策に便乗した戦争・治安・改憲にNO!を 10・11集会・デモ 2020.10.11

記事公開日:2020.10.15取材地: 動画

 2020年10月11日(日)14時より東京都豊島区のとしま区民センターにて、コロナ対策に便乗した戦争・治安・改憲にNO!を 10・11集会が開かれ、池袋駅周辺へのデモ行進を行った。


「敵基地攻撃論の根拠は抑止論!」「新しい政策のようだが内容は(第一次世界大戦をもたらした)19世紀的勢力均衡政策の現代版!」~9.29〈敵基地攻撃能力〉を検証する 9.29院内集会 2020.9.29

記事公開日:2020.9.29取材地: テキスト動画

 2020年9月29日、東京千代田区の衆議院第1議員会館で「敵基地攻撃能力」を検証する 9.29院内集会が開催された。


志位和夫・共産党委員長「今、憲法違反の安保法制の危険をとりわけ深刻なものとしているのが『敵基地攻撃能力保有』の動きだ!」~9.19戦争法強行から丸5年 戦争法は廃止!改憲発議とめよう! 2020.9.19

記事公開日:2020.9.19取材地: テキスト動画

※2020年9月21日、テキストを追加しました。

 2020年9月19日(土)、午後3時から、東京・千代田区の国会正門前にて、戦争はさせない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会の主催により、「戦争法強行からまる5年 戦争法は廃止!いのちをまもれ!改憲発議とめよう! #0919国会正門前行動」が開催された。


菅氏はビジョンがなく国政は任せられない!! 野党共闘で掲げるのは新自由主義との決別!IWJ記者の質問に敵基地攻撃論のダブル憲法違反を指摘!!~9.14 菅新総理選出後の日本共産党志位和夫委員長記者会見 2020.9.14

記事公開日:2020.9.18取材地: 動画

 菅義偉(すが・よしひで)氏が自民党総裁に選ばれたことを受けて、日本共産党の志位和夫委員長が、2020年9月14日の17時から行なわれた記者会見の中で意見を表明した。


「勇気を持ち、自由闊達に真実を語る。あらゆる組織と協議し、国会を公正に運営し、政府を謙虚に機能させ、あらゆる人に公平な条件・政策をつくる。そんな党でありたい」~9.11 FCCJ 主催 石破茂衆議院議員 記者会見 2020.9.11

記事公開日:2020.9.11取材地: テキスト動画

 2020年9月11日(金)、東京都千代田区の日本外国特派員協会にて、午後1時より、自民党総裁選についての石破茂衆議院議員記者会見が開催された。

 「今、次期総理大臣(next prime minister)候補の一人としてご紹介いただいたが 、一義的には『自民党総裁選挙』なので、冒頭、自民党がいかにあるべきか、について短時間お話する」と、石破茂候補(衆議院議員)は話を始めた。


防衛省に直撃取材!! 中国が米国偵察機に警告のためミサイルを発射! 大統領選を控え対中強硬姿勢をアピールするトランプ氏とバイデン氏! 辞任を控えた安倍総理が改憲強行に利用する可能性は!? 2020.9.10

記事公開日:2020.9.10 テキスト

 米中対立が激しくなっている。8月26日に中国が南シナ海にミサイルを発射し、それ以前には米国の偵察機が中国の「北部戦区」に侵入していた。11月に米国は大統領選を控えているが、トランプ氏もバイデン氏も、中国に対する攻撃的な姿勢を維持することになりそうだ。


STOPイージス!秋田フォーラム代表・櫻田憂子氏「防衛省の計画の進め方があまりにもずさん」!! ~8.23大軍拡と基地強化にNO!アクション2020 発足集会 2020.8.23

記事公開日:2020.9.6取材地: 動画

 2020年8月23日 東京・池袋で大軍拡と基地強化にNO!アクション2020主催の元「大軍拡と基地強化にNO!アクション2020 発足集会 ―オンライン講演 櫻田憂子氏(STOPイージス!秋田フォーラム代表)」が行われた。


河野防衛大臣「『敵基地攻撃能力』の議論など、今どこでもしていない」IWJ記者「安倍総理と菅官房長官がすでに公の場で言及しているが?」河野大臣「申し上げたとおりです」!?~9.4河野太郎 防衛大臣 定例記者会見 2020.9.4

記事公開日:2020.9.4取材地: テキスト動画

 2020年9月4日(金)、午前11時10分より、東京都新宿区市谷の防衛省庁舎第一省議室にて、河野太郎防衛大臣の定例記者会見が開催された。

 会見冒頭、河野大臣より、以下のとおり、新型コロナウイルス感染症の自衛隊における感染状況についての報告があった。


辞任表明後も「敵基地攻撃能力」保有に固執する安倍総理!自民党は昨日9月1日の総務会で党員投票なしの簡易総裁選を決定!「石破封じ」の上、菅氏へ総理総裁のポストを譲り「アベ政治」継承を強行! 2020.9.3

記事公開日:2020.9.3 テキスト

 8月28日に総理の職を辞することを表明した安倍総理だが、今年6月に配備計画を撤回した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の代替案として、敵基地攻撃能力保有の方向性を貫く意向を与党幹部へ伝達していたことが明らかになった。


菅官房長官が総裁選出馬会見で 安倍総理の継承明言&「叩き上げ人生」アピール!! IWJが国民の命脅かす「敵基地攻撃力保有」も踏襲か質問するもはぐらかし!「庶民派」の正体見たり!! ~9.2 自由民主党 菅義偉 衆院議員 記者会見 2020.9.2

記事公開日:2020.9.2取材地: 動画

 2020年9月2日(水)17時より東京都千代田区の衆議院第2議員会館 多目的ホールにて、自由民主党 菅義偉 衆院議員 記者会見が行われた。


石破茂氏、自民党総裁選出馬表明!「モリ・カケ・サクラ」は「必要なら再検証する」と断言!「敵基地攻撃論」については「軍事的合理性からきちんと検証されるべき。論理の飛躍」と批判!~9.1 石破茂氏総裁選立候補表明会見 2020.9.1

記事公開日:2020.9.1取材地: テキスト動画

 「納得と共感」

 自民党の水月会会長・石破茂氏が上記のキャッチフレーズを掲げ、9月1日に自民党総裁選への出馬会見を行った。


自民党が強く求める「敵基地攻撃能力」が「抑止力」と思い込むのは、日本を破滅に導く妄想である!岩上安身によるインタビュー第1008回 ゲスト 早稲田大学教授 水島朝穂氏 2020.8.26

記事公開日:2020.9.1取材地: 動画独自

※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます!一般会員の方は、記事公開後2ヶ月間以内に限り御覧いただけます。→ご登録はこちらから

 8月26日、岩上安身は、早稲田大学教授・水島朝穂氏にインタビューを行なった。1996年より早稲田大学法学学術院(法学部、大学院法学研究科)教授の水島朝穂氏は、これまで「全国憲法研究会」代表や「憲法再生フォーラム」代表も務められてきた憲法の専門家。


「敵基地攻撃兵器導入は憲法9条改悪に等しい!」武器輸出反対ネットワーク・杉原浩司代表――平和に対して強いコミットメントを持ち、一体的に論理と価値をつなぎ合わせていく~緊急院内集会 2018.3.6

記事公開日:2018.3.6取材地: 動画

 2018年3月6日(火)11時半より、東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、「『専守防衛』を投げ捨て、歯止めなき軍拡に道ひらく敵基地攻撃兵器の導入に反対する緊急院内集会」が開催され、学習院大学教授の青井未帆氏らが講演を行った。主催は、武器輸出反対ネットワーク(NAJAT)。


敵基地攻撃能力を有するミサイルの購入を予算化しながら、北朝鮮の報復の第二撃を想定せず!? IWJの追及に小野寺五典防衛相が定例会見で「仮定の話について答えるのは差し控えたい」と逃げ 2017.12.8

記事公開日:2017.12.9取材地: 動画

 2017年12月8日(金)10時25分より東京都新宿区の防衛省にて、小野寺五典防衛大臣記者会見が行われた。


山口二郎・法政大教授が市民集会で喝破「『9条改憲で敵基地攻撃能力を持とう』と能天気なことを言う自民党の政治家がいるが、誠に愚かな話。日本は戦争なんかしちゃいけない。戦争のできない国です」 2017.7.12

記事公開日:2017.7.14取材地: 動画

 2017年7月12日(日) 18時30分より東京都中野区のなかのZEROにて、緊急シンポジウム「STOP安倍政治 ―改憲を許さない市民集会―」が開催された。登壇者に、法政大学教授山口二郎氏、東京大学名誉教授 長谷部恭男氏、精神科医 香山リカ氏、上智大学教授 中野晃一氏らが名を連ねた。