自民党本部前抗議行動 2012.9.21

記事公開日:2012.9.21取材地: 動画

 2012年9月21日(金)、東京都千代田区の自由民主党本部前で反原発の「自民党本部前抗議行動」が行われた。この抗議は「自民党こそが日本の原子力政策の責任を負う立場にある」という考えから行われているもので、今回の抗議は、前回8月31日に行われた抗議から3週間ぶりとなる。

 この日は自民党総裁選に立候補している5名、特に石破茂氏について、主催者の男性が抗議スピーチを行う場面が多かったが、スピーチの最中、石破茂氏本人が自民党本部に車で乗り付けるといった偶然があり、参加者は一斉に「石破さん、国民の声を聞いてください!」と叫んだが、石破氏は抗議行動を一瞥し左手を振って挨拶をすると、そのまま本部内へ入っていった。


9.21大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議 2012.9.21

記事公開日:2012.9.21取材地: 動画

 2012年9月21日(金)首相官邸前で「9.21大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議」が行われた。9月19日に原子力規制庁が発足し、合同庁舎4号館の原子力規制庁準備室が撤収したため、スピーチは官邸前および国会正門前に変更された。主催の首都圏反原発連合は、「原発やめろ」「再稼働反対」の主張とともに、規制委員会の人事に反対し「規制委員会解体」のシュプレヒコールをあげた。また、この日は田中康夫衆議院議員の白い風船運動も行われ、多くの人が風船を手にしながら抗議行動に参加した。


9月21日 関西電力本店前抗議 2012.9.21

記事公開日:2012.9.21取材地: 動画

 2012年9月21日(金)、18時から19時半まで、大阪府大阪市北区の関西電力本店前で「関西電力本店前抗議行動」が行われた。この行動は、東京の首相官邸前をはじめ、全国各地で毎週金曜日に行われている抗議行動に連動したもので、TwitNoNukes大阪の有志が主催している。参加者からは「今すぐ廃炉」「大飯をとめろ」などの声があげられた。


北海道庁北門前:反原発抗議行動 2012.9.21

記事公開日:2012.9.21取材地: 動画

 2012年9月21日(金)18時から、北海道札幌市の北海道庁前で、「北海道庁北門前:反原発抗議行動」が行われた。この行動は首都圏反原発連合の首相官邸前抗議行動に連動する行動で、北海道反原発連合が主催し、毎週金曜日に開催されている。「一人一人が主人公」という趣旨のもと、参加者それぞれがスピーチをして反原発・脱原発を訴えた。

 また、この日は東京からも2名の参加があった。「タンポポ舎」でボランティアをやっているという女性は「この抗議行動を続けることが大事。皆で一緒に頑張ろう」と語り、経産省前テントひろば」からの参加者は「電気を作ることは原発以外でも可能だ」とアピールした。


全原発今すぐ廃炉!原子力規制委員会人事案撤回!名古屋 金曜抗議行動 中部経済産業局・中部環境事務所前 2012.9.21

記事公開日:2012.9.21取材地: 動画

 2012年9月21日(金)、愛知県名古屋市中区の中部経済産業局総合庁舎前で、「全原発今すぐ廃炉!原子力規制委員会人事案撤回!名古屋 金曜抗議行動 中部経済産業局・中部環境事務所前」が行われた。この行動は、街を行く人々に原発への関心を持ってもらうことを目標に活動している「月イチNAGOYA」という団体が主催した。この日は、北九州でがれき処理反対の抗議行動をしている女性などがスピーチをし、「環境省は国民を守れ」「全ての原発今すぐ廃炉」の声があげられた。


オキュパイ関電 神戸支店前 2012.9.21

記事公開日:2012.9.21取材地: 動画

 2012年9月21日(金)、兵庫県神戸市中央区の関西電力神戸支店 神戸営業所前で、「オキュパイ関電神戸支店前 抗議行動」が行われた。この抗議行動は”原発ゼロ!核兵器ゼロ!ZEROこねっと”主催のもと、毎週金曜日の18時から開催されている。この日の参加者は180名ほどで、「再稼働反対」「大飯をとめろ」「子どもを守ろう」などの声があげられた。


MBSラジオ「たね蒔きジャーナル」打ち切りを受けての「すきすきたねまきの会」声明 2012.9.19

記事公開日:2012.9.19取材地: テキスト動画

 2012年9月19日(水)、大阪市北区の毎日放送(MBS)本社で、MBSラジオ新番組編成発表の記者会見が行われ、同局の報道番組「たね蒔きジャーナル」の打ち切りが明らかになった。


大阪府市エネルギー戦略会議自主会合 2012.9.17

記事公開日:2012.9.17取材地: テキスト動画

 2012年9月17日(月)、大阪府大阪市のシアターセブンで「大阪府市エネルギー戦略会議自主会合」が大阪府市エネルギー戦略会議の委員有志により行われた。まず、この会が自主会合となった経緯について説明したあと、原子力規制委員会、革新的エネルギー戦略、原発ゼロ実現シナリオの3点について議論した。


第2回「原発Yes or No? 公開討論会」 2012.9.8

記事公開日:2012.9.8取材地: テキスト

 2012年9月8日(土)、東工大蔵前会館で、第2回「原発Yes or No? 公開討論会」が行われた。原発推進派と反対派の2人ずつ、4人が最初に自身が持つ原子力に関しての意見を述べて討論会がスタートした。


エネルギー戦略策定に向け、経済界からも意見を聴取 ~第20回大阪府市エネルギー戦略会議 2012.9.4

記事公開日:2012.9.4取材地: テキスト動画

 2012年9月4日(火)9時半、大阪市北区の大阪市役所において、「大阪府市エネルギー戦略会議」の第20回会合が開かれた。今回の会合では、大阪府市によるエネルギー戦略策定の参考とするため、「エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク」、京都に本拠を置く半導体メーカーの「ローム」、一般社団法人「新経済連盟」の担当者から意見を聞いた。


8・31 原子力ムラ人事にノー! 規制庁準備室前ヒューマンチェーン 2012.8.31

記事公開日:2012.8.31取材地: 動画

 2012年8月31日(金)、中央合同庁舎4号館前で、「8・31 原子力ムラ人事にノー! 規制庁準備室前ヒューマンチェーン」が行われた。


自民党本部前抗議行動 2012.8.31

記事公開日:2012.8.31取材地: 動画

 2012年8月31日(金)、自由民主党本部前で、「自民党本部前抗議行動」が行われた。


討論会「大切なことは『国民投票』で決めよう!」―原発、そして日本の未来について中高生が国会で議論 2012.8.31

記事公開日:2012.8.31取材地: テキスト動画

 2012年8月31日(金)、衆議院第二議員会館で、討論会「大切なことは『国民投票』で決めよう!-原発、そして日本の未来について中高生が国会で議論」が行われた。「原発についてどう考えているか、賛否だけでなく、3.11の事故前、事故後の政治家や大人たちの原発への対応について」と「国民の声が届く政治を実現するためには」の2つのテーマについて、中高生の討論が繰り広げられた。


大飯原発3・4号運転停止行政訴訟 第1回法廷後 記者会見と報告会 2012.8.29

記事公開日:2012.8.29取材地: 動画

 2012年8月29日(水)、地裁内司法記者クラブで、「大飯原発3・4号運転停止行政訴訟 第1回法廷後 記者会見と報告会」が行われた。


「国は、全ての原発を止めると宣言すべき」「規制委員会の人事は基準と一緒」 ~第19回大阪府市エネルギー戦略会議 2012.8.29

記事公開日:2012.8.29取材地: テキスト動画

 2012年8月29日(水)9時半、大阪市中央区の大阪府庁において、「大阪府市エネルギー戦略会議」の第19回会合が開かれた。今回の会合では、大阪府市によるエネルギー戦略策定に向けて、様々な論点を整理するべく、意見を出し合った。


台湾の原発は今?~台湾の反原発アクティビスト、ダン・ギンリン氏講演会 2012.8.28

記事公開日:2012.8.28取材地: テキスト動画

 2012年8月28日(火)、札幌市民ホールで、「台湾の原発は今?~台湾の反原発アクティビスト、ダン・ギンリン氏講演会」が行われた。


南大隅町最終処分場反対集会 2012.8.25

記事公開日:2012.8.25取材地: 動画

 2012年8月25日(土)、南大隅町役場3階で、「南大隅町最終処分場反対集会」が行われた。


~広がれ!市民と議員の輪~ 市民と自治体議員のシンポジウム「東海第二廃炉にGO!」 2012.8.25

記事公開日:2012.8.25取材地: 動画

 2012年8月25日(土)、白方コミュニティーセンタ-多目的ホールで、~広がれ!市民と議員の輪~ 市民と自治体議員のシンポジウム「東海第二廃炉にGO!」が行われた。


8.24緊急!大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議 2012.8.24

記事公開日:2012.8.24取材地: 動画

 2012年8月24日(金)、首相官邸前 他で、「8.24緊急!大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議」が行われた。


大飯原発今すぐ停めろ!関電東海支社前抗議アクション 2012.8.24

記事公開日:2012.8.24取材地: 動画

 2012年8月24日(金)、愛知県名古屋市の関西電力東海支社前で行われた、「大飯原発今すぐ停めろ!関電東海支社前抗議アクション」の模様。名古屋は大飯原発から直線距離にして約120kmしか離れておらず、参加者の多くは「福島第一原発の事例を見ても、いざ事故が起きれば危険にさらされる」という危機意識を強くもっている様子。参加人数の多さもさることながら、前回に比べ、個々のスピーチよりも「再稼働反対」などのシュプレヒコールの時間が多く、大変熱気を帯びた抗議となった。